ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

破面篇」から登場した、黒崎一護と同じの力が発現(発症)した死神たち。

全員虚化を会得しており、虚が仮面を割ったことで破面となったのに対し、逆に仮面を被ることで虚特有の力(虚閃など)を発揮することができる。


※能力についてはこちらを参照。


メンバー


活躍

過去

その正体は、100年以上前の護廷十三隊隊長格(ハッチのみ鬼道衆の副鬼道長)。在任歴が近いこともあってか、当時からあだ名で呼び合うなど仲が特に良かった模様。


破面篇時点の101年前に、藍染が行った崩玉の実験によって起こった「魂魄消失事件」に巻き込まれ、虚の力が発現。その場に駆け付けた当時の十二番隊隊長の浦原喜助と鬼道衆大鬼道長の握菱鉄裁に助けられた。

そして浦原さんに崩玉で治療してもらうが上手くいかず。

その後、中央四十六室によって浦原さんは犯罪者として逮捕されかけ、平子達は"虚"と断定され、処理されかかったが、二番隊隊長の四楓院夜一によって、浦原たち共々現世に逃げ延びた。


以降、尸魂界からは(この合間に隊長だった人物曰く)「元死神の無法集団」「所在も思想も一切不明」とみなされていたらしい。

また小説版によると、義骸に入っているため100年間歳を取らず、周りの人間に怪しまれないために住居を何度も移転していたとのこと。


破面篇

現世に破面が出現したのと前後して、内なる虚の暴走に悩まされていた一護と接触。虚化の概念を教え、その会得の修行に協力した。


空座町決戦では、中盤から参戦。大量の大虚を瞬く間に殲滅し、十刃ップ3(+ワンダーワイス)に苦戦していた死神側に加勢した。

なおこの時、山じい

(恐らく、当時藍染の謀略を見抜けずに出奔せざるを得ない状況へ追い込んでしまったことを恨んでいるのか、という意味を込めて)「今はおぬしらを”味方”と考えて良いかの」

と聞かれた平子はこう応えた。


"俺らはあんたらの味方ちゃう 俺らは藍染の敵 ほんでもって 一護の味方や"



十刃全滅後は現隊長たちと共闘して藍染に立ち向かうが、鏡花水月の力に翻弄され、敗北。

藍染が浦原によって封印された後は、卯ノ花烈の治療によって、メンバー全員が一命を取り留めた(拳西、白のみ明確な描写がない)。


その後

死神代行消失篇終盤、平子・ローズ・拳西が護廷十三隊に元の隊の隊長として復帰していたことが判明。

また、白は九番隊の自称・スーパー副隊長として尸魂界に、残りのメンバーは現世に残留。


最終章・千年血戦篇でも十三隊のメンバーは見えざる帝国との戦いで活躍した他、現世メンバーも霊王宮への突入時に合流し、共闘した。


ここの過去篇において、浦原さんが行った治療が「滅却師の魂魄と人間の魂魄をワクチン注射した」ことによるものであることが判明。恐らく崩玉による治療が失敗したため、こちらの方法に切り替えたのであろう。


最終回では、リサが八番隊の隊長に就任し、メンバー同士の交流も続いている模様。


余談

黒崎一心からは禁術を使って虚の力を手にしようとした思想不明の元死神の無法集団などと、まるで反社会的思考を持った危ない集団であるかのように呼ばれている。

一般的にはそう呼ばれているという意味で言ったのかもしれないが、作中では平子一味を指したような言い回しであった。平子一味はそのタイプには厳密には該当しない(藍染の被害者でしかない)ため、やや不適切な印象を受ける。


一心が平子たちより年若い死神であるため、事実を知らなかったともとれるが、浦原が藍染による一連の事件を一心に伝えていなかった理由は現時点では不明であったが、公式Q&Aの質問にて、このような内容を原作者が

一心に明かさない方が一護の虚化制御についてメリットがあると考えたからです

と答えられている。所説様々あるが、浦原がもとより藍染討伐に向けて一護を切り札とするために様々な方法で成長するプランを立てていた。特異体質持ちの一護を藍染ですら注目をしていた存在にして、最高の研究対象にもなっていたため、彼自身も様々な方法でその能力を強化させるために強敵たちをぶつけて強くさせていた。その結果最終的に藍染は敗北する結果に終わった。

だがもう一つの問題として何故浦原は一心に対して味方ともいえる平子たちの存在を敢えて言わなかったのか。最大の理由としては「一心の親心」と思われる。一心自身息子より娘達のほうを心配している様子を見せているが、何やかんだと一護のことも強く心配しており、一護を尸魂界に行かすためにお守りを持たせたり、一護が真咲を失って間もないころ一心に「泣いたっていい」(映画)と言われ強く心配させている描写も見られた。

当時の一心からの様子からして、仮面の軍勢の評価はあまりよくない感じであったが浦原に対し何かを言うつもりはなかった。浦原的にも一心の心が変に心変わりをされてしまうのも避けるため、敢えて伝えることはしなかった。それが例え仮面の軍勢が藍染の虚化実験の被害者であろうとも共に戦う同士であると・・・故に静観の道を選んだ。

原作やアニメなどの描写を踏まえ公式からの答えを推察するにこのような形になったと思われる。


なお、作中ではそのタイプの仮面の軍勢は登場していない。ただし仮面の軍勢を名乗っていないキャラを含めた場合は、皮肉にも東仙(もしかすると藍染も)が該当する。


理論上は破面と同様、帰刃を行うことも可能な模様。

超速再生や響転を会得した者もいる。

このことから、虚化は厳密には虚の力というよりは、破面の力を手に入れているのかもしれない。

なお、死神が帰刃した場合は、比較的人型を維持していることが多い破面とは違い、虚そのものの容姿になる。


関連イラスト

Visored


バイザードガールズ!仮面の軍勢ガールズ

ブリコン」にてトリオでアニメのEDをカバーした女性陣


CHAOS禁断化改修・大鳳 港深海化時雨

Pixivでは「仮面を被った集団、集合絵」「闇堕ち悪落ち)したキャラ」の作品のタグとしても使われる。


関連タグ

BLEACH 虚化 過去篇

関連記事

親記事

死神(BLEACH) しにがみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1259714

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました