ピクシブ百科事典

抜刀術

ばっとうじゅつ

日本の武芸十八般の一つ。鞘に収めた状態から抜刀し、敵を斃す武術。
目次[非表示]

概要

抜刀術は林崎甚助により、室町時代末期に創始された。
林崎甚助は父の仇討ちを祈願して林の明神に百ヶ日参籠し、抜刀の鍛錬に明け暮れ、満願の暁、夢中に示現した林の明神から秘術卍抜を授けられたとされる。
夢の中で会得したことから、林崎甚助の開いた流派は後世「神夢想林崎流」、「林崎夢想流」などと呼ばれた。

江戸時代における武芸十八般の一つにも数えられた武術の一つで、最初から剣を抜いて戦う剣術とは趣を異とする。
柔術と剣術の融合から産まれた技術で、に下げたを鞘から抜き放って素早く敵を倒す。真正面からぶつかり合う戦闘ではなく、不測の事態に備えた瞬間的な行動に特化している。
流派によっては座って抜き放つものを「居合」、立った状態で抜くことを「立合」と区別しているが、相手が立ち自分が座った状態で行う場合が多い。

剣道柔道のように審判を持って「一本!」とやるような試合は危険なためほとんど行われない。
居合道は型の流麗さを競うスポーツとして抜刀術から派生した。

幕末の混乱期には暗殺術・奇襲技として使用されることもあった。

関連イラスト

侍道4 先生 抜刀術
猫-SAMURAI



関連タグ

林崎甚助 神夢想林崎流 田宮流 無楽流 関口新心流 水鴎流
武術 居合 抜刀 早撃ち

関連記事

親記事

日本剣術 にほんけんじゅつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「抜刀術」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「抜刀術」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました