ピクシブ百科事典

目次[非表示]

絶望と希望の大地 北海道へようこそ

概要

異號(イゴウ)函館隊を統率し、拠点制圧を主軸にした実検戦闘を担当している。
作中で最初に登場した劍客兵器であるのと同時に部隊将の一人。北海道の本陣生まれ。一人称は「儂」であり、大仰かつ古風な口調・逆立てた頭髪・目測でも2m以上の長身が特徴の大男であり、劍客兵器側で後述の異能を持つ唯一の存在。

年齢は明らかになっていないが比較的若い容姿から20代後半〜30代前半と推定される。作中で土居が差し入れたヘビの串焼きを食べているが、好物であるのかは今のところ不明。

他者を簡単に殺傷できる銃火器に対しては剣客としての矜持からか、たいした鍛錬もせずに容易に得られる力は魂を腐食させるという考えの基に嫌悪感を示している。

猛者・もしくは猛者になれる素質を持つ者に対しては年齢関係なく敬意を払い笑顔で接するほど懐の深い面を見せるが逆に愚者や凡人に対しては人間と見做していない節があり、言葉さえ交わさず無視を決め込むか機嫌次第では躊躇なく惨殺する烈しい二面性を持つ(特に大垣のように獣畜生どころか家畜であるの闘姿が見えた人間は完全に論外である)。

三島栄次に対しては斎藤一との交戦中に自らに対して勇気と覚悟を持って立ち向かってきたとき角を隠した小鬼の闘姿が視えたことがきっかけで気に入っており、栄次がいずれ十本刀への憎悪を抑えられなくなることで猛者に成ることを待ち望んでいる。

猛者との戦闘と闘姿を見ることをなにより好む筋金入りの戦闘狂であるがその愉悦を満たすために命令違反に走るほど勝手気ままな性格に加えて奇行奇言が組織内では有名であるため、大半の構成員から良く思われてはいない(この点に関しては凍座本人も自覚しているが直す意思が希薄であり、冬甲斐や将君の呆れた反応から命令違反の常習犯であることが窺える)。
特に霜門寺からはクソ呼ばわりされるほどに嫌悪されており、於野も凍座のことについて聞かれたとき言葉こそ選んではいたものの遠回しに変人であるという印象を持っている。

猛者の中でも志々雄真実に対して特に一目置いていたためか今後国を護るために必要な猛者として後継者になりえる存在を求めており、苛烈な人間性と世界との戦争を見据えている点も含め 地獄を肯定し、地獄を好み、他者に糧になることを強いるという根本の部分に置いてはベクトルは違えど何の因果か志々雄とは非常に似通っている。

戦闘能力

奇抜な武器を持つ劍客兵器たちと違い凍座の武器は標準的な日本刀であるが、緋村剣心や斎藤との戦闘で赫力を後述の理由で使えなかったこともあり、戦闘スタイルの全貌は未だ不明(刀も捕虜として投降した際に、現在は軍に押収されている)。

身体能力に関しては弾丸を素手で掴み取れるほどの動体視力と握力・剣心の倍以上の巨躯にも関わらず水面を走り追従できるほどの速度・単純な突進だけで露天牢の一部が原型をとどめなくなるほどの威力・即席砲台を背負ったまま嵐の中海風が吹き荒れる函館山の断崖を登れるうえに牢や手枷を余裕で破壊できるほどの腕力・牙突やライフル弾・九頭龍閃を真っ向から受けて耐えきるどころか九頭龍閃を放った剣心を逆に押し返してしまうほどの防御力を見せており、総合的な身体能力は作中トップクラスの域に達している(なお速度は剣心と同様に三歩も水面を走れていることから飛天御剣流の域に達している可能性が高く、防御力に関しては何らかの技か術を用いていると斎藤は推察している)。

素手・あるいは間接的に刀で対象に触れる・もしくは体そのものに触れただけで発動する何らかの技も持ち合わしており、零式を含む牙突の3連撃を防いだときに斎藤の左腕を折り、刀を破壊している(斎藤曰く、得体の知れない衝圧であるとのこと)。獄中でも同じ技を使い、自分に槍を突き刺そうとした軍人を全身から出血させ死に至らしめている。

また凍座が昏睡状態に陥ったときに土居は目覚めたときが恐ろしい。殺さなかったことが最大の失策・権宮はこのまま死んだ方が世のため人のため皆のためとそれぞれ断言していることから同胞から見ても高い潜在能力を秘めていることが仄めかされている。

異能

本来なら存在自体が有りえない、人の闘争の本質が姿形となって顕れた闘姿を視ることができる。これは数万に達するほどの夥しい戦闘を経て精神の平衡を喪失し、その結果視えるようになった劍客兵器としての特性でも、剣客としての技術でもない凍座だけが持つ特異能力(視えるときは常にぼやけたエフェクトがかかっており、本人も自分だけの固有能力であると発言していることからコードネームである異號や戦型とも関連がない模様)。

猛者に足る人間は神仏魔物のような異形の姿・もしくは現象としての姿が視え、逆に取るに足らない凡人は獣畜生の姿に視えており、視えれば対象の闘法・得手・弱点も朧げながらに分かるとのこと。
ただし凡人の闘姿は容易に視えることに対し、猛者の闘姿は本人が素の状態では視ることができず当人が本気を出さない限り視えない制約がある。

また、栄次のように猛者になりうる素質を持った人間の闘姿は凍座から見て後々変貌することがあり(逆に鏡や水面に映った自分を視ることで、自身の闘姿を視ることができるかは現時点では不明)、猛者を判別できるこの能力は将君からも実検戦闘の先鋒に選ばれるほどに評価されている。

特異体質

生まれつき血液の量が人並み外れて多い体質のため、他の本陣生まれの劍客兵器と違い大量に流血して身体に流れる血液の量を調整しなければ赫力を扱えない欠点を持つ。土居からは難儀な体質であることを言及されてはいるが裏を返せば常人なら失血死に至るほどの血を流しても死なないというメリットもあることを示しており、左之助も驚嘆するほどのタフネスと前述の正体不明の防御力と併せて尋常ではない生命力へと繋がっている。

過去

本人曰く若いころは惨めで死にたくなるほど弱かったらしく、せめて一人前になるためにと本陣を飛び出し(本拠地の在処が最高機密であることを踏まえると本来なら脱走と見做され抹殺対象になってもおかしくない行動ではあるが、何らかの理由で不問にされたと思われる)諸国を巡って剣客・剣豪・武士・志士・侠客・山賊・農民・漁民とあらゆる人間と戦う形で武者修行に明け暮れていた模様。その過程で死にもの狂いの武者修行が温かったと口にするほどのなんらかの体験をしたことで「強靱な魂を持つ猛者は地獄でしか生まれない」という独自の持論を持つに至っている。武者修行をいつまでしていたのかは明らかになっていないが前述の通り維新志士と戦った経験があることも明言しているため、最低でも15年前までは修行に専念していた思われる。
於野の劍客兵器の育成に関する発言から可能性の一つとして7歳のときに劍客兵器に成れる見込みなしと判断されて除外されたことと、土居が敗北と再起を幾度となく繰り返し劍客兵器に成ったと発言していたことから、現時点では凍座だけがイレギュラーなプロセスで劍客兵器に成った本陣生まれの人間ということが仄めかされている。

猛者人別帳を通して剣心たちの過去を把握している反面、凍座の過去の全貌は未だ不明であるが自身が猛者に至るまでの道のりを思い返すときに物憂げな表情を見せており、猛者を育むための糧として望まない闘争・叶わない理想・不条理・理不尽・死を挙げていたがその中に最も糧として最適な筈の憎悪が含まれていないことから、凍座の過去に憎しみに直結する経験はなかったこと・逆に憎悪以外で自身が口にしたことの全てを経験したこと・そして凍座も関わりの深い人間を喪った過去があることを示唆されている(事実、剣心を始めとした猛者たちの大半がなんらかの理由で関わりの深い人間を喪失・もしくは殺害している)。

また特徴的な一人称と口調が剣心と似通っていることに加えこの二つが凍座のビジュアルとどこか一致していない点が見受けられ、剣心が巴の死を切っ掛けに新時代を迎えて維新志士を抜けた後に一人称も口調も変えたことから、同様に凍座も口調・一人称が変わるほどの何らかの決意が過去にあったと思われる。

闇乃武との接点

第一幕で旭が志々雄一派の次に劍客兵器の下に派兵される予定であったことが示唆されており、土居も佐古たちに【凍座から聞いている】と言っていたことから旭が工作員か諜報員として働くことは実検戦闘開始前に凍座と闇乃武の間で話しがついていた可能性があるが、現時点での詳細は不明である。

モデル

明言されていないが『エンバーミング』の主人公であった「ヒューリー=フラットライナー」と再筆版の比古清十郎に似ていることからデザインのモデルになったのはヒューリーか比古のどちらかと思われる

膨大な量の血液が体を巡っている設定はジョン=ドゥを参照にしたものと思われる。

余談

素顔を隠している部隊将たちの中で凍座だけが初登場時から素顔を晒しており、恐らく猛者の闘姿を面越しではなく直接視ることに拘ったためと思われる(捕虜として投降する以上やむを得なかったのもあるだろうが、本来なら権宮が捕虜役を務める役を行うはずだったが凍座が自身の独断で捕虜となったため、前者の理由である可能性が高い)。

関連イラスト

劍客兵器 異號・凍座白也


関連タグ

るろうに剣心
劍客兵器
北海道編
部隊将


冨岡義勇鬼滅の刃)…組織の最高戦力であることと、同僚から 嫌われているという意味では共通している。ただし凍座は独断専行が目立つだけで、コミュ障ではない。

猗窩座鬼滅の刃)…同じく組織の最高戦力であり、戦闘狂という意味ではこちらとも共通している。

ヒソカ=モロウHUNTER×HUNTER)…強者との戦いを愉しむこと・見込みがない者に対しては無視するか惨殺する・今後強くなる余地があるため、気に入っている少年がいるという点では非常によく似通っている。

雪代縁 …同じくメリットとデメリットを併せ持つ特異体質の持ち主。また巴の死と言う形で地獄を味わい、剣心への憎悪を糧にして猛者に成ったことを踏まえると、縁も凍座の持論にピッタリ当てはまっている。

四乃森蒼紫 …目の前で般若式尉癋見ひょっとこを観柳に殺されていることから、蒼紫もまた死と言う形で地獄を味わい猛者と成っている。

関連記事

親記事

部隊将 ぶたいしょう

pixivに投稿されたイラスト pixivで「凍座白也」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「凍座白也」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました