ピクシブ百科事典

禪院直哉

ぜんいんなおや

禪院直哉は、『呪術廻戦』の登場人物である。
目次[非表示]

※本記事には単行本未収録のネタバレ情報を含みます。閲覧の際にはご注意ください。



概要

禪院家26代当主・直毘人の息子。特別1級術師。真希真依とはいとこの関係。

やや吊り目で整った顔立ちを持つ、若い金髪の男性。常に薄笑いを浮かべており、関西弁で喋る。

爽やかな容姿に反して旧弊的な人物で、男尊女卑を当然視している。また「次の禪院家当主には自分がなって当然」と考えおり、当主候補の有力な親族にも不遜な態度をとるなど、自尊心が高く権威志向が強い。自分が当主になるために父が死ぬのを待ちわびたりと、五条悟が嫌う呪術界の負を凝縮させたような人物。

父の遺言で27代当主の座が決定したかに思えたが、遺言に付け足されていた「五条悟に異常があった際」の規約が原因で伏黒恵が次期当主となってしまう。
他の当主候補は直哉がなるくらいならと恵を認めるなど人望にも欠ける模様。父親からもイマイチ信用されてなかったようで、遺言状には「禪院、及び高専の呪具は扇か甚壱の同意がなければ出せない」と書かれていた。

一方でその壊滅的な人間性と人望の薄さにも関わらず、伏黒が出てくるまでは次期当主には実質確定していた様子であり、同じ特別1級の禪院扇を「パッとしない」と評するなど高い実力を持っている事も伺える。

術式

詳細は現在不明だが虎杖たちの反応から早く移動することが関係するのではと思われる。

読者からの反応

登場するとと同時に、親戚である禪院真希が重傷を負っていると聞きながらも、平然と「男を立てられない女だから死んだらいい」(意訳)と発言しており、わずか一話だけの登場にも関わらず、彼の性格の悪さ、肥大した自尊心、歪な価値観が非常に高い解像度で描写されたため、退場した真人の代わりとばかりに読者のヘイトを一気に集めた。

細目で関西弁で美形、そして清々しいまでにクズということで良くも悪くも読者の心を掴み、登場するやいなやトレンド入りを果たした(海外でも「Naoya」がトレンド入り)。そのビジュアルから「女殴ってそう」と言われた某デビルハンターと比べてか、「女殴ってる」と話題を呼んだ。某デビルハンターと違い、否定しきれない点が彼の魅力とも言えようか。

同時に、心底当然の考えだとばかりに真希を見下して侮辱した発言と、禪院家当主になるという野望のために恵を殺そうと行動を始めたことにより、呪術廻戦において五条悟以外の最強戦力の地雷を見事に踏み抜いたため読者から早速憐れみの目を向けられることにもなった。

余談

  • 「美形で関西弁を喋る」「細目がち」という点から『BLEACH』の市丸ギンを想起した読者も多かった様子で、彼の登場によりTwitterなどではサジェストに全く無関係の市丸ギンの名前が挙がるようになった。ちなみに作者の芥見下々は『BLEACH』の大ファンである。
    • 上記の事からファンからは「担当声優が遊佐浩二っぽい」と言われている。


関連タグ

呪術廻戦
呪術界御三家

関連記事

親記事

呪術界御三家 じゅじゅつかいごさんけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「禪院直哉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 816160

コメント