ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第5世代
いりょく55
めいちゅう100
PP15
タイプひこう
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考使用者が「どうぐ」を持ってない場合は威力が2倍になる
英語名Acrobatics


概要

第5世代から存在する技。
使用者が「どうぐ」を持っていないときに攻撃すると威力が2倍になる。
技マシンの技なので汎用的な技…のように思えるが…(後述)

威力こそ55と低いものの「どうぐ」さえ持っていなければ常時威力110が見込めるのでシナリオ上では勿論、通信対戦でも使い捨ての道具と相性が良い。
特に第5世代では「ひこうのジュエル」とのコンボ、通称「ジュエルバット」と言う戦法が流行しており、主にアーケオス等で採用される事が多かった。
ブレイブバードと比較されがちだが、習得者はかなり違うので差別化自体は可能である。

強力な技だが、実は見逃す事が出来ない大きな問題がある。
それは大半の物理型ひこうタイプが覚えられないと言う事。
何故かハッサム(進化前のストライクはひこうタイプ)やらサザンドラやら、ひこうタイプの付いていないポケモンばかりが習得してしまう。
鳥ポケモンに至っては第6世代現在まで習得できるのはヤヤコマ系統ただ一種。
ブレイブバードを使える彼らよりオニドリルケンホロウにあげてください…。
アーケオス?あれは始祖鳥です。ルチャブルは鳥…なのかなァ…。
故に第5世代ではフウロがくれる技マシンなのに切り札のスワンナが覚えていないと言うチグハグにも程がある状況になっていた。

第6世代ではジュエルが消滅した為、ジュエルバット戦法は出来なくなった。
その為この技の価値も低下したが、アイテム消費が前提の特性であるかるわざと相性が良いので、ルチャブルやフワライド等に採用されている事が多い。また、新たに追加されたじゃくてんほけんという、弱点技を受けると攻撃・特攻を2段階ずつ上昇させる強力な消費アイテムの追加によって、弱点の多いポケモンであればウェポンの一つとして考慮できる。

第8世代では技マシンに抜擢。テッカニンなどがが習得。前述したケンホロウブレイブバードを習得したので、アクロバットを覚える必要は無くなった。
ちなみに、特性テクニシャンだと、道具を使用していない状態の威力が上がるが、使用後の威力は同じである。これは、例えばリベンジも同じである。

関連タグ

わざマシン一覧 フウロ シャドークロー

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アクロバット(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1152

コメント