ピクシブ百科事典

ダークホール

だーくほーる

第四世代で登場したダークライの専用技。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
いりょく-
めいちゅう80(第6世代まで)→50(第7世代から)
PP10
タイプあく
わざ分類変化
対象敵全体
直接攻撃×
備考相手を「ねむり」状態にする。
英語名Dark Void


概要

第4世代から存在する技。
暗黒の世界に引きずり落として、相手を眠りにいざなう技。
幻のポケモンダークライの専用技である。

相手をねむり状態にする技の中では命中率は高めの80%。
高い方ではあるのだが、どうしても命中率100%のキノコのほうしの存在が影をちらつかせてしまう。もっともあちらも準専用技である為、比較するのはおかしいのだが。
しかしこの技の本領はそこではない。

この技の対象は何と敵全体である。
DP当時のねむり状態は最低3ターンと言うとんでもない仕様(要するに眠らされると2ターンは確実に無防備)になっていた。
一度使われたものなら全員が何も出来なくなってしまい、ほぼワンサイドゲームが展開されると言う驚異の状態を生み出す羽目になった。
命中率80の為外れる可能性があった事、一度限りとは言えカゴのみラムのみで回復できた点が数少ない救い。

特にDP発売直後の2007年からは、公式大会で複数催眠をしても問題なくなったことも追い風となり、ダークホールはあちこちでプレイヤーを悪夢に叩き落していた。
・・・ただしダークライは使用禁止なのでドーブルのだが。
…がなんと第7世代では使用不可能になってしまった(後述)。

Ptではねむり状態の仕様が第3世代以前の最低2ターンに戻されたものの、最高ターンは変わらず7ターンであり、事実上1ターンは行動不能に持ち込まれる為その猛威は引き続きふるわれ続けた。
ダブルでの1ターンはそれだけ大きいのである。

やはり効果は強すぎた。
その為、BW2時代からは遂にダークホールが禁止技に設定される事になった。
第5世代はねむりの最大ターンが4ターンまで引き下げられたが、交代でターンリセットされるようになった点が大きいだろう。
なお、何故かシングルバトルでも禁止技に設定された。それでキノコのほうしが禁止技にならないのはどうも不思議なものである。

そして第6世代…ダークホール解禁
ねむりターンが交代している間も消費する仕様に戻った為だろう。
ただ仕様変更はそれだけなので1ターン行動封じは大きく、再び脅威となってしまった。
但し「いたずらごころ」+しんぴのまもりが出来るクレッフィ等、対抗策も増えており油断は出来ない。

さすがに脅威過ぎたためか、第7世代ではいじげんラッシュのような感じでダークライ以外が繰り出しても成功しないようになった。
さらにわざ自体の命中率が50まで下がりワイドガードでも防がれるようになった


なお「ダーク」と名の付く技ではあるが、ポケモンコロシアムポケモンXDの「ダークわざ」との関連はない。

関連タグ

キノコのほうし ねむりごな さいみんじゅつ あくまのキッス うたう くさぶえ あくび

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークホール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1643

コメント