ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ここで 勝てると 思って 油断しない ことですよ」


概要

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場するキャラクター。

名前の由来は恐らく「菊」。

シンオウ地方ポケモンリーグ四天王の一人で、2番目に戦うこととなる。

じめんタイプの使い手。


穏やかな性格の気品あふれる老婦人。

容姿はカントーの四天王キクコにそっくりで名前もよく似ているが、現時点で関係は不明。

ブラック2・ホワイト2」では、両者がイッシュリーグに挑戦したことがシキミの小説で明かされた。また、「LEGENDSアルセウス」では、彼女たちの祖先と思われるオマツが登場している(手持ちポケモンもサイホーンゲンガーという、両者の手持ちを意識したものとなっている)。


使用ポケモン

『ダイヤモンド・パール』ではいわタイプのウソッキーが使用されているが、『プラチナ』では5匹全てがじめんタイプとなっている。


ダイヤモンド・パール&BDSP(初戦)


プラチナ(強化後も同じ)&BDSP(2戦目)


BDSP(3戦目以降)


BDSP(バトルタワー・ダブル)

1戦目


チーム2

  • カバルドン
  • ドサイドン

チーム3


対策

BDSP

初手からどくどくじこさいせい持ちのヌオーが登場し、実際のランクマッチでも見られるガチ仕様に変化。

同タイプを持つナマズンはリンドのみをもちものにしているので、弱点であるくさタイプで攻撃したら耐えられ、その結果、れいとうビームで逆に弱点を突かれて落とされるというカウンター戦法を使う。中でもドダイトスは4倍弱点になるので、ここで一気に不利になる可能性もある。

いしあたまもろはのずつきすてみタックルを繰り出すウソッキーやがんじょうからのかいふくのくすりでループを作るゴローニャも中々に手強い。だいばくはつがないのが唯一の救いである。

初戦・切り札のカバルドンはカゴのみねむるの組み合わせで長期戦に持ち込まれやすい。すなおこしで必ず砂嵐が吹くので、こちらだけ一方的にダメージが重なることになり、いつの間にかじしんの射程圏内に入っているということもあるだろう。もちろんこおりのキバでくさタイプ対策も完璧である。

強化後はプラチナベースということで、ドサイドンが切り札に。原作ではひらいしんという全く使えなかった特性だったが、ここではついにハードロックとなった。ちからのハチマキ込みでの草対策水対策もバッチリだ。

他媒体

アニメ版

CV:松岡洋子


高齢ながらバギーを乗り回す豪胆さと、あらゆる状況に対応する冷静さを持ち合わせる。観察力に優れ、身のこなしも軽い。四天王の肩書で呼ばれることは好まず、自分から身分を明かすことはせずに他者には「キックーノ」と名乗っている。しかし、タケシはシンオウ四天王の一人である事に気付いていたが、公言しない様に釘を刺されていた。


親戚に当たる少年であるヨーシチにポケモンの特訓をしていた。


自身のあらゆる物事を冷静に対応した上で、深く見極めるスタイルを、サトシとヒカリにバトルやコンテストを制するための「観察する力」として説く。


ポケモンマスターズ

CV:寺内よりえ


2022年5月に開催された「チャンピオンバトル」シンオウリーグにて登場。バディはガバルドン。


関連イラスト

さあお行きなさいPt別荘日記:さあ、次のコをお出しなさい


関連タグ

四天王(シンオウ)

リョウ オーバ ゴヨウ

シロナ キクコ


他のじめんタイプの使い手

サカキ ヤーコン ハプウ チリ(トレーナー)

関連記事

親記事

四天王(シンオウ) しんおうのしてんのう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509580

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました