ピクシブ百科事典

石動雷十太

いするぎらいじゅうた

石動雷十太とは、『るろうに剣心』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:大林隆介
るろうに剣心東京編のキャラクター。

古流剣術を元に創設した剣客集団「真古流」の指導者。
殺人剣至上主義を掲げ、東京にある竹刀剣術の道場を片っ端から潰して回っていた。
刀剣商の息子である塚山由太郎の師匠であり、以前塚山親子が強盗に襲われていたところを助けたのが縁で由太郎の剣術指南役として塚山家に招かれた。
しかし、それは塚山家に取り入るために雷十太自身がゴロツキを雇って起こした自作自演の狂言強盗であり、由太郎のこともパトロンの息子としか見ておらず、由太郎には剣術の稽古を全くつけていなかった(竹刀の握り方すら教えていなかった)。
更に、殺人剣を至上とする一方で雷十太自身は人を殺めたことがなく、剣心に躱された飛飯綱が彼の右手首を掠って小さな切り傷をつけた程度で得意気になっていたことで剣心に殺人の経験が無いことを見破られた。

前川道場で手合わせした剣心の実力を認めて真古流に勧誘するが断られ、その後は弟子をけしかけたり闇討ちしたりと剣心を消すために手段を選ばなくなっていき、遂には戦いの最中に由太郎を負傷させても平然としていたために剣心の怒りを買い、飛龍閃を額に食らって敗北。剣心の宣言通り、左手一本で倒された(この時、剣心の右腕は治療の際の麻酔がまだ効いていたため思うように動かなかった)。
敗北後も往生際の悪いことに弥彦を人質にとるが、弥彦の気迫にビビってしまったところへ剣心に「剣客としては弥彦にも及ばない」と指摘されてプライドを粉々に打ち砕かれ、剣客として再起不能となった。結局のところ、彼は自分の思想に酔っているだけの小物に過ぎなかった。
なお、それらの一部始終は斎藤一も知っており、のちに「雷十太ごとき愚物に一生モノの傷を許した」と由太郎の件を踏まえたような苦言を剣心に突き付けていた。

アニメ版では由太郎と同じく設定が大幅に変更され、原作以上に卑劣な人物として描かれており、原作と違って殺人も犯している。
その正体は明治政府が長年追っていたテロリストで、塚山家の財力を利用して伊豆に独立国家を築こうとしていた。
彼が従えている真古流も原作とは比べ物にならないほど大規模な集団になっている。

飯綱(いづな)

雷十太が古流剣術の秘伝書から読み解いて会得した秘剣で、鎌鼬のような真空の刃で対象を切り裂く。
得物が竹刀でも相手の竹刀や木の床を簡単に切り裂くほどの威力があり、剣心によれば「真剣を使えば金剛石(ダイヤモンド)でも真っ二つにできる」とのこと。

  • 纏飯綱(まといいづな)
刀身に真空の刃を纏わせて攻撃する接近戦用の技。
  • 飛飯綱(とびいづな)
真空の刃を飛ばして攻撃する遠距離用の技。
原作では剣心も躱すしか対処法がなかったが、アニメ版では逆刃刀の逆刃で切り裂いている。

余談

作者曰く「『知的なマッチョで、剣心とは対照的な殺人剣至上主義者』のはずが、どこをどう間違ったのかどんどん崩れて行き、回を重ねるごとに情けない小心者になっていき、最後はほとんど一蹴状態でやられてしまった見掛け倒しの悪役」とのこと。どうしてこうなった

なお、その老け顔から三十代後半~四十代と見られがちだが、実は剣心より一歳年下
幕末の動乱があったのに殺人の経験がないのか?と笑われることもあるが、当時は雷十太も元服も済ませぬ少年時代であり、戦場の現実を知らなくても全く不自然ではないのである(剣心も維新志士としては例外的に若い)。

関連タグ

剣豪 るろうに剣心 緋村剣心 巨漢
塚山由太郎 明神弥彦

pixivに投稿された作品 pixivで「石動雷十太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42832

コメント