ピクシブ百科事典

ボーンスパイダ

ぼーんすぱいだ

ボーンスパイダとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト9』。魔帝国ガナンが秘密兵器として造られた蜘蛛型のマシン。
ただし、虫系として分類されている。切りたった崖でも草原と同じスピードで走れるが、
ゲーム中では尻から糸を出しながら移動している。
2回行動で、閃光弾(マヌーサと同じ効果)と粘着弾(ボミオスと同じ効果)を発射したり、
スクルトを使って他のモンスターと一緒に守備力を高めてくる。打撃で倒すよりも呪文を使って
倒してしまおう。

ボーンスパイダ系のモンスター

デスタランチュラ
愛する者に振り向かれずに死んだ男の亡霊が毒蜘蛛として生まれ変わったモンスター。
このモンスターが吐く糸は魂を縛るが、ゲーム中では1ターン行動不能になる程度の害しかない。
3の倍数のターンに痛恨の一撃を出したり、テンションを上げてくることもある。
『テリーのワンダーランド3D』にも登場。Bランクのゾンビ系でメガサイズのモンスターである。
特性は「AI1~2回行動」、「どく攻撃」、「ギャンブルカウンター」。+50で「どくブレイク」
+100で「いきなりピオラ」を取得する。所持スキルは「ホラー」。

妖毒虫ズオー
サンマロウ北の洞窟に潜む大グモが毒と妖気を吸ってモンスター化したもの。
大きなお腹のたくさんの卵を養うため洞窟に迷い込んだ者を食べていたという。
ボスモンスターの一種で、サンマロウ北の洞窟の最深部で戦う事になる。
怪しい光で相手全員を悪い効果にかかりやすくさせたり、かまいたちで攻撃したり、
相手全体に猛毒弾(小ダメージ+猛毒状態)を発射したり、
糸を吐いて1ターン動けなくしてくる。1ターンに2回行動してくる。
ちなみに、女神の果実を集めるイベントで戦うボスモンスターの中で女神の果実に
女神の果実の力で誕生(あるいは怪物化)していないモンスターである。

関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト 毒蜘蛛

コメント