ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

もしかして→峰打ち

技プロフィール

初出第2世代
タイプノーマル 
いりょく40
めいちゅう100
PP40
ぶんるい物理
直接攻撃
範囲単体
備考相手のHPを必ず1残す。
英語名False Swipe

概要

第2世代から存在する技。

相手のHPを必ず1残す効果がある。

必ず相手の体力を残してしまうので対戦ではとても使えたものではない。また、この仕様故か、切断・刃物系統の技の威力が上昇する特性「きれあじ」の対象外となっている。

こうしたこともあり、対戦用ではなく、厳密に言えば捕獲専用の技である。


第2世代で登場したが、技マシン化したのは第4世代と遅かった。

その為、技マシン化するまでは、みねうち+キノコのほうしを両立できるパラセクトキノガッサが捕獲要員として引っ張りだこだった。

第4世代で技マシン化した後はエルレイド(みねうち+さいみんじゅつ)等、捕獲要員に出来るポケモンも増えている。


ノーマルタイプの技なので、相手のタイプによっては半減・無効化されるという弱点がある。半減はレベルを上げての力押しも通じるが、ゴーストタイプ相手には特性きもったま持ちの個体を使う、そうでない場合はみやぶるみずびたしまほうのこなを使うなど一工夫が必要。

特にヤンチャムゴロンダきもったまとみねうちを両立できるので効率がよい。


なお、第3世代ではみねうちを覚えさせたヌケニンを準備してカイオーガの捕獲を狙うとカイオーガの方が完全に詰んでいるので安全に弱らせることができる。

HGSSではLv.45にげんしのちからがあるので不可能だが、ORASではげんしのちからがLv.1に移動しているせいで逆戻りしている。

ただしORASカイオーガは第3世代にはなかったアクアリングを覚えているため、かいふくふうじを覚えさせていった方が面倒がなくてよい。


LEGENDSアルセウスでも当然実装されているが、本作はプレイヤーが工夫次第で弱らせずに直接ボールを投げつけてポケモンを捕まえられることに加え、体力がそこそこ残っている状態でもそれなりの確率でポケモンをボールに収めることができること、反動技である「すてみタックル」を習得している野生ポケモンがそれなりの数いることなどもあり、習得の優先順位はかなり低くなっている。


ポケモン不思議のダンジョンシリーズにおいては作品ごとに効果が異なり、

  • 威力が高い代わりにとどめを刺すことができない。(救助隊、探検隊、冒険団)
  • 原作並みの威力に抑えられた代わりに倒すことができ、倒した野生ポケモンを仲間にしやすくなる。(マグナゲート、救助隊DX)

…と主にこの2系統に当てはまっている。

例外は『超不思議のダンジョン』。野生ポケモンを仲間にするシステムの存在しないため、『敵を倒すことができない上に威力は原作に準じて控えめ』という使い所の一切無い誰得技と化してしまっている。


なお、ポケモンバンク配布のセレビィなどが覚えている「てかげん」はこの技と全く同じ仕様。


関連リンク

ポケモン技一覧 ポケモン技絵 てかげん

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35694

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました