ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ハガネール

はがねーる

ハガネールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するはがねタイプのキャラクター(モンスター)。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0208
ジョウト図鑑No.063
シンオウ図鑑No.035
イッシュ図鑑No.072
コーストカロス図鑑No.054
ガラル図鑑No.179
ヒスイ図鑑No.119
ローマ字表記Haganeil
ぶんるいてつへびポケモン
タイプはがね /じめん
たかさ9.2m
おもさ400.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性いしあたま/がんじょう/ちからずく(隠れ特性)
タマゴグループこうぶつ

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ハガネール鋼+tail(英語で尻尾)
英語・スペイン語・フランス語・イタリア語Steelixsteel(鋼)+helix(螺旋)
ドイツ語StahlosStahl(鋼鉄)+Koloss(巨像)
韓国語강철톤강철(gangcheol、鋼鉄)+stone(英語で石)
中国語(簡体字)大钢蛇大的(dàde、大きい)+钢(gāng、鋼)+蛇(shé)
中国語(繁体字)大鋼蛇大的(dàde、大きい)+鋼(gāng)+蛇(shé)
ヒンズー語स्टीलिक्स英語名の音写
ロシア語Стиликс英語名の音写
タイ語ฮากาเนล日本語名の音写

進化

鉄蛇岩蛇メガハガネール

イワークハガネール(メタルコートを持たせて通信交換(『Pokémon LEGENDS アルセウス』では使う)) → メガハガネール(メガシンカ、ハガネールナイト)


概要

ポケットモンスター 金・銀』にて初登場したイワークの進化系。

100年以上生きたイワークが土と一緒に食べ続けた鉱石の蓄積による突然変異を起こし、体の成分が強固なに変化した。

ゲームではメタルコートを持たせて通信交換すると進化するが、そちらは人為的な手段という事だろう。


進化した事でただでさえ巨大だった全身がさらに大きくなり、全ポケモンの中でも5本の指に入る大きさを誇る。というか当時は一番大きいポケモンだった。

特に頭部は全体的にはアンバランスな程大きくなり、鋭くなった眼光にしゃくれた大顎という非常にいかつい人相が目立つ。また角は無くなり、代わりに胴体から幾つかの突起が伸びるようになった。


生息域もイワークより深い地中となり、そこでの高い圧力と熱で鍛えられた身体はあるゆる金属よりも硬く、ダイヤモンドにも匹敵する程とされている。また全身には細かい鋼鉄の欠片が付いており、光を当てると煌びやかに反射するらしい。


また真っ暗な地中でも周りの様子を見通せる目を持っており、頑丈な下顎を使って岩石を噛み砕き、エサや住処を求め惑星の中心側へと掘り進んだ穴は、長さ1キロを超えることもしばしば。

全身金属の巨体にしては妙に軽いが、ポケモン界ではよくあること。


『金・銀』の発売前からイラストが公開されていたポケモンで、当時話題の新タイプであったはがねタイプ」の代表的なポケモンとして今も認知されている。

若干極端だが、そこそこのHPと攻撃、圧倒的に高い防御力、低い特攻・特防・ひときわ壊滅的な素早さ、とはがねタイプの標準的なステータスをしており、同じはがねタイプの物理アタッカーは概ねこんな感じのポケモンが多い。


当時は進化アイテムの「メタルコート」が1つしか貰えず、複数入手するには野生のコイルが持っているものを奪うしかなかった。

そのため、同じ進化条件を持つハッサムと選択して、どちらのポケモンが欲しいか迷ったプレイヤーも多かったはず。

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』では野生でも出現するようになったが、捕獲率はかなり低いので根気が必要となる。


名前の由来は恐らく「ハガネ(鋼)+テール(尻尾)」からと思われるが、「鋼+得る」や「鋼+スチール」、「鋼+歯が出る」という説もある。

また上下の歯が互い違いに生えていて口を開けると一部の歯が無いように見えるので「歯がねぇ」という意味もあるのかもしれない。当然歯がねーる(歯がない)ではないがダジャレを扱う漫画では頻繁にネタにされている。


雄雌の区別として、雄の方は下あごの牙が"2対"であり、雌の方が"1対"である。

ハガネール

色違いは全身が金色になり、非常に希少価値が高そうである。通称コガネール。


ゲームでの特徴

イワークにメタルコートを持たせて通信交換すると進化するが、同じ進化条件のハッサムより先に野生で出現している。


『金・銀・クリスタルバージョン』及び『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』では、アサギジムリーダー・ミカンが切り札として使用。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』と『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』ではポケモンコンテストでもハガネールで出場している。


『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではなんとミカンとの交換で手に入る。交換するポケモンは任意なので、適当なポケモンを渡そう。

性別は♂で性格はゆうかん、ニックネームは「ネール」。ゆうかんは攻撃上昇、素早さ低下の性格だが、コイツの素早さは完全に終わっている(種族値30)のでさほど気にはならないだろう。また「やすらぎのすず」も持たせてあり、ミカンのポケモンを大切にする気持ちが分かる。純粋になつき度上げに役立つのでハガネールが欲しくなくともこのゲーム内交換を価値はある。


また、シンオウ地方・ミオジムリーダーのトウガン(はがね使い)、四天王オーバ(ほのお使い)の手持ちでも登場。

シンオウ地方は他の地域よりもほのおポケモンが少なく、ダイヤモンド・パールではほのおタイプポニータ&ギャロップとヒコザル系の2系統しかいない。そのためオーバの手持ちはハガネール・ギャロップ・ゴウカザル・ミミロップフワライドととてもエキスパートとは思えない構成になっており、ハガネールが「にほんばれ」と「ほのおのキバ」、ミミロップは「ほのおのパンチ」、フワライドは「おにび」…とけっこう無理やり代用していた(『プラチナ』ではシンオウ図鑑が変更されブースターヘルガーブーバーンが加わったのでちゃんとほのお統一になった)。

なお、彼の先祖と思われるペリーラの手持ちにもハガネールがいたりする。


『ダイヤモンド・パール』ではこうてつじまチャンピオンロード、『プラチナ』を除いてキッサキ神殿に出現。『Pokémon LEGENDS アルセウス』ではカミナギ山道に出現する。


『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではシロガネ山断崖の洞窟に出現する。


ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』では、ネジ山ヤーコンロード内で発生する砂埃から出現。無印では出ないので注意。


ポケットモンスター X・Y』ではラブカスとの交換でニックネームが「カッチ」という♀で性格わんぱくの個体が入手できる。


ポケットモンスター ソード・シールド』では、ワイルドエリアでレベル50でシンボルエンカウントする。発売前のPVでも映っていたが、浮遊していた事に驚いた人もいるはず。


ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』では未登場。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ハガネール7585200556530510
イワーク3545160304570385
比較+40+40+40+25+20-40+125

  • 進化前のイワークの欠点であるHP・攻撃の低さはだいぶ改善されている。また元々高かった防御は異常な程高くなり、"全ポケモン中でも屈指の高さ"を誇る驚異の硬さを得た。※レジロックがタイで、こいつらを上回るのはツボツボ・メガボスゴドラ&メガハガネールの230、ツンデツンデの211。敵専用を含めれば、ムゲンダイナ(ムゲンダイマックス)の250が首位。

  • その反面イワークの売りであった素早さは急激に低下。いわタイプがはがねタイプに変化したことでイワーク時代よりも耐性は増えているが、ほのおにだけは弱くなってしまっている

  • よく「ポッポより攻撃力が低いイワーク」と言われてしまうが、ハガネールの攻撃力もドータクンより若干低かったりする。むしろドータクンがあの見た目で結構攻撃力があると言うべきか。元々スペックが良くないイワークの強み(?)である素早さを下げてまで、足りない能力を無理矢理引き上げた弊害と言えるだろう。バランス調整とはげに恐ろしきものかな。耐久型の相手にも先手を取られ「おにび」で機能停止させられてしまう事が多い。



  • 素早さが非常に遅いので「トリックルーム」を使用したパーティーとは相性が良いが、進化前からは上がっているとはいえ素の火力が余り高くないので採用は余りされない。



  • 弱点としてはやはり特殊耐久。また、弱点にメジャー処が多い為その高い物理耐久も活かしづらいのが悩み。まあ、防御の種族値が無駄に高い為、HPにしっかり努力値を振ってやれば並の不一致弱点の物理攻撃位なら確3に抑える事は無理はないのだが。

メガハガネールワンドロ


  • 『金・銀』と『ルビー・サファイア』の頃はその優良耐性と桁外れの物理耐久を活かして一定数利用された。00カップ決勝大会進出者11人中1人が使用。『ルビー・サファイア』当時のダブルバトルでは「じしん」が抜群で入ることからあまり使われなかったが、シングルバトルではカビゴン、メタグロス、サンダーに強い枠として重宝された。これらの世代では凶悪な火力であった「だいばくはつ」で爆破処理する型も多く、普段は非力なハガネールもこれを使えば火力には困らなかった。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:『ポケモンスタジアム金銀』での手持ち

※2:『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』の再戦時


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモンGO

ポケモンGO ジョウト91匹ゲット!

最大CP2729、SCP3084

ハイパーリーグ最大SCP2906(相棒2915)

スーパーリーグ最大SCP1752


  • イワークにアメ50個とメタルコートを使って進化させることでのみ入手が可能で(そのためなのか、イワークは実装当初からかなり低めのCP値に調整されていた)野生での個体は一切確認されていない(いたとしても超低確率でしか出現しないと思われる。ただし、一時期アプリの起動画面が地中からトレーナーに襲い掛かる野生のハガネールになっていたことがある)。

  • 進化元のイワーク自体が巣に赴かない限りまずお目にかかれないレアモンスターであること、イワークの捕獲成功率がかなり低めに設定されていること、同作では進化アイテムが入手しづらいこと等もあり、入手・強化難易度は高い。メタルコート自体も、他にストライクハッサムの進化に必要となり、あちらも非常に強力なポケモンなので、どちらに使うか悩みどころである。

  • 色違い、シャドウ個体が実装済み。色違いのシャドウは未実装。

  • 防御は非常に高いが、攻撃力のがイマイチなのも原典から受け継いでしまっている。ジムバトルやレイドバトルでの活躍は見込めない。

  • その圧倒的な防御力からGOバトルリーグでは活躍することが出来る。鋼タイプ故に耐性が多いが、メジャーなポケモンには弱点を突いてくる者が多いことと、複合タイプがガラルマッギョと被る点が難点ではある。
    • 通常技は、「アイアンテール」、「ドラゴンテール」、「かみなりのキバ」を覚える。タイプ不一致ではあるものの威力とエネルギー回収率の両方が優秀な「ドラゴンテール」を採用する人が多い。
    • ゲージ技は、確定で相手の防御を下げる「サイコファング」、連射可能で威力も悪くなく30%の確率で相手の防御を下げる「かみくだく」、高威力の優秀な地面技「じしん」、鋼技の「ベビーボンバー」を覚える。シャドウなら「やつあたり」、リトレーンすれば「おんがえし」も覚える。
    • 「冒険の日々」シーズンより、PvPでは屈指の最強技といわれる「ワイドブレイカー」を習得。ハガネールの高耐久と相手の攻撃確定デバフの相性がよく、スーパーリーグとハイパーリーグで一気に環境トップクラスに。

  • ちなみにジムにハガネールがいる場合、タップ時に表示される画面でどこぞのヤシの木のように頭が見切れてしまっている。

  • 2021年12月にメガシンカ実装。

ポケモンレンジャー

  • 初代ポケモンレンジャーにてパヌラのどうくつのボスとして登場。作中屈指のトラウマ要素の一つ。
  • 通常はキャプチャディスクにポケモンが触れてもキャプチャ・ラインが途切れるだけで済むが、このハガネールはボディそのものが攻撃手段である為、触れれば大ダメージを受けてしまう。

  • 更にゲージを貯めればキャプチャ完了となる後続作品とは異なり、初代ポケモンレンジャーは指定回数囲まなければキャプチャ完了にはならない。ハガネールは囲み回数が多すぎるのである。

  • おまけに巨体である為、大きく速く囲むのにもコツがいるという鬼畜仕様…なのだが、パヌラのどうくつでキャプチャできるチャーレムニューラニョロボンのポケアシストを使えば割と速くキャプチャできる。が、それでも油断するとやはりボディの餌食になる。

ポケモンマスターズ

  • ミカン&ハガネール
    • こちらでもミカンのバディで登場。はがねタイプのサポートで、バディーズわざ使用の際にメガシンカする。レアリティがEXになるとミカンがメガハガネールに合わせた灰・青・黒を基調としたカラーリングの衣装が追加される。
    • ぼうぎょ数値は327と全バディーズでもトップレベルに高く、味方全体のぼうぎょを上げられるどうぐ「ディフェンダーG」やハガネールの特性「がんじょう」を意識したパッシブスキル「無傷(登場)時こらえる」も持つため、相手の攻撃を受け続ける頼もしい壁となってくれる。
    • さらにバディストーンボードで獲得できるスキル「B技後HP回復2」で自身のHP回復も完備しているため、そう簡単には沈まない耐久力を活かして中・長期戦で活躍する。
    • ほかにも相手の技による攻撃を受けると確率で味方のバディーズわざ発動可能状態までのカウント(BC)を進める「被攻撃時BC加速1」やバディーズわざ後にわざゲージを回復する「B技後技ゲージ増加6」などといったボードスキルを獲得することもでき、ただ受けるだけでないサポートとしての仕事をこなせる。

Newポケモンスナップ

  • 各島におけるボス的扱いのイルミナポケモンの一匹として登場。長らく図鑑説明の情報でしかなかった地下に掘ったトンネルの中で暮らすという生態がついに公式で描写された。



アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

公式のバトルでサトシのライバルとして登場する個体は最低でもサトシのポケモンに1勝する等優遇されている。


〈レギュラーの手持ち〉

固い意思を持つ男

タケシのイワークが進化したもの。ジムを留守にしている間に弟のジロウが進化させていた。

詳細は当記事にて


〈ゲストなど〉

  • ミカンのハガネール
    • ポケットモンスター』第224話(金銀編第108話)のサトシとのジム戦で切り札で登場。コイルとの戦闘で消耗していたうえに相性的にも不利となっていたサトシのピカチュウを倒す。続くヒノアラシとのバトルでは「すなあらし」「あなをほる」で仕掛けてくるが、「かえんほうしゃ」を「すなあらし」で防御し続けた事ですなあらしが炎の渦となって襲い、力尽きて敗北した。

  • ハヅキのハガネール
    • 『ポケットモンスター』第271話(金銀編155話)、シロガネリーグでサトシのヨルノズクと対戦。ヨルノズクの「ねんりき」を食らうも「すなあらし」でかく乱して「あなをほる」「アイアンテール」と威力の高い技でヨルノズクを倒す。カビゴン相手に「しめつける」攻撃で動きを封じるがカビゴンの「れいとうパンチ」でしめつけ攻撃を解かれ、「はかいこうせん」を食らって倒れる。

  • マサムネのハガネール
    • サイユウリーグ・決勝トーナメント2回戦におけるサトシ戦にて4番手で登場。体力と体格差でサトシのピカチュウに勝利。続くコータス相手に「あなをほる」でコータスの足元を崩し、「りゅうのいぶき」でコータスを倒し連勝。しかし、ジュプトル相手には高いスピードで攻撃が当たらず、「リーフブレード」を食らって倒れた。

  • ダイヤモンド&パール第23話
    • ビッパの村近くの地面の中で寝ていた野生の個体でロケット団が落とし穴を掘った際にスコップが頭に突き刺さり、痛さと怒りで凶暴化しロケット団を追いかけ始める。
    • サトシ達を巻き込んでビッパの村まで押し寄せ、村の入り口の岩山を崩し始める。サトシ達が作ったバリケードもパワーで破って村に入ってしまう。
    • 村の中にある溝にサトシ達に誘われて落ち気絶するが、ロケット団のせいで目を覚まし再び暴れだしてしまう。
    • サトシのムクバードナエトル・ピカチュウに勇気を出したビッパ達の連係プレイで頭のスコップが取れ、ハガネールは正気に戻り帰っていった。

  • トウガンのハガネール
    • 『ダイヤモンド&パール』第108話にて、ジム戦2体目で登場。「いやなおと」でサトシのブイゼルの「みずでっぽう」を消し去り、動きが止まった所を「しめつける」攻撃で絞めつけ、そこから「アイアンテール」を食らわせてブイゼルを倒す。
    • 続くヒコザルドーミラー戦で消耗していた事で有利に…かと思いきや、「あなをほる」でヒコザルが掘った穴がハガネールの重さに耐え切れずに崩壊。体勢が崩されてしまい「かえんぐるま」を顔面に受けた事で敗北。

  • 『ダイヤモンド&パール』第110・111話
    • こうてつじまに棲む野生のポケモン。ギンガ団の仕業で発生した特殊な低周波により暴れ出し、サトシやロケット団に襲いかかる。その後、今度は穴に落ちたヒカリやロケット団を襲うがゲンの波導の力に食い止められ、サトシ達がギンガ団が設置した機械を破壊した事で正気に戻った。



その他


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 3章でミカンの切り札のポケモンで登場。ジムリーダー対抗戦で戦ったタケシは当初「変種のイワーク」と思いこんでいたり観客が騒然となっていた為、3章時点では珍しいポケモンである事がうかがえる(作中でオーキド博士がアナウンスで解説している)。
  • 5章ではロケット団三獣士・チャクラのポケモンで登場。

余談

  • ニコニコ動画では若本のニックネームで有名。若本の名を付けた某氏はハガネールに「このゴツイ顔は若本の名前が合いそうだ」と思いこのNNをつけたらしい。また、その人相(?)や巨体、締め付け系の技を得意とすることから、どうしてもアニメでは悪役ポジが多く、一部のファンはそれを嘆いている。同じ悪役面の同タイプは味方側のポケモンとして大活躍したというのに。
    • さらに、動画内では編集によりハガネールの一挙一動にあわせて若本ボイスを入れるという拘りっぷり。これによりハガネールを見るたびに若本ボイスが脳内再生される視聴者が後を絶たない。
    • なお、実際にハガネールに氏の声が充てられたことはないが、ポケモンカードゲームのCM、それもよりによってハガネールの構築済みデッキで若本氏がナレーターを務めた為、話題になった。

関連イラスト

温度ハガネール

やせいのハガネールがあらわれた無題


関連タグ

ポケットモンスター ポケットモンスター 金・銀

ポケモン一覧 はがねタイプ じめんタイプ

イワーク


0207.グライガー0208.ハガネール(メガハガネール)→0209.ブルー


同複合タイプ


関連ポケモン等



その他

関連記事

親記事

イワーク いわーく

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2387981

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました