ピクシブ百科事典

斎藤一(るろうに剣心)

さいとうはじめ

実在人物をモデルにした漫画『るろうに剣心』のキャラクターである。
目次[非表示]

cv:鈴置洋孝(TV版)、成田剣(OVA「新京都篇」ほか)
演:江口洋介(実写映画)
演:彩風咲奈(Ayakaze Sakina)(宝塚歌劇・雪組公演)

概要

言わずも知れた、会津藩お預かりの京都守護職新撰組の三番隊組長「斎藤一」その人であり、幕末における緋村剣心の宿敵の一人。
維新後は「藤田五郎」と名を変え、警官となっており、現階級は警部補であるが、警視庁の密偵でもある。初登場時にはかつての上司土方歳三の生家である石田散薬を名乗っていた。

原作者がデザインした花札では剣心、比古、志々雄、宗次郎、縁とともに最強系の一人として挙げられた。
剣心皆伝のパラメーターでは以下のように記述されている。
三番隊組長時代  戦闘力5・知識知恵4・精神力4・カリスマ3・個別能力したたかさ5
警察官時代    戦闘力5・知識知恵4・精神力5・カリスマ3・個別能力悪即斬5

人物

非常に冷徹で無愛想な一匹狼。口癖は「阿呆が」
己の信念でもある「悪・即・斬」を絶対の正義としており、これに反する者はたとえ政府高官であろうと容赦なく粛清することが、明治を生きる新撰組の務めだと考えている。
必殺技は「平突き」を必殺技の域まで鍛え上げた「牙突」。
京都へ行く前に引導を渡そうとした事もあり、相楽左之助から一方的にライバル視されていたが、京都での終盤に彼がの中に姿を消してからは「倒す」のでなく「超える」対象となった。
剣心(緋村抜刀斎)とは幕末の頃から因縁があり、いつかは決着をと望んでいた。しかし物語の終盤、剣心が「飛天御剣流が撃てなくなる前に決着を」という意図をよそに、剣心が「人斬り抜刀斎」では無くなってしまったことを悟り、決戦を拒否した。
ちなみに蕎麦が好きなようで、『人誅編』にて沢下条張との待ち合わせの際には場所を「蕎麦屋」としか言わなかった上に実際に居たのは蕎麦の屋台だったので彼を困惑させていた。
喫煙者として描写されており紙巻タバコを吸っている。
明治に密偵として神谷道場を訪れた際は、改名後の「藤田五郎」を名乗っており、当初は眼を細くして温厚な話し方をしていた。剣心、左之助、張 、弥彦、蒼紫らからは「斎藤一」の名で呼ばれており、同僚の川路、浦村、新市らからは「藤田五郎」の名で呼ばれている。

余談

所帯持ちなのは史実の通り(作中では触れられていないが作中、明治11年の時点では既に長男・勉も生まれている事になる)だが、剣心とがそれを聞いて有り得ないレベルで驚愕し、斎藤の奥さんの時尾をたいへんな人格者だろう(でないと務まらないという意味)と評しており、弥勒菩薩像の様な想像図を思い浮かべていた

なお、赤間倭子(著)の『新選組副長助勤 斎藤一』では、編集者の勉強不足から帯(帯紙)に「人気漫画「るろうに剣心」の主人公、新選組最強の剣士、斎藤一の激動の生涯を描く」と記され、ネットでは一時総突っ込みとなっていた。本自体はまっとうな本だけに作者はとんだ迷惑である。

二次における扱い

あまりにも印象が強すぎて、斎藤一と聞くとこの剣心に登場する斎藤をイメージする人が多く、斎藤一と妻の高木時尾(藤田時尾)との夫婦イラストには、剣心の斎藤が描かれている場合が多い。

寝ても覚めても、



フタエノキワミ、アッー!シリーズにおいては、ゲイの警官としてその名を轟かせているという設定。(主に『濃厚なヤツが射精るぞ!アッー☆』『ゲイの警官だブロックしろ!』『レイプする、サノ好きだから☆』などの空耳が原因)。
また、英語版では発音の都合で牙突が「ガトチュ」と聞こえてしまうことからガトチュが彼の通称として使われることも。

関連イラスト

斎藤一
「拳の勝負だ」



関連タグ

るろうに剣心 新撰組 牙突

pixivに投稿された作品 pixivで「斎藤一(るろうに剣心)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168582

コメント