ピクシブ百科事典

概要

峰打ちとは、相手をではなく反対側の「峰」で叩く技。
チャンバラ時代劇等で「不殺のための手加減」の描写として用いられる。

作家居合道五段の資格を持つ牧秀彦は自著の中で「切りつける直前に刃を返して峰を撫で付ける事で、実際に斬った威力ではなく相手に『斬られた』と思わせて気絶させる斬り方」と記しており、本来は剣術を心得た者同士の技であるらしい。

実際の所、木刀であっても生身の人間に対する殺傷力という点だけを見れば真剣と変わりないとも言われており、で出来た日本刀を何の加減もなく叩きつければ、相手を死に至らしめるには十分な威力がある。
逆に捉えるなら、峰打ちで相手を気絶させるためには相応の技量が必須とも考えられる。

「峰打ちとは、きさまできるな」(ウシくん
「いや、峰打ちでジワジワ全身をブチ砕いて嬲り殺そうとしただけだ」(カエルくん
パペットマペットのコントより)

関連タグ

みねうちポケモンの技。相手に必ずHPを1残す。
竜宮レナで敵を峰打ちにする回があるが、当たり所が悪ければ斬るより危険である。
リュー・イーグル 「しんぱいごむよう!みねうちでござる!」
逆刃刀緋村剣心の愛刀。峰と刃が逆になっているため、普通の斬撃が峰打ちになる。

関連記事

親記事

日本剣術 にほんけんじゅつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「峰打ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75398

コメント