ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 抜刀術は剣術の一つ」ではない江戸時代における武芸十八般の一つにも数えられたれっきとした武術の一つであり、あくまで剣術から派生した格闘術ではあるものの、今や全く意を異にする武術となっている。
 抜刀術とはに下げたを抜き、素早く敵を打ち倒すということに特化した武術であり、最初からを抜いて戦う剣術とは完全に異なる。一般的には居合と呼ぶことも多いが、流派によっては座って抜き放つものを「居合」、立った状態で抜くことを「立合」と呼ぶものもある。このことから分かる通り、抜刀術は真正面からぶつかり合う戦闘ではなく、不測の事態に備えた瞬間的な行動に特化した武術と言える。そのため、抜刀術は剣道柔道のように審判を持って「一本!」とやるような試合はまずまったくと言っていいほど行わない(やれば試合の度に負けた奴は病院送りである)。スポーツとしての居合道はあくまで型の流麗さを競うものである。
 また、その瞬発的な活動故に、幕末では暗殺術として使用されることもあった。

関連イラスト

侍道4 先生 抜刀術
猫-SAMURAI



関連項目

武士  剣豪 剣士 抜刀

pixivに投稿された作品 pixivで「抜刀術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81663

コメント