ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

技のデータ

初出第6世代(ORAS)
威力120
命中100
PP5
タイプひこう
分類物理
範囲単体
直接攻撃
効果技使用後、自身の防御・特防が1段階下がる。
英語名Dragon Ascent

技の概要

第6世代(ORAS)から存在する、超高速で流星の如く相手に突撃する大技。


習得できるポケモンはレックウザのみであり、3世代跨いでようやく手に入れた専用技である。


ニコニコ生放送によってその技の存在が判明した。

技の使用後に防御・特防が下がる点も含めてまんま飛行版「インファイト」である。


そしてこの技は「画点睛」でありながらひこうタイプの技であり、外国語名にもモロに「Dragon」とか「龍」とかが入っている。ドイツ語の「Zenitstürmer」(直訳すると「天頂ストライカー」)の方がまだしっくりくる。


とは言え、レックウザは強力なひこう物理技に恵まれておらず、ドラゴン技には事欠かないので妥当ではある。むしろ強力なひこう技を得た事を喜ぶべきだろう。


メガレックウザにメガシンカする為にはこの技の習得が必要不可欠

そして現時点では人に教えてもらう専用技はこの技とメロエッタが習得できる「いにしえのうた」のみである。


しかし、第8世代の『剣盾』ではなんとまさかの自力習得技となった。恐らく、同作でメガシンカが実装されなかったためと思われる。


ちなみに画竜点睛とは「物事を完成する為に最後に加える大事な仕上げ」を意味する。

上記の通りメガシンカのために必要なものであり、ゲーム中でも「レックウザが真の姿になるための最後のカギ」と称されている。


ポケモンGO

レガシー技だがレイドボスやすごいわざマシンスペシャルでは覚えられず、2023年8月に開催されるGoFestのスペシャルリサーチにて入手できる「いんせき」を使用することで覚えることができる


その性能は、習得の難易度に違わず強力。

ジム・レイドではなんと2ゲージ・威力140。あの「ブラストバーン」や「がんせきほう」を大きく上回る威力を持ち、全てのコンボDPSの上位2位を独占した。その代わり硬直の長さは健在で、どのタイミングで発動するかが鍵となる。


トレーナーバトルでは威力150・必要量70、防御ダウンは1段階のみ。しかしながら、レックウザはチャージに長けた通常技を覚えていないので発動に時間がかかるのが欠点。尤も、シールドを貼られると自分の防御を削るだけになってしまう


このように、「だんがいのつるぎ」や「こんげんのはどう」と比べるとジム・レイドに向いている技と言えよう。


関連タグ

レックウザ メガレックウザ わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵 物理技 専用技 ドラゴンタイプ

関連記事

親記事

専用技 せんようわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51889

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました