ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

禪院家の精鋭によって構成される「炳」所属の呪術師。
炳のメンバーの中では比較的若年だと思われるが、10年以上前に死亡した伏黒甚爾の存在とその脅威についてよく知っているらしく、少なくとも20代半ばより上だと考えられる。
覚醒した禪院真希禪院扇や躯倶留隊が撃破されるという事態に対処する為、禪院甚壱に事態の報告及び対処の指示を得る為に彼の元に来る(なお、この場には現在禪院家で最も地位が高い禪院直哉もいたのだが、彼の事は触れていないので仲が良くなかったのかもしれない)。

真希との戦いではその身を懸けて足止めを行い甚壱を全力で援護する。己の目を潰されながらも目前の脅威を倒すよう促して、彼の勝利を確信したまま力尽きるが、無常にも真希は難なく甚壱に勝利していた(台詞こそ違うが、光景は完全に「やったか⁉」のそれだった)
しかし、この時には本人は失明していた為に、ある意味幸い真希が勝利した光景を見る事なく、騒動後に描写された崩れた橋に、首を切断された彼らしき遺体が見られる事からそのまま死亡したと思われる。

禪院家の人間の中では、比較的まだまともな人物であり、単行本17巻での躯倶留隊からの評価値が甚壱を凌いで5.0点満点と、少なくとも禪院家の中では最も良識があった事が判明した。その評価によると目下の躯倶留隊にも敬語を使い、誰よりも早く起きて掃除をするなど、非常に真面目で謙虚な好青年であったらしく、禪院家の人間でありながら術式を持たない者への偏見も殆ど無かった事が窺える。
禪院家の中では、甚爾の実力も素直に認めていた数少ない人物だったらしく、「今の禪院家があるのは甚爾の気まぐれ」と評する程に警戒していた(一方でそれだけ警戒していた甚爾の事もさん付けで呼んで敬意は払っている)。遺産を巡った一連の謀略についても、彼自身は何も知らされてはおらず、何も知らないまま上層部が遺産を巡って引き起こした騒動に巻き込まれて、そのまま家の為に命を落とした、ある意味封建的な思想で腐りきった禪院家とその上層部の最大の被害者の一人だと言える。

その一方で、真希が反逆を起こした事については彼女の乱心だと一方的に決めつけて、それ以上背景を深く考えようとはせず、家を守る為に躊躇なく真希を殺害しようとするなど、本質的な部分はやはり家名第一主義の禪院家の人間としての思想に染まっている人物だとも言える。禪院家の中では最も真っ当な感性の人物だった事は間違いないが、それはあくまで禪院家の中ではという話だろう。

術式

炳のメンバーである事から、準1級呪術師以上の実力者である事は確定している。
術式の詳細は不明だが、劇中では相手の正面に巨大な目を出現させて睨んだ相手の動きを止めるという術式を使用しており、覚醒した真希の動きを一時的とはいえ完全に止めた程の力を持つ。
完全に後方支援に特化した非常に強力な術式だと言えるが、弱点として出現させた目に受けたダメージは連動しているらしく、相手の力が強すぎると反動で自身が失明する危険性もある。

術式の分類としては、狗巻棘の“呪言”に近い術式だと言える。

関連タグ

呪術廻戦 呪術界御三家 禪院家
禪院直哉 禪院甚壱 禪院長寿郎 禪院信朗

関連記事

親記事

禪院家 ぜんいんけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「禪院蘭太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「禪院蘭太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました