ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日5月29日
身長186cm
体重74kg
所属護廷十三隊五番隊隊長
CV速水奨

概要

柔和な風貌をしており、常に笑みを絶やさない穏やかな性格、誰にでも分け隔てなく接する人柄から隊外問わず皆に慕われている。
 
羽裏色は白緑(びゃくろく)。羽織は袖のあるタイプ。
好物は豆腐で、苦手な食べ物はゆで卵。趣味は読書で特技は書道

休日は読書や霊術院の特別講師をしている。霊術院の書道特別講師で、書道の腕は一流。
授業はいつも満員御礼で、選択科目に関わらず、廊下で講義を受ける生徒が出る程の人気である。五番隊で月1回書道教室を開いている。

ルキアの処刑を巡る一連の騒動の最中、ルキアの幼馴染の恋次に対し処刑への疑義の念を打ち明け、その後何者かによって殺害された。

110年前は五番隊副隊長であり、当時五番隊隊長だった平子真子の部下だった。
ゲーム「The 3rd Phantom」の過去編では朱司波征源の下で五番隊副隊長を務めていた。

斬魄刀『鏡花水月』

流水系の斬魄刀で、霧と水流の乱反射により敵を撹乱させ同士討ちにさせる能力を持つ。
ドラマCD「騒乱前夜」ではこの流水系の能力が味方までも巻き添えを喰らう危険性があるという理由で副隊長を集めて説明会を開いている。

関連タグ

BLEACH 護廷十三隊 五番隊 雛森桃

 
































真実

以下ネタバレ注意↓






















「君の知る藍染惣右介など最初から何処にも居はしない」





藍染


「私が天に立つ」

「本当に恐ろしいのは 目に見えぬ裏切りですよ、平子隊長」



実は殺害されたと思われていたのは、自身の斬魄刀鏡花水月」の真の能力によって偽装されたもの。
ルキア処刑騒動の黒幕であり、彼女を殺そうとした張本人である。


本当の性格

実際は冷酷な性格を持つ野心家である。
自分の部下はおろか、全ての存在は自分の目的を果たすための捨て駒としか見ておらず、用済みと判断したらいとも簡単に斬り捨て、手に掛けるなど非情な行動が目立つ。
恋次と雛森と吉良は初めてあった時に「使える」と確信を持ち五番隊に入隊させ、役に立ちそうな雛森と吉良は自分とギンの部下に、厄介そうな恋次は他の隊に早々に異動させた。
尸魂界篇では雛森桃を始めとして、朽木ルキア阿散井恋次と言ったかつての部下を平気で斬り殺そうとしており、実際に雛森は彼に刺されて瀕死の重傷を負わされた。

その本性を曝した後も、一見柔和な言動を保ちながらも教唆や詐術・韜晦が習性のようになっており、端からは本意がつかみ難い。
後述する過去の項にもある通り、基本的に誰も信用せず目上の者に対しても傲岸不遜であり、慇懃無礼に接する。また、元は講師だったせいか、相手の間違いを指摘しつつ説教をするような口調で話す事も多い。

一方で、小説版では漫画・アニメでは語られなかった側面が多分に描かれている。
隊長位に就任後は勤務体制の見直し、基本給の増額など隊士の為になる改革をいくつも手掛けた。藍染にとっては人心掌握の一環でしかなかったが、隊士の境遇が改善されたのも確かだった。効率の良い鬼道の鍛錬方法を編み出し藍染の反乱後も教科書に掲載されている。藍染がもたらしたものは負の遺産だけではないとされている。
人心掌握に長け、特に部下からの人望が厚く、五番番隊には雛森の他にも呪縛から逃れずにいる者も多く平子は憤りを感じていた。この為、一部の隊員達からは彼の死神復帰を望む声も多い。

邪悪な研究によって死神や流魂街の住民の多くの命が失われ、平子は藍染のどす黒い本性に気づいていた自分が殺しておくべきだったと悔恨が消えないが「長いこと一緒におって、いっぺんもおもろいと思うたことなかったか、っていうたら嘘になる。確かに、楽しかったこともあったな」と憎しみだけではない様子も垣間見せている。ただし「この怒りが薄らぐことはないけれど」と直後に釘を刺しており、許せるかといえばそれは別問題と思われる。

自身を慕う部下に対する情が決して絶無だった訳ではない様子も見られる。
最後は殺そうとするが、一度は恋次にルキアを置いて退がるように忠告、聞かないので腕を斬ろうとするも、命までは取ろうとはしていなかった。
恋次に、元上官として死なせるのは忍びないなら何で雛森は殺した、と問われて「僕無しでは生きられない」「殺して行くのは情けだと思わないか」と。曰く、雛森を手にかけたくなかったのも事実、だから吉良や日番谷と殺しあわせようとしたが上手くいかず「仕方なく僕が殺したんだ」というのが彼の言い分だった。
だが、この趣旨の発言は微笑みながらのうえ、破面編で雛森をあんな目に合せているのでどこまでが本心なのかは疑わしい。

東仙を殺したのは本人に頼まれていたから。「もしも自分が復讐を止める様であれば、藍染の手によって粛清されたい」と生前に頼まれた際には、悲しそうな表情でそれを了承していた。

また、部下を切り捨てるのも本当に自分の役には立たない、あるいは自分を裏切ったと判断してからであり、それまでは部下が自分の意思や命令外の勝手な行動をするのも、余程の事でない限りあえて容認する事が多い。戦いも当初はあえて十刃達にほぼ全て任せて自分は様子見に徹しており、後述する一護や自分に翻意を抱いてた市丸ギンの事もそうだが、基本的に自分が関心を持った相手の事は、敵味方関係なくその成長や力を最後まで見定めようとするスタンスのようである(これも講師という職業だった故なのかもしれない)。

なお、立場や性格上、原作ではコミカルなシーンは皆無に等しいが、アニメのボケをかますなどで次回予告にも参加していたり、死神図鑑ゴールデンでもギャグシーンを見せている。
案外ノリの良い一面もあったりするのかもしれない。

護廷十三隊時代は眼鏡をかけていたが、本性を現してからは、伊達だった眼鏡を外し、髪をオールバックにして、一人称も「僕」から「私」になっている他(二人称は「君」のままである)、目も細くなった。

藍染惣右介



虚圏潜伏後は黒い死覇装に白いコート姿、後に破面のような白い死覇装を纏う。
また、本性を現してからは、敵の事はフルネームで呼ぶようになった。

目的

劇中、彼の最終目標が具体的に明らかになる事が無かったが、恐らくは「尸魂界の王」になる事だと思われる。ただし、これが支配欲から来るものであるかは不明である。理由は後述。
尸魂界篇での目的は、100年以上前に浦原が発明した「崩玉」を手に入れる事。
詳しい活動開始時期は不明だが、110年前は平子の部下として副隊長を務めていたが、この頃から既に暗躍を始めており、崩玉を製作する研究も行っていた。表向きは人徳の有る副隊長として振舞いつつも、その裏では、死神の限界を超えた力を求めて「死神の虚化」(仮面の軍勢がこれに該当)並びに「虚の死神化」(破面)を狙って、当時死神になったばかりの少年だった市丸ギンと、九番隊の隊長であった六車拳西の配下として活動していた東仙要に指示を与え暗躍していた。

101年前に虚化の実験のために流魂街で魂魄消失事件を引き起こし、結果として平子たち当時の隊長格8人を仮面の軍勢にするきっかけを作り、その罪を浦原喜助になすりつけ彼を追放に追いやった。さらに、市丸を部下にする以前に自らも崩玉を生み出しており、何百の死神と何百の死神の資質を持つ流魂街の住民の魂を与えていたが、それでも満足できずに、浦原が作った崩玉を崩玉に与えることを想い付いた。彼の作った崩玉を狙っていたのもその為である。
浦原の崩玉を手に入れる前は、自らが作り出した虚を実験目的で、仲間であるはずの死神の下へ送り込んでいた。志波海燕を死に至らしめルキアの心に闇を持たせるに至ったメタスタシア(アニメ版では、テンタクルス)や、檜佐木の右目に傷を付け最終的に自らギンと始末した巨大虚(ヒュージ・ホロウ)の大群も、実は彼が作り出した失敗作であった。

本編開始から20年ほど前、虚を生み出す虚である『ホワイト』という虚を生み出す事に成功した藍染及び部下の二名は、空座町に『ホワイト』を派遣しての実験を行うが、その際に『ホワイト』は滅却師であった黒崎真咲を襲撃し、彼女を虚化させようとして死の淵に追いやる。
その後、黒崎真咲と志波一心の結婚と、長子の黒崎一護の誕生を密かに見届ける。
その後も黒崎家の監視は引き続き行っており、諸々の経緯から黒崎一護が、虚・死神・滅却師の三つの種族の能力を使える存在になるだろうと確信した事で、朽木ルキアと黒崎一護を意図的に遭遇させ、以降は研究対象として自分の監視下に置く。

破面篇では、尸魂界の王である霊王を倒すと言う目標を掲げ、虚圏へと活動の拠点を移し、現世、及び尸魂界への侵攻を開始。
護廷十三隊と仮面の軍勢を相手に圧倒的な強さを見せて彼らを撃破し、三つの種族の能力を秘め、霊王に近い存在であろう一護(実際後に『千年血戦篇』で次の霊王候補筆頭であることが判明する)を自分がより強い存在になる為食らうつもりだった様だが、藍染の想定を遥かに超える成長を見せた一護により、結果的に手も足も出ずに倒された。しかし、それでも崩玉によって不死の存在となっていた為に、しぶとく生き延びていたが、直後に一護に敗北した事で崩玉によって見限られてしまい、斬魄刀と超越者としての力が消滅していった。さらに浦原によって打ち込まれていた鬼道が発動し、封印される形で拘束された。

謎の多い行動の真意

彼が何故霊王を倒し、自分がその代わりになろうとしたのか。その本当の理由は漫画・小説版ともに語られる事は無かった(本人曰く「私は常に、私を支配しようとするものを打ち砕くためにのみ行動する」「勝者は世界がどういう物かではなく、どうあるべきかを語らなければならない」との事だが真意は不明)為、その真意や真実は永遠の謎である。しかし、ある程度の予想は可能である。
尸魂界を治めているとされる霊王であるが、実際のところ霊王と言うのは、四肢が捥げて水晶の様な物に封印された状態の、そもそも生きているかどうかも定かではない何かとしか表現できない存在であった。浦原喜助はそんな霊王の事を「世界の楔」と表現しており、
小説版『Can't_Fear_Your_Own_World』で明かされた設定によると、彼は世界の原型を生み出した、いわば神の様な存在であるが、かつて死神により両腕両脚を捥がれ、内臓すらも抜き取られて封印された事が明かされた。直接言及されてはいないが、その設定を仄めかす描写は本編にもあり、この事実はある程度隠されてはいても、この事実を知る事自体はそこまで難しい事では無い様である。
つまり霊王とは、王とは名ばかりの生贄に過ぎず、その生贄を王と崇め奉る事に反感や疑問を覚えるのは、当然の反応とも言える。
また、同小説にて五大貴族の霊王に対する許しがたい罪によって成り立つ世界を良く思っていないことが描写されており、「世界をこのまま死神に委ねていることこそ、永劫に続く犠牲の連鎖から目を背く悪徳であり、自分の歩みこそが正義」だと語っている。
また、「世界の在り方を原初に戻す事を私は良しとしない。それは人が人であること意義を失いからだ。だからこそ私は世の理の礎であり、死神達の罪の象徴であり、最大の贄でもある霊王を天から堕とす」、「他者の欲望に踊らされた贄ではなく自らの意志を持って天に立つ」とも語っている。
藍染のやろうとしたことは死神達によって贄にされた霊王を救い、自らの意志で次の霊王になろうとした、ある意味では藍染は霊王の一番の忠臣とも言えるのである。

  • しかし、逆に言えば霊王が自ら犠牲になってまで保ってきた世界があると知りながら世界の均衡を崩し、霊王が守りたかった数多の命を殺し残虐な行いをしてきて、霊王の意思を理解している節がある零番隊に反逆することが霊王への裏切り以外の何物でもないとも言える。

また、一護は藍染の剣には孤独しか存在しておらず、藍染の本当の目的は崩玉により死神の力を失う事だったのでは?と推測している。つまり崩玉で力を失ったのは崩玉に見限られたからではなく、藍染自身が心のどこかで望んでいた結果だったのかもしれない。
実際に、藍染自身は「支配者とは孤独なものである」と言う価値観を持っており、それを作中でも明言していた。さらに崩玉による進化の第2段階以降は、霊力の弱い者は藍染に近づかれただけで体が崩壊するようになったのだが、藍染本人はこの能力を好んでいないらしく、作中では自分に近づく弱い相手には例外なく事前に警告をしており、実際に一般人が爆死した際には、いつもの余裕を漂わせた微笑が消えて完全な無表情でそれを見ていた。これらの事から、それが彼の本当の望みであるかどうかはさておき、表面上の立ち振る舞いとは裏腹に、誰にも心を開けず、孤独であり続けた人物だった事は事実な様である。



人間関係

主人公である黒崎一護をはじめとして、様々な人間と関りのあるキャラクターだが、特に重要な人間関係においては、上下関係か敵対関係しか築いていない。
その一方で、下記に並べられたキャラクターは全て、藍染がどういう真意であれ言葉の上では認めた人間ばかりである。

作中において、確実に誰よりも信頼していた人物。
彼が幼少期の頃から目をかけており、尸魂界篇終盤では「彼以外を副隊長だと思ったことはない」と発言し、鏡花水月の弱点である完全催眠の逃れ方も、唯一直々に教えられていたことからも、その信頼の深さが窺える。
一方で、彼に対しての信頼もどこまでが本気のものだったのか不明で、尸魂界侵攻の折には市丸が裏切ることを予期していた発言をしたうえで、容赦なく彼を斬り殺している。しかし、彼に裏切られた際には、藍染には珍しく感情を昂らせており、斬り殺す際にも皮肉とは言えまがりなりにも礼を述べて、彼が手に掛けた人物の中では珍しく敬意を払っている。
また、時間をかけた策謀によるものとはいえ、唯一素の実力で殺されかけた人物でもある
実際のところ、どこまで信頼していたかは不明だが、表面的な仲でいえば確実に最も長く深い付き合いのあった人物。

本編では彼が狛村左陣檜佐木修兵と和解した直後に殺害している。しかし、小説版で明かされた過去によると、実はこれは東仙自身の望みであり、最も忠誠心の高かった部下への慈悲だった。最大の忠臣としてついてきてくれた礼をしよう、望みはないかと問われて「もしも自分が、死神たちの世界を受け入れるようなことがあれば、この世界が私に安寧を与えるならば、この世から欠片も残さず消し去って頂きたい」と言う彼の願いを聞き入れた事によるものである。東仙は藍染が天に立ったら、復讐に囚われた者の居場所はないと自殺するつもりだった。小説版を見る限りは藍染なりに東仙の事は最後まで信頼していた模様。東仙自身も藍染に真に忠誠を誓っており、物事に絶対があるならそれは藍染様だけと語っている(つまり、自分の忠誠心すら絶対ではなく、復讐心も場合によっては氷解してしまうかもしれない事を自覚していた)

回想から分かる通り、破面に対しては崩玉不使用の破面化、破面・大虚の自勢力へのスカウトも自分自身から直接おもむいて積極的に行っており、その時の印象を未だに引きずっている者が多い。
その中でも十刃からの忠誠心はまちまちであり、コヨーテ・スタークティア・ハリベルウルキオラ・シファーゾマリ・ルルーは比較的高い忠誠心を持っていたが、それ以外の面々に関しては、完全に力尽くでの服従であり、バラガン・ルイゼンバーンに至っては復讐の対象として藍染の命を狙っていた。しかし藍染としては、そんな十刃達の事を「死神としての自分をも超える存在になる」と期待していたらしく、基本的に戦いや敵への対応などは全て彼らに任せて自分は傍観に徹していたのだが、彼らが次々と隊長達に敗れる姿を見て、最終的には「死神としての自分一人の力にすら及んでいない」として、自分の道行きには付いてこられないと判断し、最後まで生き残ったハリベルを自ら切り捨てた。

彼が隊長に就任した時から内心では注目しており、一種のライバル視をしていた。
浦原の事は「尸魂界において自分の頭脳を超えた唯一の存在」と認めており、だからこそ敗北して浦原の鬼道で封印された際には、そんな浦原に対して何故霊王に従うのかと激昂した様子を見せていた。
ちなみに、藍染がまがりなりにも感情を剥きだして相手にしたのは、黒崎一護と彼のみであり、一護が予想外の成長を超えた結果として感情をむき出しにしていたのに対して、言動的に浦原に対しては今までの溜まりに溜まった感情が爆発したような科白となっている。
穿った見方をすれば、藍染にとって唯一対等な存在と認めていた人物のようにも見る。

千年血戦篇までは直接的な絡みはなかったが、京楽自身は平子真子同様に藍染が副隊長時代から危険だと認識していたようで、魂魄消失事件に平子達が調査に行った際には藍染の事を監視していた。
千年血戦篇では、想像を超えた滅却師の力に対抗するために無間から一時的に出獄するよう誘いをかけられ、彼との問答の末にそれを了承する。
その際に京楽の事を「やりにくい男だ」と評しており、戦闘力や霊圧と言った武力方面はともかくとして、策略や詐術と言った頭脳方面ではある程度認めているようである。

作中では女性との絡みが意外な程に多く、尸魂界篇では雛森から片思いにも似た慕われ方をしており、破面篇での側近であるロリやメノリは、藍染に対する執着心にも似た忠誠心を見せている。
井上織姫に対しては、その能力に興味を示して、隊長格に対する囮とする為に仲間を人質に取る形で仲間に引き入れた。しかし、その割には女性として目をかけている描写もあったのだが、本心は不明。

人間にしてはそこそこの霊能力を持ってるただの人間だが見ず知らずの人間を圧倒的実力差を分かっているにも関わらず守るために自身の前に出て対峙した事から極めて高評価。小説版では痣城剣八の野望を砕いた人間を彼だと見抜いた。

実力

後述する斬魄刀『鏡花水月』の力に加え、疲労と負傷から万全ではないとはいえ一護の『天鎖斬月』を指一本で受け止め、同じ隊長格の死神や上級十刃(ハリベル)を容易く倒すなど他の隊長格の死神達を超越した戦闘能力を有し、その実力たるや計り知れない。
霊圧は並みの隊長格の2倍はあるらしく、霊圧を発するだけでグリムジョーを圧倒し、織姫も目が合っただけで、体中の力が吸い出されるような感覚に陥り、浦原でさえも戦慄を覚えるほど。さらには詠唱なしの鬼道によって屈強な狛村左陣を一撃で戦闘不能にし、2回攻撃すれば必ず死に至る砕蜂の斬魄刀『雀蜂』の能力ですら自身の霊圧で抑え込み無効化してしまう。斬拳走鬼のすべてが最強格であり、特に九十九番の破道「五龍転滅」さえ詠唱破棄で放つことから、破道に関しては鬼道衆さえも凌駕している。

また、戦闘能力だけでなく話術にも長けており、教唆や挑発によって相手の精神に揺さぶりをかけることも多い。市丸は藍染の脅威は『鏡花水月』ではなく、あらゆる意味で出鱈目な十刃達すらをも従わせる程の総合的な強さだと評しており、隊長達が『鏡花水月』の能力を警戒する事を『それだけでは不十分』と否定的に見ている。
また、他者を惹きこんでしまうカリスマ性を持ち、藍染自身に殺されかけた元部下の雛森は(長期間に亘って仕込まれたので仕方ないが)「藍染隊長を……助けてあげて…!」「そうよ…!きっと藍染隊長は市丸隊長か誰かにムリヤリ…」と日番谷に言ってしまう程だった。
それは本来敵であるはずの虚すら惹きつける程で、アイスリンガーからは「藍染様は我等にとって太陽のような存在」と讃えられていた。

鏡花水月

解号は「砕けろ『鏡花水月』」。 
能力解放に伴う形状の変化はないが、解放の瞬間を一度でも見た相手の五感・霊感等を支配し、以降解放の度に何度でも相手を支配していくことが出来る「完全催眠」という能力を持つ恐ろしい斬魄刀である。劇中にもあるが、一度解放を見せれば、それ以降解放の瞬間をあたかも『そもそも解放をしていない』ように錯覚させることももちろん可能。さらに卍解を習得しているために解号を唱えず始解ができるため、実質斬魄刀を見せるだけで催眠の発動条件を満たすことができる。
この能力により、護廷十三隊の隊長格を含むかなりの隊員を自らの催眠下におくことができ、暗躍に大いに貢献した。上述の項目にある、「流水系の斬魄刀で、霧と水流の乱反射により敵を撹乱させ同士討ちにさせる能力を持つ」というのはもちろん嘘であり、周囲には完全催眠によりその能力を偽っていた。

ドラマCD「騒乱前夜」で「説明会」と称して副隊長を集めたのも、副隊長達に催眠を懸けるための方便である。
この能力で自らの死を偽装し、特に雛森の精神を錯乱させた。偽装に関して卯ノ花は検査のため藍染の偽装遺体に最も長く触れていたこともあって違和感を覚えることが出来たが、催眠を解くまで誰にも完全に解明する事はできなかった(鏡花水月はこの時、仮の遺体に見えるように暗示が掛けられていた)。

完全催眠から逃れる為には能力の発動前から刀に触れている必要があるが、この事実を見抜いていたのは市丸ギンだけである。
ただし、ギンの「(発動前に触れていれば催眠には掛からないという事実に対し)その一言を聞き出すのに何十年かかった事か」というセリフから、情報収集の結果見抜いたのではないため、藍染がギンを信頼していたため口を滑らせた、というよりはむしろ敢えてそれを教えておく事で裏切る前兆を察知する為の撒き餌と考えるのが正しい(事実刺された直後藍染は「君の狙いは知った上で連れていた、どうやって私を殺そうとするか興味があったからだ」と述べている)。


一見すると初見殺しにも程があるチートな斬魄刀だが、実際この斬魄刀にできることは「ある物を別の物に見せかける」事であり、平子に対し代役を自分に見えるよう催眠をかけたことから「何もない所に幻を作り、本物と誤認させる」ことはおそらく出来ない(或いは代役となる人物にわざわざ自分の所作を真似る様に仕込んでいた事から、出来たとしても違和感が大きすぎて催眠がバレやすい)。

そもそも催眠と銘打たれているが、相手の意思や精神を直接操作することは出来ないため、詳細がバレてしまえば例え催眠下にあっても(一対一、あるいは同士討ちを考慮しないと条件はつくが)広範囲攻撃等の対応策はある為、鏡花水月があそこまでの脅威となったのは隊長格でさえ一撃で戦闘不能に追い込む藍染の圧倒的戦闘力があってこそであり、(一定以上の霊圧差があればどんな能力をも無効化出来る設定を考慮しないとしても)弱者が手に入れて無双できる類の斬魄刀ではない。

【卍解】の詳細は劇中未使用のため、その名称や能力は不明。
一応他の卍解の例と照らし合わせる形で幾つかの予想がされており
・幻覚を真実にする(炎で焼かれる幻覚を見せると、焼かれた部位が火傷する)
・鏡花水月では出来なかった「無い物をある様に見せる」事ができるようになる
・五感だけではなく物事の認識(敵味方や寒暖、軽重や天地等)も弄れるようになる
等色々な案が出ている

余談

BLEACHにおいて、真のラスボスはユーハバッハであり、実際に作中でも最強クラスの実力と反則そのものの能力を持っているのだが、冷酷非情な行動が目立ち最初からラスボスとして登場したユーハバッハよりも、途中からラスボスになる衝撃展開、常に余裕の態度を崩さず、真正面から圧倒的な実力で主要キャラクターをねじ伏せる藍染の方がラスボスとして強く印象に残りやすく、BLEACHのラスボスと言えば藍染と言うほど、ファンが多い。(単純に藍染が敵だった頃のBLEACHはまだ看板漫画レベルの人気があり、話も面白かったというのもある。)

関連イラスト

これは 戦 争
藍染惣右介


log2
協力イラスト



関連タグ

虚圏 破面 十刃 裏切り 野心家
ダークヒーロー ラスボス だいたいこいつのせい 悪のカリスマ

関連記事

親記事

五番隊 ごばんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「藍染惣右介」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「藍染惣右介」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6551324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました