ピクシブ百科事典

バイバニラ

ばいばにら

バイバニラとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.584
英語名Vanilluxe
ぶんるいブリザードポケモン
タイプこおり
たかさ1.3m
おもさ57.5kg
とくせいアイスボディ/ゆきふらし(第7世代から)/くだけるよろい(隠れ特性)


進化

バニプッチバニリッチ(Lv35)→バイバニラ(Lv47)

ひんやりアイス



容姿

枝分かれしたアイスクリームのような姿が特徴。
バニリッチをもう1匹くっつけたような形をしていて、串の刺さったようなツノの生えた右側のほうは笑顔を浮かべている。
だが、ポケモン図鑑BWでは左側の顔も右側と入れ替わるように笑顔になる(その際なぜかよだれも消える)。
水を飲み体内に雪雲を作り出すことができ、怒ると角から猛吹雪を吹き出し辺りを雪で埋め尽くす。
双方の頭は個別に感情があるらしく、体は合体はしているが意識は別の模様。
進化の際に分裂したのか合体したかについては特に設定が明記されていない。
複数の頭を持つポケモンにはジヘッドドードー等が居るが、それらと違い仲が悪いとも意思疎通しているとも書かれていない。

概要

バニリッチの進化型。
とても美味しそうな見た目のポケモン。でも食べないでね。さりげなくどくどくを放つこともできるので見た目に惑わされないように。

能力面は第5世代の中ではわりとバランスがよく、中でも特攻が最も高い。
だがこのポケモン、535もの合計種族値をほぼ均等、かつ一歩足りない感じに割り振ったために、目立った長所がないという、とんでもない無駄配分となっている。
その最たるものが80族のトゲキッスカイリューをギリギリで抜けない79という素早さであろう。
全体で見るとHPを極力低く抑えつつ防御特防に配分という段階ですでに無駄が多いのだが、ほぼ使わない攻撃を限界まで高めつつ特攻は前作のグレイシアに全く及ばない程度に止まり素早さをマンムー以下に抑えたある意味芸術的なまでの無駄遣い……というか悪意が込められているという悪い部分が有名なポケモン。
トレーナー達の会話で「ポケモンは種族値合計で決まらない」というのを示す際にまず必ず最初に名前が挙がるのがこのポケモン。それくらい悪い意味で有名で悲しみを背負ってしまっている。

また、単色の氷という厳しいタイプと技バリエーションの少なさも問題である。
バイバニラに限らず基本的にこの手の無機物モチーフのポケモン全般に言えるのだが、手は極めて小さく足や尾、牙等が無いのでを使う技や体の部位を使う技の全般が覚えることができない。ポケモンの攻撃技は体当たり系か放射系以外は何かしらの部位を使うものがほとんどなため、頭と手しかない時点で技レパートリーは新技頼みというのが絶望的な点の一つ。
95と無駄に高い攻撃力を生かせそうな技はこおりのつぶてや弱体化しただいばくはつつららばりしかない。
特殊技の方も主力となる氷技の他に使えそうなものはラスターカノンみずのはどうめざめるパワーミラーコートぐらい。
幸いにも耐久はそこそこあるのでミラーコートは使いやすいが、その他の技では水や鋼に止まりやすい(一応めざパで攻撃することは可能だが、大抵倒すには至らない)。
しかし、ボディパージちょうはつ、どくどく、とけるなどの補助技はそれなりにあるのうまく使えば立ち直れる。そこ、氷で補助技やってる暇が無いとか言わない。
一応固有の個性として、氷タイプ最強のウェザーボール使いである。ならふぶきでいいのでに組み込むことになるのだが……。
どちらにせよ使い辛いポケモンであることに変わりはない。ようするにバイバニラは上級者向けのポケモンである。

ポケモンXYでは新技フリーズドライを習得。水タイプへの打点となり、現時点ではフリーズドライを最大威力で使えるポケモンとなった。

また第7世代では第2特性に「ゆきふらし」が追加された
「ブリザードポケモン」の肩書き、さらに図鑑解説に「猛吹雪を起こす」とあったので唐突な追加という感じはなく、むしろ元々の設定に準拠したといったところなのでまったく違和感がない
同特性の中では最も特攻が高いので必中ふぶきの威力は目をみはるものがあるが、高い素早さのアローラキュウコンや、優秀な耐性を持ち技も豊富なユキノオーの存在を考えると手放しに喜べるわけではない(一応こちらはだいばくはつによる退場が可能であるが…)。
またフリーズドライを扱えるのはアローラキュウコンも同じだが、特攻種族値の関係上あちらは威力が出しにくく、その点においてはバイバニラに分があるだろう。
ただ習得技の微妙さは相変わらず改善されておらず、おまけにオーロラベールは習得不可ときた。その為相変わらずこおり技が通らなくなるだけで一気に厳しくなる。
守りの面では4倍弱点を持たない。これは地味に「ゆきふらし」持ち最終形態では唯一(他にアローラロコンのみ)となる。弱点が多いことに変わりはないが。

ちなみにゆきふらしの追加ばかりが注目されがちだが、「くだけるよろい」の素早さ上昇が1.5倍から2倍に変更されているのも無視できない強化点である。

まだまだ使いやすいポケモンとは呼べないのが現実だが、登場当初と比べれば見違えるほどの性能となっていることは確実だろう。

なお、ペリッパーには特性を潰せる、フリーズドライで4倍ダメージとメタレベルで強い。

シナリオにおいてはレベルアップが遅い・進化も遅い、覚える技もほぼ氷技オンリーなので戦力としては微妙といったところ。
反面、何気にNアデクといったチャンピオンクラスのトレーナーに愛用されている。

独特な愛らしさからイラストの数も多いが、擬人化の際は形状ゆえ一卵性双生児で描かれるほか、所謂結合双生児として描かれているものも多いので、閲覧の際には気をつけることをお勧めする。

使用するトレーナー

N vs アデク



関連イラスト

バイバニラかわいい
31バニリッチクリーム



関連記事

ポケモン一覧 ポケモンBW 三倍アイスクリーム
バニプッチ バニリッチ
ペロリーム(見た目がお菓子仲間)
ユキノオー アマルルガ アローラキュウコン
ダブルソーダ

第7世代で天候特性が追加されたポケモン
コータスひでり
ペリッパーあめふらし
ギガイアスすなおこし

pixivに投稿された作品 pixivで「バイバニラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663261

コメント