ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

○○は トリックルームを つかった!


歪んでいます…!おかしい…!何かが…!百科事典の…!

関連タグ

ポケモン わざ わざマシン一覧 グリーン(ポケモン)

マジックルーム ワンダールーム

逆転 あべこべ

あまのじゃく……「上昇と下降が逆転する」という似た性質を持つ特性


余談

実際に内部データで単純に遅いポケモンから動かしているわけでなく、トリックルーム下では(10000-素早さ)÷8192の余りを素早さにしている

例えば素早さ200(130族のLv50における最速値)ならば、(10000-200)÷8192=1余り1608であり、1608がそのポケモンの素早さとして扱われる。

しかし、ただでさえ速いポケモンが素早さをブーストしまくり、素早さ実値が1809になるとトリックルーム下でも先手を取れてしまう。

なお、この数値を越えると割る処理が行われなくなるため、再び行動順が遅くなる処理となっていく。


Lv100の場合、素早さ6段階上昇の最速デオキシススピードフォルムやレジエレキがこの条件を満たすことができ、トリックルーム下でも遅いポケモンに先手を取れる。

一般的な対戦ルールで採用されるLv50では更に条件が厳しくなるが、デオキシスなどの素早さを6段階上げた上ですいすい等の特性を持たせ発動させることで1809を超える(255×4×2=2040)ことができてしまう。


歪んだ時空で遅くなるどころか更なる速さを獲得してしまう……本当に摩訶不思議な空間である。


アニメでのトリックルーム

その特殊な効果からか、あるいはアニメでの描写での難しさゆえか、アニメで使ったポケモンはシンオウリーグにおけるコウヘイのヨノワールと、クノエジムリーダーであるマーシュシュシュプの2匹のみ。

描写はそれぞれ異なるが、半透明の箱のような空間ができるのが特徴。

相手の技に直接かみつく、「トリックルーム」の効果が消えるまで耐える、相手の力を利用して「トリックルーム」そのものを壊すといった戦法でいずれもサトシが勝利しているが、どのケースでも「トリックルーム」の戦法自体にはかなりの苦戦を強いられており、スピード重視のポケモンが多いサトシにとって相性が悪いのは間違いない技である。


外伝作品でのトリックルーム

ポケダンでは先手後手の概念が存在しないため、同技初登場の『探検』シリーズにおいてどのように導入するか注目が集まったが、「フロア中のポケモンの移動速度をランダムで上下させる」という技に落ち着いた。

マグナゲート』以降では「倍速が鈍足に、鈍足が倍速になる」という効果に変更された。

言うまでもなく使い所が難しい技で、わざわざ覚えさせるメリットも特にない。強いて言えばのろいと両立できるヤドン系列に限り、自ら移動速度を上げる手段として用いることが可能になる。


概要

第4世代から登場した変化技。トリルと略す人が多い。

5ターンの間、時空を歪めた特殊な空間を作り出し、「すばやさ」の遅い順に行動できるというかなり特殊な技。

トリックルームで暴走するナットレイトリックルーム使われて全てを諦めたカマスジョー

つまりこういうことである。


わざマシンなので習得者は多いが、エスパータイプを中心にポリゴンZパッチールなど不規則感溢れるポケモンが覚える傾向にある。

くうかんポケモンであるパルキアも勿論覚えられる。

ちみっこパルキア


5ターンとあるが、その中には技を発動したターンも含まれるため効果があるのは実質4ターンである。ただしバトルルーレットにて「トリックルーム」の効果が選ばれた場合に限り5ターン持続する。

加えて、「トリックルーム」を使用したポケモンが退場する必要がある場合、実質的に効果があるターンは3ターンになってしまう。


「すばやさ」が低く、他の能力が高いポケモンを主軸にする場合によく使われる(通称トリパ)。

詳しい構築や戦術などはそちらの方を参照されたい。


相手の「おいかぜ」や「こごえるかぜ」などの素早さ操作技を逆手に取ることができるため、効果自体はこれらの中では頭一つ抜けている。


しかし、この戦局を変えるほどの絶大な効果を持つ技にも、非常に大きな弱点がある。

何とこの技、優先度-7と最も優先度が低いので、「トリックルーム」を必ずターンの最後に出すことになるのだ。

発動前に「ねこだまし」や「ちょうはつ」を食らったり、「ねむり」状態、「こおり」状態になったり、相手の技でひるんだりしたら失敗してしまう。

何と後攻技として有名なほえる」「ふきとばし」よりも遅いので、対策に仕込まれていることもある。

使う場合はこの弱点をどう対策するか、使われる場合はこの弱点をどう突くかが課題となる。

第9世代にて初登場したリククラゲは補助技を使う際に同優先度間では必ず後攻になってしまう代わりにかたやぶり効果を得る特性を持つので、特性で守っているポケモンにトリックルームを使わせても平気で眠らされて阻止させられてしまう。


なお、「トリックルーム」の効果がある時にもう1度「トリックルーム」を使うと元に戻る、という天候やフィールドなどには無い特徴を持つ。相手のトリックルームに対するカウンターとして使われることがあるほか、ダブルバトルトリプルバトルでは効果中に2体同時にトリックルームを使うことで疑似的にターン数を延長する使い方がされることもある。


なお、トリックルーム状態で技自体に存在する優先度は変更されないので、先制技の順番を遅らせることはできないファイアローゴリランダーいたずらごころ持ち等の先制技は効果中でも先制するので注意。

また、あくまで行動する順番を変えているだけであり、すばやさそのものが変わるわけではない。「ジャイロボール」等の自身と相手のすばやさの差によって威力が変動する技も普段通りの感覚で使える。

逆に言うと相手にエレキボールを使われたら大ダメージがそのまま直撃する事になってしまうので注意。


なお、第9世代現在ではでんきタイプでトリックルームを習得できるポケモンがいないため、俗に言う「タイプ統一パーティ」においてでんきタイプを主軸にしている場合、トリックルームを用いた戦法を意図的に行えない(相手がトリックルームを使ってくるしかない)。

該当するタイプで鈍足のポケモンであるデンリュウクワガノン(クワガノンはむし統一パーティーの方であればイオルブなどがいる)などを運用する際には注意。

またたとえ使えたとしても『剣盾』以降ソフトによって出現しない場合が出てきたため要注意。


データ

初出第4世代
タイプエスパー
ぶんるい変化
めいちゅう100
PP5
直接×
範囲全員
効果5ターンの間、「すばやさ」が低いポケモンから攻撃できるようになる。『トリックルーム』の有効ターン中に同じ技を使われると元に戻る
備考優先度-7
わざマシン92(第4世代~)
英語名Trick Room

ゆがんだ じくうが もとに もどった!

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234080

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました