ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

フタエノキワミ、アッー!とは、アニメ「るろうに剣心」の英語版において、登場人物の一人の相楽左之助が叫んだ必殺技「二重の極み」のこと、またはキワミジャンルそのものを指す。


  • 日本語版の発音「二重の極み!」
  • 正しい英語版の発音「ダブル・インパクト(Double Impact)!」

  • 現実の英語版の発音「フタエノキワミ、アッー!


どうしてこうなった。(詳しくは下記)



そもそもの発端編集

某動画投稿サイトに投稿された「るろうに剣心」の第二部のクライマックスシーンから名場面だけを抜粋した動画……その7カ国の比較バージョンが元凶とされている。


アニメをはじめとした映像作品が海外(国外)で放映される際に現地の言語に翻訳してアフレコされることは珍しくないが、「るろうに剣心」はガッツリ和風な作品であったことから雰囲気を損ねないよう「日本語の技名はカタコトで叫ぶ」という半ば強引な方法が取られていた。

故に必殺技の1つであるパンチ攻撃「二重の極み」は「ダブルインパクト」とは訳されず、そのまま「フタエノキワミ」と叫ばれている。

作品全体がそういうルールであれば視聴者も納得出来たのだが、それ以外の必殺技はちょくちょく英語に翻訳されており、中でも「牙突零式」は「ガトツ・ゼロスタイル」と中途半端に訳され、「紅蓮腕」はそのまま「グレンカイナ」なのに「弐の秘剣」という直前の言い回しは「シークレットソードⅡ」なる技名として翻訳されているなど、言いたいことは分かるが要所要所で妙にズレた翻訳がなされている点が恰好のツッコミ所としてネタにされた。


また尺の関係なのか発音や間の取り方もおかしく、日本語版では

「二重の極み! でやぁぁぁっ!」

と、違和感なく間が空けられていたのに対し、


英語版では

「フタエ゛ノキワ゛ミ゛ア゛ーーーーーッ!」

……と、間を空けずに掛け声が入れられている。

しかも、最後の叫び声の部分が「ア゛ーーーーーッ! 」と気合を入れる掛け声というより「ニ゛ョァ゛ーーーーーッ! 」とでも言うような、ギャグキャラが敵にやられた時のようなアホっぽい癖のある発音に聞こえるのが笑いを誘った。また、外国人特有の発音故からくる濁点混じりのカタコトなのも笑いを誘うのに十分なポイントであった。


ちなみに「フタエノキワミ、アッー!」のアッー!の部分は当時流行った別の漫画の台詞から取られており、叫び声としては「ニ゛ョァ゛ーーーッ! 」や「ンナ゛ァァ"ーーーッ!」が近い。


世界を股にかける派生検証編集

直訳に近い英語に加え、これらの要素が飢えたニコ厨たちを刺激してしまい、人気を博した。

英語バージョンでは上記の有り様だが、これを筆頭に空耳が次々と発掘され、

  • 「んーゴブリンバットぉ! ふぁ〜↓」(スペイン)
  • 「あああああああああああああ!」(ポルトガルなど)
  • 「ノッノーパンスタイリスト、へやぁ~!」(ブラジル)
  • 「犬、食った!」(韓国)
  • 「ニートに決定、やーい!」(香港)
  • 「神技! いょぉ~~い!」(台湾)
  • 「コンドーム! ああぁぁぁぁ!」(フランス)
  • 「ペヤングで済まして!」(ロシア)
  • 「歌いのキワミ〜♪ あ〜↑あ〜↓」(ウェールズ)

といった多岐に渡る吹き替え音声がどれも強烈な空耳ばかりというネタに富んだものになっている。


あまつさえ正常であった日本語バージョンでさえ「不快の黄ばみ、ペヤング!」と空耳の1つとして扱われ、技名を言わずに気合声だけを発するポルトガル語は「痛恨のコマンドミス」「技名が無いただの強パンチ」と弄られる等、フタエノキワミを筆頭に世界の空耳集の代表例として人気を博していった。

とはいえアニメ作品の歴史上、海外輸出時にセリフや技名はおろか名前や設定さえも変更されてしまった例も多い中、原作が分かる範囲での変更に留まっているだけマシとする声もあるのだが……


というかこの中でもっともらしいセリフがゴブリンバット(正しい発音は「"¡Doble Impacto!"(ドブレインパクト)」で二重の極みをスペイン語に直訳したもの)なのはどういうことなのだろうか。


元になった動画(現在削除済み)編集

掲載されていた動画は削除されていたため、閲覧することができない。

代わりにこちらを。

日本語(原語)版


英語版


余談編集

この台詞の「アッー!(ア゛ーーーーーッ!)」の部分は汎用性の高さからか、様々なMADや動画などで使われている。

故に「アッー!」だけではこのネタを知っている人でないと分かりにくい。


そして・・・編集

  • 「90年代格闘ゲームがジャンプ作家に与えた衝撃。『るろ剣』再開の和月伸宏が語るその影響」

http://news.denfaminicogamer.jp/game-gene/watsuki-interview(外部リンク)


どうやら和月伸宏先生は「フタエノキワミ、アッー!」のネタを知っていたようで「基本的に楽しんでもらえればそれでいいっていう人間なんで、俺も楽しいし、みんな楽しいんだったら、もう全然オッケーですよ(笑)」と語っている(その上で「あ、でも権利関係に関しては、こちらの集英社さんにお問い合わせを……。」と付け足している)。


時は流れ、フルリメイクされたアニメるろうに剣心が放送された2023年、8月10日投稿の第6話告知画像において、相楽左之助の「あの顔」(=サムネイル画像)と非常に似たカットが使われたことで古のインターネット民が多数反応した。

これには「スタッフの中にフタエノキワミを認知している者が紛れ込んでいるのではないか?」といった憶測が流れているようである。


登場人物?編集

フタエノキワミ、アッー!を皮切りに、ヒテンミツルギスタイル、悪・即・斬、オニワバンスタイルなど派生検証が続々と生み出され、空耳ネタは膨大な数を誇っている。

より詳しい情報は外部リンクの『CCOぺディア』も参照。


(検証シリーズにおける)レギュラー編集


その他の登場人物編集


関連タグ他編集

二重の極み:元々

KYM FA るろうに剣心 ニコニコ動画

飛天堂 メケモン 東方二重極 明治製暴歌ロイド

アッー!:ある意味これとの合体事故。


外部リンク編集

CCOペディア - 空耳について詳しい解説がある

関連記事

親記事

るろ剣空耳シリーズ るろけんのそらみみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 771255

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました