ピクシブ百科事典

インファイト

いんふぁいと

インファイトとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

インファイトとは、

  1. ボクシング用語。相手の懐に接近(突撃)して戦うスタイルのこと。
  2. ポケモンの技の一つ。本稿で解説。

データ

初出第4世代
威力120
命中100
PP5
タイプかくとう
分類物理
範囲単体
直接攻撃
効果自分の防御と特防が1段階下がる
英語名Close Combat


概要

第4世代から存在する技。
守りを捨てて、相手の懐に飛び込んで相手を攻撃する技。
その威力は何と120、更に命中率100と、高威力高命中率を両立している。
第4世代特有の威力インフレの代表的な技。

「守りを捨てる」だけあって技を使った後は自身の防御と特防が1段階下がってしまう。
だが、自分の体力を削るわけではないので「きあいのタスキ」等との相性が良い。
ばかぢから」と違い、攻撃力を落とさず連発できるのもメリット。

習得者はやはりかくとうタイプが中心だが、誰でも彼でも習得できるわけではなく、懐に飛び込めるほどの身軽なポケモンが多い。
また、懐に飛び込めれば人型のポケモンでなくとも構わないためか、聖剣士ウインディゼルネアスカマスジョーも習得できたりする。
この技を初めて見たのがムクホークと言う人も多いのではないか。
そして第7世代で遂にとても懐に飛び込めるようなポケモンではないバンバドロまでもが習得しだした。懐に一気に飛び込めるような反射神経の持ち主とは一体…。

高威力の安定技故かくとうタイプの標準装備のように思われがちだが、その反動デメリットの都合上、主に耐久を最初からかなぐり捨てて素早さと火力に主眼を置いたタイプのかくとうタイプとは相性が良い一方、ローブシンのような鈍足高耐久のポケモンは折角の耐久力が台無しになってしまうので、そこらの種族値との兼ね合いを考える必要がある(ローブシン等の場合主にメインウェポンになるのはドレインパンチ等か)。
サブウェポンとしても優秀で、リングマザングースがメインウェポンの通りにくいいわタイプはがねタイプ対策に採用する事も多い。
グランブルは第6世代でフェアリータイプになってしまったが、こちらもはがねタイプ対策としての採用も悪くない。

第4世代で教え技に追加された「ばかぢから」や、教え技ではないがばかぢからと取捨一択になりがちな「アームハンマー」、第5世代で威力130となった「とびひざげり」とは競合関係にあるが、習得者に違いがあるので差別化自体は十分可能である。

また、上記の通りインファイトは元々ボクシング用語なのだが、習得者が2足歩行のポケモンばかりではない上に、そもそも動作に体当たりや蹴りも含まれているためか、特性「てつのこぶし」の補正対象外となっている。
一方「かたいツメ」の補正は受けられる。

歴代の演出では拳や脚のようなものを相手に複数回ぶつける演出となっていたが、第6世代の演出は相手の間合いに飛び込んでからラッシュする(拳は残像で見えない)物になっており、特にテラキオンの場合画面が臀部で埋まって見えないなんてことが起きている。
第7世代では遂にポケモンすら映らなくなった…と言うかモーションすらなくなった

第8世代ではわざレコードの一つとして選ばれオノノクスグソクムシャギルガルド等も覚えることが可能に。DLC第一弾後にはサメハダールガルガン等も…より基準が分からなくなってくる気がする…。
だが、オノノクスやギルガルドやグソクムシャは鋼タイプを突破する決め手を求めるならば、サメハダーやルガルガンは悪・岩タイプ同士のミラーマッチを考えるならば、採用も考えられる。

アニメでの扱い

サトシのムクホークが使用している。
攻撃技としてだけではなく、連射された弾をさばく・地面に打ち込んだ反動でのしかかってきた相手の重量を押し退けるといった応用的な使い方もされている。

余談

毎世代少しずつ覚えるポケモンは増えているのだが、何故かドクロッグナゲキは未だに覚えられない。柔道モチーフのナゲキはまだしもドクロッグが覚えないのはなぜなのだろうか…

関連タグ

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技一覧

ばかぢから…似たような技だがこちらは攻撃と防御が下がる。
しんそく…似ても似つかぬ技だが、エフェクトだけは似ている。

ガリョウテンセイひこうタイプ版インファイト

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インファイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224378

コメント