ピクシブ百科事典

ヌケニン

ぬけにん

ヌケニンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.292
英語名Shedinja
ぶんるいぬけがらポケモン
タイプむし / ゴースト
たかさ0.8m
おもさ1.2kg
とくせいふしぎなまもり


進化

ツチニン ┬→ テッカニン
     └→ ヌケニン(条件は後述)

概要

名前の由来は恐らく、里を抜けた忍者を意味する抜け忍
「脱け殻」ともかかっている秀逸なネーミングといえる。

ツチニンがテッカニンに進化したとき、なぜか勝手にモンスターボールに入っている不思議なポケモン。
ゲーム上でもその生態どおり、手持ちに空きがあり且つボールが余っていれば自動的に入手となる。(第3世代のみモンスターボールは不要)。
ヌケニンの入るボールは、第4世代以降はモンスターボールで固定であるが、第3世代では、テッカニンと同じボールになる。
またハートゴールドソウルシルバーのむしとりたいかいで捕まえたツチニンをダイヤモンドパールプラチナに送ってヌケニンに進化。その後にハートゴールドソウルシルバー、ブラックホワイトブラック2ホワイト2に送るとコンペボール入りのヌケニンを作ることができる。

呼吸もせず、体内はからっぽで真っ暗、ハネをまったく動かさずに空中を浮かび飛び回る。
また、背中の隙間から内部を覗き込もうとすると魂を吸いられてしまうという逸話を持つ。
何故、ポケモンの抜け殻が魂を宿し新たなポケモンになるのかはいまだ謎に包まれている。

また、抜け殻であるためかポケパルレではポフレを食べない。ただし撫でられると喜ぶので感覚は存在するようだ。
ポケモンキャンプでカレーを作るとヌケニン用にスプーン一杯ぶんが用意されるが、やはり食べるモーションはない。ただ、味によってちゃんと背景が変わるのと、しっかり状態異常などは回復するので雰囲気は楽しんでいるのかもしれない。
呼べば返事をしてくれるし、辺りを見回したりポケじゃらしに反応したりはするものの、身体を動かすことがない設定を反映してなのか感情表現のモーションを一切持たない。このため、話し終わるとリアクションなしですぐにどこかへ行ってしまうので少しそっけなく見える。ポケモン同士の会話でも、ヌケニンは微動だにしないまま頭上のアイコンだけが連続で出るような話し方をする。実は案外早口なのかもしれない。

ふしぎなまもり

見た目はいかにも虚弱そうな雰囲気を醸し出しており、HPはかのメタルスライムはぐれメタルよりも低い『1』という奇跡の数値である。
なお、ヌケニンのHP"種族値が"1というのは厳密には誤りで、ヌケニンのHPはレベル・個体値・その他あらゆる要素に関係なく1固定である。

そのため、事実上防御と特防の種族値もあってないようなものとなっている(ダウンロード等の例外はあるが)。
素早さも相当遅い部類に入り、合計種族値はミツハニーにすら劣る236。全ポケモンで唯一進化することで合計種族値が下がるポケモンであり、最終進化形としてはヨワシ(たんどくのすがた)に次ぐ堂々のワースト2位である。

しかしながら、このポケモンは決して不遇などではない。むしろ、パーティを組む際は頭の片隅にその存在を留めておかねばならない影響力を持つポケモンである。なぜなら、ヌケニンは他のポケモンにはない究極の特性を備えているから。
それがふしぎなまもりである。
ふしぎなまもりとは、弱点以外の攻撃を全て無効化してしまうという、あまねく全特性の中でもトップクラスの超チート特性である。
その力はザシアンきょじゅうざんカイオーガの一撃は勿論のこと
ディアルガの「ときのほうこう」やパルキアの「あくうせつだん」などといった神のポケモンの力さえ無効にしてしまう。
弱点自体はほのおひこういわゴーストあくと多いが、攻撃技しか持っていない相手がこれらのタイプの攻撃技を持っていない場合、文字通り詰む。
そのため、このポケモンにとって「半減」と「等倍」の間に違いは存在しない。ヌケニンにとってのタイプ相性とは、「無効」か「一撃必殺」かのどちらかなのである。

なおこの特性に「なりきり」は効かず「スキルスワップ」はできない。「かがくのちから」や「レシーバー」で拾うこともできない。まあこんな特性ホイホイ交換されたらダブル・トリプルバトルがとんでもないルールになるので仕方ない。
ただし「トレース」は何故か可能で、弱点が1つしかないポリゴン2にこの特性をトレースされると大変なことになる。

弱点

そんな神の力に耐えるヌケニンにも弱点はある。
「どく」「やけど」といった状態異常や「すなあらし」等のダメージ(とくせい「マジックガード」で防ぐことが出来るもの)には「ふしぎなまもり」が発動せず、あっさりHPが0になってしまうのである。
その為、カバルドンユキノオーとの相性は悪い。
攻撃手段に接触技が多い(というかタイプ一致物理技に非接触技が1つしか無い)ため、「さめはだ」や「ゴツゴツメット」にも弱い。
無論特性を封じる効果特性を変える効果は防ぎきれないのでそのまま受けることになる。

ちなみに第6世代(ポケモンXYORAS)では、ダメージを受けたとき(というか被弾して倒されるとき)にHPのゲージが徐々に減っていくのではなくゲージが緑の状態から一瞬で消えるようになった。
第7世代では他のポケモン同様ゲージ減少式に戻ったが、代わりにいきなり赤くなるようになった。

近年、「かたやぶり」を持つポケモンの増加、複数回攻撃、「ステルスロック」の流行、天候を利用したパーティの増加など、環境に強烈な逆風が吹いている。

めざめるパワー炎でナットレイのついでに刈られるケースもあったが、こちらは第8世代で廃止された。

そんなヌケニンの世代が新しくなるごとに何かしら天敵や対策方法が増えていく悲しい宿命は「新作毎に弱体化が約束されているポケモン」などと揶揄されることもある。
ちなみに逆に「新作毎に強化が約束されているポケモン」と揶揄されるのはこいつ

第6世代で登場した「ぼうじんゴーグル」により天候ダメージに関しては、耐性を持たせられるようになった(ただし弱点攻撃に無防備になるので注意)。
第7世代で登場した「ぼうごパット」により直接攻撃時にてつのトゲ等への耐性を持たせられるようになった。
第8世代で登場した「あつぞこブーツ」によりステルスロック等への耐性を持たせられるようになった。

……が、どれかを対策すればどれかを対策できなくなるため、結局きあいのタスキが安定しやすい。

総括

……と、このように鬼畜特性を持ちながらも対策はいくらでもあるのだが、奴の怖いところは忘れた頃にやってくること。
廃人御用達のバトル施設で対策のない手持ちだけが残りになった時にこいつを出された時の絶望感は半端じゃない。
過去には公式世界大会決勝戦でヌケニンに相手に詰んだという事例もあったりする。

そしてORASにあるキンセツフードコートでコイル焼きを頼んだ最後の6戦目にエリートトレーナーのターコが2匹も繰り出してくる。最早悪意以外の何物でもない。
この時点で前情報がないと天候特性や弱点の全体技を除き、両方が弱点を突ける技を持ってないと確実に積むため、最後の最後でターンをずらされたプレイヤーにトラウマを植え付けた。

最近はメガヤミラミと組むことでヌケニンの致命傷になる変化技はマジックミラーで跳ね返し、ヤミラミが苦手な高火力技・フェアリー技はふしぎなまもりで無効化するといういわゆる「ヤミヌケ」と言われる構築が生まれ、さらに結果を残している。
弱点はあるが強特性を持つポケモンがお互いを長所でかばい合って相手を追い詰めるというなんとも面白いタッグである。…回される方はたまったもんじゃないが。

そして、このポケモンの真価は読み合いに存在する。
選出画面にヌケニンがいた時点で、相手はヌケニン対策ができるポケモンをほぼ確実に一体は選ぶことになり、選出されるポケモンが読まれやすくなってしまうのである。
さらにヌケニンが実際に選ばれたかどうか、いつ出てくるかは出されるまで分からない。
なのでポケモン全てが出てくるまで、常にヌケニン対策のポケモンを守りながら戦う必要があり、行動も読まれやすくなってしまう。
ヌケニンを使う側には一手間違えればポケモン一体が即死してしまい試合全体が不利な状況に傾く危険性が、相手する側には一手間違えればゲームセットの危険性が付きまとう。
かなりハイリスクハイリターンな読み合いに、相手をほぼ強制的に持ち込むことができるのである。

「強い」というよりは正しく「厄介」の表現が似つかわしいだろう。
対策する方法は多数あり容易。それでも頭の片隅に入れておかないと一匹で詰みかねない、かなり変わった立ち位置にいるポケモンである。

余談

ものまね」を使い「なかまづくり」を覚えさせてミカルゲに「なかまづくり」を行うと、
誰もが一度は想像する「俺が考えた最強のポケモン」である「ふしぎなまもりミカルゲ」が爆誕する(フェアリータイプの登場までは無敵だった)。
そして第6世代では「がんじょう」と「スキルスワップ」を両立できるメレシーが登場。これにより、予め「シンプルビーム」などで「ふしぎなまもり」を書き換えておけば弱点攻撃を受けても倒れない「がんじょうヌケニン」を爆誕させることもできる。
ちなみに状態異常は眠ったりわざとヌケニンに「でんじは」を当てればある程度何とかなるが、
特性「かたやぶり」で突破されたりはする。

なお、タイプを変更すれば無効化できる攻撃も変わる。たとえばみずびたしみずタイプに変えれば弱点は電気の2つになる。

入るボールは長らく基本的にはモンスターボールだったが、第8世代ではマックスレイドバトルにヌケニンが登場するので、ボールを選べるようになった。

育成

実質的に「こうげき」「とくこう」「すばやさ」しか機能しないため、これだけVにすればよい。こだわる人は「ぼうぎょ」を低くしてへんしんダウンロード対策を兼ねた理想個体を育成するが、正直そこまでする必要があるかと言うと…。
また、努力値振りの面でも耐久調整を行う必要がない。
したがって特殊な例でなければ「こうげき(特殊型にするならとくこう)」と「すばやさ」だけに振ることになる。
また「すばやさ」種族値は低いが努力値全振りのおかげで、性格補正無しでも4振り70族を1差で抜ける。
そんな事情のため、種族値上は鈍足でありながら事実上の中速アタッカーという立ち位置にある。

持ち物は不意の弱点攻撃対策の「きあいのタスキ」が基本だが、「ぼうじんゴーグル」や「ラムのみ」を持つ場合もある。
技構成は、攻撃技に「かげうち」「シザークロス」「シャドークロー」、
搦め手の「おにび」「どくどく」「まもる」、時間稼ぎと攻撃を両立する「ゴーストダイブ」、
相手の天候変化を上書きする「にほんばれ」など。
接触で発動する特性やゴツメの対策に、「ひみつのちから」等の非接触技や特殊技を覚えさせることも。

なお、第4世代までヌケニンは進化(分裂?)後にはテッカニンが覚えていた技をそのまま引き継ぐことができた。
ツチニン時に覚えずテッカニン進化時に覚える技は「いやなおと」「つるぎのまい」「きりさく」「こうそくいどう」「バトンタッチ」の5種類。
……よりにもよってヌケニンにとっても有用な技ばかりなのが悲しい限りである。
なお第4世代以前限定のため、現在これらの技を覚えたヌケニンをレーティングで使うことはできない。
「こうそくいどう」は第8世代でわざレコードになった為覚えられるようになったが、「つるぎのまい」と「バトンタッチ」は与えられなかった。

…ちなみに、ツチニンからの遺伝でいのちがけを覚える。
もちろんこれは分身であるテッカニン用の遺伝技なのであるが、ヌケニンが使えば当然相手に与えるダメージは1。完全にギャグの域である。
用途と言えば相手の「きあいのタスキ」を潰して退場することくらい。
この技で間違ってもハピナスを倒そうなどと思ってはいけない。

ヌケニンの「いのちがけ」でHBハピナスは確定362発



この他すなあらし」「すてみタックル」「みがわり」「がまんといった明らかに自身の性能に反した技も覚える。
一応、前半2つは「だいばくはつ」的な退場技として使えないこともないが……

他作品では

ポケモンXD

「バトルディスク11」において、ダブルバトルでヌケニン6匹を1ターンで倒す問題として登場する。

ポケモン不思議のダンジョン

なんとHP5。原作の5倍になった。
特性「ふしぎなまもり」の効果で、効果抜群以外のわざを無効化、そして通常攻撃は1ダメージずつしか通らない。
更にゴーストタイプであることにより、壁の中を通過することができる。
ただし、罠や投擲アイテム等、ふしぎなまもりでは防げずHP5を一気に奪われるような場面が多く、原作よりも脆いかもしれない。

原作にはなかった強化点として、「マックスアップ」を使ってHPを引き上げることができる
強化の手間を惜しまなければ、弱点を突かれてもびくともしない究極生命体を作り上げることもできるだろう。

ポケモンGO

ポケモンGOにも、同期からだいぶ後れを取って第四世代ポケモンたちの始発組とほぼ同時期に実装された。
入手方法は2020年5月時点リサーチ限定であり、2018年11月期のフィールドリサーチの大発見で1週間に1匹、および2020年5月に開催された「ホウエンチャレンジ」の中盤あたりの報酬で1匹入手できたのみ。
原作と異なり、ツチニンから進化させて手に入れることはできない。

原作のような特性というシステムが存在しないポケモンGOにおいて、「ふしぎなまもり」をどのように再現するのか期待が寄せられていたのだが……残念ながら何もなかった。



HPはどんなにレベルを上げてもゲーム内の最低保証である10固定。ぼうぎょも最終進化系の中ではデオキシス(アタックフォルム)に次ぐワースト2。このような絶望的な耐久力のため、バトルでの実用性は皆無。完全なコレクション用のポケモンである。
しかもトレーナーバトルに至っては、問題を起こすような仕様が無いのにも関わらず、メタモンと並んで使用不可能という扱いである。

状態異常や天候ダメージが存在せず、ポケモンの覚えられる技が2つまでのポケモンGOでは対策手段が限られすぎているため仕方のない措置ともいえるが、それにしてもあんまりな扱いである。
これを機に本編シリーズでもHPが2以上になってくれればスリップダメージで即死しなくなって助かるのだが……


アニメ

AG編の44話と45話で、話の悪役キャラ、ハンゾウのポケモンとして登場。
特性のふしぎなまもりであらゆる攻撃を受け付けないという原作通りの厄介さを見せたが、カスミギャラドスが覚えていたかえんほうしゃで弱点を突かれて倒された。
なお、実はヌケニンが登場した話はこの2話が最初で最後であり、以降の話では全く登場していない。かつてのあいつのように何か問題があった訳でも無さそうなのだが…

関連イラスト

ヌケニン
ふしぎなまもり


ミュージカル!
最後の闘志燃ゆ!!


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 忍者
オワタ式
ジョイ(グラブル):HPは108だが、防御性能はヌケニンと似たような物。防御無効化等のような技でない限りは、全て1しかダメージを受けない。

関連記事

親記事

ツチニン つちにん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌケニン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1485366

コメント