ピクシブ百科事典

ねむり状態

ねむり

SLP/ねむり、他ゲーム作品にも類似の状態異常は存在するが、ここではポケモンにおける状態異常について記載する。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスターシリーズの状態異常のひとつ。
ポケモンが文字通り眠ってしまい、動けなくなる。ターンが立つと自然に回復するが、最長7ターンまで続く(作品によって違いあり)。
ねむりごなキノコのほうしさいみんじゅつなどの技を受けると、このような状態になる。特性が「ほうし」のポケモンに直接攻撃をしてもなる事がある。
ポケモンが言う事を聞かない場合は居眠りを始めて勝手にねむり状態になってしまう。

相手を行動不能にするという強力な効果であるため、初期の大会では2匹以上ねむりにしてはいけないというルールが公式で定められていた。
また、ねむり状態にすると捕獲率が上がるので、ねむり状態にする技を覚えたポケモンはポケモンの捕獲に重宝される。

ちなみに初代はねむり状態が解除されたターンも行動出来ない仕様になっていて、解除ターンに再度催眠技を当てる事でハメ戦法も出来てしまった。

なお、テレビアニメ初期の大会では、眠ってしまうと戦闘不能扱いされてしまった。
その後では、ただの居眠りでは、戦闘に不参加という扱いで、勝負判定の状態ではないらしい。

メッセージ

ねむり状態を受けたとき

○○(ポケモンのニックネーム)はねむってしまった!

ねむり状態になったとき

○○(ポケモンのニックネーム)はぐうぐうねむっている

ねむり状態が回復したとき

○○(ポケモンのニックネーム)はめをさました!

回復方法

めざましビンタ/カゴのみ/ねむけざまし/なんでもなおしなど。

その他

特性が「ふみん」「やるき」のポケモンはねむり状態にならず、特性が「はやおき」のポケモンは通常より早くねむりを回復できる。
また、いびきねごとはねむり状態でも使用でき、ゆめくいあくむはねむり状態の相手にしか効果がない。ねむるは自発的に2ターンねむり状態になって体力と状態異常を回復する技である。

関連わざ

相手をねむらせる技

あくまのキッス うたう キノコのほうし くさぶえ さいみんじゅつ ねむりごな ダークホール あくび

相手をねむらせる追加効果を持つ技

ひみつのちから いにしえのうた 

相手がねむっているときに特別な効果を持つ技

あくむ めざましビンタ 

自分をねむらせる技

ねむる 

自分がねむっているときに特別な効果を持つ技

いびき ねごと 

ねむり状態を回復する技

いやしのすず アロマセラピー サイコシフト 
いやしのねがい みかづきのまい さわぐ なやみのタネ

関連記事

親記事

ポケモン状態異常・状態変化 ぽけもんじょうたいいじょうおよびじょうたいいじょう

兄弟記事

コメント