ピクシブ百科事典

比古清十郎

ひこせいじゅうろう

「るろうに剣心」の登場人物。
目次[非表示]

概要

担当声優=池田秀一
演:福山雅治(実写映画)

るろうに剣心主人公緋村剣心師匠
剣心の名付け親でもある。
若い外見だが実年齢は43歳(すなわち1836年生まれ。坂本龍馬とタメ年であり、伊藤博文より5歳年上)。
俗称「ひこにゃん」。

十三代目の飛天御剣流継承者。比古清十郎という名も飛天御剣流継承者が代々受け継いでいくものである。
剣心と再会した時点では陶芸家新津覚之進として生活している。(こちらの名前が本名なのかは不明)

愛刀は白木拵えの長刀『桔梗仙 冬月』。
(戦国期以前から受け継がれてきた事を考えると長刀よりは「太刀」に分類されるべきなのかも知れない)
後述の短編での描写を信じるならこの他に対となる脇差『小月』も存在している(あるいは存在していた)と思われる。シンプルイズベストを体現するかのような業物である。

作者をもってして『超人』と称される。
恵まれた長身とすさまじい筋力を持ち、重さ十貫の肩当と筋肉を逆さに反るという能力制御専用の白外套を羽織ったままで剣心を圧倒するというとんでもない実力者。能力制御である白外套を外し能力を解放した際は、軽く腕を振っただけで風圧で地面に亀裂を生じさせた。不二戦では、「巨象」の踏みつけを通常サイズの人間(才槌曰く「蟻」)が止めるという常人には不可能な芸当も見せた。また、乱撃術なら腕力が突進術なら重量がものを言うためその両方の性質を併せ持つ九頭龍閃では剣心のものより威力が高い。剣心が放った九頭龍閃をマントを付けた状態で真正面から破っている。白外套を脱いだのは剣心に奥義・天翔龍閃を伝授する際に本気の九頭龍閃を放った時のみである。

志々雄真実の起こした事件も自分が出張れば終わるとのこと。作者である和月は単行本のワンコーナーで担当編集から「剣心より強い。トランプでいえばジョーカーのように使いづらい。」と言われたために本編での登場が遅れたことを語った。彼の本気の最終奥義がどの程度の威力を体現するかは不明だが、おそらく想像を絶する威力を発揮するということである(後述の「初代」は文字通り、大地を砕いていた)。

剣心皆伝でも剣術の腕は登場人物最強とされ、戦闘力は唯一無限大とされている。
戦闘力無限大・知識知恵4・精神力5・カリスマ5・個別能力自信5。自信の強さが戦闘力を更に引き上げているのだろう。

作中で一度だけ本気を見せたのは奥義伝授の際だけであり、奥義を習得させる事と先代の落命とともに「世代交代」させるのが目的なので、全力での比古清十郎の実力は未知数である。また、「疑似奥義」で初見では回避、防御が不可能な九頭龍閃が「十八番」である。(作中では飛天御剣流より速いと称され、剣心皆伝表記でも速さは比古より速いとされる宗次郎だけが初見で回避することができた。無論、上述のように戦闘力では比古が最強とされている。)

ファンによる一説では、奥義を使わないのはそれに耐えられる刀が存在しないからでは?とも…。

最強のキャラクター?

上述のように関係者や作者が連載中のコメントで比古清十郎をジョーカーと目したが、一方で連載終了後には作者は志々雄真実を全編最強のキャラクターと称した。さらに後に発売された書籍では志々雄真実は絶大な戦闘力を、比古清十郎は全キャラクター最強の剣の腕をもつと記された。そして、近年の志々雄真実を主人公とするスピンオフでは志々雄真実を最強の敵と称した。
以上を踏まえると、全キャラクター最強は比古清十郎で志々雄真実は本編中実力を完全に披露した中では最強というように考察することもできる(が、あくまで推測である)。

性格

何をしても天才らしく、陶芸家としても中々有名らしい。それゆえか、自分の事は棚に上げる、自画自賛するなどナルシスト気質を持つ。

剣心曰く、自信家・陰険・ぶっきらぼう。剣心が子供の頃から面倒を見ているため寝小便など恥ずかしい過去も知っているため、剣心からすると斎藤一以上にたちの悪い存在。

いつも弟子をからかったりバカ弟子呼ばわりしているが、一応育ての親でもあるため面倒見は良く、破門同然で追い出した剣心が戻ってきた際、紆余曲折はあったにせよ奥義習得の機会を与え、十本刀葵屋の戦いを助けて欲しいと頼まれた際にも「甘ったれるな」といいつつ駆け付けている。

「戦国の三日月」

単行本6巻収録の短編「戦国の三日月」(和月のデビュー作)にも同名の人物が登場。
おそらくは彼が「初代」比古清十郎であると思われる。
弱小国・北方の国の剣術指南役で、一振りで三人を斬るという飛天剣流の使い手。北方一の美女と称される奈津姫と相思相愛だったが、北方の国支配を目論む南雲の国の大名に奈津姫を奪われてしまう。
大軍に囲まれ死を覚悟するも、無理矢理徴兵された少年兵・三太に叱咤されて奮起し、敵将を粉砕。奈津姫と共に北方の国に舞い戻る。

読切版「るろうに」以前の作品だが、「るろ剣」の比古のモチーフといわれている。なお、血縁関係は無いらしい。

余談

悠久山安慈と供に、サブキャラながら人気投票などでも高い人気を誇る(投票先が少ないのも少なからず関係しているが)。最強師匠達のコンビ結成を妄想するファンもいた(この二人に、破軍の不二天下の雷十太先生を加える声もある)。

所詮は臆測に過ぎないが、アニメ作品ゾイドジェネシスに登場する、ソウルタイガーを駆る最強のゾイド乗りセイジウロウは、るろ剣の比古と設定が近い(性格はほぼ真逆だが)。

関連タグ

るろうに剣心 緋村剣心
尖角 三代目雷影 エー キラービー - デカくて重くて速くて知能もあるジャンプキャラクターの例

pixivに投稿された作品 pixivで「比古清十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1023278

コメント