ピクシブ百科事典

ウソッキー

うそっきー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.185
英語名Sudowoodo
ぶんるいまねポケモン
タイプいわ
たかさ1.2m
おもさ38.0kg
とくせいいしあたま / がんじょう / びびり(隠れ特性)


進化

うそうそ親子


ウソハチウソッキー(「ものまね」を覚えさせてレベルアップ)

概要

「ポケモン金銀」から登場した、第二世代を代表するポケモンの一匹。
樹木のようなくさタイプにしか見えない姿をしており、腰を曲げ両手の先に葉のようなものを持つ外観はの木を彷彿とさせる。

しかしタイプを確認すると判るとおり「いわタイプ」であり、身体の造りは石や岩などの鉱物に近い。名前の由来も「嘘つき」と「嘘の木」のダブルネーミングからと思われる。
いわタイプの中でも水気を特に嫌っており、雨になると忽然と姿を消す。この様な姿を取っているのも苦手なみずタイプの攻撃を受けない様にする為である。
くさタイプと見せかけてのいわタイプというのはなかなか巧妙で、それぞれのメジャーな弱点であるほのおひこうに耐性を持ち、みず・くさ・じめんを弱点としているため初見のトレーナーはほぼ騙される。

普段は敵に襲われないようにただののふりをしている。擬態を行うポケモンは他にも存在するが、道のど真ん中に立っていても街の人々が気付かなかった所を見る限り、その木を真似る能力は他のポケモンとは一線を画すという事なのであろうか。
ただし両手の先は一年中緑色なので秋や冬などは正体がばれやすく、熱帯の植生ばかりなアローラ地方では人間にも見破られる事が多い。

また、同じポーズをとり続けるうちに鍛えられた腕はしなやかながらも逞しいもので、一部のお年寄りには盆栽のような人気を博しているらしい。


初登場の金銀クリスタルHGSSでは、36番道路の道を塞いでいるおかしな木に「ゼニガメじょうろ」で水をかけると、正体を現し戦いを挑める。レベルは20。
前作でいうカビゴンの枠であるが、カビゴンよりもレアであり、一体しか登場しない。
その為、うっかり倒したり逃げたりしてしまうとそのデータでは二度と捕獲できなくなってしまう。当時はGTSが存在しないため、何気に面倒な仕様である。VC版プレイ時は気をつけよう。

エメラルドでは、アトリエの穴に続く道を塞いでいる木に「ホエルコじょうろ」で水をかけることでバトルになる。レベルは40。
固定シンボルとして登場するのはこのエメラルドまでで、第4世代のDPtからはくさむらから出現する通常ポケモン扱いとなった。

蠢く森の


XYではオーロットの群れに混じって出現することがある。
ただの木だけでは飽き足らず、木のポケモンにまで擬態するつもりなのだろう。また、オーロットとウソッキーはそのタイプ上互いの相性を補完し合っているため、共生関係にあるのではないかという説もある。(ウソッキーの弱点5つのうちオーロットは4つを半減でき、オーロットの弱点5つのうちウソッキーは2つを半減できる。)

ゲームでの性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ
70100115306530


典型的な鈍足物理アタッカー。
種族値合計が410とかなり低め(ポニータと同じ)に設定されているものの、配分に無駄が少ないため、決して弱くない。
極端に低い30という素早さはむしろトリックルームなどで活かせるため、パーティによっては利点となることもある。
後述の技バリエーションの豊富さと前述の無駄の少なさゆえに、比較対象として種族値上では勝っているはずのギガイアスの方こそ、ウソッキーに比べて技バリエーションが少ないがゆえに「ウソッキーとどう差別化するか」が問われていたとか。(現在ではギガイアスはすなおこしだいばくはつを両立できるポケモンとして活躍している。)

特性は「いしあたま」と「がんじょう」。
どちらも有用性が高い上にウソッキーの戦術とは噛み合っている。またいわタイプにしてはかなり軽量で「けたぐり」には強いが、反面「ヘビーボンバー」には弱い。

剽軽な見た目とは裏腹に技のバリエーションはかなり豊富。一致の岩技はもちろんの事、じしんふいうちアームハンマーや三色パンチ等さまざまなタイプの技を覚える。思いもよらない技が飛び出してくるあたり性能的にも相手を欺くつもりでいるらしい。
なお、木の模倣をしているからなのか、この名前であるにも関わらず、草タイプ上位技の「ウッドハンマー」も覚える。しかも無反動でウッドハンマーを使えるのは全ポケモン中ウソッキーのみ
嘘が嘘でなくなってる気がするが…
この技の豊富さに加え、全体的に習得技の威力に恵まれているので、可愛いルックスの割に攻撃性能はなかなかに高い。ウソッキーに種族値で勝る他のいわタイプと比較しても劣るということはない。


第7世代で新たに「もろはのずつき」を習得と嬉しい強化をもらうことに。もちろん特性が「いしあたま」なら無反動で撃てる
また同世代においては反動技をZ技化することで1度だけ反動を踏み倒すことができ、いしあたま型のみならず「Zもろは+がんじょう」型も誕生した。

第8世代では「ロックブラスト」と「ボディプレス」を習得。タスキやみがわりに対して強くなったほか、自身の防御の高さを鋼対策として活かすことが可能になった。


ポケモンGO

原作通りではあるが、とにかく捕まえづらい。
ゲットできる確率を示すサークルが真っ赤(=非常に低い)なのは日常茶飯。
出現率の割に捕まえづらいことがよく話題になるヤミカラスが良心的に見えるほど。

ただし、他のタイプと比べてなかなか出会えないいわタイプのポケモンなので
ボールが余っていれば、メダル獲得を狙って捕まえてみるのも良いだろう。

なお、ゲットする際に暴れている時のモーションがかわいい。

ウソッキーの例のポーズ



アニメのウソッキー

タケシのウソッキー

自然色


CV: 阪口大助

DP編14話にて、タケシのウソハチが進化した。進化前の泣き虫が改善され、ボールから出るとタケシに敬礼するのがお約束となる。
特性は「いしあたま」。「アームハンマー」や「すてみタックル」などを覚えている。

関連イラスト

桜
ウソッキー


ポケットローゼン
【100人100匹】ウソッキー



関連タグ

ポケットモンスター くさタイプ(嘘) いわタイプ(真)

関連記事

親記事

ウソハチ うそはち

pixivに投稿された作品 pixivで「ウソッキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 782006

コメント