ピクシブ百科事典

概要

初登場は『ドラゴンクエストⅡ』。
対象1グループを深い幻で包み、通常攻撃の命中率を低下させる弱体呪文である。
その後の作品でも定番呪文として登場しており、後に同様の特技を
プレイヤー側も使用可能になった事などから、「幻惑系」というカテゴリの代表格となる。
例外の技もあるが、ステータス異常の表示はマヌーサの「マヌ」である事が多い。

発動時のビジュアルは紫~ピンクがかった煙のようなものが吹き出し、
対象を包むというものである場合が多い。この事から、他作品でも
色付きの煙による目眩ましなどが俗にマヌーサと呼ばれる事もある。

初登場だったDQ2では敵の通常攻撃が苛烈な為、有益な呪文かと思いきや
その効果量は命中率を約3/4にする…と、焼け石に水であった。
続くDQ3およびDQ2のSFCリメイク版では約1/2、
DQ4以降のナンバリング作品では約3/8程度の効果になっている事が多い。
なお、こちらが使う場合は敵の呪文耐性にも左右されるため、通常攻撃が
強烈な敵に使おうと思ったらマヌーサ強耐性で通らない…という事もままあり、
一方敵が使う場合はこちらの通常攻撃一辺倒のキャラはほとんど攻撃できなくなるなど
(特技が登場して以後はだいぶマシになったとは言え)かなり厄介な呪文である。

なお、行動不能になるわけでなく、あくまで「通常攻撃の命中率が低下する」という
限定的な効果であるためか、治療呪文が長らく存在しなかったのも特徴。
自然に効果が終わるのを待つか、わざと死んでから復活するなどの裏技的な方法でないと
治療する事ができなかったが、『ドラクエⅩ』で「マヌーハ」という
幻惑専用の治療呪文が登場し、続くDQ11にも続投した。
また、スピンオフ作品であるアベル伝説には「レロハ」というオリジナル呪文が登場する。

前述の通り、「すなけむり」など、相手の目を潰すものが実質的な
マヌーサ効果を持つ特技となっている。「まぶしいひかり」も同様に
通常攻撃の成功率を下げる効果だが、DQ5以降で登場する
この特技は幻惑系とは別の特殊な状態異常となっており、持続が1~2ターンと
非常に短く、幻惑系と同時に掛かる可能性がある。
これらの特技は敵が使ってくる事が多いものの、DQ5以降では
味方が使う事も可能な上に消費MPが0、マホカンタを貫通するなど完全上位互換。
DQ8では一旦は無くなったものの、DQ9及び3DS版DQ8では
再び同じ効果かつ消費MP0の特技「花ふぶき」が登場してしまっており、何かと不遇な作品が多い。

マヌーサに関連する小ネタとしてはSFC版DQ2における「マヌーサ状態の敵に対してザラキを使うと必中になる」、
通称「マヌーサザラキ」という裏技もある。
なお、同作のザラキは厳密には「成功したら254ダメージを与える」処理をされており、
それ以上のHPがある敵は即死する事はない(本来HP255以上の敵にはザラキは効かないため、正常な動作ではこれで問題無い)。
しかしこの254ダメージを与えるというのも同作基準で見ると普通にぶっ壊れており、
ラスボスシドーですらHPが1750なので、一旦マヌーサさえ入ってしまえば短期決戦で一気に撃破できてしまう。

一部ではるろうに剣心英語吹替え版空耳としても知られる。

関連タグ

ドラゴンクエスト ドラクエ ドラクエの呪文一覧

関連記事

親記事

ドラクエの呪文一覧 どらくえのじゅもんいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マヌーサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1796

コメント