ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

張飛

ちょうひ

張飛とは、中国の後漢末期から三国時代に活躍した武将・将軍。字は正史では益徳(えきとく)、演義では翼徳(よくとく)。封号は新亭侯。諡は桓侯。子には張苞・張紹、敬哀皇后・張皇后。
目次 [非表示]

概要

その人柄は単純で怒りっぽく、奔放で無類の酒好き。知略に疎い筋肉馬鹿であるが、それを気にしてか兵法を学ぼうとしたり、策で曹操軍を足止めしたりするなど、関羽にはバランス面で劣るものの優秀な武将である。

その武力は関羽に匹敵するとも言われ(関羽は曹操に一時降っていた際、曹操に対し自分より張飛の方が強いと述べている)、長坂の戦いではたった一人で曹操軍の侵攻を食い止めたほど。

一方面の軍司令官や行政長官を務めた関羽と異なり、張飛は野戦指揮官としてその力を発揮し、劉備も外征戦争などで同行させていた。


を得物とし、後世で演義に語られる場面では明時代の武器・蛇矛を武器にする。

そのため「張飛といえば蛇矛」というイメージが定着しており、関羽の青龍偃月刀同様に彼を象徴するアイテムとなっている。


人物

信義に厚く目上の者や自分より実力がある者には礼節を持って接するので、位の高い将軍などからは評判が良かった。

一方で粗暴で気性が荒く、しばしば兵を死刑にしたり、指揮官クラスの部下を鞭打ち、あろうことかその人物を近侍として侍らせるという暴挙も行っていた(人前で大恥をかかされるのは中華文化圏の人々が非常に嫌う行為である)。劉備もこうした行いを注意していたのだが、結果的に張飛の首を絞めることとなる。

これは関羽とは逆の評判であるが、陳舜臣はこのことについて、関羽と張飛はともに卑しい出自をコンプレックスにしており、成功してもたたき上げの矜持を捨てなかった関羽は馬超のような豪族を目の敵にし、反対に張飛はその成功を素直に喜んで士大夫層を敬ったのであり、根源は同じであるとしている。


創作における張飛

「愛すべき馬鹿」として民衆には人気で、三国志演義の原型となった三国志平話では主人公格の扱いを受けている。

また明王朝期の中国には「野原で楊貴妃の遺骨を見つけて供養した男が、その礼として幽霊の楊貴妃に夜伽をしてもらった。それを羨ましく思った別の男が同じく野原で遺骨を見つけて供養したところ、幽霊の張飛が現れ夜伽をすると言い出した」という笑い話があるが、こういった民衆のジョークのオチ要員として使われている辺りからもその人気の程が窺える。

ただ、演義や平話では粗暴な一面や酒癖の悪さが強調されており、本来は劉備や関羽がやらかした事件を張飛がやった事にされてたりと結構貧乏くじを引かされてもいる。このため、直情的で粗暴な荒くれものとして描かれがちな張飛は、教育水準が向上した現代の創作もの三国志においてはあまり読者の共感を得られず、人気は凋落傾向にある。


余談

しかし史書を紐解くと、演義とは少し違った意外な「知将」張飛の姿が垣間見える。有名な「長坂の戦い」では、演義とは違い橋を焼き落とした後に護衛の20騎に弩を構えさせたとある。

この時、曹操は自ら先行軍として騎兵5千を率いて劉備軍を追撃した。三日三晩の強行軍で昼夜問わず追いかけているため、この時率いていたのが軽装騎兵である事はほぼ間違いない。

持っている弓は精々が軽弓や馬上弓であり、川を挟んだ状態で射程距離の長い弩兵に相対する事は自殺行為以外の何者でもない。それが寡兵である事など敵である曹操に知りようも無く、彼は本隊が来るまでは劉備の追撃を諦めざるを得なかったのである。

つまるところ、長坂の張飛の名場面は一世一代の大ハッタリだったのだ。

長期的な戦略を構築する能力こそ無いものの、その場に応じて臨機応変に戦術を組み立てる事ができる。案外、彼はそんな武将だったのかもしれない。


容姿

娘が二人とも劉禅の皇后になっていることから、「張飛美形説」が存在する。

しかし容姿だけで後宮入りが決まるわけでもないので、あくまで説の一つ。


大体のメディアでは虎髭に丸顔の豪傑然とした姿で描かれている。その中でも横山版はワイルド系のイケメンとして描かれており、かっこいいと評価が高い。


登場作品ごとの張飛

横山三国志における張飛

横山光輝 張飛 ……のつもり(笑)

おおむね、演義に沿った活躍を見せる。声優は藤原啓治氏が担当した。

蒼天航路における張飛

義侠の雷動

担当声優は関貴昭

他の演義系作品に比べて変態化されたキャラが多い中で、割と他の創作作品に近い造形や性格であり(元がネタキャラに近いせいもあるが)、むしろ奇人めいた劉備や関羽に対しツッコミを入れる常識人めいた場面も多く見られる。物語は関羽が死んで、直後に主人公曹操が死ぬ場面で終わっているので、最後は死んだことが簡潔に書かれているだけである。

名前は正史にならって「益徳」だが、作内の世界内の講談で「翼徳」と呼ばれていることが民衆の会話で語られている。


コーエー三国志シリーズなどのSLGにおける張飛

数値的には全体的に武力は高いが、知力は低い典型的な猛将として描かれている。呂布と比べると武力に関しては必ず劣るが(呂布が武力100なら、張飛は99~98前後)、関羽とは互角かそれ以上の数値がついている。作品によっては、前述した戦果をふまえて知力値が高い場合もある。

劉備に対しての義理は固いので、少なくとも呂布よりは安心して使える。


ニコニコ動画ニコニコ歴史戦略ゲー』における張飛

史実で夏侯淵の姪を嫁にしてしまっているために、大概の場合ロリコン扱い」されている。


真・三國無双』シリーズ

張飛

張飛(真・三國無双)

声:掛川裕彦



三国伝

張飛ガンダム

演者はΖガンダムで、担当声優は加藤将之張飛ガンダムを参照


一騎当千

センシティブな作品

担当声優は茅原実里張飛益徳を参照


恋姫†無双』シリーズ

仕事イラスト・張飛

担当声優は芹園みや(PC版)、西沢広香(コンシューマーゲーム&アニメ版)。鈴々を参照


三国恋戦記

にゃんにゃんにゃん 【恋戦記】

担当声優は保志総一朗翼徳を参照


三国戦紀

張飛

張飛(三国戦紀)を参照


十三支演義

ヽ(=^・ω・^=)丿

声:岡本信彦


DRAGONSISTER

張飛


イナズマイレブンGOクロノ・ストーン

声:奈良徹

孫悟空のような格好をしており、劉備に全幅の信頼を置いており、劉備の意見には『おう、俺もそう思っていたんだ』と相槌を打つ。それは自分が納得いかない意見であっても劉備が納得するならば言うことを聞く様子。


邪神ちゃんドロップキック

声:小西克幸

凶悪魔界動物の監獄でもある魔界動物園にいた魔界パンダ。登場悪魔の一体『ランラン』に呪いをかけた事で彼女をミニチュアサイズのパンダにしてしまった。その後、食べ過ぎで死亡している。暴れん坊で魔力が高く、天界で危険生物リストに入っていた。彼の呪いをかけられた相手はパンダの頭部に中年男性の身体をしたパンダ人間となってしまう。


関連タグ

三国志  五虎大将軍

蛇矛 愛すべき馬鹿 脳筋 酒豪

三国無双 三國無双 無双

無双OROCHI

横山三国志 蒼天航路

三国志大戦 三国伝 一騎当千

恋姫†無双 真・恋姫†無双

夏侯氏(張飛妻) 張苞 敬哀皇后 張姫 星彩

関連記事

親記事

五虎大将軍 ごこだいしょうぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2534811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました