ピクシブ百科事典

流魂街

るこんがい

流魂街とは漫画・「BLEACH」に登場する部隊の一つ。
目次[非表示]

概要


瀞霊廷をぐるりと取り囲む下町(貧民街)。
東西南北の4つの区域からなり、さらに各区域は80の地区に分けられており、それぞれの地区には名称が存在する。風景は江戸時代の街並みを保っている。
 一般的に地上(現世)で死んだ人間の魂が辿り着くのは流魂街であり、ここに辿り着いても現世における家族や恋人の魂と一緒にいられるかどうかは運次第である。

生まれついての死神だけではなく、流魂街の住人が死神に志願することもある朽木ルキア松本乱菊阿散井恋次他)。だが、地域差別がある模様。
 餓死することはないが貧富の差はあり、1から80まである地区は数字が多いほど治安が悪く少ないほど良い。これらは送られてきた魂たちの質で決められているようで、質が悪い者ほど下の地区に送られるようである。特に最も治安が悪い最下層の79地区『草鹿』や80地区『更木』は、地獄行きになっていてもおかしくなかったような者たちが送られており、流血沙汰が絶えない。また、ルキアはサラリーマンに対して「気安いところ」と言っているが実際はランダムで地区に飛ばされるため気安いとは程遠い。(彼女自身がそれを分かっているはずだが死神としての仕事が優先であるためこういうしかなかったという事情もある)

また、どこで初めて二人(更木剣八草鹿やちる)があったのかはわからないが同じ方角にある地区なら移動は可能である確率は高い。

主な地区


西流魂街1地区「潤林安
日番谷冬獅郎雛森桃が住んでいた地区。西門を守る兕丹坊とその弟も出身かは不明。また、ルキア奪還を果たすために黒崎一護たちが初めに訪れた場所でもある。
愛染の言動から、浦原の穿界門は西流魂街にしか行けないとのこと。

日番谷冬獅郎・・・十番隊の隊長。
雛森桃・・・五番隊の副隊長。

・日番谷の祖母・・・日番谷と雛森の面倒を祖母代わりとなって見てきた人物。二人とは血縁はない。冷たい雰囲気と銀髪で避けられてきた日番谷にも優しく接しており、日番谷からも懐かれている。
(雛森とはどんな感じなのかは不明。日番谷が霊術院に行きたがらなかったのは祖母を心配した為)
平和な地区であること霊なので死なないことから現在も休日に日番谷が祖母に会いに行っている。

東流魂街62地区「花枯
松本乱菊市丸ギンが出会った場所。「かがらし」と読む。
ただ、出会った場所なので二人の元々住んでいた場所自体はここなのか不明。

市丸ギン・・・三番隊元隊長。愛染の右腕。
松本乱菊・・・十番隊副隊長。

南流魂街78地区「戌吊
朽木ルキア阿散井恋次の住んでいた地区。下から3番目の治安であるため盗みや犯罪になりそうなことが絶えなかった。

朽木ルキア・・・十三番隊副隊長→隊長
阿散井恋次・・・六番隊副隊長

北流魂街79地区「草鹿
流血沙汰さえ日常茶飯事の地区。草鹿やちるの名字はこの地区の名前からきている。
くさか」ではなく「くさじし」である。

草鹿やちる・・・十一番隊副隊長。女性死神協会会長。

北流魂街80地区「更木」

北流魂街最低地区。草鹿同様、流血沙汰は日常茶飯事である。更木剣八の名字はここから。
ざらき」と読む。

更木剣八・・・十一番隊隊長。


その他の人物


檜佐木修兵・・・流魂街出身だが地区は不明。九番隊副隊長。

シバタユウイチ・・・インコに閉じ込められていた少年の霊。

志波空鶴・・・志波家当主の女性。家が独特なためか移転が多い。

志波岩鷲・・・空鶴の弟。

朽木緋真・・・ルキアの姉で朽木白哉の妻。

斑目一角・・・十一番隊三席。

綾瀬川弓親・・・十一番隊五席。


関連項目


BLEACH 尸魂界 瀞霊廷

関連記事

親記事

尸魂界 そうるそさえてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「流魂街」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント