ピクシブ百科事典

あくタイプ

あくたいぷ

あくタイプ(Dark Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

あくタイプは、『ポケットモンスター』(第2世代)で登場したタイプの一つ。日本語の五十音順的にも英語にもはがねタイプよりも先に来るので、16番目のタイプと考えてよさそう。
前作まで猛威を振るっていたエスパータイプに対する抑止力として投入された。

戦い方が残忍で狡猾なものや、狂暴で獰猛な性質を持つものがあくタイプのポケモンとして分類されている。そのほとんどが眼光鋭くいかにもワルそうな見てくれをしていて、体色もを象徴的に含むものが多くを占める。
ただし、アブソルのように人間の偏見を含んだ分類のものも一部存在する。
ポケモンのほとんどが「属性」や「種族」でタイプを分けられている中、あくタイプのみが唯一「概念」による位置づけとなっている。
むしタイプやゴーストタイプとはまた違った「恐怖」を武器にしているという点では、これもある種の「属性」攻撃ととらえることもできるか。
また、英語版での名称が"Dark type"となっているように、ゴーストタイプと共に闇属性としての役割も果たしていると言える。
暗所を住処にしているものや、夜行性の種族もまた多い。

パラメーター的には攻め重視の傾向が強く、攻撃・特攻の高い種族が多い。
あくタイプのわざは半減されにくく通りが良いことからも、安定した攻撃性能を発揮しやすい。
もちろんエスパータイプ無効を活かした抑止力としての活躍も期待できる。
メジャーなフェアリーを弱点に持つ点はつらいものの、同じく通りの良いゴーストタイプに耐性を持つ数少ないタイプの1つでもあり、補完としてパーティに組み込みやすい。

一方で、汎用的なあくタイプの攻撃技は最高威力が80止まりという難点も抱えている。
一見最高威力に見える「イカサマ」も相手の攻撃力を使ってダメージを与えるものであり、自身の攻撃力は活かせない。
また「はたきおとす」や「しっぺがえし」、「おいうち」のように条件によって威力が変動するわざも多く、強力だが使いこなすにはプレイヤーの読みスキルが強く求められる。
あくタイプを象徴する高威力先制技の「ふいうち」などはその最たる例で、相手の攻撃技に合わせなければ技そのものが失敗してしまう。

エスパータイプやゴーストタイプ相手に強気に出られることは、冒険においても都合がよい。パーティに入れて連れ歩いていると、上記2タイプが厄介な補助技を使ってくる前に倒すなどして戦闘で楽ができる。
第5世代以降では序盤で比較的楽に見つかるため、捕獲する労力も考えなくてよい。
ただし、火力が低めだったり特性によって戦闘スタイルがガラッと変わったり使いどころを考える必要のある特性だったりと癖の強いポケモンが少なくないため、技構成や特性はきちんと確認しておこう。

各世代ごとの特徴

第1世代

このころはまだあくタイプは存在しておらず、さらになぜかゴーストタイプのわざがエスパータイプに対して効果が無かった(設定ミス)ため、エスパータイプが対戦において非常に強かった。
詳しくはエスパータイプの記事を参照。
カントー図鑑No.151までにはのちの世代を含めてもあくタイプを含むポケモンが一切存在しなかったが、リージョンフォームの実装によってコラッタニャースベトベターとその進化形が加わることとなった。
また、メガシンカメガギャラドスもあくタイプになれる。
技ではこの世代でノーマルタイプだったかみつくが第2世代以降はあくタイプの攻撃技となっている。

第2世代

猛威を振るったエスパータイプに対する対抗策として、はがねタイプと共に新たなタイプとして追加された。
追加されたポケモンはイーブイの新たな進化形で高い耐久力を誇るブラッキー、当時は数少ない「ソーラービーム」を覚えるほのお複合のヘルガー、豊富な補助技を覚えるヤミカラス、速攻アタッカー的なステータスを持つニューラ、そして所謂600族の一員として人気のバンギラスの5系統。

最新世代現在においては優秀なポケモンが多い……のだが、困ったことに当時のあくタイプの技は全て特殊技
それゆえにとくこうの高いヘルガー以外はあくタイプわざを十分に生かすことが出来なかった。特にとくこうが悲しいほど低いニューラは……。
また、全体的なステータスが高いバンギラスも、かくとうタイプのわざを4倍で受けてしまうという致命的な弱点を抱えており、おまけにレベル55進化が災いし、使用率は高くなかった。


第3世代

RSE』発売以前から公開されていたサメハダーをはじめ、第3世代では数多くのあくタイプが追加された。
しかし、当時もまだあくタイプのわざは特殊技扱いであり、なおかつ第3世代で追加されたあくタイプは全員「攻撃≧特攻」という有様。
しかも攻撃技がほとんど増えていない上にタイプ一致あく技すらまともに覚えない種族もざらにいた。
(例えば『RS』当初のシザリガーはあくタイプの攻撃技が威力20の「はたきおとす」のみだった)
その為普通のポケモンはおろか弱点であるエスパータイプ、ゴーストタイプもろくに倒せなかった。

一方で変化技は大幅に追加され、相手のへんか技を封じる「ちょうはつ」・相手の特防を2段階下げる「うそなき」・自分が瀕死になる代わりに相手の攻撃・特攻を2段階下げる「おきみやげ」などがある。
追加された数少ない攻撃技「はたきおとす」も、威力が恐ろしく低い反面「相手の持ち物を無効化する」という効果を持つ為、変化技のような扱いを受けた。
現在のあくタイプの『相手の行動を読んでこそ真価を発揮する』という路線はこの頃から始まっていたのかもしれない。

対戦環境に目を向けると、正直目立った活躍ができていなかったが、唯一ヘルガーはまともに活躍していた。
またバンギラスもすなおこしを手に入れたことで、解禁されているルールであれば活躍したが、公式大会がレベル50打ち止めになったため出禁となってしまった。

第4世代

あくタイプが本領を発揮するようになったのはここからである。
まず、技ごとに物理と特殊に分けられるようになった影響で、既存のあくタイプの攻撃技が全て物理化した。
これにより、これまで活かされることの無かった高い攻撃力を生かせるようになった。
特殊アタッカーとして活躍していたあくタイプにも「かみくだく」と同じ威力のあくのはどうが追加され、むしろ強化された。
さらに、『相手が攻撃技を選択していれば先制攻撃ができる』という先制技ふいうちが追加され、「逃げればおいうち、攻めればふいうち」という二択を相手に迫ることができるようになった。

追加されたポケモンも、高い攻撃力・素早さでドラゴンタイプに強いマニューラ、弱点が一つしかないドラピオンスカタンク、弱点が一切ない耐久型のミカルゲ、ヤミカラスがまさかの進化を果たし、最大威力のふいうちが使えるようになったドンカラス、そして恐怖の「ダークホール」を持つ幻のポケモンダークライ
豪華なラインナップである。
また、バンギラスが天候「すなあらし」の仕様変更で登場しただけでいわタイプ(自身含む)の特防が1.5倍という攻防共に隙が少ない要塞に化けた。苦手なかくとうタイプも「ヨプのみ」で1回はあしらえる。

しかし、あくタイプの恒常火力は最大80止まりという部分は一切改善されなかった。
せっかく高い攻撃力を生かせるようになったと思えば、今度はそもそも火力が足りていないという厳しい現実を突きつけられることに。

第5世代

エスパー、ゴースト共に多彩かつ耐久の高いポケモンが次々追加される中、弱点であるはずのあくタイプの火力不足は改善されなかった。
威力95を誇る技「イカサマ」が追加されたが、相手の攻撃力でダメージを計算する技であったため、自分の攻撃を活かすことが出来ない。「いばる」とのコンボをかますこともできなくはないが、技スペースを1つ潰すことになる。
(耐久型のポケモンであれば自分の攻撃の低さを補えるため、十分なダメージソースとなるのだが)
相手の行動を呼んで戦うのは変わらないが、その常識に当てはまらない強力なポケモンも増えたのも向かい風。
そんな中あくタイプの技で初めて威力80超えを達成した専用技「ナイトバースト」(威力85)を引っ提げたゾロアークが登場。
特性イリュージョン一番後ろのポケモンになりきって出てくるという、まさにあくタイプらしい心理戦を得意とする。

この他、新たな600族として追加されたサザンドラは、高い特攻と多くの耐性を合わせ持ち、強力な特殊アタッカーとして人気となった。
かくとうタイプとの複合であり、あくタイプにしては珍しい耐久型のステータスを持つズルズキンは「ビルドアップ」「りゅうのまい」などの優秀な積み技を持ち、自身のタイプの技でほとんどの相手に有効打を与えることが出来る。
第2世代で追加されたはがねタイプとの初の複合タイプであるキリキザンも登場している。

その一方で、「せいぎのこころ」という悪技を受けると攻撃が上がる特性の追加、強力なむしタイプの増加等といった逆風もある。

第6世代

タイプ相性が見直され、攻撃相性ではフェアリー半減を追加、はがね半減を削除、防御相性ではフェアリー弱点を追加された。
フェアリータイプに弱点を一方的に突かれるのは大きな痛手で、特にサザンドラズルズキンは突如4倍弱点を抱えることになった。しかもただでさえ弱点の多いノクタスダーテングバンギラス弱点の数が全ポケモン中最多(7属性)になってしまった。
ただしフェアリーはかくとうタイプにも強いため、あくタイプが苦手とするかくとうタイプをフェアリーが抑止してくれる側面もあり、悪いことばかりではない。

一方ではがねタイプに等倍で「おいうち」や「ふいうち」を通せるようになったのは嬉しい仕様変更であり、対策に無理してほのおかくとうなどを入れる必要性が薄まった。威力90以上の主力技が殆ど無いあくタイプにとっては大きな追い風である。
また、「どろぼう」・「ダメおし」が威力60に、「はたきおとす」が威力65に強化。特に「はたきおとす」は相手が道具を持っていると威力が1.5倍になるという強力な性能となった。
メガシンカも(メガシンカによってタイプが変わるものも含めて)6種族おり、全体的には強化の方が大きい。

特にシングルでは「はたきおとす」があちこちで使われた他サザンドラが技の通りを買われて復権し、ダブルではキリキザンいかく」やフェアリータイプに強いあくタイプかつ強力な「ふいうち」持ちとして大活躍を見せた。
バンギラスも弱点が増え永続天候が終わり、更にサブウェポンの威力が下げられたが、元々持つ性能に変わりはないため広く活躍した。
そして御三家で初めてあくタイプとなったゲッコウガは、特性へんげんじざいで様々な技を使いこなしバトルで大活躍。スマブラ出演やサトシゲッコウガなどメディアミックスの力も後押しして総選挙で1位に輝いた。

第7世代

今回の完全新規ポケモンは炎御三家のガオガエンとウルトラビーストのアクジキングのみ。
そのほかリージョンフォームラッタベトベトンペルシアンがあくタイプとなった。

この世代からあくタイプにボルトロスクレッフィで有名ないたずらごころ」を介した補助技を無効化できる仕様が追加された。
懸案の火力不足もZ技ブラックホールイクリプスで一度だけ超火力を放てるようになり、少し改善された。
新技では先のガオガエン専用技「DDラリアット」や『USUM』で汎用化した音技封じの効果を持つ「じごくづき」などが登場している。

……しかし、あくタイプはこの第7世代、環境からの数々の逆風にさらされてしまう。
まず「ふいうち」が威力80→70に低下。その上に、先制技を封じる特性で止められるようになってしまう。こうなった原因はもちろんあの親子あの大顎のせい。完全にとばっちりである。
次に、「ダークホール」が何と命中率50に下降かつワイドガード」の適応範囲に入ってしまったことでダークライが大幅に弱体化。こちらはドーブルの轍を踏まされた形になった。そもそもドーブルが使っても失敗するようになった時点で十分な弱体化なのだから命中率低下や「ワイドガード」はやりすぎとも言える。
そしてカプを始めとしたフェアリータイプが前作以上に暴れ始めたこと。
その影響はかなり大きく、シングルでは"ゲッコウガ"と"メガギャラドス"と"バンギラス"を除く悪タイプが30位以内から消滅するという異常事態に陥っている。
しかもゲッコウガは基本的にあくとしての役割が期待されておらず、ギャラドスもみずタイプとしての側面が強いため、あくタイプの覇道を突き進んでいるのはバンギラスのみとなっている。
そのバンギラスもいわとしての側面も併せ持つが、拘ったカプ・テテフを牽制できる暴力的耐久(ムーンフォース」も余裕で耐える)が功を奏している面もある。

一方ダブルバトルに目を向けると、相方でフォローが利くのかこちらは存外生き残っており、バンギラスはもちろん、先のフェアリーを等倍に抑え込めるアローラベトベトンは耐久の高さと優秀な技や特性を買われてダブルバトルを中心に活躍を始めた他、サーナイトとのコンビ(通称サナガエン)が見出され、『USUM』で隠れ特性「いかく」が解禁され更に強くなったガオガエンが使用率第1位にまで躍進した。ワルビアルも耐性と「いかく」が評価され少しずつ活躍の場を増やしており、どちらも公式大会優勝メンバーの一員になった。
一方で前作大活躍したキリキザンは「ふいうち」の弱体化で大きく需要を落とした……が「いかく」ガオガエンが現れてからは一度落ちた需用を取り戻しつつある。

他のタイプとの相性

あくタイプの技を相手に与えた場合

  • エスパー、ゴーストタイプのポケモンには、効果が抜群になる。
  • かくとう、あく、フェアリータイプのポケモンには、効果が今一つになる(第5世代以前ははがねタイプのポケモンにも効果が今一つだった)。

他のタイプの技をあくタイプに与えた場合
  • むし、かくとう、フェアリータイプの技は、効果が抜群になる。
  • ゴースト、あくタイプの技は、効果が今一つになる。
  • エスパータイプの技は、効果が無しになる。

タイプ特性


あくタイプのポケモン一覧

第2世代(金銀)

No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
197ブラッキー--
198ヤミカラス--
215ニューラ--
228デルビル229ヘルガー--
248バンギラス

第3世代(RS)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
261ポチエナ262グラエナ--
274コノハナ275ダーテング
302ヤミラミ----
318キバニア319サメハダー--
332ノクタス--
342シザリガー--
359アブソル----

第4世代(DP)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
430ドンカラス--
434スカンプー435スカタンク--
442ミカルゲ----
452ドラピオン--
461マニューラ--
491ダークライ----

第5世代(BW)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
509チョロネコ510 レパルダス--
551メグロコ552ワルビル553ワルビアル
559ズルッグ560ズルズキン--
570ゾロア571ゾロアーク--
624コマタナ625キリキザン--
629バルチャイ630 バルジーナ--
633モノズ634ジヘッド635サザンドラ

第6世代(XY)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
658ゲッコウガ
675ゴロンダ--
686マーイーカ687カラマネロ--
717イベルタル-- --

第7世代(SM)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)剣盾出現
727ガオガエン
799アクジキング- ---

第8世代(剣盾)
No.名前(たね)No.名前(1進化)No.名前(2進化)
???モルペコ----
???タチフサグマ

メガシンカポケモン

リージョンフォーム

特殊な条件で追加・変化

あくタイプポケモンの主な使い手

現在のところ18タイプ中唯一、専門のジムリーダーがいない。
そのかわり、四天王や悪の組織が高確率で使っている。特にアカギの手持ちはあくタイプとひこうタイプの混合である。
またあくタイプ使いではないがライバル及び強敵であるシンジアランも多用している。
『SM』では「ジムリーダー」という役職名ではないものの、冒険中に戦うことになるしまキングとしてあく使いが登場している。

カリンブラッキー
ようこそ チャレンジャー!


ギーマのど飴
クチナシさんは静かに暮らしたい



その他のタイプ


関連タグ

ポケモン一覧 ポケモン技絵
悪タイプ表記揺れ
GSC RSE DPt ポケモンBW ポケモンXY ポケモンSM ポケモン剣盾

バッドガイ

関連記事

親記事

ポケモンのタイプ一覧 ぽけもんのたいぷいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「あくタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2010457

コメント