ピクシブ百科事典

ブラストバーン

ぶらすとばーん

ブラストバーンとは、ポケットモンスターシリーズに登場する技である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代(FRLG)
タイプほのお
威力150
命中90
PP5
分類特殊
範囲相手一体
直接攻撃×
備考使ったポケモンは次のターン、反動で動けない。


概要

第3世代初登場の技。ブレストバーンではない
上記データからも分かるように炎タイプ版はかいこうせん
習得できるのは炎御三家の最終進化形2015年の映画の前売り券にて入手可能なアルセウスのみである。

150という威力は魅力的ではあるが、実際の使用率は低い。
と言うのも、オーバーヒートだいもんじは疎かかえんほうしゃを2発撃った方が総合ダメージは大きくなるからである。
バクフーンに至っては同威力(最大体力時だけだが)の「ふんか」があるので必要ない。
採用するなら「もうか」発動時の最後っ屁として使うと良いだろう。

……と思っていたら、ポケモンSMポケモンUSUMZワザ「ダイナミックフルフレイム」や、ポケモン剣盾ダイマックス技「ダイバーン」、リザードンの「キョダイゴクエン」のベース技として需要が出てきた。
他の技に比べて威力が高くなる上にダイマックスであればそれまで不可能だった連発もできるため、採用率が高まっている。
場合によっては素で使うこともなくはないようだ。

なお、こだわりメガネをかけたひかえめサンパワーリザードンのブラストバーンは、果てしない火力を叩き出す。その火力、無振りハピナスが9割以上の確率で一瞬で消し炭になる程
半減でもHP振りスイクンが4割強の確率で蒸発する
無効にする手段は多かれど数値や半減耐性で受けることはとてもでないが不可能である。ハピで止まりません。
ちなみにミュウは覚えることができない。

メディアミックスでのブラストバーン

ポケットモンスターSPECIAL

ほのおタイプの究極技として登場。
グリーンのリザードン、ゴールドのバクフーン、サファイアのバシャーモが使用する。

アニメ版

ハイドロカノンハードプラントと違いなかなか登場しなかったが、「最強メガシンカ」にて、アランメガリザードンXが使ったことでようやく登場した。

ポケモンGO

マンスリーイベント:コミュニティ・デイにおいて、炎御三家を最終進化系へと進化させることでこのブラストバーンを習得できる(今後もコミュニティ・デイが続けば、エンブオーも習得できるようになる可能性が高いので、今のうちに個体厳選を行っておくのが良いだろう)。

その内容は、威力110の1/2ゲージ技となっており、コストパフォーマンスに非常に優れた大技となっている(当初は100だったが正式実装時に修正された。ちなみに、この数値は「げきりん」と同じである)。
特にバシャーモに関しては、元より攻撃種族値が高かったこともあり、これを習得したことで火力がファイヤーに匹敵しかねないほどにまで一気にパワーアップ、一躍ほのお最強ポケモンの一角に名乗りを上げる程の強キャラと化した。
また、ゴウカザルもこれまで習得できた技が威力70の2分割ゲージ技「かえんほうしゃ」止まりであったため、この技を習得できるようになったことで、ようやくほのおタイプの進化系として真っ当な活躍ができるようになった(それでも種族値の関係上、ライバルであるバシャーモには勝てないのだが…)。

1/2ゲージ技であるというメリットは案外大きく、フルゲージ技である「オーバーヒート」を習得した他のほのおポケモンよりも小回りが利きやすくなり、さらにある程度連射が利くため結果的に火力も出しやすいと、正に至れり尽くせりである。
なお、本編では反動で次ターンは行動できないというリスクがあったが、本作ではその代わりに発動から相手に命中するまでおよそ3秒のタイムラグが発生するという弱点がある。元より耐久性にやや難がある炎御三家にとっては決して無視できないデメリットである。
発動中に攻撃を当てられて体力を0にされてしまっては元も子もないので、技を繰り出すタイミングにしっかり気を配っておく必要はある。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
ほのおタイプ
ポケモン御三家
消したらブラストバーン

他のポケモン御三家究極わざ
ハードプラント ハイドロカノン

関連わざ

・とくしゅ
はかいこうせん ときのほうこう プリズムレーザー ムゲンダイビーム
・ぶつり
ギガインパクト がんせきほう スターアサルト

ポケモン御三家限定わざ
くさのちかい ほのおのちかい みずのちかい

関連記事

親記事

はかいこうせん はかいこうせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラストバーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20137

コメント