ピクシブ百科事典

ボディパージ

ぼでぃぱーじ

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
タイプはがね 
ぶんるい変化
めいちゅう100
PP15
範囲自分
効果自分の素早さを2段階上げる。
使用ポケモンの重さが100kg減る。
英語名Autotomize


概要

第5世代から存在する技。
自らの身体のいらない部分を削り取って素早さを上げる技。
主に無機物のような特徴を持つポケモンが覚えられる。

素早さを2段階上げる技にはこうそくいどうロックカットがあるが、身を削るのは伊達ではなく使用する毎に重さが100kg減る効果がある。
……と言う事はそのいらない部分だけで100kgある、と言う事なのだろうか……。
ちなみに重さが100kgを下回っていても技は成功し、しっかり100kg減る。
但し内部計算の都合上、体重は0.1kg以下にはならない。つか、なったら怖い。

重さを落とす、と言う事でけたぐりくさむすび対策も兼ねた素早さ強化技である。
…と言いたいところだが、以下のような理由で習得者とニーズが噛み合っていない。

ゴローニャボスゴドラハガネールは重すぎて1回使用しただけではけたぐりくさむすびの威力はまず下がらない。
ちなみにゴローニャとボスゴドラは2回、ハガネールに至っては3回使ってやっと威力が落ちる。
メガハガネールにもなると3回使っても威力MAXなので最早こちらである理由がない。
ゴローニャはふいうちと両立不可と言う問題もあるが、第7世代現在レートで使えないのでそちらに関してはあまり問題ではない。
ギガイアスは1回目の時点で上記の技の威力が下がり始める。
ただ、素の素早さがたった25しかない為1回使うだけでは100族をギリギリ抜ける程度にしかならない。しかも嫌らしいことに最速ガブリアスにギリギリ1届かない
ネクロズマツンデツンデロックカットがある為こちらの技を使う意義が殆ど無い。しかもウルトラネクロズマとツンデツンデに至っては素早さがそれぞれ極端な為そもそも素早さを上げる必要性が無い

一方で、軽いポケモンにも少々問題がある。
ギギギアルメテノには他に素早さを上げる優秀な手段がありそもそも採用されない
エアームドジャラランガも体重を下げる利点は少なく、同様の効果を持つ技で十分
フォレトスはタイプ一致技としてヘビーボンバージャイロボールを採用する事が多く、体重減少と素早さ上昇の利点に噛み合わない。
ギルガルドの場合素早さが上がってしまう都合上、特性バトルスイッチを活かす戦法とはあまりにも噛み合っていない(ただしそのメジャーすぎる戦術の裏を掻いて終始ブレードフォルムのまま全抜きするという奇襲型はあったりする。その際、ロックカットは覚えないためボディパージを選択せざるを得ない)。
バイバニラは他に素早さ系の積み技を覚えないものの、第7世代でくだけるよろいが素早さ2段階上昇に強化された為こちらを採用するケースは減っている(ただしゆきふらしを採用する場合にはこちらを選択するケースもたまに見かける)。

その為、確実にこの技を採用するのは現状素が尋常ではなく重いテッカグヤ位しかいない。
100kg減った程度では環境上位にいるポケモンへのダメージが落ちない点が大きい。
体重を下げる都合上、ヘビーボンバーとは攻めの面でも受けの面でも相性が悪い。
……テッカグヤは重すぎるので1回程度ではそこまで変わらないが。


pixivではからをやぶる同様、身体のパーツの一部を解放したようなイラストが多い。
※当然イーブイは覚えません。

/     \




関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
はがねタイプ ロックカット からをやぶる
他重さに関連する技
けたぐり くさむすび ヘビーボンバー ヒートスタンプ

キャストオフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ボディパージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43267

コメント