ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドラゴンクエストⅨの登場人物。
かつてはナザム村を守護する最高位の天使で、イザヤールの師匠だった。

ある時自分が守護するナザム村に落ちその際に光輪を失い、そこで出会ったラテーナに介抱されてからは彼女と相思相愛の関係になる。しかしガナン帝国がナザム村に進軍した際、ラテーナ親子に騙され帝国に300年間捕らわれる。

長い時を経て人間への憎しみが増幅、堕天使エルギオスとなり、滅んだガナン帝国を復活させて世界を滅ぼそうとする。
主人公は人間になることと引き換えに天使であることを捨て、絶望と憎悪の魔宮に乗り込み、対峙することになる。

また、彼が人間界で行方不明となったことがきっかけでこの件は『エルギオスの悲劇』と呼ばれ、天使界で彼の話をすることはタブーとされ禁じられている。

かつては金髪碧眼の美青年の姿をした天使でいたが、堕天使と化した際は醜い風貌と化した。

エルギオスさま


サンディからはエルキモすと呼ばれている。

各形態

第一形態

エルギオス(ねたばれ)


ガナン帝国城地下の閉ざされた牢獄の最深部で囚われていた時の姿。
天使としての面影は残しながらも頭からは角が生え、翼が悪魔のような翼になりかけている。また、『スーパーライト』では肌色がやや緑がかった色合いになっている。

完全2回行動で通常攻撃や急降下(強化打撃)で一人に、バギクロスや激しい稲妻で全員にダメージを与えてくる。
いてつくはどうを放ったり、テンションを溜めることもあるが、不敵に笑って何もしないこともある。
一撃の威力は弱いとは言えないものの、一撃で倒されるような強力な攻撃はなく、状態異常による搦め手もない。

第二形態

イラリク消化


憎悪と絶望に身を焦がし完全に堕天した姿。天使だった面影がなくなり、緑色の体色をした禍々しい悪魔の姿をしている。基本的に外部出演する際にはこの姿。
この形態での戦闘の際にはBGMが『決戦の時』という楽曲に切り替わる。

こちらの形態も完全2回行動なうえに行動パターンが非常に多く、初見でパターンを見極める事が困難になっている。
歴代のラスボスと比べ攻撃力が低いため直接攻撃はスクルトで対応できるが、状態異常攻撃で回復役が眠らされたり痛恨の一撃を受けるなどするとマダンテなどの強力な呪文に対処出来なくなる。
レベル40前後に到達出来ていればそこまでの強敵ではないが、それでも回復役を潰されたり、マダンテを放たれたりすると厳しくなる。

モンスターズ

ジョーカー2プロ

ジョーカー2プロより変身形態で登場。名前は単なるエルギオス。
1枠モンスターでは数少ない2回行動できるモンスター。その分、能力が凄まじく低い。
HPはわずか600、すばやさは380しか無かった。
しかし、2回行動できるモンスターの中で唯一デメリット特性を持っておらず使い勝手の良いモンスターだった。

テリー3D

HPが1000以上まで上昇、守備力をスキルで強化すれば耐久力を実戦レベルまで補強でき、2回行動の強みを活かせるようになった。
ナンバリングタイトルのラスボスの中では最も位階が高いモンスターである。

イルルカ3D

HPがさらに上昇。
攻撃力も高く、キラーマシンなどと組んだステルスアタックパーティによく使用される強豪モンスターとなる。

関連タグ

イザヤール ラヴィエル

竜王 シドー ゾーマ デスピサロ ミルドラース
デスタムーア オルゴ・デミーラ ラプソーン

関連記事

親記事

ドラゴンクエストⅨ どらごんくえすとないん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルギオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129547

コメント