ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

ポケットモンスター ソード・シールド』から登場するシステム。

ポケモンがぬしポケモンすら可愛いレベルに超巨大化するという特殊な現象で、現在のところガラル地方でのみ確認されているという。


ダイマックスはガラル粒子と呼ばれる粒子によって発生するとされる。そのため粒子が発生している場所(パワースポット)でしか使用できず、ガラル地方のジムスタジアムは一部を除きパワースポットに建造されている。

以前は頑丈な石組み造りのスタジアムで行われていたが、現在は収容人数が見込める様にナックルスタジアム以外は改修されている。


そして、特殊な鉱物を組み込んだアームバンド型デバイス「ダイマックスバンド」があれば、トレーナーが任意のタイミングでポケモンをダイマックスさせることが可能となる。

ジムバトルでは推薦状だけでなく、バンドに必要なアイテム『ねがいぼし』も必須であり、特別なトレーナーだけが厳選されている最たる理由でもある。

ダイマックス手に汗握るダイマックス、トレーナーの額には冷汗

一度ポケモンをモンスターボールに戻した後、そのボールがバンドから送られるエネルギーによりビリリダマサイズのデータグリッド状の物へと変化(ボールの種類を問わず、外見はプレミアボールと似たものになる)。そこからダイマックスしたポケモンが登場する。


このとき、各キャラクターごとに独自のモーションがあり(例外あり)、各々の個性がよく表れている。例えばヤローは巨大化したボールを収穫した野菜のように撫でたのち投げ、キバナはスマホロトムで自撮りした後にボールを投げる。

主人公ちゃん

また、バンドがあればダイマックス状態にあるポケモンも捕獲する事が可能であり、その際はボールが同様の変化を遂げ、迫力満点のゲットシーンが展開される。


ダイマックス中は一部の能力値が上昇し、さらに全ての技が強化された「ダイマックスわざ」に変化する。

また発動中はエフェクトとして、空模様がマゼンタ色の渦巻く暗雲へと変わる。加えてダイマックス中に倒されるとエネルギーが爆発し、元のサイズに戻りながら倒れるシーンが発生する。


全てのポケモンがダイマックス可能で、中にはダイマックスすると能力だけでなく、姿も変化するキョダイマックスを使用できるポケモンも存在する。


上記の様にわざが強化される、特定のポケモンの姿が変化するのという意味では「メガシンカ」と「Zワザ」の良いとこ取りな要素であるとも考えられ、本作ではその二つの要素は登場しない。


元々全てのポケモンには身体を縮小する能力が備わっており、ダイマックスは上記の要因でその性質が逆に発現したものではないかとのファンの考察も存在する。


ダイマックスの乱用はポケモンへの負担があり暴走する危険性もあるので、制御下にある対戦では短時間しか使用できない。

パワースポットさえあれば人の手が無くともガラルの自然化で起こり得る現象である為、突然の巨大化や暴れる危険など、本来は人間とポケモン両サイド共に自然災害に近い現象で、アニメではキョダイカビゴンがワイルドエリアの線路を塞ぐ実害も発生していた。


だが、ローズがバンドの開発やスタジアムの改良などを行った結果、エンタメ競技として導入が可能となり、対戦文化として人々に受け入れられる様になった。しかし10年程とそう年月は経過していない為、ネズのようにダイマックスを嫌う者もいる。


また本編のゲームでは仕様上ありえなかったが、アニメではサトシのピカチュウのZ技(1000まんボルト)とダンテのキョダイリザードンのキョダイゴクエンのぶつかり合い、更に前のメガルカリオのメガシンカの強い力が空間を震わせガラル粒子が増大しキョダイマックスが解除されても黒い雲が晴れない異常現象が発生しており、バランスが狂えば何が起きるか分からない危険性が示唆されている。


ちなみに誤解されがちだが、ダイマックスバンドは任意発動を行う為のツールで、ダイマックス自体は要件さえ満たせばポケモン1匹でも起こす事は可能。


ダイマックスの仕様編集

  • 1回のバトルで1度しかダイマックスできず、3ターン経過すると元の大きさに戻る。
  • HPが最大2倍まで増加する(ダイマックスレベルによって増加量は変化する)
    • 1/4といった割合ダメージはダイマックス前のHPを基準とする。
    • がむしゃら」で与えるダメージもダイマックス前のHPを参照する。
  • ひるみ状態にならない
  • どく、まひ、やけど、こんらん、こおり、メロメロ、ほろびのうた状態にはなる
  • 状態異常で行動できなかった場合もターンは消費される
  • メガシンカ、Zワザと違い、どんな持ち物を持たせてもダイマックスは発動可能
    • ダイマックス中も持ち物の効果は発揮される(下記の例外を除く)
  • 以下の技や効果を受け付けず無効化する
  • こだわりアイテムや「ごりむちゅう」の効果を無視する
  • 控えとの交代によって解除され、再度出す場合は通常のポケモンに戻っている。
    • ききかいひ」「だっしゅつパック」等の味方側に由来する強制交代は無効化されない。
  • ダイマックスすると、そのポケモンが展開していた「みがわり」は消失する。
  • メガシンカ、Zワザ同様に発動時のアニメーションはカットできない
  • ダイマックスポケモンにへんしんを使うと、通常サイズのポケモンに変身する。
    • 変身後にダイマックスしても解除される事はないが、キョダイマックス形態にはならない
  • なお、マックスレイドバトルでは上記の仕様に一部例外が盛り込まれている他、独自の仕様も存在する。これらについては「マックスレイドバトル」の記事を参照。

ちなみにアニポケでは戦闘不能になる、ダイマックス技を3回使用する、ダメージを受けて強制解除されるといった場合に元の大きさに戻るようになっている。



ダイマックスわざ一覧編集

技のタイプダイマックスわざの名前追加効果
ノーマルタイプダイアタック相手全体のすばやさを1段階下げる
ほのおタイプダイバーン天候を「ひざしがつよい」にする
みずタイプダイストリーム天候を「あめ」にする
でんきタイプダイサンダーエレキフィールドを展開する
くさタイプダイソウゲングラスフィールドを展開する
こおりタイプダイアイス天候を「あられ」にする
かくとうタイプダイナックル味方全体のこうげきを1段階上げる
どくタイプダイアシッド味方全体のとくこうを1段階上げる
じめんタイプダイアース味方全体のとくぼうを1段階上げる
ひこうタイプダイジェット味方全体のすばやさを1段階上げる
エスパータイプダイサイコサイコフィールドを展開する
むしタイプダイワーム相手全体のとくこうを1段階下げる
いわタイプダイロック天候を「すなあらし」にする
ゴーストタイプダイホロウ相手全体のぼうぎょを1段階下げる
ドラゴンタイプダイドラグーン相手全体のこうげきを1段階下げる
あくタイプダイアーク相手全体のとくぼうを1段階下げる
はがねタイプダイスチル味方全体のぼうぎょを1段階上げる
フェアリータイプダイフェアリーミストフィールドを展開する
変化技ダイウォールフェイントを除く全ての技を完全に防ぐ。連続で使うと失敗しやすい

ダイマックス技の仕様編集

  • ダイマックスわざの威力は、基本的に元の技の威力に応じて決まる。ただし、ダイマックスわざの追加効果で攻撃系の能力が上がるダイナックル/ダイアシッドは、同じ威力の他のタイプの技と比較してダイマックスわざの威力が低い。その為「インファイト」「ダストシュート」等の高威力わざはかえって威力が低下してしまう
元の威力ダイマックスわざの威力かくとう(ダイナックル)/どくタイプ(ダイアシッド)の威力
10~409070
45~5010075
55~6011080
65~7012085
75~10013090
110~14014095
150~250150100

※例外として、マルチアタックアシストパワーつけあがるウェザーボールだいちのはどう

ライジングボルト連続攻撃技、威力が変動するわざ、ダメージ固定技といった一部技の威力は上記の表に対応していない。


  • 変化わざは天候操作・積み技・妨害技等の種類を問わず、どんなものであっても「ダイウォール」に変化する
  • 大まかな概要はZワザとほぼ同じ
    • どのダイマックスわざも原則的には必中技で、全てが非接触技扱いとなる
    • タイプと物理・特殊の分類、単発威力だけが抽出され、元々の効果やデメリットは失われる
    • 相性・特性で無効になるポケモンには不発に終わり、追加効果も発動しない
    • 「ダイウォール」以外の「まもる」系防御技を貫通し、威力を落とした状態でダメージを与えられる

  • 全ての技が「非接触技」であり、「特定の分類の技」に含まれない

  • ダイマックスわざの追加効果は「みがわり」や「りんぷん」で防ぐ事が出来ない
  • Zワザと違い、「フェアリースキン」や「オーラぐるま」等によるタイプ変化は反映され、変化後のタイプに応じたダイマックスわざが発動する。
    • スキン系特性はタイプ変更効果のみが適用され、威力上昇は行われない。
    • ダイマックス技の追加効果は「ちからずく」の適用対象外。「ちからずく」のポケモンがダイマックス技を使用しても追加効果は失われず、技の威力も強化されない
  • キョダイマックスわざについては「キョダイマックス」の記事を参照。

対戦において編集

以上の点や3ターンの制限、そしてダイマックス技の追加効果が軒並み強力なことから、アタッカーの素質のあるポケモンにはダイマックス適性があると言え、

等とは相性が良く、


等とは相性が悪い。


基本的にダイマックスアタッカーとして運用するならば攻撃技を4つ採用した所謂フルアタ型が望ましいが、最近では相手のダイマックスに対抗するため、そしてあらやる場面でターン調整に活用できる点から、技スペースを多少圧迫してでも変化技を取り入れ、「ダイウォール」を採用しているトレーナーも多い。

耐久型のポケモンの場合、ダイマックスでHPが上昇することを利用して相手のダイマックスエースを止めるためにダイマックスを使うという戦法が取れるため、必ずしも耐久型に不利というわけではない。


ダイマックスによって、「はかいこうせん」、「ソーラービーム」、「オーバーヒート」といった「威力は高いが大きなデメリットが存在し、普段使いがしづらい技」のデメリットが打ち消されることから、これらの技の採用率が急上昇している。

また、「ゴーストダイブ」や「そらをとぶ」等「1ターン戦線離脱して次ターン攻撃する技」も、相手のダイマックスターンを浪費させる手段として注目を集めている(ただし、相手の特性が「ノーガード」であった場合は普通に攻撃を当てられてしまって意味がないので注意)。


ポケマスにおいて編集

ポケマスではガラルのトレーナーが来た際は特に実装がされていなかったが、2周年前夜祭でのイベントにてパシオにムゲンダイナが襲来し、それを倒してダンテがゲットしたが、その影響でパシオでもダイマックスができるようになったという設定で導入され、以降はガラル地方出身に限らず他の地方のトレーナーがダイマックスを使用するようになった。


レッドさんとカビゴン
滅びぬ野望で 全世界を支配する!
マジコスホミカ!



ダイマックスを使用するガラル地方以外のトレーナー一例

レッド

サカキ

ミクリ

・ネジキ、コクラン以外のシンオウフロンティアブレーン

ゲン

カミツレ

ホミカ

リラ

キリヤ


ポケマスでのダイマックスの仕様は

・戦闘中1体につき、一回のみ使用可能

・バディーズダイマックス技を使った際はバディーズ技カウントが回らない。

という仕様になっている


余談編集

もしもホエルオーがダイマックスポケモンだったらポケモン四コマその141

その怪獣映画のごとき絵面はかなりのインパクトを誇り、ネット上では「ただでさえ巨大なホエルオーアローラナッシーがダイマックスしたらどうなるのだろう」という声が続出した。

ダイマァァァックス!!

逆に、最も小さなバチュルなら人間サイズに収まるのではという声も。


実際のゲーム画面では巨大化したライチュウギャラドスが同じ大きさで処理されており、残念ながら期待には沿えない。ホエルオー等はダイマックスする事でようやく相応の大きさに見える位である。


ソードシールドたのしみだなあーーー!!ダイマーーックス

何にせよ、どんなポケモンでも巨大化できるという夢の広がる公式設定であり、Pixiv等のネット上でも、自分の好きなポケモンを大きくしてじゃれついている微笑ましいものや、


ポケモン剣盾りんごとか色々センシティブな作品

何故かトレーナーの方(主に女性キャラ)が巨大化するといったネタ絵まで、幅広く描かれ始めている。


キョダイマックスエルレイド

またメガシンカ予想同様、非公式にキョダイマックス姿を予想するタグもある。


なお、各種演出から推測するに、元ネタの1つはおそらくウルトラマンであろうと思われる。

ぐんぐん大きく

ポケモンを巨大化させる際に所謂「ぐんぐんカット」と同様三段階を踏んで巨大化する演出があるほか、3ターンしかダイマックス形態を維持できないのも「地球上での活動時間に制限が設けられている」というウルトラヒーローをはじめとする巨大ヒーローの弱点を意識したものである可能性が高い。

もっとも、ポケモンの元ネタ自体が『ウルトラセブン』のカプセル怪獣であることを考えれば、そこまで突飛なことでもなかったりするが。


また、ガラルのモチーフになったイギリスには巨人伝説が存在するため、それに絡めているとも考えられる。


ちなみにダイマックスとは関係は無いが初期のアニメポケモンの話の中に「巨大ポケモンの島」と言うエピソードがあった。サトシ一行とムコニャが奇妙な島に迷い込んだがそこは巨大なピカチュウやリザードンが蔓延っていると言う異常で奇妙な島だったがその巨大ポケモンは単なるロボットでその島はただのテーマパークであった。

また、シルエットではあるが、巨大なカイリューが登場したこともある。


関連タグ編集

ポケモン剣盾 ポケモンバトル 巨大化 巨ケモ

キョダイマックス


ダイマックストレーナー いないマックス


科学戦隊ダイナマン英語スペルにすると一字違いになる(dynamax、dynaman)。


オヤブン……ヒスイ地方に存在する通常より大きい個体。こちらのサイズは恒常的。


魔界戦記ディスガイア7 「弩デカ魔ックス」と言う巨大化システムがある。ある意味後輩で奇しくも名前まで似ている。


















全てのポケモンがダイマックスできる」という触れ込みのダイマックスであるが、実際にはザシアンザマゼンタムゲンダイナのガラル伝説3匹だけはダイマックスする事ができない(バドレックスは特殊で、ダイマックスできるが、立ち上るオーラが青くなっている)。

なお、それ以外の伝説ポケモンにはこうした制限は無く、ポケモンホームを介して他作品から連れてきたものや、ダイマックスアドベンチャーで得られるものなどは問題無くダイマックスが可能。


この3匹はきょじゅうざんきょじゅうだんダイマックスほうという対ダイマックス特効の専用技を持っており、元々の種族値と合わせてダイマックスポケモンにも引けをとらない。攻めに関してはダイマックス不可がハンデにならないということである。



公式サイトの説明では、高層ビルに爪を立てる、じゃれついた相手を巨体で押しつぶす等の実際に背丈や図体が上昇していなければ不可能な記述も見られているが、クリア後に語られるマグノリア博士の見解では、ダイマックスしている最中もポケモンの元々の大きさは変わっていないと言われている。


その為、正確には細胞増殖などで肉体を肥大化させているのではなく、『特殊なエネルギーで"そのポケモンと重なる空間"だけが歪む事で、擬似的に存在を拡張している』のだと思われる。体重依存の技が効果を発揮できないのもこういった空間の歪みの発生と何か関係があるのかもしれない。



起源は定かではないが、ムゲンダイナの図鑑説明から、ガラル地方に落ちて来た隕石(ムゲンダイナはこれに乗ってやって来たと言われている)が原因だと考えられる。この隕石の落ちて来た時期は2万年前とされており、同じく隕石が起源とされるメガシンカイルミナ現象よりも古い現象である事が窺える(前者は三千年前、後者は二千年前に初めて確認された)。異世界から齎されたZワザやメタ的なフォルムチェンジ第1号であるデオキシスを含め、ポケモンに不思議な力を与える現象は「未知の領域」から齎される傾向にあるようだ。

関連記事

親記事

ポケモン剣盾 ぽけっともんすたーそーどしーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7877280

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました