ピクシブ百科事典

あくタイプ

あくたいぷ

あくタイプ(Dark Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

あくタイプは、『ポケットモンスター金・銀』(第2世代)で登場したタイプの一つ。日本語の五十音順的にも英語にもはがねタイプよりも先に来るので、16番目のタイプと考えてよさそう。
前作まで猛威を振るっていたエスパータイプに対する抑止力として投入された。
後年では「エスパータイプの技を無効化する」という特徴が与えられた「エスパータイプ・ゴーストタイプ絶対殺すマン」スタイルとなっている。
名前由来の為か、ゲーム内で戦う敵組織のポケモンはあくタイプやあくタイプ技を持っている事が多く、どくタイプ狙いだとしてもエスパータイプを出すと痛い目に会う事が多い。
ポケモンカードゲームでのアイコンは三日月(というより配置的に悪魔の顔?)、ポケモンGOでは夜のイメージからか三日月のアイコンが採用されている。

戦い方が残忍で狡猾なものや、狂暴で獰猛な性質の動物があくタイプのポケモンとして分類されやすい(ふいうちつじぎりだましうちと挙げればキリがない)。
そのほとんどが眼光鋭くいかにもワルそうな見てくれをしていて、体色もを象徴的に含むものが多くを占める。
ただし、アブソルのように人間の偏見を含んだ分類のもの(実際にせいぎのこころを持った個体がいる)、ゲッコウガのようにヒロイックな容姿をしたもの、バンギラスズルズキンのように黒色が身体のごく一部にしかないものもいる。
ポケモンのほとんどが「属性」や「種族」でタイプを分けられている中、あくタイプは珍しく「概念」による位置づけとなっている。
また、英語版での名称が"Dark type"となっているように、ゴーストタイプと共に闇属性としての役割も果たしていると言える(魔力を思わせる技は殆どはゴーストタイプに譲っているが)。
暗所を住処にしているものや、夜行性の種族もまた多い。
ただ、善悪というのは移ろいやすい表裏一体の概念である為、後述するように悪人ではないタイプエキスパートが使用してくる事もある根源が悪でも力は使い方次第という事なのだろう。

第3世代までは特殊技扱いだったにもかかわらず殆どが接触技で第4世代でそれまでの技は全て物理技に変更されており、現在でも特殊技より物理技の方が多い。

パラメーター的には攻め重視の傾向が強く、攻撃また特攻の高い種族が多い。
あくタイプのわざは半減されにくく通りが良いことからも、安定した攻撃性能を発揮しやすい。
もちろんエスパータイプ無効を活かした抑止力としての活躍も期待できる。
フェアリーを弱点に持つ点はつらいものの、同じく通りの良いゴーストタイプに耐性を持つ数少ないタイプの1つでもあり、補完としてパーティに組み込みやすい。

一方で、大体のタイプにある威力100を超える汎用性の大技には恵まれておらず汎用的なあくタイプの攻撃技は最高威力が80止まりという難点も抱えている。
一見最高威力に見える「イカサマ」も相手の攻撃力を使ってダメージを与えるものであり、自身の攻撃力は活かせない。
また「はたきおとす」や「しっぺがえし」、「おいうち」のように条件によって威力が変動するわざも多く、強力だが使いこなすにはプレイヤーの読みスキルが強く求められる。
あくタイプを象徴する高威力先制技の「ふいうち」などはその最たる例で、相手の攻撃技に合わせなければ技そのものが失敗してしまう。

エスパータイプやゴーストタイプに有利なのは冒険においても都合がよい。
パーティに入れて連れ歩いていると、上記2タイプが厄介な補助技を使ってくる前に倒すなどして戦闘で楽ができる。
第5世代以降では序盤で比較的楽に見つかるため、捕獲する労力も考えなくてよい。
ただし、火力が低めだったり特性によって戦闘スタイルがガラッと変わったり使いどころを考える必要のある特性だったりと癖の強いポケモンが少なくないため、技構成や特性はきちんと確認しておこう。

また、作中では悪の組織のメンバーが使用してくる事が多く、下っ端や幹部たちが事実上のあくタイプ使いとしての役割を担ってきたことから、第8世代に至るまであくタイプ使いのジムリーダーは存在しなかった
剣盾ネズが登場したことにより、あくタイプの登場から7世代(実に20年)の時を経てこの記録は崩れた。

漢字では「悪」と表記されることが多い。

ポケモンカードゲームにおいてはGSC発売時に展開された『ポケモンカード★neo』にて黒をイメージカラーとした「悪タイプ」(こちらは漢字表記が公式)として実装された。
また、RSE期の『ポケモンカードゲームADV』におけるマグマ団アクア団のポケモンの一部やFRLG期の『ポケモンカードゲーム』における無色タイ以外のわるいポケモンなどは既存のタイプに悪タイプを付加した複合タイプ、同じくポケモンカードゲームのR団のポケモンや無色タイプのわるいポケモンはタイプそのものが悪タイプに変更され収録されていた。
エネルギーカードとしての悪エネルギーも存在したが当初は「エネルギーを付けた悪タイプが与えるダメージは+10される」という効果を持った特殊エネルギーしか存在しておらず、基本悪エネルギーが実装されるのはDPt期に発売される『ポケモンカードゲームDP』まで待つ必要があった。
剣盾期に発売された『ポケモンカードゲーム ソード&シールド』においては超タから再々分類されたどくタイプが新たにこの悪タイプに加わっている。

各世代ごとの特徴

第1世代

このころはまだあくタイプは存在しておらず、さらになぜかゴーストタイプのわざがエスパータイプに対して効果が無かった(設定ミス)ため、エスパータイプが対戦において非常に強かった。
詳しくはエスパータイプの記事を参照。
カントー図鑑No.151までにはのちの世代を含めてもあくタイプを含むポケモンが一切存在しなかったが、リージョンフォームの実装によってコラッタニャースベトベターとその進化形が加わることとなった。
また、メガシンカメガギャラドスもあくタイプになれる。
技ではこの世代でノーマルタイプだった「かみつく」が第2世代以降はあくタイプの攻撃技となっている。

第2世代

猛威を振るったエスパータイプに対する対抗策として、はがねタイプと共に新たなタイプとして追加された。

ブラッキー


追加されたポケモンはイーブイの新たな進化形で、高い耐久力を誇るブラッキーが代表的。
こちらはブイズの優等生として長きにわたって活躍した。

ヘルガーの だいもんじ!
ヤタちゃんと雨。
ニューラ


他にも当時は数少ない「ソーラービーム」を覚えるほのお複合のヘルガー、豊富な補助技を覚えるヤミカラス、速攻アタッカー的なステータスを持つニューラ、そして所謂600族の一員として人気のバンギラスの5系統。

最新世代現在においては優秀なポケモンが多い……のだが、困ったことに当時のあくタイプの技は全て特殊依存だった
それゆえにとくこうの高いヘルガー以外はあくタイプわざを十分に生かすことが出来なかった。
特にとくこうが悲しいほど低いニューラは……。
また、全体的なステータスが高いバンギラスも、かくとうタイプのわざを4倍で受けてしまうという致命的な弱点を抱えており、おまけにレベル55進化が災いし使用率は高くなかった。
……が、本格的に猛威を振るうのはもう少し先の話。

第3世代

【一日一体ポケモンお絵描き】 サメハダー
ヤミラミ
ならずものポケモン


RSE』発売以前から公開されていたサメハダーや高い人気を誇るヤミラミをはじめ、第3世代では数多くのあくタイプが追加された。
しかし、当時もまだあくタイプのわざは特殊技扱いであり、なおかつ第3世代で追加されたあくタイプは全員「攻撃≧特攻」という有様。
しかも攻撃技がほとんど増えていない上にタイプ一致あく技すらまともに覚えない種族もざらにいた。
例えば『RS』当初のシザリガーはあくタイプの攻撃技が威力20の「はたきおとす」のみだった。
そのため普通のポケモンはおろか弱点であるエスパータイプ、ゴーストタイプもろくに倒せなかった。

一方で変化技は大幅に追加され、相手のへんか技を封じる「ちょうはつ」・相手の特防を2段階下げる「うそなき」・自分が瀕死になる代わりに相手の攻撃・特攻を2段階下げる「おきみやげ」などがある。
追加された数少ない攻撃技「はたきおとす」も、威力が恐ろしく低い反面「相手の持ち物を無効化する」という効果を持つ為、変化技のような扱いを受けた。
現在のあくタイプの『相手の行動を読んでこそ真価を発揮する』という路線はこの頃から始まっていたのかもしれない。

対戦環境に目を向けると、正直目立った活躍ができていなかったが、唯一ヘルガーはまともに活躍していた。
またバンギラスすなおこしを手に入れたことで、解禁されているルールであれば活躍したが、公式大会がレベル50打ち止めになったため出禁となってしまった。

第4世代

ドラドラ
スカタンクは なでてほしそうに こちらを みている
ミカルゲ


新規勢は弱点が一つしかないドラピオンスカタンク、弱点が一切ない耐久型のミカルゲが追加。

マニュマニュ
ドンカラス描いてみた


他には既存勢のニューラとヤミカラスがまさかの進化を果たし、高い攻撃力・素早さでドラゴンタイプに強いマニューラ、最大威力のふいうちが使えるようになったドンカラスが追加された。

ダークライ


そして恐怖の「ダークホール」を持つ幻のポケモンダークライと、豪華なラインナップである。

そして、あくタイプが本領を発揮するようになったのはこの世代からである。
まず、技ごとに物理と特殊に分けられるようになった影響で、既存のあくタイプの攻撃技が全て物理化した。
これにより、これまで活かされることの無かった高い攻撃力を生かせるようになった。
特殊アタッカーとして活躍していたあくタイプにも「かみくだく」と同じ威力のあくのはどうが追加され、むしろ強化された。
さらに、『相手が攻撃技を選択していれば先制攻撃ができる』という先制技ふいうちが追加され、「逃げればおいうち、攻めればふいうち」という二択を相手に迫ることができるようになった。

また、バンギラスがフラットルールが採用されたことで出番が増え、天候「すなあらし」の仕様変更で登場しただけでいわタイプ(自身含む)の特防が1.5倍という攻防共に隙が少ない要塞に化けた。
苦手なかくとうタイプも「ヨプのみ」で1回はあしらえる。

しかし、あくタイプの恒常火力は最大80止まりという部分は一切改善されなかった。
せっかく高い攻撃力を生かせるようになったと思えば、今度はそもそも火力が足りていないという厳しい現実を突きつけられることに。

第5世代

🍁
ズルズキン
無題


新規勢はあくタイプの技で初めて威力80超えを達成した専用技「ナイトバースト」(威力85)を引っ提げたゾロアークが登場。
特性イリュージョン一番後ろのポケモンになりきって出てくるという、まさにあくタイプらしい心理戦を得意とする。
新たな600族として追加されたサザンドラは、高い特攻と多くの耐性を合わせ持ち、強力な特殊アタッカーとして人気となった。
かくとうタイプとの複合であり、あくタイプにしては珍しい耐久型のステータスを持つズルズキンは「ビルドアップ」「りゅうのまい」などの優秀な積み技を持ち、自身のタイプの技でほとんどの相手に有効打を与えることが出来る。
他にはこの世代で初登場した隠れ特性「いたずらごころ」による先制「ねこのて」による害悪コンボが話題となったレパルダス、「はねやすめ」による耐久戦法を得意とするひこう複合のバルジーナ、初のじめん複合であるワルビアル、第2世代で追加されたはがねタイプとの初の複合タイプであるキリキザンも登場している。

エスパー、ゴースト共に多彩かつ耐久の高いポケモンが次々追加される中、弱点であるはずのあくタイプの火力不足は改善されなかった。
威力95を誇る技「イカサマ」が追加されたが、相手の攻撃力でダメージを計算する技であったため、自分の攻撃を活かすことが出来ない。
「いばる」とのコンボをかますこともできなくはないが、技スペースを1つ潰すことになる(耐久型のポケモンであれば自分の攻撃の低さを補えるため、十分なダメージソースとなるのだが)。
相手の行動を呼んで戦うのは変わらないが、その常識に当てはまらない強力なポケモンも増えたのも向かい風。
その一方で、「せいぎのこころ」というあく技を受けると攻撃が上がる特性の追加、強力なむしタイプの増加等といった逆風もあり、特にむしタイプはエスパーとあくを諸共刈り取ってしまうため非常に厄介な存在として立ちはだかった。

第6世代

新規勢では御三家で初めてあくタイプとなったゲッコウガ、かくとう複合のゴロンダ、エスパー複合のカラマネロ、あくタイプでは実質初の禁止級で『Y』のパッケージポケモンであるひこう複合のイベルタルがそれぞれ追加された。
メガシンカも(メガシンカによってタイプが変わるものも含めて)6種族おり、全体的には強化の方が大きい。

ゲッコウガYEEEEE!!


ゲッコウガは、隠れ特性へんげんじざいで様々な技を使いこなしバトルで大活躍。
スマブラ出演やサトシゲッコウガなどメディアミックスの力も後押しして、総選挙で1位に輝いた。

メガバンギラス


バンギラスも弱点が増え永続天候が終わり、更にサブウェポンの威力が下げられたが、元々持つ性能に変わりはない他、メガシンカも獲得した為、広く活躍した。
シングルでは「はたきおとす」があちこちで使われた他、サザンドラ弱点補完ができる相方と技の通りを買われて復権し、ダブルではキリキザンいかく」やフェアリータイプに強いあくタイプかつ強力な「ふいうち」持ちとして大活躍を見せた。

今世代ではタイプ相性が見直され、攻撃相性ではフェアリー半減を追加、はがね半減を削除、防御相性ではフェアリー弱点を追加された。
フェアリータイプに弱点を一方的に突かれるのは大きな痛手で、特にサザンドラやズルズキンは突如4倍弱点を抱えることになった。
しかもただでさえ弱点の多いノクタスダーテング・バンギラス弱点の数が全ポケモン中最多(7属性)になってしまった。
ただしフェアリーはかくとうタイプにも強いため、あくタイプが苦手とするかくとうタイプをフェアリーが抑止してくれる側面もあり、悪いことばかりではない。

一方ではがねタイプに等倍で「おいうち」や「ふいうち」を通せるようになったのは嬉しい仕様変更であり、対策に無理してほのおかくとうなどを入れる必要性が薄まった。
威力90以上の主力技が殆ど無いあくタイプにとっては大きな追い風である。
また、「どろぼう」・「ダメおし」が威力60に、「はたきおとす」が威力65に強化。
特に「はたきおとす」は相手が道具を持っていると威力が1.5倍になるという強力な性能となった。

第7世代

にじゅうまるのポーズ


今回の完全新規ポケモンは炎御三家のガオガエンとウルトラビーストのアクジキングのみ。
そのほかリージョンフォームラッタベトベトンペルシアンがあくタイプとなった。

この世代からあくタイプにボルトロスクレッフィで有名ないたずらごころ」を介した補助技を無効化できる仕様が追加された。
懸案の火力不足もZ技ブラックホールイクリプスで一度だけ超火力を放てるようになり、少し改善された。
新技では先のガオガエン専用技「DDラリアット」や『USUM』で汎用化した音技封じの効果を持つ「じごくづき」などが登場している。

……しかし、あくタイプはこの第7世代、環境からの数々の逆風に晒されてしまう
まず「ふいうち」が威力80→70に低下
その上、先制技を封じる特性で止められるようになってしまう。
こうなった原因はもちろん前世代の頂点だったあの親子あの大顎のせい
火力の高い技が少ないあくタイプ側からすれば完全にとばっちりである。
次に、「ダークホール」が何と命中率50に下降かつワイドガード」の適応範囲に入ってしまったことでダークライが大幅に弱体化。
こちらはドーブルの轍を踏まされた形になったものの、幻枠故に通常のレーティングバトルでは使用できない。
そもそもドーブルが使っても失敗するようになった時点で十分な弱体化なのだから、命中率低下や「ワイドガード」適応はやりすぎとも言える。
そしてミミッキュカプ神を始めとしたフェアリータイプが前作以上に暴れ始めたこと。

その影響はかなり大きく、シングルではゲッコウガとメガギャラドスとバンギラスを除くあくタイプが使用率30位以内から消滅するという事態に陥った。
しかもゲッコウガは基本的にあくとしての役割が期待されておらず、ギャラドスもみずタイプとしての側面が強いため、あくタイプの覇道を突き進んでいるのは実質バンギラスのみとなった。
そのバンギラスも活躍できていたのは、いわタイプがすなあらし下で「とくぼう」が1.5倍になるという仕様があってこそである……。

一方ダブルバトルに目を向けると、相方でフォローが利くのかこちらは存外生き残っており、バンギラスはもちろん、どく複合でフェアリーを等倍に抑え込めるアローラベトベトンが耐久の高さと優秀な技や特性を買われて活躍を始めた。

ガオガエン


更に新登場のガオガエンは耐久が高く技もダブル向きのものを多く揃え、サーナイトのメガシンカ解禁後は同ポケモンとのコンビ(通称「サナガエン」)が見出され、加えて『USUM』で隠れ特性「いかく」が解禁されたことで何と使用率第1位にまで躍進した。
ワルビアルも耐性と「いかく」が評価され少しずつ活躍の場を増やしており、どちらも公式大会優勝メンバーの一員になった。
一方で前作で大活躍したキリキザンは「ふいうち」の弱体化で大きく需要を落としたが、「いかく」ガオガエンが現れてからは一度落ちた需要を取り戻した。

第8世代

前作の完全新規のポケモンよりも多く、今回登場したのはクスネ系統、電気袋枠のモルペコ、フェアリー複合のベロバー系統の3系統6種。
リージョンフォームではジグザグマ系統にあくタイプが追加され、その進化系でもあるタチフサグマが登場。
さらにくさ複合の幻のポケモンであるザルードが登場した。
また、DLCで追加されたウーラオスの「いちげきのかた」とガラルのすがたで復活した三鳥の1匹ガラルファイヤーもあくタイプを持っている。
キョダイマックスはオーロンゲとウーラオスが持つ。

技的にはダイマックス技「ダイアーク」によって火力不足を解消させることができるようになったはいいが、何故か追加効果が「とくぼう」低下になっている。
ゴーストタイプは逆に「ぼうぎょ」低下なので、昔あくタイプがとくしゅ(ゴーストはこうげき)だった頃の名残なのだろうか?
単体で生かすのであればとくこうが高いサザンドラ等が挙げられるだろう。
ダブルバトルでは相手2匹の「とくぼう」を下げるため、隣に特殊アタッカーを並べると有効に活用できる。
この場合なるべく隣より先に動く必要があるため、「おいかぜ」等によるサポートは必須となる。
また、前世代でガオガエンの専用技だった「DDラリアット」が技レコード化し、オーロンゲなどに配られることになった。
しかし「はたきおとす」が過去作限定となったポケモンも多く、タイプ一致の使い手がごっそり削られたのは痛い。

今世代は使えるポケモンが著しく制限され、段階を経て使用可能なポケモンが増えていくという形式を採っているため、同世代内でも段階によってあくタイプの地位は微妙に変化している。

剣盾初期

オーロンゲ


新鋭では、ライバルの切り札であるオーロンゲドラパルトへの相性の有利さを買われて一定数対戦に顔を出している。
特性「いたずらごころ」による起点づくりだけでなく、アタッカー役も運用可能な器用さを持つ。
専用キョダイマックス技の「キョダイスイマ」は攻撃した相手を確率で次ターン終了時に眠らせてしまう。
モルペコはここ最近恒例になりつつあるフォルムチェンジ特性枠でもあり、毎ターンフォルムが変わることで専用技「オーラぐるま」のタイプがでんきとあくに切り替わる。
この技で素早さを上げながら戦うのが得意。
タチフサグマは防御低下版の「キングシールド」といった性能を持つ専用技「ブロッキング」を持つ。
原種とは違い「はらだいこ」と「しんそく」を残念ながら覚えないが、「すてみ」を筆頭に攻撃的な特性も多い。

既存勢ではバンギラスが「じゃくてんほけん」型の流行でシングル・ダブル共に使用率を伸ばした。
ブラッキーはどくどくを失ったものの、耐久型としての安定感は健在。
ダーテングは「ねっぷう」を習得し、晴れパとしての適性がさらに高まっている。
サザンドラもシングルで格段に動きやすさを増し、トップメタの一角としてだいぶ活躍した。
レパルダスは「ねこのて」削除が痛いが、新たに「バトンタッチ」を習得している。

初期環境では前の世代で猛威を振るっていた天敵であるフェアリータイプのトップメタがミミッキュを除き不在、メガシンカ廃止でルカリオが弱体化(バシャーモに至っては不在)、ひこうタイプの躍進でかくとうタイプも減った他、環境ではゴーストタイプが急増したことで、以前に比べてだいぶ動きやすい状態となっていた。

鎧の孤島

「鎧の孤島」ではキバニア系統、メグロコ系統、ゾロア系統が復帰。
先んじてポケモンHOMEが解禁された2月にはガオガエンが復帰した。
新たな教え技「うっぷんばらし」は、相手に能力を下げられるとそのターンに威力が2倍になるというかなり特殊な効果を持つ。
元威力が75と高く比較的使いやすく、特性「いかく」持ちへの交代に対するカウンターとしても有用。
惜しむらくはPPが5しかないことか。

いちげきひっさつ!


新たに追加されたウーラオスの「いちげきのかた」に関しては、接触攻撃が「まもる」を貫通できる専用特性「ふかしのこぶし」と専用技「あんこくきょうだ」が強烈。
キョダイマックスするとあく技が「キョダイイチゲキ」に変化し、ダイウォールをも貫通するようになる。
しかし「れんげきのかた」がミミッキュ対策として有能なため、どちらの型も甲乙つけがたい。
前世代のダブルの覇者であるガオガエンは「はたきおとす」が過去作限定になったものの「すてゼリフ」を手に入れてむしろ強化され、相変わらずダブルバトルを中心に高い需要を誇る。
……が、シリーズ6でバンギラス共々、シリーズ7まで出禁となってしまった。

冠の雪原

「冠の雪原」ではアブソル、ミカルゲ、イベルタル、アクジキングが復帰。
ガラルファイヤー威力90・命中100・相手2体攻撃・2割ひるみというあくタイプにしては破格の安定性と効果を持つ「もえあがるいかり」を引っ提げ、特性「ぎゃくじょう」や「わるだくみ」によって火力増幅も可能で、トップメタの一員に躍り出た。
ウーラオスのいちげきのかたも評価が大きく上昇し、バンギラスと共にシングルのトップメタとなった。
さらにダブルでもガオガエンと一撃ウーラオスに加えオーロンゲも躍進し、一大勢力を築いている。
懸念されていたカプ神がカプ・レヒレ以外、使用率を大きく落としているのも追い風。
一方で対戦環境を引っ張ってきたサザンドラは、他の600族と準伝説の復帰により第一線から退いた。
ランクバトルの竜王戦ルールでは、あく唯一の禁止級であるイベルタルがトップメタの一角として活躍した。

最終的には苦手なポケモンが増えたりゴーストタイプに偏った環境ではなくなったものの、少なくとも初期の環境ではゴーストタイプが中心で現在でも躍進しているあくタイプが多い点から、各世代の中では恵まれた世代といえるだろう。


タイプ相性と特性

タイプ相性

攻撃側タイプ
抜群(2倍)エスパー、ゴースト
今ひとつ(0.5倍)かくとう、あく、フェアリー
効果なし(無効)-
防御側タイプ
抜群(2倍)むし、かくとう、フェアリー
今ひとつ(0.5倍)ゴースト、あく
効果なし(無効)エスパー


タイプ特性

  • 特性いたずらごころによって先制化した技を受けない。
  • 「ねらいのまと」を持つか、ミラクルアイ状態になると、エスパータイプの技が当たるようになる。


余談

あくタイプに強いタイプは以下の三通りだが、なぜ弱点をつけるのかについては公式的な理由はない。
しかしながら、技の傾向などを見ていくと、どうも弱点は正義を連想させるタイプとなる傾向にあるようである。

  • かくとうタイプ
    • 正義の鉄槌を連想させるからであろうか(鉄拳制裁という言葉もある)。
    • その証拠としてせいなるつるぎがかくとうタイプであり、特性:せいぎのこころはかくとうタイプが持っている事が多い。
  • フェアリータイプ
    • フェアリータイプはマジカルシャインてんしのキッス等、RPGで聖属性を思わせる技が多く、一方であくタイプは闇属性に類する扱いをされる。
    • また、妖精は神霊の零落した存在だとも言われており、キョダイマックスブリムオンは『キョダイテンバツ』を使う。なので悪人に天罰を下すイメージと考えても良いだろう。
  • むしタイプ
    • ネット上では「某ヒーローが由来なのではないか?」と説が根強い。ポケモン自体、そうした特撮ものから多分な影響を受けている為、ありえない話でもない。
    • ポケモンガチ勢として知られるヒャダイン氏は悪人はむしろ虫を踏み潰しにいくのではないか?と懐疑的な立場を取っていたが、この説を知った時、かなり納得していた模様(参考)。

エスパーとゴーストに弱点を取れる理由はまったくもって不明。
ネット上でも様々な説が見受けられるが、一番現実的なのはドラゴンタイプに対するフェアリータイプと同様に、弱点の少ないタイプへの相性調節の為だと思われる。

とはいえ、エスパータイプの弱点は虫やお化けなど嫌悪感や恐怖を催すもの=心に影響を与える物が選ばれているという解釈があり(そもそも『サイコ』という単語自体がギリシャ語で『精神』や『魂』を意味する)、あくタイプもその類と見ることが出来る。

覚え方としてはエスパータイプはヨガのポーズや読心術が使えるので、禁欲中の人間に欲望をチラつかせて心を惑わす悪魔(サキュバスマーラ様など)や読心術を持つ超能力者が人間の悪意を覗き見て疲弊するイメージ。この他にも夢を食べるポケモンであれば『悪夢』で苦しむという置き換え方をしても良いだろう。

ゴーストタイプに関しては祟りを恐れない墓荒らしとか、願いを叶える代価に霊魂を持っていく悪魔をイメージすると良いのかもしれない。

同タイプ同士が攻撃する時効果が今一つになるのも確たる説はないが、所謂「同族嫌悪」という言葉があるのでそれが由来なのかもしれない(とはいえ、あくタイプの中には群れで活動する者もいる)。

あくタイプのポケモン一覧

※剣盾(ポケモン剣盾に登場するか否か)が◎になっているものは追加DLCで出現しポケモンホーム開始とともに剣盾に送れるもの、△になっているものは今後のDLCで登場予定となっていることを表します。
伝説のポケモン幻のポケモン太字で記載。

第2世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
197ブラッキー--
198ヤミカラス--
215ニューラ--
228デルビル229ヘルガー--
248バンギラス


第3世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
261ポチエナ262グラエナ--
274コノハナ275ダーテング
302ヤミラミ----
318キバニア319サメハダー--
332ノクタス--
342シザリガー--
359アブソル----


第4世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
430ドンカラス--
434スカンプー435スカタンク--
442ミカルゲ----
452ドラピオン--
461マニューラ--
491ダークライ----


第5世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
509チョロネコ510 レパルダス--
551メグロコ552ワルビル553ワルビアル
559ズルッグ560ズルズキン--
570ゾロア571ゾロアーク--
624コマタナ625キリキザン--
629バルチャイ630バルジーナ--
633モノズ634ジヘッド635サザンドラ


第6世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
658ゲッコウガ
675ゴロンダ--
686マーイーカ687カラマネロ--
717イベルタル----


第7世代

No.初期No.中間No.最終剣盾
727ガオガエン
799アクジキング- ---


第8世代

No.初期No.中間No.最終
827クスネ828フォクスライ--
859ベロバー860ギモー861オーロンゲ
※1(ジグザグマ)※1(マッスグマ)862タチフサグマ
877モルペコ----
892ウーラオス(いちげきのかた)--
893ザルード----
※1(ハリーセン)904ハリーマン--

※1:リージョンフォーム専用の進化。

メガシンカポケモン

ポケモン
メガギャラドス※2
メガヘルガー
メガバンギラス
メガヤミラミ
メガサメハダー
メガアブソル

※2:ひこうタイプからあくタイプに変化する。

リージョンフォーム

ポケモンタイプ(変化前)タイプ(変化後)
アローラコラッタノーマルあくノーマル
アローララッタノーマルあく・ノーマル
アローラニャースノーマルあく
アローラペルシアンノーマルあく
アローラベトベターどくどくあく
アローラベトベトンどくどく・あく
ガラルジグザグマノーマルあく・ノーマル
ガラルマッスグマノーマルあく・ノーマル
ガラルファイヤーほのお・ひこうあくひこう
ヒスイハリーセンみず・どくあく・どく
ヒスイダイケンキみずみずあく


フォルムチェンジ

※任意で姿やタイプを変更(チェンジ)できるもののみを言う。そうでないものは含まれない

No.ポケモンフォルムチェンジ
493アルセウスこわもてプレート
658ゲッコウガサトシゲッコウガ
720フーパときはなたれしフーパ
773シルヴァディダークメモリ


あくタイプポケモンの主な使い手

カリンブラッキー
悪の美学!
カリンカゲツ
四天王(ジョウト)四天王(ホウエン)
乾坤一擲
クチナシさんは静かに暮らしたい
ギーマクチナシ
四天王(イッシュ)しまキング(アローラ)
ネズ
マジ可愛い
ネズマリィ
ジムリーダー(ガラル)ライバル(ガラル)



あくタイプつかい



その他のタイプ

ノーマルタイプほのおタイプみずタイプ
でんきタイプくさタイプこおりタイプ
かくとうタイプどくタイプじめんタイプ
ひこうタイプエスパータイプむしタイプ
いわタイプゴーストタイプドラゴンタイプ
あくタイプはがねタイプフェアリータイプ


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモンのタイプ一覧 ポケモン技絵
GSC RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンBW2 ポケモンXY ORAS ポケモンSM ポケモンUSUM LPLE ポケモン剣盾 BDSP

バッドガイ
悪タイプ表記揺れ

関連記事

親記事

ポケモンのタイプ一覧 ぽけもんのたいぷいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「あくタイプ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「あくタイプ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3373892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました