ピクシブ百科事典

阿散井恋次

あばらいれんじ

阿散井恋次とは、『BLEACH』の登場人物。
目次[非表示]

「阿散井恋次 てめーを殺した男の名だ」

「・・・ルキアを・・・ルキアを助けてくれ・・・!」

プロフィール

誕生日8月31日
身長188cm
体重78kg
斬魄刀蛇尾丸
解号咆えろ(ほえろ)「蛇尾丸」
卍解狒狒王蛇尾丸→双王蛇尾丸
趣味ゴーグル集め
特技玉蹴り(フットサル)
好きな食べ物たいやき
嫌いな食べ物辛いもの
休日の過ごし方"眼鏡の銀蜻蛉"で新作チェック


概要

CV:伊藤健太郎(少年期:木内レイコ

護廷十三隊の六番隊副隊長。感情を優先させる熱血タイプ。
長い赤髪赤目で大柄な体躯。眉毛から額、首から上半身にかけて大仰な刺青を入れている。
流魂街出身のためかガラは悪いが、根は人情味溢れる兄貴肌の青年。
十一番隊員であり、戦い方を教えてくれた斑目一角を尊敬している。
同じ護廷隊員の檜佐木修兵は真央霊術院での先輩であり、同期の雛森桃吉良イヅルと同様に仲の良い間柄。副隊長の身でありながら卍解を修得している実力者である。

仲間のルキアとは幼馴染の間柄で、40年前まで「戌吊」で身を寄せ合って家族のように暮らしていた。困窮した生活から抜け出すためルキアと共に死神を目指し真央霊術院で学ぶが、朽木家からルキアへの養子の誘いをルキアの幸せに繋がると考え、本意ではないにも関わらず喜んで祝福する。そのことがきっかけで二人の間に大きな溝が生じ、関係が途切れる。この出来事から恋次は朽木家の養子となったルキアと対等に付き合うため、義兄の朽木白哉を超えることを目標に鍛錬を重ねる。

長い年月をかけて念願の六番隊副隊長に任命されるがその直後、現世の少年黒崎一護へ死神能力を譲渡し罪人となったルキアの捕縛命令が下る。恋次は命令通り彼女を尸魂界へ連行するも、懺罪宮前での一護との戦闘後にルキア救出を決意する。完成間近であった卍解を修行で取得し白哉に立ち向かい倒れるが、強い意思を持って最後まで勇敢に戦い続けた姿は白哉も認めるものであった。鬼道で治療を受け回復した後、双極へ再びルキア救出に向かい一護と共に藍染に重症を負わされるが、仲間の助けでルキアの命を救うことに成功し、彼女と和解することが出来た。この時から恋次は一護を認め、仲間として信頼するようになる。

最終回ではルキアと結婚し、娘の阿散井苺花が誕生している様子が描かれており、漫画完結後に発行された久保帯人完全監修小説『BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU』では二人の結婚式についての物語になっている。

恋ルキ



斬魄刀はノコギリ状の刃を持つ『蛇尾丸(ざびまる)』。
一見すると単なるダンビラだが、その本性は生物的な連節を持つ蛇腹剣
そのため近距離での競り合いよりも、中距離からのヒット&アウェイを得意とし、また刀そのものも分厚く大きいため、一撃の衝撃力も強い。これを恋次は鞭のように自在に振るい、相手を懐に近づけることなく圧倒して見せる。
なお、これらの攻撃は3連続までが限界で、その後は必ず連節を元に戻す。

卍解は『狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)』。
見た目はもはや刀の形状をしておらず、巨大な蛇の骨である。金色疋殺地蔵の次に披露された卍解でまさか副隊長の阿散井が、と当時の読者を驚かせた。
蛇尾丸と同じように鞭のように扱えるが、威力は格段に向上している。骨のパーツを霊圧で繋げているため自在に分離、再結合を行える。また複数のパーツによって構成されているため、多少破壊されても問題なく扱える。
口の部分から狒骨大砲というビームを打てたり、騎乗して移動手段になったりとオールマイティに活躍できる応用性の高い卍解。

アウトスラッシュ



千年血戦篇にて狒狒王蛇尾丸という名前は本当の名前ではないという事が発覚する。
(蛇尾丸は恋次を真には認めておらず、卍解の半分の力だけ貸していた)
真の名前は双王蛇尾丸。
右手の「オロチ王」左手の「狒狒王」の二つの武器で戦う。

阿散井恋次



関連イラスト

狒狒王


【鰤】一歩遅かったけどおめでとう!
賀正



関連タグ

BLEACH 護廷十三隊 六番隊 
朽木ルキア 朽木白哉
赤髪
恋ルキ

pixivに投稿された作品 pixivで「阿散井恋次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3442347

コメント