ピクシブ百科事典

トリックルーム

とりっくるーむ

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種。
目次[非表示]

ランクルスは 時空を ゆがめた!

関連タグ

ポケモン わざ わざマシン一覧 グリーン(ポケモン)
マジックルーム ワンダールーム

余談

ニコニコ大百科でも記事の構成はだいたい同じで、あちらでは今週のオススメ記事に選ばれている。

アニメでのトリックルーム

その特殊な効果からか、あるいはアニメでの描写での難しさゆえか、アニメで使ったポケモンはシンオウリーグにおけるコウヘイのヨノワールと、クノエジムリーダーであるマーシュシュシュプの2匹のみ。
描写はそれぞれ異なるが、半透明の箱のような空間ができるのが特徴。
相手の技に直接かみつく、「トリックルーム」の効果が消えるまで耐える、相手の力を利用して「トリックルーム」そのものを壊すといった戦法でいずれもサトシが勝利しているが、どのケースでも「トリックルーム」の戦法自体にはかなりの苦戦を強いられており、スピード重視のポケモンが多いサトシにとって相性が悪いのは間違いない技である。

概要

第4世代から登場したへんか技。トリルと略す人が多い。
5ターンの間、時空を歪めた特殊な空間を作り出し、「すばやさ」の遅い順に行動できるというかなり特殊な技。
5ターンとあるが、その中には技を発動したターンも含まれるため効果があるのは実質4ターンである。
加えて、「トリックルーム」を使用したポケモンが退場する必要がある場合、実質的に効果があるターンは3ターンになってしまう。

「すばやさ」が低く、他の能力が高いポケモンを主軸にする場合によく使われる(通称「トリパ」)。
このようなポケモンの大半は攻撃力、耐久共に高く、有効ターンが短いとはいえ、先手で動けるようになればかなり強力。
逆に「すばやさ」が高いポケモンは耐久が低い傾向にある為、「トリックルーム」の有効ターン中に戦わせてしまうのは自殺行為といえる。

シングルバトルでは有効ターンの短さからそこまで強力というほどでもないが、攻撃人数が複数いるダブルバトル、トリプルバトルでは強力どころか凶悪な技。
何故なら「トリックルーム」始動役と鈍足攻撃役を同時に出して、発動に成功しさえすれば次のターンから暴れ放題だからである。
対策していないと2体ないし3体の連携を受けてパーティがあっという間に瓦解すること請け合い。
時には超低レベルのポケモンがパーティに参加することもある。低い「すばやさ」を最大限に生かし「がむしゃら」などを放ってくる。
中でも有名なのは、かつて世界大会優勝者が使い、「ダークホール」や「がむしゃら」で大暴れしたレベル1ドーブルだろう。

欠点は優先度-7と最も優先度が低く、「トリックルーム」を必ず最後に出すことになるという点。
発動前に「ねこだまし」や「ちょうはつ」を食らったり、「ねむり」状態、「こおり」状態になったり、相手の技でひるんだりしたら失敗してしまう。
また、「トリックルーム」が成功しても相手に「トリックルーム」を使われると元に戻ってしまう。
逆に言えば、それらの「対策の対策」をきちんと入れておけば確実に発動できるだろう。
(自分も「ねこだまし」を入れる、「このゆびとまれ」「いかりのこな」を使うなど)
また、優先度を変えることはできないので先制技の順番を遅らせることはできない某鳥に対するマークは徹底しなければいけない。

主な使用者はクレセリアなどのエスパータイプデスカーンなどのゴーストタイプが中心。
中には時間の神空間の神文字通り時空を歪めてくることも。
ちなみに何故かエルフーンも覚える。どうやって時空を歪めているんだあんたは。

HGSSではグリーンがこの「トリパ」を採用し、初めてタイプではなく戦術に特化したジムリーダーとなった。
(ちなみに始動役はナッシーだった)
勝利すると「トリックルーム」の技マシンをくれる。

データ

初出第4世代
タイプエスパー
ぶんるい変化
めいちゅう100
PP5
直接×
範囲全員
効果5ターンの間、「すばやさ」が低いポケモンから攻撃できるようになる。『トリックルーム』の有効ターン中に同じ技を使われると元に戻る
備考優先度-7
わざマシン92(第4世代~)
英語名Trick Room


ゆがんだ 時空が 元に戻った!

pixivに投稿された作品 pixivで「トリックルーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50349

コメント