ピクシブ百科事典

フィンガーフレアボムズ

ふぃんがーふれあぼむず

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』に登場するオリジナルの呪文。
目次[非表示]

『とっておきの手品を見せてやるよ!! さぁ、御代は観てのお帰りだぁ!!!』


概要


ドラゴンクエスト ダイの大冒険』に登場する呪文(魔法)。

作中では氷炎将軍フレイザードが最初に繰り出した技。漢字表記は「五指爆炎弾」。
5本の指から1つずつ、計5発のメラゾーマを同時に放つ技。
これらの火球はコントロールする事ができ、同一の対象に5発叩き込んだり複数の敵を攻撃できるようである。ダイへのトドメに使おうとした時は「欠片ひとつ残らんぜ」と断言するなどフレイザードがつか技の中でも最強の威力を誇る。

ポップザムザとの戦いの中で咄嗟の策としてメラゾーマ3発ながらこの技のコピーに成功、一時は彼の必殺技のひとつとして使用された。

元祖であるフレイザードは「メ・ラ・ゾー・マ」(アニメ版では「メ・ラ・ゾ・オ・マ」)と言うセリフと共に1本ずつ指先に火を灯すように出現させてから発射するというデモンストレーションを行い、賢者アポロの張った防御光幕呪文(フバーハ)を軽々と貫通しその強さを見せつけた。

しかし作中では上級呪文を扱う事自体がかなり難しく、無茶な使い方をすれば使用者の生命に重篤な影響を与える可能性もあるとされる。
実際のところフレイザード自身が禁呪法によって生み出された存在であり、また先天的にメラ系とヒャド系は得意である事もこの使い方に一役買っていると思われる。
かつての戦いで同様の魔法を使用し後遺症の残るマトリフは、「並の人間が使うと寿命を縮める」「(フレイザードは)生死をかえりみない化け物だからできる」と弟子のポップに警告している。
その警告の通り、ポップが使用した際には反動で心臓に負担が掛かったかのような描写がある。

ちなみにポップはフレイザードが実際にこの技を発動している場面を見ておらず、他の人間から話を聞いて再現したと師のマトリフに告げている。しかも作中ではフレイザードよりも彼がフィンガーフレアボムズを扱う描写が多かったりする(フレイザードが使用している場面は実は最初の1回のみ、次に発動しようとした時はダイの空裂斬がフレイザードの核に損傷を与えていたせいか、失敗している)。

ただ荒業ではあるものの、あくまで「メラゾーマを5発同時に放つ」以上のものではないらしく、新たに現れたハドラー親衛騎団ヒムオリハルコンボディがザボエラの放つフィンガーフレアボムズよりも凄まじい爆炎をあっさりと防ぐ様を見たポップは
単なる火力アップ呪文に限界を感じ、メドローアの会得を目指す事になる。

劇場版「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍」のオリジナルキャラクター、不死将軍デスカールは両手で同時に計10発撃つバージョンを使用した。

pixivでは他の人も使ったりしている。

関連イラスト

フレイザード
涙の数だけ


関連タグ

ダイの大冒険 フレイザード ポップ(ダイの大冒険) マトリフ
 メラ メラゾーマ

ドラゴンクエストⅩ...火球を4発放つ呪文「メラゾストーム」、メラガイアーを3連発する呪文「神速メラガイアー」、イベントシーンで指5本で炎出して放つどう見てもフィンガーフレアボムズな呪文を使う「魔女グレイツェル」が登場する。

キングボンビー...桃太郎電鉄の登場キャラクター。悪行の1つにサイコロで出た目の数ほどの大金を捨てるがあり、行う時に炎属性魔法のようなエフェクトがあることと、キングボンビーの気分次第で最大3連発行うことから、これをフィンガーフレアボムズと称するファンもいる。

ダイの大冒険に登場するオリジナル技
アバンストラッシュ メドローア カイザーフェニックス 凍れる時間の秘法 グランドクルス 天地魔闘の構え

関連記事

親記事

ダイの大冒険の技 だいのだいぼうけんのわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィンガーフレアボムズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 344830

コメント