ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラゴンクエストⅨ

どらごんくえすとないん

スクウェア・エニックスより発売されたドラゴンクエストシリーズの第9作目。正式タイトルは『ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人』。
目次 [非表示]

そして、僕たちは天使と呼ばれていた


概要

前作までのシリーズ作品はハードだったが、今回はナンバリングタイトル初の携帯ゲーム機での新規作品となる。前作での広大なフィールドや等身大のキャラはそのままだったものの、画面が狭くなったためや容量の関係で、等身が縮みにフィールドが狭く感じてしまいこぢんまりとした印象になってしまった。ただし、プレイしていくとその違和感は無くなってくる。


ゲームシステムは『ドラゴンクエストⅢ』以来となる、仲間キャラの作成が復活している。発売前は戦闘システムが大幅に変更との発表もあったが、従来通りのコマンド選択式バトルとなっている。

また、特定のレベルアップ時にスキルポイントを獲得し、スキルを習得することができるのは前作『ドラゴンクエストⅧ』と同じ。相変わらずスキルの振り直しは出来ないが、転職を使えばスキルポイントを稼ぎやすいので前作の様にスキル配分のミスで半ば詰みかねない状況が産まれる可能性は限りなく無くなった。


ストーリーと並行して、特定のキャラから「クエスト」と称する依頼を受けることがあり、成功すると各種アイテム、新しい職業を得ることができる。

また「宝の地図」というアイテムを入手することで、ランダムに作られるダンジョンに挑むことができ、これまでの歴代作品のボスキャラと対戦できる地図も存在する。


ラスボスを倒すとエンディングとなるのはこれまで通りだが、今作ではエンディング後の世界で冒険することができ(今まではエンディング後に隠しボスが追加されても時系列的にはラスボスを倒す前に戻されていた)、むしろ「エンディング後が本番」とばかりにやりこみ要素が満載の作品となった。


回数にして3回、年数にして2年弱の発売延期という、ドラクエの歴史に残る延期騒動となった。特に先行予約開始後の延期というのは前代未聞である。


機種ニンテンドーDS
ジャンルRPG
発売日 2009年7月11日
価格5,696円→(廉価版)2,800円
開発レベルファイブ
販売元 スクウェア・エニックス
イメージ無題
CEROA(全年齢対象)

ドラクエシリーズの中でリメイクと移植をされていない作品の一つ。

現在では前8作が有料買い切りアプリとしてスマートフォンに対応、後続の『ドラゴンクエストⅩ』『ドラゴンクエストⅪ(S)』が現行機種全てに対応しており、後述のWi-Fiサービス終了により現在では最も満足にプレイするのが困難な作品となっており、何かしらのアクションが求められている。


通信機能

携帯ゲーム機での発売となり、Wi-Fiすれ違い通信を用いた他プレーヤーとの連携がこれまでのリメイク版以上に強化され、複数のプレーヤーによるマルチプレイが導入されている。


特にすれ違い通信は社会現象となり、発売から2010年3月4日までに「ワイヤレス通信を通じて、延べ117,577,073人がすれちがったゲームソフト」としてギネス世界記録に認定されている。そのおかげか、シリーズでは最も売上が多く、サードパーティーの売上本数最高記録も2011年2月頃まで持っていた(現在は『モンスターハンターポータブル 3rd』が通常版単独で約450万本、廉価版合算で約478万本と上)。発売当時の『ファンロード』誌上では、コミケ会場ではほぼ入れ食い状態だったことが報告されている。


またWi-Fiで公式サイトから追加シナリオをダウンロードすることが出来た。2014年5月中旬にDS・Wii用の通信サービス「Wi-Fiコネクション」がサービスを終了してしまったため、以後はマルチプレイを除いた通信要素はほぼ全て利用不可能となっている。


配信クエストのみ、既に配信クエストを解放済みの人とマルチプレイを行えば受注は可能であり、『アニメディア』の読者ページでは、すでにサービス終了してしまってからこのゲームを始めたために、中古でクリアデータ入りのソフトをいくつも買いあさったプレイヤーの体験談が掲載された。


現在では有志がSNSなどで配信クエスト配布会などと称してオフ会を開催し、配信クエストを配布しながら、配布会に導かれし者たちとすれ違い通信を楽しんでいる事があるので、今からドラゴンクエストⅨを1から満足にプレイするにはその様な有志の集いに参加するか、配信データ入りのソフトを見つけ、自前でDSとソフトを複数台用意するセルフすれ違いをしない限り満足にプレイするのは不可能となっている。


あらすじ

主人公は「天使」。天使達は人間の影から見守り、手助けをして暮らしている。彼らの目的は神様に会う事。人間達からの感謝の気持ちである「星のオーラ」が十分に溜まると「世界樹の木」に「女神の果実」が実り、神の国へと行けるのだという。


ついに星のオーラが溜まり、女神の果実がなったが、ある事件が発生したことにより、果実は全世界へと散らばり、主人公も地上へと落ちてしまう。


登場人物

CVは基本的に『ドラゴンクエストライバルズ』・『ライバルズエース』のもの。

主人公


主要キャラ

ドラゴンクエストヒーローズシリーズでも担当。


天使界・神の国


サブキャラ

  • 長老オムイ
  • パル
  • ポギー
  • ティル
  • ミロ
  • キャプテン・メダル
  • ニード
  • セントシュタイン王
  • レオコーン
  • メリア姫
  • ソナばあさん
  • クロエばあさん
  • ルーフィン
  • エリザ
  • ダーマ神官
  • ラボオ
  • ユリシス女王
  • ジーラ
  • ラボルチュ
  • モザイオ
  • ドン・ヤドロク
  • クロース

敵サイド

初登場のモンスター

ボスキャラ・モンスター


職業

基本職

ルイーダの酒場で登録する際に選べる職業。守護天使だった主人公は必ず「旅芸人」でスタートする。


上級職

指定されたクエストをクリアすると転職できるようになる。


余談

  • この作品のモンスターの設定は従来のイメージを打ち破るものが多い。特にだいまじんの「デビルアーマーは左から話しかけるとギャル語で答えてくれるという噂を流布している」というのはその典型。

関連イラスト

星空の守り人913

DQ9~女神の果実と守り人

楽屋裏ドラクエ9、10周年おめでとうございます


関連タグ


外部リンク

ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 公式サイト

関連記事

親記事

箱舟シリーズ はこぶねしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127649

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました