ピクシブ百科事典

生得術式

しょうとくじゅつしき

芥見下々による漫画作品『呪術廻戦』に登場する用語。主に略称である術式と呼ばれる。 本作における特殊能力に相当し、人間や呪霊はこの術式を使って戦う。
目次[非表示]

概要

通称、術式と呼ばれており、基本的には呪術師の肉体に刻まれており、術師は自身の術式に呪いの元である呪力を流し指向性を与え、様々な異能を発揮する。術式は一人、もしくは呪霊一体につき、一つが普通。
基本的に術式は生まれながらに身体に刻まれているものであるため、術式を持たずに生まれた者はいくら呪力を持とうとも限られた能力しか発揮できず、また術式を持って生まれた者でも途中で術式を変える事はできない。そのため呪術師の実力はほぼ生まれながらに持った才能となる。
また術式は刻まれているが、そもそも呪術師としての能力を発揮できる構造を持たない者もおり、そう言った者が術式を使うにはなんらかの方法で呪術師と同じ仕様に脳を改造する必要がある。

術式の効果

基本的に、呪術のエネルギーとなる「呪力」と言うもの自体が人に対する敵意や悪意をまとめた「負のエネルギー」である多くの場合、術式の効果は人を傷つけたり、攻撃したりすることに特化している。
その一方で、「負のエネルギー」同士を掛け合わせることで「正のエネルギー」を生み出すこともでき、この「正のエネルギー」を操作することによって本来の術式とは逆の効果を発揮することができる。
この「負のエネルギー」を操作する事を順転と言い、「正のエネルギー」を操作することを反転と言う。
また、この反転した術式をメインに操作することを反転術式と言い、人によっては本来行えない「術式」による治療が行える。
この反転術式の使い手は貴重な上に、他人の治癒まで行えるほどの使い手は、渋谷事変終了の段階で、家入硝子乙骨憂太両面宿儺の三名。使えると思しき人物を含めても、京都校新田新を含めても四名だけとなる。

術式は強化の段階に応じて名称がやや変化し、術式の出力を最大限に上昇させたものを「載」と言う。
また、術式は変更不可能だが、解釈を広げて術式を応用することで、オリジナルの呪術を発動できる。
このことを拡張術式と言う。
術式の最終段階として領域展開が存在しており、この領域展開を一言で言えば使用者が思う最強の結界に閉じ込めることであり、この領域展開は先に発動されたらほぼ勝てないと言っても良い。
但し、その強力さゆえに簡易領域や領域展延などの対策が考案されており、対処すること自体は可能。
領域とは別の奥義に極ノ番と言うものが存在している。
しかし、領域展開の方が強力なためか、極ノ番は領域展開ほど種類は多くない。

縛り

呪術における誓約。ある意味では、呪霊・呪術師を問わず、術者に対して力を抑えるリミッターであるが、同時に術者の性能を底上げするブースターでもある。
なんらかのリスクや制限を自身に掛けることで、引き換えに術式の性能の底上げや、呪力の増加など、なんらかのメリットを得るが、破った場合は得たメリットを失ったり、最悪の場合何らかのペナルティが降りかかる。
他者との間で縛りを結ぶ場合もあり、こちらは主に裏切り等が無いように相手の行動を縛るために用いられることもあるが、これは性質上、脅して無理矢理他者との縛りを結ばせると言う事は非常に難しい。

術式開示

自身で自身に科す縛りの例。作中で最も多用される縛りであり、いわば縛りにおける基礎。
相手に自身の術式の詳細をあらかじめ公開することで、それによって術式の効果や呪力を底上げする事ができる。ただし、縛りを破った場合は向上した分の能力を失う。

天与呪縛

こちらは先天的に術者に縛りが科された例。
先天的な身体の欠損や不自由と引き換えに高い呪力を得る、もしくは逆に呪力を全く持たない代わりに高い身体能力を得るなどのメリットがある。ただし、自分自身で縛りを科すのとは違い、生まれた時から縛りを強制されている状態である為、当然ながら術者当人からは余り誇られることが無い。
作中では、究極メカ丸禪院真希伏黒甚爾の三人がこれに当たる。

呪具の術式

術式があるのは術師だけでなく、呪具にもある。下記に呪具の中で術式効果のある呪具を記載する。

  • 天逆鉾(あまのさかほこ)
術式効果:発動の術式強制解除
使用者:伏黒甚爾

  • 万里ノ鎖(ばんりのくさり)
術式効果:端を観測されない限り無限に伸びる
使用者:伏黒甚爾

  • 黒縄(こくじょう)
術式効果:術式を乱す
使用者:ミゲル

術式の種類

基本的には何かを操作する系統の呪術を操術、呪力を通して相手や自分に影響を与える系統の術式を呪法、と言った形で区別しているようであるが、実際のところはかなり自由に名前が付けられている。主に、術、法、式と言った形で名づける術者が多い傾向にある模様。
下記に作中で登場した術式を記載する。

  • 十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)
影絵を媒介として式神を出し使役する術式。様々な式神を使役している。
使用者:伏黒恵

  • 芻霊呪法(すうれいじゅほう)
呪力のこもった釘を打ち込むことで相手にダメージを与える術式。
使用者:釘崎野薔薇

  • 呪言(じゅごん)
言った言葉、つまりは言霊を相手に送り込む術式。
使用者:狗巻棘

  • 不義遊戯(ブギウギ)
手を叩くことで、術式範囲内にある“一定以上の呪力を持ったモノ”の位置を入れ替えることができる術式。術式対象は、生物・無生物を問わない。
使用者:東堂葵

  • 構築術式(こうちくじゅつしき)
無から物体を作る術式。
使用者:禪院真依

  • 傀儡操術 (かいらいそうじゅつ)
傀儡、つまりは人形を操作する術式。
自立可能な傀儡を製作するものもある。
使用者:究極メカ丸夜蛾正道

  • 付喪操術(つくもそうじゅつ)
物体を自由に操作する術式。
使用者:西宮桃

  • 赤血操術(せっけつそうじゅつ)
呪力を込めた血液、もしくは血液の付着した物質を操る術式。
使用者:加茂憲紀脹相

  • 呪霊操術 (じゅれいそうじゅつ)
降伏した呪霊を球状にしてから取り込み、自在に操る術式。
最大の特徴として、呪霊を操るという形で術式を複数、それも取り込める限り大量に使用することができる。
使用者:夏油傑

  • 無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)
術師の周囲に呪力で無限を構築することで触れられないようにする術式。
この無限の応用によっては、瞬間移動したり、自身の攻撃を目にも止まらぬ速度に加速することもできる。しかし作者曰く「条件が揃わなければできない」とのことで、普段は移動にこうした術式は使えず、新幹線や車を使っているとのこと。
使用者:五条悟

  • 六眼
術式の情報を視認できる特殊な目。術式かどうかは不明だが、無下限呪術を使いこなすには必要不可欠だが、無下限呪術と兼ね合わせて持って生まれ持った者は稀。
使用者:五条悟

  • 十劃呪法(とおかくじゅほう)
対象を7:3に分割し、その中心点を強制的に弱点にする術式。
対象は体全体のみならず、腕や脚など一部の細かい指定もできる。
使用者:七海建人

  • 黒鳥操術(こくちょうそうじゅつ)
カラスを自在に操り、カラスと自身の視界を共有することができる術式。
使用者:冥冥

  • 投射呪法(とうしゃじゅほう)
自らの視界を画角として1秒間を24分割し、予め作った動きをトレースする術式。
使用者:禪院直毘人禪院直哉

  • 蝕爛腐術 (しょくらんふじゅつ)
浴びると腐蝕する有毒の血液を操作する術式。
使用者:壊相血塗

  • 無為転変(むいてんぺん)
相手の魂に触れ、魂の形状を操作することで対象の肉体を形状と質量を無視して思うがままに変形・改造する術式。
使用者:真人

  • 降霊術(こうれいじゅつ)
今現在猪野琢真の「来訪瑞獣」とオガミ婆の物の二種が確認されている。
猪野琢真の来訪瑞獣は、顔を隠して自らが霊媒となり、四種の瑞獣を降ろす術式。
オガミ婆の降霊術は、「イタコ」に近いもので、降霊対象の体の一部を呑み込み身体に肉体の情報を降ろす術式。
使用者:猪野琢真オガミ婆

  • 澱月(おりづき)
クラゲの式神を使役する術式。
呪力で精製し、触手から分泌された毒で攻撃したり、触手の棘で刺突攻撃したできる。
毒は調整できる。
使用者:吉野順平

  • あべこべ
術者に当たる強い力を弱く、弱い力を強くしてその名の通り強弱をあべこべにする術式。
使用者:粟坂二良

  • 特級過呪怨霊「祈本里香」
公式ファンブックにて記載されていたため術式としてカウント。
呪いの女王と呼ばれる祈本里香を顕現させる術式。
使用者:乙骨憂太

名称不明の術式


  • パンダの術式
体の中の三つの核を切り替え、ボディをコンバートする術式。
使用者:パンダ

  • 新田新の術式
呪力を篭めた手で触れた箇所を、その状態で固定する術式。
患部が悪化することはないが、治癒することもない。
使用者:新田新

  • 楽巌寺嘉伸の術式
エレキギターで奏でた旋律を増幅させ呪力として打ち出す術式。
自らをアンプとしている。
使用者:楽巌寺嘉伸

  • 漏瑚の術式
火や火山を操る術式。
使用者:漏瑚

  • 陀艮の術式
水を操る術式。
術式解放「死累累湧軍」では、魚の式神を使役できる。
使用者:陀艮

  • 花御の術式
木や植物を操る術式。
使用者:花御

  • 疱瘡婆の術式
相手を棺に閉じ込めて墓石で埋葬する術式。
3カウントの間に棺から出られなかったら病に罹患し死に至る。
使用者:疱瘡婆

  • 憂憂の術式
その場から脱出できる術式。
範囲はとても広い。
使用者:憂憂

  • 重面春太の術式
日常の記憶から小さな奇跡を抹消して蓄え、術者の命に関わる場面で放出される術式。
奇跡の多寡は目元の紋様で識別できる。
使用者:重面春太

  • 天元の術式
500年に一回星漿体と呼ばれる特異体質の人間と同化し、不死となれる術式。
使用者:天元

  • 菜々子の術式
スマートフォンのカメラの被写体に何らかの影響を及ぼす術式。
使用者:菜々子

  • 美々子の術式
縄で相手の首を括り吊るして攻撃する術式。
使用者:美々子

  • 宿儺の術式
主に切断系の能力を使用しているが、◾️「開」と唱え炎を顕現させる能力も有していて、攻撃手段が未知数な術式。
使用者:両面宿儺

  • 分身の術式
術者と同様の分身体を作る術式。
最大5体まで分身できる。
使用者:コミックス第8巻に登場した呪詛師

単行本未収録につきネタバレ注意‼︎






























  • 氷凝呪法(ひこりじゅほう)
氷を顕現させる術式。
拘束力と精度に優れている。
使用者:裏梅

  • 偽夏油の術式
脳を入れ替えることで肉体を転々とできる術式。
肉体を支配された者:夏油傑加茂憲倫????
使用者:????

  • 天使の術式
詳細は不明だが、あらゆる術式を消滅させる術式。
使用者:来栖華

関連タグ

呪術廻戦の登場キャラクター一覧

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

コメント