ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:日高のり子
演:神木隆之介(実写映画)

出身相模国
身長163cm
体重51kg
血液型AB

十本刀の一人。”天剣”の宗次郎
文久元年(1861年)9月生まれ。初登場時は16歳(満年齢)。

概要

志々雄の右腕且つ最初の側近であり、剣心に匹敵する剣の才を誇る。
天賦の剣才(略して「天剣)に、「楽」以外の感情がなく剣気や殺気の類を全く発しない「感情欠落」、目にも映らない超神速の移動術「縮地」を成し得る健脚を兼ね備えた十本刀最強の剣客。
人当たりは良いが何食わぬ顔で人を殺す残酷さを持つ。
この「天剣」・「感情欠落」・「縮地」の3つの突出した能力を、志々雄は「毛利の三本矢」に例え、この三つが揃っている限り宗次郎はほぼ無敵の強さを誇ることを認めている。実際、全力を出さずとも剣心を圧倒している。『剣心皆伝』でも、「宗次郎が俺以外に敗れることなど考えられねえ」と志々雄から高く評価されている。

戦闘力の高さは作者がデザインした花札にて剣心、比古、斎藤、志々雄と並ぶ最強系の一人として二十点の札にされていることからもわかる(雪代縁は例外的に零点扱いとされている)。

剣心皆伝では戦闘力5・知識知恵3・精神力1・カリスマ3・個別能力スピード無限大とされている。

モデルは新撰組一番隊組長沖田総司であり、名前も総司の幼名に由来する。
人誅編など作中の回想に登場する沖田総司とも瓜二つの外見である(沖田のCVは日比野朱里が担当)

るろうに剣心(沖田総司&瀬田宗次郎)
沖田さん



常にニコニコしているが、それは後述する生い立ちの影響で「喜怒哀楽」の「楽」以外を封印していったことが原因である。
さらに、志々雄の「所詮この世は弱肉強食 強ければ生き 弱ければ死ぬ」という言葉だけをこの世の絶対の真理と信じ、志々雄の最初の部下として共に明治政府を打倒し天下を取る闘いに臨んだ。

薄幸の美少年キャラで人気が高い。愛刀は「菊一文字則宗」。
作品中に使った技は二つあり、一つは目にも映らない速さで動く超神速の移動術「縮地」。これはある程度手を抜いたものでも剣心を圧倒し、剣心からも「飛天御剣流よりも速い」と評されていた。
二つ目は宗次郎自身が名前を付けた「瞬天殺」。これは縮地から天剣の抜刀術に繋げる連続技である。破壊力では天翔龍閃に劣るが、彼曰く、「あまりの速さのため、先読みが全く意味をなさず、この技が決まれば痛みも感じずに一瞬で死ねる」というほどに速いスピードを誇る技。

その剣技は特定の流派によるものではなく、「天賦の才による剣」と評される通り自らの剣才のままに刀を振るう自己流の剣技と思われる。幼少期の剣技の心得もない頃に、志々雄から譲り受けた脇差一本で屈強な成人男性2名を含む一家(しかも一人は剣術の心得もあった)6人を瞬時に斬殺しており、この時点で既にかなりの剣才を発揮している。単純な剣の才能だけで言えば剣心以上の逸材だろう。これでもし飛天御剣流を学んでいたら物凄い剣客になったかもしれない・・・

略歴

大きな米問屋の主人の子として生まれたが、愛人の子であったために幼少の頃より家族や親戚に疎まれ、ひどい虐待を受けながら育つ。その過程で余計な怒りを買わないようにするために常に愛想笑いを浮かべるようになり、他の表情や感情を封印していった。
志々雄と出会ったのはこの頃で、政府の追手から逃亡中だった志々雄を米蔵の中に匿うことになり、彼から弱肉強食の真理を説かれると同時に宿賃代わりとして一振りの脇差を渡された。最初は脇差を返そうと思っていた宗次郎だったが、自分が志々雄を匿っていたことが家族にバレて殺されかけたことで、志々雄から渡された脇差で家族を皆殺しにしてしまう。この惨劇の後、宗次郎は志々雄についていくことを選び、彼の最初の部下となった。

明治11年5月14日には、志々雄の命令により、明治政府内務卿大久保利通の暗殺を遂行。これが宗次郎の初登場となる。

その後、東海地方の新月村で剣心と初めて直接対決し、抜刀術の打ち合いの末、剣心の逆刃刀を真っ二つに叩き折った。この時は志々雄から借りた長曽禰虎徹を使用している。このすぐ後に志々雄から悠久山安慈をはじめとする東日本に散らばる十本刀の招集を命じられた。

志々雄の本拠地での戦いでは愛刀の菊一文字を携え、剣心と再び激突。新月村での対決では見せなかった縮地で剣心を翻弄し、本来なら防御・回避ともに不可能とされる九頭龍閃すら躱して見せた。
しかし、「不殺」を貫く剣心をなかなか仕留めきれないことに苛立ちを覚え、弱肉強食の信念が徐々に揺らいでいき、封印していた感情が蘇ってしまったことで殺気を剣心に読まれて形勢を逆転される。更に、剣心の言葉で自分が家族を殺してしまったことを本当は後悔していたことを思い出し、錯乱してしまう。
何が正しいのか分からなくなった宗次郎は、自身の最強の技である「瞬天殺」で剣心に挑むが、天翔龍閃との破壊力の差によって敗北。
勝敗の結果から、剣心の言うことが正しいと思おうとするが、すぐさま剣心から「ただ強い者、戦いに勝った者が正しいというのは志々雄の論理!一度や二度の戦いで、真実の答えが出るくらいなら誰も生き方を間違ったりはせぬ!真実の答えは、おぬし自身がこれからの人生の中で見出すでござる!」(というよりもその答えは余りにも雲を掴むような話ゆえに、剣心や志々雄をもってしても教えようにも教えられないといったほうが正解)と諭された。
敗北後、駒形由美にかつて志々雄から貰った脇差を渡すとともに天翔龍閃の正体を伝え、志々雄の元を去ることを決意。剣心と志々雄の戦いに決着が着いた後、人生の答えを自分自身で見つける旅へ出た。

人生の旅



自身も修羅の一人として自覚している志々雄だが、宗次郎のことを「最強の修羅」と評している。
手加減していても剣心に反撃の機会すら与えなかったこと(ただし自分の方もなかなか剣心を仕留められなかったが)、更に感情が欠落した状態では剣心の先読みをほぼ無効化していたため、感情欠落さえ「不殺」によって崩壊していなければ剣心に勝てたとも考えられる。
ただし志々雄は宗次郎の敗北を告げられた際に「結局は誰も俺の強さについてはこれないというわけだ」と発言しており、宗次郎を破った剣心にも負けるとは全く考えていなかった。
志々雄は宗次郎の縮地を「目にも映らねえ速さ」と比喩的に表現したが、志々雄自身は超神速を見極める事は可能である(後述)。
また宗次郎自身も己が敗れた天翔龍閃を志々雄なら破れると述べたり(事実、前情報ありとはいえ、宗次郎を瞬天殺ごと粉砕した天翔初段を志々雄は防いだ)、修行により腕を上げた剣心と刀を交えても「まだまだ志々雄さんには到底敵う程じゃない」と評するなど、志々雄の実力に対しては絶対的な信頼を寄せていた事は間違いない。

作者は人誅編が終了した後にも連載が続いていたら、剣心達の仲間に宗次郎が加わり、『北海道編』なる構想があった事を明かしていたが、2017年9月からジャンプSQでその北海道編の連載が始まり、諸事情による中断を経て、再開されたあとの第11話に安慈とともに再登場した。

超神速「縮地」


土地自体を縮めて相手との距離を無くすという仙術に由来する、「超高速の移動術」。
作中では剣心の「神速」を超える速度で移動する技として登場し、そこに感情の動きを察知されない「感情欠落」が加わることで宗次郎の強さを無敵のものにしていた。
縮地には段階的に速さを変える事が可能らしく、本気の縮地の「三歩手前」で既に、左之助の目には剣心の神速よりもわずかに速く映っていた。そして「二歩手前」で完全に剣心の速さを凌駕し、九頭龍閃ですらこの二歩手前の状態で回避してしまった(これを剣心は「飛天御剣流よりも速い」と評した。本気の比古清十郎の九頭龍閃ですら「神速」止まりである)。
「一歩手前」では地上での移動だけでなく空中移動でも動きが見えなくなり、剣心ももはや受けに徹するしか出来なくなった。だが作中ではこの一歩手前を披露する時点で感情に乱れが生じてしまい、宗次郎の本来の力は発揮できなくなった。
剣心との戦いでは「感情欠落」が機能した状態で本気の縮地を使用することは無かったため、果たして最初から宗次郎が本気で剣心と戦っていたらどうなっていたのか・・・

後に「北海道編」にて再登場した際、宗次郎は自分の縮地を「破れる人」「実際に破った人」「刺し違えても破りそうな人」と3人を挙げ、名前を出してはいないが「実際に破った」のは剣心、「破れる人」は志々雄の事であると思われる。
志々雄はスピンオフ作品「炎を統べる」にて、宗次郎が子供たちとのかくれんぼで「縮地」を使用した際、即座に宗次郎の隠れ場所を看破しており、宗次郎の気を読まれない特性を考えれば志々雄は「縮地」の速さを見極められるという事が分かった。この時宗次郎が縮地を使用した際「描き文字の字体」、「集中線の入れ方」、「移動する際に足音が全くしない」など、宗次郎が本編中で本気の縮地を使用した際の演出を踏襲しており、宗次郎が本気で動いている事を伺わせている(一歩手前以下では足音が出る)。

「刺し違えても破りそうな人」については解釈が分かれるところだが、そのあとの台詞(縮地の三歩手前を回避して見せた相手に対して)で「あなたは幕末の生き残りですね」とあるので、その対象者も恐らく同じ「幕末の生き残り」である可能性が高い。宗次郎と面識のある人間で該当するとすれば、斎藤一か、四乃森蒼紫であろうか。

実写映画

無題


映画2作目の『京都大火編』に登場する。
配役は神木隆之介が担当。

元々のファンからの間でも、幼さが残る天才肌という設定上から神木を推す声が多かった。
また、アニメ版で声を担当していた日高のり子も、「実写化するなら神木隆之介が良い」と周囲に度々語っていたそうで、その配役が現実のものとなった時には非常に驚いたという。
ちなみに神木本人も宗次郎ファンであり、オファーを受けた際には「奇跡だ」と驚いていたらしい。

余談

同作者の漫画『エンバーミング』のキャラクター、レイス=アレンのモデルとなっている。

また格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS」シリーズのキャラクターの一人であるクリスの性格は彼をモチーフにしている。

関連イラスト

宗次郎
るろ剣画まとめ


宗次郎
宗次郎


瀬田宗次郎
そうじろぉ。



関連タグ

るろうに剣心 十本刀 沖田総司

関連記事

親記事

十本刀 じゅっぽんがたな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「瀬田宗次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3061252

コメント