ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「悪りーな。 皆殺しッて命令なんだわ」


巻頭ポエム

銃弾、鉤爪、軍旗、刀剣、

五本指折り

お前を待つ(69巻)


プロフィール

本名バザード・ブラック
種族滅却師
所属見えざる帝国星十字騎士団
能力「灼熱(The Heat)」
身長179cm
誕生日7月14日
CV小野友樹

人物

見えざる帝国の精鋭・星十字騎士団の1人にして、ユーハバッハから「H」の聖文字(シュリフト)を授かっている滅却師青年。霊子兵装の形状はボウガン


特攻服のような格好と、本人曰く「最高にキレッキレ」の紅いモヒカンが特徴的。左耳にナット、右耳にボルトピアスのように付けており、両腕にはドクロマークの腕章を着用。

このように美的センスが阿散井恋次と似ており、彼の眉毛を「格好良い」と評した(これに恋次は感激するが、直前に「ニワトリ野郎」と挑発していたため和解はできなかった)。


直情的な性格で、自身の能力である高い火力で相手を蹂躙する戦法を得意としている。また、個人主義の強い騎士団の例に漏れず、味方への仲間意識は薄く、手柄を独占するために味方を背後から平気で闇討ちする残忍さも持つ。


能力

バズビー無題

能力名は「灼熱(The Heat)」

読んで字の如くを操る能力。ポピュラーだが多様な技を持っており、下記の「バーナーフィンガー」は指の本数に応じて強力になっていくが、用途ごとに使い分けは可能なため一概に下位互換とは言い難い。

山本元柳斎重國の炎に焼かれた際も自身の炎でダメージを削って、かろうじて生存した。


バーナーフィンガー

基本は指先から熱線を発射する技。レーザーのように敵を撃ち抜いたり、振り回して焼き切る使い方も可能。「バーナーフィンガー1」~「バーナーフィンガー4」の他、「バーニング・フル・フィンガーズ」があり、巻頭ポエムの詩の通りになっている。

  • バーナーフィンガー1

人差し指の先から熱線を放つ。障害物も人体も容易く貫通する。遠距離攻撃は専らこれを用いている。

  • バーナーフィンガー2

人差し指と中指の先から放つ2本の熱線で焼き切る。炸裂時に火柱が発生する。

  • バーナーフィンガー3

揺らめく炎で物体を溶かしマグマに変えて攻撃する。

  • バーナーフィンガー4

手刀から身の丈以上の炎の刃が上がる。刀身より遥かに巨大な建造物も斬り飛ばす威力。

  • バーニング・フル・フィンガーズ

五指から螺旋状の炎を放つ最高威力の技。超巨大な炎の衝撃波を発生させる。


バーニング・ストンプ

日番谷が生み出した氷の霧を払う際に使った足技。踏んだ場所を中心に熱を拡散させる技だと思われる。


滅却師完聖体

Bazz B [Just die]

バンビーズや一護、恋次に対して使用。翼は直線に近いシャープなデザイン。アニメでは赤色。

一護を攻撃しようとするバンビーズを一瞬で撃ち落とした描写から、恐らくバーナーフィンガーを連射で撃てるようになる能力だと思われる。


劇中の動向

尸魂界への第一次侵攻時は、吉良イヅルら多数の死神を虐殺し、山本元柳斎重國に対しエス・ノトナジャークープと共に奇襲を仕掛けるも逆に強烈な火炎を喰らい一蹴される。

しかし本人曰く「自身の能力で流刃若火を相殺(どう見ても丸焼きにされている?錯覚だ)」し、大火傷を負うも2人と共に何とか生存していた。

まあ、総隊長の炎に焼かれたと本人もハッキリ言っているため、相殺という言い方を除けば嘘はついてないが。アニメ版ではこの台詞はカットされた。


第二次侵攻においては日番谷冬獅郎松本乱菊と激突。

二人の新戦術をものともせずに自慢の能力で追い詰めるが、卍解を取り戻した日番谷に蒼都が敗北したため撤退する。


そして霊王宮侵攻時、更木剣八を助けに行こうとする平子真子雛森桃にバーナーフィンガー3で足止めした。その後は黒崎一護と戦っていたバンビーズを手柄を独占するためにバーナーフィンガー1で撃ち落とし、霊王宮に向かおうとする一護を仕留めようとするが、それを阻止した阿散井恋次朽木ルキアと戦う。


しかしユーハバッハが霊王の力を手に入れたことで「聖別」が行われその対象となり、リルトットジゼルと共になんとか死亡は回避したものの、完聖体の力を奪われてしまう。

自分たちを裏切ったユーハバッハに激怒したバズビーは捨て駒にされてなお、ユーハバッハに忠義を尽くそうとするナジャークープを背後からバーナーフィンガー1で撃ち抜いて殺害する。そして、リルトット等と共にユーハバッハに反旗を翻し、一時的に死神たちと休戦を結び、霊王宮への門を作るために協力する。


過去

本名は『バザード・ブラック』。

嘗て自身の一族をユーハバッハの「聖別」により城ごと焼き滅ぼされた過去を持ち、以来ユーハバッハに復讐を誓い、星十字騎士団への入団を狙っていた。他の騎士団メンバーに対する仲間意識が薄いことや、手柄を横取りしようとして仲間に向かって攻撃する場面があったのはそのため。


しかし、その頃に出会ったハッシュヴァルトだけは幼馴染の関係でユーゴ、ハッシュヴァルトからもバズとお互いに愛称で呼び合った。

一族を亡くした自身と叔父を亡くし、同じく孤独となった彼と共にユーハバッハの命を狙っていたが、その過程でハッシュヴァルトがユーハバッハの半身であり、自身のめざましい成長もハッシュヴァルトの能力の恩恵(おこぼれ)だったという事実を突き付けられる。


その後は「バズビー」と名乗り、ハッシュヴァルトに遅れて騎士団への入団を果たし、ユーハバッハのみならず彼にも刃を向けるようになった。しかしハッシュヴァルトはその挑発を躱し続け、決着がつかないまま現在に至る。


決着(ネタバレ注意)

真世界城へと姿と呼び名を変えた銀架城にて、ハッシュヴァルトの目の前で彼の部下を始末した後、対峙した。


ハッシュヴァルト「…………バズビーか。何の真似だ。」


バズビー「何の真似だより先に、『生きていたのか』じゃねえのか?なァ!」


ハッシュヴァルト「…そうか…その傷、敵では無く陛下の聖別(アウスヴェーレン)によるものか。お前は選ばれなかったのだな…」


バズビー「『お前は』だと?選ばれたのはだけだ。の連中は軒並み聖別されたぜ。皆殺しだ。辛うじて隠れて光を逃れた奴も完聖体の力を奪われ、そうじゃねえ奴は命ごと奪われた」


ハッシュヴァルト「そうか 同情する。」


バズビー「同情するだァ?フザケたこと言ってんなよ。てめえはこの事を知ってた筈だ、違うか?」


ハッシュヴァルト「訊いてどうする? 知らなかったと言えば信じるのか?」


バズビー「信じるさ。俺とお前の仲だ。そうだろ?ユーゴー!


ハッシュヴァルト「────── バズビー……」


バズビー「『バズ』って呼べよ 昔みてえによォ!」


ハッシュヴァルト「────── 問答は通じないようだな」


あくまでユーハバッハへの忠誠を優先し、かつての愛称も使わず制止を呼びかけるハッシュヴァルト。そんな彼に対し、最後まで挑発と攻撃を続け、持てる力の全てをぶつける。

しかし、実際はハッシュヴァルトへ嫉妬を感じつつも、心の底では今でも親友だという意識は変わっていなかった。ハッシュヴァルトとの戦いでは終始彼に手も足も出なかったが、最期は満足気に自身の敗北を認め、死亡した。


「…俺の敗けだ ユーゴー …くそっ…思い通りにゃいかねえもんだな……」


「お前に敗けたら…もっと悔しいもんだと思ってたぜ」


バズビー


バズビーとハッシュヴァルトは結局、最後まで仲直りをすることが出来ず、お互いに殺し合い、ハッシュヴァルトの手によってそのまま死別するという悲しい最後を迎えた。何かが少しでも違えば、こんな悲しい結末にはならなかったのかもしれない。

ユーハバッハから解放された二人が死後、仲直りしていることを祈ろう。


余談

バズビーの誕生日は一護と一日違い、ハッシュヴァルトの誕生日は石田雨竜と一日違いであり、彼もまた銀城空吾と同様、一護のアンチテーゼキャラであったと言える。

また、この二人の関係は、一護と雨竜の関係のアンチテーゼとも言えるのかもしれない。


なお、バズビーの聖文字はH、ハッシュヴァルトの聖文字はBと、互いの名前の頭文字と対になっている。


関連イラスト

バズビーTHE HEAT

Bazz B! Sternritter H: The Heat!#631 frined

H


関連タグ

BLEACH 滅却師 見えざる帝国 星十字騎士団 哀しき悪役

ユーグラム・ハッシュヴァルト


火神大我ジャンプ作品の中の人繋がりその1。同じく赤髪で直情的。因みに『訣別譚』のOPではバスケをするバズビーが描かれている。

東方仗助ジャンプ作品の中の人繋がりその2。同じく髪型を貶されるとキレる。

関連記事

親記事

星十字騎士団 しゅてるんりったー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332306

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました