ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ほんなら卍解は どんくらい延びるかわかる?」
「しゃァない よう分かるように キミらの長さで 教えたげるわ」
13kmや

プロフィール

誕生日9月10日
身長185cm
体重69kg
斬魄刀神鎗(しんそう)
卍解神殺鎗(かみしにのやり)
解号始解:射殺せ「神鎗」(いころせ しんそう)
卍解:死せ「神殺鎗」(ころせ かみしにのやり)
好きな食べ物干し柿
嫌いな食べ物干し芋
趣味人間観察
特技針の糸通し
休日の過ごし方散歩
CV遊佐浩二
舞台土屋裕一


概要

旧護廷十三隊 三番隊元隊長・五番隊元副隊長

流魂街出身。
一人称は「ボク」。
常に薄ら笑いを浮かべたような顔をして飄々としており、京都弁で喋る。
三番隊は意地悪の犠牲者が数知れずいるが信頼されている。イヅルによると9割隊長ファン。
瞳は淡い水色(アニメでは赤色で描かれる場合もある)で糸目、驚いたときなどに目を見開くことがある。
「キツネ」「蛇」と比喩されている。単行本の隙間イラストでは「蛇」で表現されている。

十番隊副隊長の松本乱菊とは同期であり幼馴染。
幼少時代に道端に倒れていた乱菊を助け同居していた時期もあり、乱菊曰く「行き先を告げずに消える悪い癖」があるらしい。乱菊は誕生日を知らなかったのでギンが決めた。

尸魂界侵入を試み、白道門突破を図る一護たちの前に立ち塞がった。
藍染と共に瀞霊廷離反後は、破面勢力として登場。

隊長格が虚圏に突入後、王鍵創生のため藍染らと共に現世に赴き護廷十三隊仮面の軍勢と戦闘。
平子真子や虚圏から駆け付けた黒崎一護と戦闘し、猿柿ひよ里に重傷を与えたものの十刃と護廷十三隊の戦闘や藍染と護廷十三隊の戦闘には手を出さず傍観していたり一護を逃がそうとしていたり余り積極的に戦おうとはしていなかった。

漫画版では黒崎一護との戦闘まではあまり目立っていなかったが、アニメ版では各話の終了後のアランカル大百科にて司会を務め破面の解説を行っておりそのコーナーで何かとひどい目にあっている。

その他

三番隊隊長だったときの羽裏色は藍白、羽織は袖のないタイプ。
子供の頃からの大好物"干し柿"だが、手作りするようになったのは三番隊隊長に昇格以降。
三番隊隊舎にはギンが植えて育てた柿の木があり、作ると他隊にも配る。
干し芋は「干し柿や!」と思って食べたら干し芋だったので嫌いになったらしい。
瀞霊廷通信に「んなアホな」という題名で連載を持っていた。

小説「The Death Save The Strawberry」によれば、干し柿を作る日は全業務イヅルに一任、干し柿作りだけに専念して一切仕事をしない。手が空いた隊員達が順番に手伝いに来ていて三番隊の恒例行事となっていた。他隊の隊士達からは何を考えてるか分からない得体が知れない人と恐れられていたが、自隊士達からは恐れを含めて尊敬され慕われていた。

ファンブック「UNMASKED」の乱菊とイヅルが彼について語るフリートークによると隊の仕事ほとんどイヅル任せ。全面的に信頼してくれている、褒められる事も無かったが内容に口を挟まない懐が深い。自分にとっては理想の上官と乱菊に語っている(見出し文は"イヅル盲目の慕情")。 ギンのキャラ紹介ページでは、彼の作った干し柿を酒の後に食べると二日酔いしなかった乱菊は度々取りに来ていたこと、イヅルに試したら決まって腹を下していたことが判明した。

関連イラスト

ああやっぱり・・・謝っといて良かった
市丸ギン


コンッ☆
また



関連タグ

BLEACH 三番隊 吉良イヅル 松本乱菊 藍染惣右介
13kmや 銀髪 糸目





本心(ネタバレ注意)






















「こいつや こいつが親玉や 」


無題


「ボクがこいつを」

藍染の下についた理由は彼を殺すため。

藍染は崩玉の完成のために多くの魂魄を崩玉に与えていたが、そのために松本乱菊の魂魄も大幅に奪われており、その現場を目撃した時からギンは藍染への復讐を心に決めていた。

そのために乱菊の元を離れ死神になり、藍染の下につき、長い年月をかけて彼の鏡花水月の完全催眠から逃れる方法を知り、復讐と乱菊の魂魄を奪還するために彼を殺し崩玉を奪う機会を狙い続けていた。


王鍵の創生のため、藍染と共に本物の空座町を訪れたタイミングで、完全催眠から逃れるために催眠発動前の鏡花水月の本体に触れ、不意を突いて彼の胸元を神殺鎗で貫き、刃の内側に存在する細胞を溶かし崩す猛毒で彼の体に穴を空けて崩玉を奪った。

しかし崩玉は藍染の体から離れてもなお彼に力を与え続け、ギンは即座に体を修復させた彼に殺されてしまう。


死の直前にその場に駆け付けた一護の眼を見て彼になら任せて殂けると安心し、同じくその場に駆け付けていた乱菊に看取られながら何も残さず死んでいった。



君が明日蛇となり、人を喰らい始めるとして
人を喰らったその口で僕を愛すと咆えたとして
僕は果たして今日と同じように「君を愛す」と言えるだろうか

謝っといて良かった








ファンブック『13BLADEs.』収録のインタビューで作者はギンについて、最初から2パターンで迷っていた、敵のままか、実は乱菊のためか。どっちにしようかとずっと考えながら描いていた。どっちに転んでも大丈夫なように描いてはいるけど、自分の気持ちとしては藍染を裏切って欲しいなと思って描いていた。それで徐々にこっちよりになっていった感じはありますね。
でもギンは悪い顔が絵になるキャラクターだったから、悪いままでいて欲しいなって気持ちもありました(笑)と語っている。

その後


ファンブック「UNMASKED」収録の乱菊とイヅルの破面篇終結後のフリートーク企画(著者は不明)で乱菊は、命助けられっぱなしだった、今回だって自分だけ犠牲になって世界まで救おうとして~と語っておりギンが藍染に付いた理由、彼を殺そうとした理由が自分の為だったとは気付いていない様子。

小説「The Death Save The Strawberry」で、乱菊と出会った場所は東流魂街六十二地区「花枯<かがらし>」であること、そこに乱菊が彼の墓を建てたことが判明した。彼の行動は結果善であり、その過程でおこなわれたことは紛れもなく悪であったと瀞霊廷内に作ることは許されなかった。

「13 BLADEs.」収録の小説(上記の小説とは著者が違う)では、藍染の計画と関係ない虚の襲撃から尸魂界を護っていたのも事実と四十六室に語るイヅルにナユラが、詭弁だな、たしかに奴は藍染と最後に敵対していたらしい、埋伏の毒として奴の側にいたという仮説も立てられる。だが結果として尸魂界に被害を出したのも事実。裏切りの最中に残した表向きの功績で罪を打ち消せというのか?など出番はないものの間接的に触れられている。

関連記事

親記事

三番隊 さんばんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「市丸ギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10777023

コメント