ピクシブ百科事典

ドラゴンクエストⅩ

どらごんくえすとてん

国民的RPG「ドラゴンクエスト」シリーズの第10作目。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは以下のとおり。

  1. 『ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン』(2012年8月2日~2013年12月4日)
  2. 『ドラゴンクエストⅩ 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』(2013年12月5日~2015年4月29日)
  3. 『ドラゴンクエストⅩ いにしえの竜の伝承 オンライン』(2015年4月30日~2017年11月15日)
  4. 『ドラゴンクエストⅩ 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン (2017年11月16日~2019年10月23日)
  5. 『ドラゴンクエストⅩ いばらの巫女と滅びの神 オンライン』(2019年10月24日~)

シリーズで初となるMMORPG。基本無料のMMORPGに見られる、過度に射幸心を煽るゲームシステムを避けたり、生活を犠牲にしてまでゲームに没頭するようないわゆる廃人を生み出さないための仕組みを取り入れる事で、子供やMMORPG初心者でも安心してプレイできるゲームになっている。バージョン5以降のメインストーリーでは3DS版8やswitch版11に続くナンバリングで3度目の声優によるボイスが実施された。

ちなみに、シリーズ初のスクウェア・エニックス内製タイトルである。

ストーリー

第一部・目覚めし五つの種族
レンダーシアのエテーネの村に主人公と兄弟姉妹が平和に暮らしていたが、冥王ネルゲルの襲撃に遭い村と共に命を落とし、レンダーシアは魔瘴に包まれてしまう。
しかし魂は不思議な神殿へと導かれ、同日に死亡した他の種族の肉体を借り、ネルゲルを倒す手がかりを得るためアストルティア中を旅することとなる。

第二部・眠れる勇者と導きの盟友
ネルゲルを倒したものの、レンダーシアを包む魔瘴は消えないまま。賢者ホーローからレンダーシアの勇者アンルシアが覚醒したので助けにいけと言われ、魔法の羅針盤の力でレンダーシアへと赴く。主人公はそこでレンダーシアは偽りと真の二つが存在している事を知り、アンルシアと共に盟友としてレンダーシアの侵食を企む大魔王マデサゴーラの軍勢に戦いを挑む。

第三部・いにしえの竜の伝承
マデサゴーラを倒し、レンダーシアに平和をもたらした主人公。グランゼドーラ王国は彼(彼女)を祝福するパーティを主催し、主人公や各地の王族が出席するも謎の人物によって次々と王族を拉致されてしまう。
その正体は神の器を狙う竜将アンテロで、何とか彼を倒すもヒューザフウラは竜族の世界ナドラガンドへと連れ去られてしまったので、彼らを救うため主人公はナドラガンドへと向かう。
主人公はそこでナドラガ教団と出会い、竜族の神ナドラガ復活の陰謀に巻き込まれていく。

第四部・5000年の旅路遥かなる故郷へ
ナドラガを倒し、アストルティアへの侵攻を阻止した主人公は兄弟姉妹が残した銀色の箱に触れた事がきっかけでタイムスリップし、未来にアストルティアが滅ぼされる事を知る。
そこで出会った時の妖精キュルルから銀色の箱が過去や未来を行き来するエテーネルキューブである事を知らされ、キュロノスが引き起こす滅びの未来を回避すべく様々な地域の様々な時代を旅することになる。

第五部・いばらの巫女と滅びの神
これまで暗躍していた旅芸人ピュージュによって魔界への扉を開かれ、主人公は魔界から攻めてきた魔王ヴァレリアに倒されてしまう。
別国の魔王ユシュカによって一命を取り留め、元の姿に戻るため彼に従いながら魔界を治める大魔王を選定することとなる。
しかし、全ての黒幕である大いなる闇の根源の目覚めと大魔瘴期という破滅の危機は間近に迫っており、やがて戦いはアストルティアと魔界の平和を護る戦いへと発展していく。

特徴的なシステム

酒場

酒場に自分のキャラクターを登録する事で、AIによるサポートキャラクターとして他のプレイヤーの冒険を助ける事が出来る。ログインしていない間でも経験をつみキャラクターが成長してゆく。酒場を利用して冒険者を集えば、無理に効率的なパーティを組まずとも一人でも楽しめる仕組みになっている。また生活時間の合わない知り合いと共に冒険する事も出来る。

元気玉

ログインしていない時間に応じて、プレイを促進するアイテムがもらえる。週末や、日に数時間だけプレイするプレイヤーでも、効率的にゲームを進める事が出来る。

おうえん

基本的に他のプレイヤーの戦闘に手を出す事は出来ないが、外側から応援しプレイを手助けする事が出来る。単純に善意としても利用できるが、協力して効率的に狩場を回す手段としても活用できる。

転生モンスター

特定のモンスターには、そのモンスターが転生したレアなモンスターが同時に登場する場合があり、倒すと称号と運が良ければ転生モンスターからしか出てこないレアアイテムもドロップもできる。

魔法の迷宮

特殊なアイテムを使うことにより入るしかできない迷宮で、ここでしか戦えないボスモンスターと戦う事が出来る。また、特別なコインやカードを捧げる事でドラクエの歴代のボスモンスターとも戦う事が出来き、それでしか手に入らないレアなアクセサリーがある。

キッズタイム

時間帯が限られているが、月額利用料を払わずともプレイを継続できる。

バトエン

オールドファンには懐かしの文具であるバトルえんぴつがコンテンツとして復活した。

種族

本来人間である主人公は、オーガ、プクリポ、ウェディ、エルフ、ドワーフの五種類の種族の中から一つを選び世界に降り立つ事になる。どの種族を選んでも冒険に困る事は無い。


職業

基本職

主人公はこれらの基本職の中から一つを選ぶ事になる。ある程度ゲームを進める事で、転職する事もできるようになる。

上位職


NPC

アストルティア

エテーネの村

アバ / カメさま / シンイ

オーグリード大陸

マイユ / ズーボー

プクランド大陸

フォステイル / アルウェ王妃 / ラグアス王子 / ナブレット団長

ウェナ諸島

ソーミャ / ヒューザ(CV:島﨑信長) / リーネ / オーディス王子

エルトナ大陸

フウラ

ドワチャッカ大陸

ダストン / ポイックリン / チリ
ルナナ / ドゥラ院長

Ver.2

クロウズ
ミシュア / アンルシア(CV:早見沙織)
ザンクローネ
リゼロッタ&ルコリア(CV:日高里菜)
セラフィ(CV:楠木ともり)
ルシェンダ(CV:渡辺明乃)
ヒストリカ博士

Ver.3

エステラ(CV:伊藤静)
トビアス(CV:笠間淳)
ナダイア
オルストフ
リルチェラ / サジェ / フィナ

Ver.4

キュルル
メレアーデ / クオード / ドミネウス
パドレ / ファラス
勇者アルヴァン / 盟友カミル
ギルガラン / グリエ
ウルタ
ペコリア / パルミオ

Ver.5

イルーシャ(CV:茅野愛衣)
ナラジア(CV:宮田幸季)
ユシュカ(CV:伊東健人)
ナジーン(CV:武内駿輔)
アスバル(CV:山中真尋)
エルガドーラ(CV:伊藤美紀)
オジャロス(CV:高木渉)
リンベリィ(CV:小倉唯)
ヴァレリア(CV:榊原良子)
ティリア(CV:小澤亜季)
ベルトロ(CV:平田広明)
ヤイル(CV:天﨑滉平)
ランテル(CV:柚木涼香)
ペペロゴーラ(CV:村瀬歩)
魔仙卿(CV:関俊彦)

モンスター

Ver.1

おむつっこり / ホイップゴースト / たけやりへい / キングリザード
ぬすっとウサギ / コトブキーノ / スマイルリザード / ビッグハット
グリーンシザー / ヘルコンダクター / パペットロープ / ヘルカッチャ
てまねきリング / ゆめにゅうどう / クイーンスライム / ボーンバット
かっちゅうアリ / ヒポせんし / トンブレロ

Ver.2

アカリリス / たんすミミック / なげきムーン / ニードルマン
フォンデュ / やみしばり / プリーストナイト / フォレストドラゴ

Ver.3

くびなが大使

Ver.4

はりつきあくま / ばくだんサーカス / ジュラシックロイド

ボスキャラ

Ver.1

魔導鬼ベドラー
キャット・リベリオ / 妖剣士オーレン / 怪獣プスゴン / 若葉の精霊
黒き花婿 / 大怨霊マアモン / 狂鬼ジーガンフ / ウルベア魔神兵
悪魔ザイガス / 水竜ギルギッシュ / 呪術師マリーン / 魔軍師イッド
妖魔ジュリアンテ / 暴君バサグランデ / 怪蟲アラグネ / 天魔クァバルナ
守護者ラズバーン / 冥王ネルゲル

Ver.2

魔勇者アンルシア(CV:早見沙織) / 魔元帥ゼルドラド / 大魔王マデサゴーラ(CV:石井康嗣) / 四魔将

Ver.3

管理端末Q484 / ナドラガ

Ver.4

魔軍十二将 / 不死の魔王ネロドス
悪鬼ゾンガロン
ヘルゲゴーグ / ???

Ver.5

レイジバルス / 七柱の邪神

メインストーリー外のボス

魔女グレイツェル
災厄の王 / 冥骸魔レギルラッゾ / 獣魔ローガスト
紅殻魔スコルパイド / 翠将鬼ジェルザーク / 剛獣鬼ガルドドン
常闇の竜レグナード / 海冥主メイヴ
ダークドレアム/???(破界編ネタバレ注意)

諸元

タイトルドラゴンクエストⅩ オンライン
現在(Ver.5)の対応機種WiiUWindowsdゲーム3DSPS4NSw
過去の対応機種Wii
ジャンルオンラインMMORPG
サービス開始2012年8月2日(木)
運営元スクウェア・エニックス
CEROA(全年齢対象)


dゲーム版と3DS版はクラウドゲームとして稼動しているため、事実上オフラインモードが存在しない。
また料金体制も他の4機種と異なり、新たに料金を払う必要がある。その代わり追加ディスクの購入は必要ない(自動的にアップデートがかかり、常にプレイヤーの元には最新版のクライアントデータが提供される)。
(Wii版及び)WiiU版、Switch版はプレイするのに外部記録メディアが必須だが、他の機種・エディションでは必須ではない。かつてWiiU版はプレミアム版については必須ではなかったものの、Ver.5より必須容量が内蔵ストレージ容量を越えてしまい、外部記録メディア必須となっている。
PS4版は別料金で5キャラ契約固定となる。ゲームアカウントは5キャラ契約であればそのまま共用可能。
Swtich版も内蔵ストレージでは足りない。microSDカードスロットが付属しているので、ゲームデータはそちらに記録することになる。他のソフトとの兼ね合い(DL版主体で運用している場合)や今後の容量増加のことを考えるとUHS-I対応128GB以上のカードを使用することが望ましいだろう。

2020年の2月末に、HTML5ブラウザベースであるクラウドゲーム版のサービスが開始。料金プランは上述のdゲームおよび3DS版と同じで、dゲーム版のネックであった契約している携帯電話のキャリアという制約が事実上なくなる。

なお当初の対応機種であったWii版は、ハードの生産終了と任天堂の開発サポート終了に伴う開発環境の維持困難により、Ver.3終了(2017年11月15日23時59分)をもってサービスを終了した。

ちなみにWiiU版もハードの生産が終わって久しいこともあり、Ver.5ではパッケージもしくはDLカードでの販売はなく、任天堂eショップでのDLのみの販売となっており、そう遠くないうち(早ければVer.5終了のタイミング?)にサービス終了となる可能性が高いとみられている。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ DQ
齊藤陽介(初代プロデューサー
吉田直樹(開発初期メンバーの一人)
アストルティア
六聖陣
叡智の冠
異界滅神ジャゴヌバ

表記ゆれ

ドラゴンクエストX ドラゴンクエスト10
ドラクエⅩ ドラクエX ドラクエ10
DQⅩ DQX DQ10

企画など

DQ10マイキャラ紹介

題材作品

蒼天のソウラ ゆうべはお楽しみでしたね

公式サイト

ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン
ドラゴンクエストⅩ 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン
ドラゴンクエストⅩ いにしえの竜の伝承 オンライン

関連記事

親記事

ドラゴンクエスト どらごんくえすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンクエストⅩ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 584469

コメント