2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

中国史上、「献帝」と諡された皇帝は何人かいるが、日本において「献帝」といえば後漢末期の劉協を指す場合が多い。ここでは、劉協について述べる。

姓名:劉協(字は「伯和」) 別名:陳留王、愍帝(蜀からの諡号)
生没:181年~234年 在位:189年~220年

概要

後漢14代皇帝で最後の皇帝。父は12代皇帝『霊帝』。
董卓(西涼軍)によって擁立され、曹操の傀儡時期を経て、曹丕に禅譲し、曹丕・劉備孫権が相次いで皇帝となったことでが建国され、本格的な三国時代が始まる。

史書では、それなりに優秀であったとする記述もあるが、強大な曹操に逆らうことは難しく、傀儡として生涯を送ることとなる。
側近の趙彦が曹操を殺す計画を立てたが、たちまち曹操に殺された事件があった。献帝はたまりかねて曹操に「君が朕を補佐するに値すると思うなら、しっかり助けて欲しい。そうで無いなら、情けを掛けて捨て置いて(退位させて)欲しい」と愚痴ったところ、曹操は色を失い、それからは拝謁を避けるようになったという。

なお、曹丕による禅譲の後、益州にいた劉備の元には「帝が曹丕に殺害された」という一報が届く。この報を元に、劉備は献帝の葬儀を行い、「孝愍皇帝」と諡し、自らは「漢王朝を継ぐ」という名目で、蜀漢の皇帝となる。

ちなみに、この「孝愍皇帝」の「愍」の字義は「国に政が欠けており、長く動乱が続いていく」という意味である。一方の「献」は「博識で多方面に才能を持っているが、どの道も究められない」となっている。

家系

※数字は帝位順
       12  
   何   霊   王
   皇━┳━帝━┳━美
   后 ┃   ┃ 人  
     ┃   ┃ 
     13    14 
     少   献 
     帝   帝 


  • 霊帝:献帝、少帝の父。諱は劉宏。強い権力を誇っていた十常侍の傀儡同然の立場にあった。在位21年わずか33歳で崩御。
  • 王美人:献帝の母。何皇后に嫉妬され毒殺される。
  • 何皇后:少帝の母。何進は異母兄にあたる。宦官派であり何進とは対立する。
  • 少帝:献帝の異母兄。諱は劉辨劉弁)。献帝擁立後、弘農王に封ぜられ、董卓配下の李儒らの手で何皇后とともに暗殺される。

後漢滅亡

220年に曹操の死去に伴い、曹丕が献帝に禅譲を迫るが、献帝の皇后であり、曹丕の妹でもある曹節が伝国璽を握りしめて拒んだ。最終的には、曹節が涙を流し伝国璽を投げ付け、ついに禅譲となる。ここに後漢王朝は滅亡する。

献帝と曹節は山陽県にて暮らし、献帝は234年に、曹節は260年に死去した。

禅譲時のできごと・死没者

献帝の禅譲時期は、三国志初期の主要人物が相次いで死去してしまう。
三国の鼎立、そして劉備の死去後は、三国志の後半の始まりに当たるだろう。

  • 219年 
    • 定軍山の戦いで劉備軍が勝利。夏侯淵戦死。
    • 曹操と孫権が同盟。樊城の戦いで呂蒙らが関羽に勝利。
    • 麦城にて関羽刑死。呂蒙孫皎死去。
  • 220年
  • 221年 
    • 劉備が蜀漢の皇帝となる。法正死去。張飛暗殺。
  • 222年
    • 馬超死去
    • 夷陵の戦いにて呉が蜀に勝利。馬良戦死。
    • 孫権が魏から独立。(実質的な呉の建国)蜀と呉が再同盟。
    • 対呉戦中に張遼病死。
  • 223年

子供達

  • 男子
    • 劉馮 200年、恐らく重体になってから南陽王に封じられるが、同年死去。
    • 劉熙 212年、済陰王に封じられた。後漢の滅亡後、列侯に降封された。
    • 劉懿 212年、山陽王に封じられた。以下同文。
    • 劉邈 212年、済北王に封じられた。以下同文。
    • 劉敦 212年、東海王に封じられた。以下同文。
    • 他、早世した太子と、伏皇后の生んだ二人がいる。前者は山陽公を継いだ劉康の父。後者は母に連座して毒殺された。


  • 女子
    • 劉曼 母は曹節。魏の223年、長楽郡公主に封じられた。献帝の子女でただ一人項目が立っている。
    • 他、少なくとも二人の女子がいて、二人は曹丕の皇帝即位後、嬪(側室の位の一つ)として差し出された。

  • その他
    • 董貴人の妊娠した胎児がいたが、母もろとも殺された。

魏晋南北朝の始まりと終わり

後漢の滅亡期に始まる魏南北朝時代、そしてその後漢最後の皇帝である献帝。
献帝の死後、孫の劉康が山陽公を継いだ。劉康の父は不明だが、献帝より先に死去していた。
劉康は西晋でも山陽公に留まったが、4代目山陽公の劉秋(献帝の曾孫)とその家族は、後漢滅亡から87年後の永嘉の乱で匈奴劉淵が興した漢(後の前趙)軍によって殺され、漢朝の血筋は絶えてしまう。

皮肉にも、同じ劉姓で同じ漢を国号としながらも、漢民族の元皇族が異民族の国によって滅ぼされ、この後、華北は様々な民族が、様々な国を建てる戦乱期(五胡十六国時代)に入る。

他民族に反発した漢民族が『冉魏』などを建てた事もあったが、すぐに滅ぼされ、再び漢民族が中国を支配するには、700年ほど後の世であるの時代を待たなければならない。

関連タグ

三国志 後漢 皇帝

関連記事

親記事

霊帝 れいてい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120627

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました