ピクシブ百科事典

サカキ

さかき

ポケットモンスターシリーズの登場人物である。「ロケット団」という悪の組織のボスでありカントー地方のジムリーダーでもある。(曖昧さ回避付き)
目次[非表示]
  1. 樹木、または別作品のキャラクターのさかきについては「」を参照。
  2. フラワーナイトガール花騎士に関しては、サカキ(花騎士)を参照。タグに関してもリンク先の物を使用する事を必須


概要

ロケットだんのボス
TEAM ROCKET LEADER


ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「赤・緑・青・ピカチュウ」バージョン、そしてそのリメイク版である「ファイアレッド・リーフグリーン」「LPLE」に登場した悪の組織「ロケット団」のボス。
加えて、「ウルトラサン・ウルトラムーン」に新登場する「レインボーロケット団」のボス。
また、同作品上に登場する「トキワシティジム」のジムリーダーでもある。海外名は「Giovanni」。

歴代「悪の組織のボス」の中でも、思想的な目的を持たない「現実的な悪の首領」というスタンスで描かれる。
外見はオールバック風の髪型にマフィア風のスーツを着用。じめんタイプのポケモンを愛用している。
LPLEでは指輪をつけていた。

例外として故郷で捕まえたスピアーを特別に愛用しているのは漫画版の設定であり、詳しくはサカキ(ポケスペ)を参照。またペルシアンを用いるのは後述のアニメ版からの逆輸入である。

「ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ」および「FRLG」および「LPLE」

本編ではゲームコーナー地下の秘密基地に侵入した主人公と初対面。「悪事を働き、大儲けするロケット団」と組織の恐ろしさを高々と語った後にポケモンバトルを挑むが、敗北。このときサカキは敗北を潔く認め、主人公がポケモンを思いやっていることに気づいている。そして再び戦闘を望む事を示唆しながらアジトを去って行った。その後、シルフカンパニーと提携するため本社を占拠し、社長と取引を進めるが、またしても主人公が乱入。大人の会話に口を挟むなと言うが、聞き入れるはずもなく再戦し、敗北する。この件によりロケット団は壊滅状態になる。また、マスターボールの一般販売を中止する原因にもなった。
その後はジムリーダーとして正々堂々、真っ向から主人公に勝負を挑むも、敗退。
敗退後はロケット団解散を正式に宣言。己の無力さに対する責任を取る形でジムリーダーを辞任。
自身を鍛えなおすために人里離れた土地で修行するといって消えた。(そのためトキワシティジムは、グリーンの就任まで長らくジムリーダー不在という状況だった)

悪の組織のボスであるにもかかわらず、本質的には高潔な武人肌の持ち主であり、ジムリーダーとしてきちんとバッジを渡し、技マシン「じしん(じわれ)」までくれるなど、ジムリーダーとしての仕事にも彼なりに愛着を持っていた事が伺える。

他のジムリーダー達との交流があったのかは不明だが、彼が辞任したのは万が一、ロケット団のボスであった時の罪が明るみになってしまった場合、他のジムリーダー達があらぬ疑いをかけられないようにする為でもあったのかもしれない…。

LPLE版ではグラフィックの進化による顔芸とチンピラ臭い口調も相まって、小物臭を感じたというトレーナーも少なからずいる様子。金銀編以降の作品やアニメの影響を強く受けているトレーナー達からはギャップを感じる点だったのだろう。だがそこがいい。

後の作品にて、同じく悪の組織に与するリーグ関係者が現れるが、根っからの悪人であるその人物とは比べてはいけないだろう。

「金・銀」および「HGSS

幹部アポロ(金・銀では名前設定無し)を中心として解散後の残党たちが再結集し、ロケット団を再建するため行方不明のサカキを呼び戻そうとラジオ塔を占拠するなど暗躍するも、主人公たちの活躍によりその野望は潰える。

サカキ自身は結局現れず行方不明という形だったのだが、下記のHGSSイベントでは組織を束ねるボスとしての自分の甘さを認め、組織の再興に向けて修行に旅立つ三年前の姿を見ることができる。組織、そして人は協力し合うことでより強い力を生み出すという哲学を説き、悪の首領でありながらも正義のように仲間を信じる、純粋な資質を感じさせる。

そして、かつての部下たちが自分たちの力でコガネシティを制圧し、ラジオ塔を通してロケット団の再興と首領の帰還を呼びかけ、その嘆願に応じて再び姿を現そうとするも、タイムスリップしてきた主人公に阻止され、サカキとロケット団の三年間に及ぶ努力は泡と消えたという結末を迎えている。

それから数年後、ポケモンワールドトーナメントでは一転して改心し、さらなる修行を重ね、元カントージムリーダーの一人としてトーナメントに参戦した。とは言っても元犯罪組織の首魁である為、警察に捕まって罪を償ったのか、警察から身を隠して参加してるのかは謎なのでそこを突っ込まれる事もしばしば。

「息子がいる」

「FRLG」でストーリーに関わってくる研究員が、サカキには「あかいいろのかみ」をした息子がいると口走る。
「あかいかみのしょうねん」はそこまで多くはないものの、「今までのシリーズに出てきたトレーナー」とは限らず、当時は誰が息子なのかは判明していなかった。
しかし、映画「幻影の覇者 ゾロアーク」でもらえるセレビィを連れているとHGSS内で見ることが出来るイベントで遂に「金銀(HGSS)のライバル」が息子であると明言され、長年の疑問に終止符が打たれた。

R団



ちなみに、それまではライバルの他に「ワタル」がサカキの息子ではないかとささやかれていた他、ポケットモンスターシリーズ全体で公式に親が誰であると証明されていない(=サカキの息子の可能性があった)「髪の色が赤い男性キャラ」は以下の通りである。
アニポケヒロシ
金銀ワタル
RSEマツブサカゲツ
DPtオーバ
HGSS…ロケットだんしたっぱ ♂(どちらかといえばピンクかもしれない)
などがいるが、一部年齢的に無理があるキャラクターもいる。

ウルトラサン・ウルトラムーン

2017年11月17日発売のポケモンUSUMの紹介PVにて、過去作に登場した歴代悪の組織の(シナリオ内で現役活動中のグズマルザミーネは除く)束ね、レインボーロケット団を立ち上げた彼の姿があった。
切り札はまさかのミュウツーであり、さらにメガシンカも行う。
身に着けているバッジは形こそ旧ロケット団のものと同じ形状だが、組織名が示す通りに虹色になっている。

殿堂入り後のエピソードRRで突如エーテルパラダイスに現れエーテル財団代表のルザミーネの屋敷を占拠する。全ての世界を支配しUB軍団を作ることを目論み財団の科学力に目をつけ、UBの力でルザミーネに催眠をかけ自分の忠実な部下にしようとした
他の5人のボスを破ったトレーナーが子供であることに驚きつつも、主人公の実力を称えその力を自分の下で使ってみないかと問いかける(このとき「はい」を選ぶと「冗談を言えるか」と言われる)。

主人公に敗れると潔く負けを認め、部下共々屋敷から姿を消した。そしてエピローグでは「次はどの世界で悪だくみをしようか」という、勘弁してほしい前向きな発言と共に別世界へと渡って行った。
なお、この時の台詞からも、本作に登場したサカキは『RGBY』~『BW2』に登場してきたサカキとは別人で、他の悪の組織のボス達と同様、平行世界から来た存在である可能性が高い

歴代ボスと違い唯一専用BGMがなかったが今回で初めて専用BGMが用意された。
なお、エピソードRR終了後もバトルエージェントのボスとして登場する。

手持ちポケモン

トキワジムリーダー


じめんタイプのポケモンの使い手。前述の通り、ジムリーダーでありロケット団のボスであるということから、ジムリーダーとしては非常に特殊な部類に入り、3度に亘って主人公と戦うことになる。
なお、初代はジムリーダーのポケモンも自然に習得できる技しか覚えていない。つまり、ニドクインやニドキングは「ひっかく」や「どくばり」など最低レベルの技を使ってくる。結果的にジムリーダーの中でもかなり弱い部類となってしまっていた(ただし黄では、レベルが上がっており技も強力な構成になっている)。
切り札となるポケモンはサイドン。BW2では進化系を得られたドサイドンを切り札に選定している。

赤・緑・青・黄・FR・LG・LP・LE

ロケット団アジト(赤・緑・青・黄・FR・LG)


ロケット団アジト(LP・LE)
  • ペルシアンLv.35
  • サイホーンLv.35

シルフカンパニー(赤・緑・青・黄・FR・LG)

シルフカンパニー(LP・LE)
  • ペルシアンLv.39
  • サイドンLv.39
  • ニドクインLv.39

トキワジム(赤・緑・青・FR・LG)
何故かリメイク版ではサイドンがサイホーンに変更されている。
その為、敵を倒した後に経験値を最も多くくれるのはニドキングだったりする。

トキワジム(黄)
  • ダグトリオLv50
  • ペルシアンLv53
  • ニドクインLv53
  • ニドキングLv55
  • サイドン Lv55

トキワジム(LP・LE)
  • ダグトリオLv49
  • ニドクインLv49
  • ニドキングLv49
  • サイドン Lv50
※LPLEでは、傍にペルシアンを置いているにも関わらず、何故かジム戦では使用しない。
ジム戦ではあくまでも、地面タイプのみを使うというスタンスだったのだろうか…?

ポケモンスタジアム2

ジムリーダーの城・表

  • ペルシアン
  • ダグトリオ
  • ニドクイン
  • ニドキング
  • サイドン
  • ケンタロス

ジムリーダーの城・裏

HGSS

隠しイベント

  • ガルーラ Lv40
  • ニドキングLv42
  • ドンカラスLv43
  • ニドクインLv46
HGSSでの対戦はFRLGの後日談(ラジオ塔占拠時)なのだが、ニドキングのLvが下がっているのはどういうことなの…

BW2

PWT・カントーリーダーズ


PWT・ワールドリーダーズ

USUM

エピソードRR


バトルエージェント

アニメ版のサカキ

TAB: サカキ と ペルシアン


CV:鈴置洋孝(初代)→三宅健太(2代目)
アニメ版では原作と設定が多少異なるが、原作通りロケット団の総帥兼トキワジムのジムリーダーである等、大元は同じと言える。
初登場時は顔が隠されていたが、シゲルとの対戦以降はっきりと姿を現わす。また、普段から表にはあまり姿を現さないため、サトシたちと対峙したのは番外編『ミュウツー我ハココニ在リ』とベストウイッシュシーズン2の12・13話くらいである(但しミュウツーに記憶改竄されており、自身はサトシと初対面だと認識させられている)。

部下であるムサシコジロウニャースと違い全く油断できない人物として描かれ、ミュウツーメロエッタかがやきさまの力を手に入れる目的ならば精鋭を派遣してコピーポケモン達やサトシ&ピカチュウを人質を取るなど手段を選ばない、非常に冷酷な性格をしている。
カントー地方を中心に、世界中に部下達を派遣・暗躍させ、最強のポケモン軍団を結成させるべく、伝説級のポケモンや珍しいポケモンの確保を命令しているのだが、あくまでも戦力になり得るポケモンを求めており、たとえ珍しくとも使い物にならないポケモンには全く興味が無い。ロケット団三馬鹿は、そういったサカキの意図を理解していない節があり、強大な潜在能力を秘めたピカチュウや伝説級のポケモン、高い戦闘力を秘めた珍しいポケモンだけでなく、どう考えても戦力として使い物にならないポケモンまで狙う等、形振り構わない傾向がある。その為、『無印』の第63話で3人が戦力としての価値があるとは言えないトゲピーを献上して来た際は、「貴様ら今まで何をやっておったんだ!この、恥さらしが!!」と本気で激怒している。
しかし、R団員達によるムサシ達への処刑申告を却下してチャンスを与える等、味方にはなんだかんだと対応が甘かったりする。また、ビーチで日光浴をするなど意外な一面もある。

『ロケット・コンツェルン』という巨大財閥の会長という表の顔を持っており(ロケット団はいわばそのシンジケートや私設軍隊といった顔を合わせ持った組織である)、資金確保を目的としたリゾート地や飲食店の経営にも携わっている為、ロケット団及び自らの傘下にある組織の規模は原作以上に大きいと言える。
なお、財閥会長及びロケット団総帥はの地位は、母親から引き継いだものである事がラジオドラマ『ミュウツー誕生』で判明しているのだが、ジムの経営に関わっていた理由に関しては不明。
ジムリーダーとしては、シゲルとの戦闘描写は見られたが、特定のタイプにこだわらず、重量級のポケモンを扱う。
サトシとのジムバトルはムサシ達が代理を務めていたが、その戦いでジムが崩壊してしまった(ニャースが電気や爆弾等、ロクでもない仕掛けを設置し、作動させてしまったのが原因)のを機に、ジム経営からは手を引いており、その後はカントー四天王の一人であるキクコが臨時のジムリーダーを務めている。
原作と違って、サカキ本人の求心力が失われたり、組織にとって深刻と言える打撃は受けていない為、現在もロケット団を解散する事無くボスの座についている。

ダイヤモンド&パール」編までは会社経営者という顔もあった為にオレンジのスーツを着ていたが、「ベストウイッシュ」編からは軍人を思わせるような服装となっている。
ベストウイッシュ編最終回及び「XY」からは黒スーツ、黒いネクタイ、黒いシャツと黒づくめで身を包んでいる。
SM」ではシャツが白くなっている。

無印」編の金銀以降はニャース妄想によって何かとお茶目な感じを醸し出しているが、本来のサカキの性格とは全く掛け離れている。
なお、ニャース妄想のサカキはニャースの声である犬山イヌコが担当している。

アニメ版の手持ちポケモン

手持ちポケモンというよりはペットという扱いに近く、サカキはペルシアンを非常に可愛がっており、R団のニャースがペルシアンのことを嫌いになった理由の1つである。その一方で戦闘能力は意外と高く、サトシのピカチュウを苦戦させるほど。
アニメ版の設定を反映してか、ゲームのピカチュウ版やポケモンスタジアム2では、ガルーラに代わるノーマルポケモンとして登場する(ジムリーダー戦でも登場する)。

トキワジム戦の切り札。圧倒的な力でシゲルを圧倒した。しかし、その後屋敷を破壊してサカキの元を去っていった。ストーリーがミュウツーの逆襲とリンクしている。

ポケットモンスターTHE_ORIGINのサカキ

サカキ様


基本設定はゲーム版と同じ。声優は小山力也
ゲーム同様最初の顔合わせはタマムシシティのアジトだが、モノローグで片づけられたためバトルの有無は不明。その後シルフカンパニーではレッドを圧倒し、トキワシティジムで決戦となる。
グリーンとも対決し、勝敗は明らかになっていないが、あくまでジムリーダーという立場として相手をした。
しかし、レッドに対しては必要以上に感情的になる節があり、タイプの相性を考えたレッドをおもしろいといい、考え方を失敗すればがっかりするなど、自分でもなぜ彼を気に掛けるのかと疑問を抱き続けていた。トキワシティジムでのバトルでレッドが最後の手持ちであるリザードンを出す際の仕草を見て、彼にかつて純粋にポケモンバトルを楽しんでいた少年時代の自分の姿を無意識のうちに重ね合わせていたことに気付く。そして当時のサカキの手持ちは、奇しくもレッドと同じヒトカゲだった。

激闘の末にレッドに敗れたサカキはグリーンバッジを差し出すが、レッドに「悪の組織のボスからのバッジなんていらない」と断られると、原作通りその場でロケット団の解散を宣言。ロケット団のボスとしてではなく、ジムリーダーとしてレッドにグリーンバッジを託す。レッドはこれに対してやや懐疑的な反応を見せたが、ジムを去る際にはジムに向かって一礼している。その後サカキは、もう一度ポケモンと共に最初からやり直すことを考え始めた。
手持ちはシルフカンパニーではニドクイン、トキワジムでは「取って置き」としてサイホーンとサイドンを使用。
なお、声優を務めた小山氏は無印版ポケットモンスター本編にドクター役で出演しており、テレビアニメ初の出演作でもあった。

ポケモンジェネレーションズのサカキ

カントーで巨大な組織であるロケット団のボスとしてハンサムから追われている。
トキワシティのジムリーダーであることは警察にすらつかめてなかったらしい。
担当声優は大塚明夫

ポケモンGOのサカキ

GOロケット団のボスとしてその名が挙げられているが、現段階ではまだゲーム中には直接登場はしていない(公式Twitter上でシルエットのみ公開されている)。2019年8月に横浜で開催されたリアルイベント「GO FEST 横浜」の会場内で、GO snap shotでポケモンを撮影した際、ドーブルのように低確率で映り込んできたのが現状唯一の登場となっている(なお、外見は本作のキャラクターデザインを手掛けているコザキユースケ氏によりリデザインされたもので、アニメ版やゲーム版と比べるとやや精悍な印象を受けるものに変わっている)。
今後、プレーヤーの分身である世界中のトレーナーたちとどういった形で関わることになるのか、気になるところである。

漫画版での活躍

ポケットモンスターSPECIALのサカキ

サカキ(ポケスペ)参照。

ポケットモンスター(穴久保版)

なんと兄弟がいるという設定。ポケットモンスターのサカキの一般的なイメージは弟の方。
また、サワムラーとエビワラーが兄弟であるという設定はこのサカキ兄弟が使った二体からである。

ポケットモンスター全書のサカキ

公式でも触れられていなかった、ロケット団誕生のきっかけが描かれており、
極限状況での些細な勘違いから、自分のポケモンに見殺しにされたと誤解し、
道を踏み外してしまった悲劇の悪役となっている。
真実を知った際の愕然となった姿は冷酷な悪の帝王ではなく、
見た目は怖いけど自分のポケモンが大好きなトレーナーであった……。
サカキは全書サトシに敗北後失踪するが、組織が強大になりすぎたのでロケット団はそのまま存続する。

ポケモンカードになったワケ

サカキと思わしき少年が登場、長年の相棒であるぺルシアンの出会いが描かれている。
あとがきには息子を髣髴させる長髪のイケメン時代の彼が描かれている。

関連イラスト

pixivではニドキングサイドンといったじめんタイプのポケモンとともに描かれることが多いが、アニメの影響によりペルシアンの場合も少なくない。

最強のジムリーダー「大地のサカキ」
サカキとニドキング
サカキとニドキング
ぼす



ネタ系

ギザみみサカキ
笑ゥせぇるすまん風なボス



関連タグ

ポケモン HGSS ポケモンUSUM
ロケット団 じめんタイプ ジムリーダー ジムリーダー(カントー)
アニポケ ポケットモンスター(無印) ベストウィッシュ
赤い髪の少年 サトシ
サカリフ…サカキとFRLGの女主人公のカップリング

他のトキワジムリーダー
グリーン(ポケモン) キクコ

他のじめんタイプの使い手
キクノ ヤーコン ハプウ

関連記事

親記事

ロケット団 ろけっとだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サカキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7801507

コメント