ピクシブ百科事典

GOロケット団

ごーろけっとだん

GOロケット団とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する悪役の1つ。スマートフォンアプリ『ポケモンGO』内において暗躍する悪の組織のことである。
目次[非表示]

GOロケット団声明文
トレーナー諸君に告ぐ

この3年間、我々はずっと見ていた。ポケストップには無限の資源が眠っている。諸君のような未来の見えていない連中にこれだけの資源とポケモンは宝の持ち腐れだ。

諸君は目的もなく「ポケストップ」から道具を手にし、ポケモンたちを捕まえ歩いている。ジムではバトルに明け暮れ、狭い世界で競い合っては大喜び。挙句の果てには、道具でしかないポケモンを、まるで大切な仲間のように扱う始末!なんと無意味な事か!

我々が連れてきた「シャドウポケモン」は、想像を絶する強さを出せるよう特別な訓練を行っている。諸君がいくらポケモンを育てて戦いを挑んでも、太刀打ちできないほどだ。我々はこいつらの力で「ポケストップ」を奪い、その無尽蔵の資源を頂戴する!

これはほんの始まりにすぎない。諸君のものは我々のものであり、諸君のポケモンも我々のもの。トレーナーの諸君が束になっても、我々を止めることはできない。

かつてサカキ様の夢見た野望が、ついにこの世に実現する…!
我々の計画を邪魔するというのなら、痛い目にあってもらうぞ!

―Goロケット団

概要

2019年7月に突如としてゲーム内に登場した悪の組織。
英語名は“Team GO Rocket”。

GOロケット団侵略中ほか


メインシリーズにおけるロケット団と同様、世界征服を目標に活動しており、その下準備として世界中のポケストップに出没してこれを占拠し、そこからアイテムやポケモンの卵を盗み出すという悪事を働いている。また、したっぱの台詞から、トレーナーの持っているポケモンを強奪するという恐喝染みたことも行っているようだ。
一時期『ポケモンGO』の公式Twitterアカウントを乗っ取るというとんでもない荒業までやってのけたこともある。

また、必ず配下として3匹のシャドウポケモンを引き連れている。
ポケモンのことは、あくまで自分たちの野望を達成するための道具としてしかみなしておらず、ポケモンの体に大きな負担を強いるシャドウ状態での戦闘を強いたり、戦闘に敗れると役立たずと見做して放置したりと非常に扱いが冷たい(後者に関しては、慌てて撤収したためにうっかり回収するのを忘れてしまったというケースもあるようだが)。

⊂ロケットGOフェスタ2019⊃


一方、クリフは何らかの危うい立場に置かれたところをスカウトされたことで救われ、今ではロケット団の仕事に大きな生きがいを感じているらしいことが伺える他、「GO Fest 2020」では幹部たちの働きぶりを労う祝勝会を開催しようとしていた(幹部たちはいつになく浮かれた様子であったことからかなり楽しみにしていた様子。結果的にウィロー博士と主人公たちに肝心の計画を潰されておじゃんになったようだが)こと等、この手の悪の組織としては非常に珍しくかなりアットホームな雰囲気であることを仄めかす描写もある。

なお、宣戦布告のメッセージからわかる通り、組織の首領は本編のロケット団と同様サカキ
組織の系統そのものも、ボスであるサカキをトップに、数名の幹部と実働部隊であるしたっぱから成り立っており、ゲーム本編のロケット団とほぼ同じ体裁を取っているらしいことが伺える。
ファンの間では、ポケモンGOの世界での侵略活動をメインに行動している別動隊のようなものなのではないか、若しくはメインシリーズ本編とは別の歴史を歩んだ並行世界におけるロケット団(レインボーロケット団のようなもの)なのではないかといった様々な説が出されているようだ(実際、ムサシとコジロウはサカキのことは知っていたが、リーダーたちのことは一切知らなかったらしい)。

メンバー

首領

サカキ


GOロケット団のボス。メインシリーズにおけるサカキと同一人物と思われる。
ただし、正史におけるサカキは既に組織を解散して自身も悪事から足を洗っているため、『USUM』および『ポケマス』に登場したサカキのような、並行世界の存在である可能性が高い。
普段は後述する幹部共々容易に発見できない場所に拠点を構えて潜伏しており(実装直後のゲームの起動画面ではトキワジムとよく似た建物の前に立っている)、ウィロー博士とその弟子たちは、したっぱたちが残していった謎のパーツを解析し、「ロケットレーダー」と呼ばれる特殊な装置を開発、彼らの拠点を突き止めるべく行動を開始する。しかし、用心深さも相当なもので、ダミーの拠点をあらかじめ複数作り出してそこにしたっぱを潜ませておき、相手を錯乱させつつ奇襲させるという狡猾な手段も用いてくる。

実装と同時にサカキのメダルが実装され、条件を満たすとサカキの衣装がアバター用の着せ替えアイテムとして解禁されていく。

幹部(リーダー)

原作のロケット団の時とは異なった人物が幹部の座に就いている。ゲーム中では“リーダー”と呼ばれる。
幹部には、ウィロー博士と同様、赤・青・黄の三色のイメージカラーが存在する。
なお、本編のロケット団の幹部の名前は、実在するロケットの名前から採られていたが、GOロケット団の幹部の名前は “山(高地)” に関連した単語から採られている可能性が指摘されている。
ちなみに、声明文では、いずれもチームリーダーに対して強い執着を抱いているかのような文言が並んでいるが、実際に本編中でそうした描写が見られるのはアルロのみ(あとはシエラが事前にスパークと接触していた程度である)。

クリフ(Cliff)
ブランシェ
 お前は、単純なことを難しく考えすぎている。
 世の中には、計算できないこともあるんだ。
 リーダーの座に甘んじていられるのも、あと数日だろうよ!!!」

[ポケモンGO]クリフ


屈強な体格とポケストップ(若しくはモンスターボール)のような形に剃り上げた顎鬚が特徴の大柄な男性。
イメージカラーは青。愛用ポケモンはバンギラス
名前の“Cliff”は「崖・断崖」を意味する。
見た目通り、粗暴で怒りっぽい性格だが、度量の広い一面も持つという。また、「弱点の欄に俺の名前を書きなよ」というジョーク(?)を飛ばしてきたりと意外にお茶目な一面もある。
過去に何らかの危機的な状況に陥っていたところをロケット団に拾われたことから、組織およびボスであるサカキには強い恩義と絶対の忠誠を誓っており、組織の悪事に加担しているのは仕事を通じて恩返しをしたいという思いがあるかららしい(彼の台詞もその大半は組織に対する忠誠や強い愛着を伺わせるものになっている)。また、そうした経緯を持つが故に組織を裏切った者には決して容赦はしないという。
悪党であることに間違いはないが、自分の受けた恩を決して忘れず、それに報いようとするその義理人情に篤い人柄には少なからず共感するプレイヤーもいるとか。また、意外にもしたっぱやアルロのようにポケモンを単なる駒としてしか見做していないような発言もしていない。
4周年記念のイラストでは、満面の笑みを浮かべながらポケモンたちに風船を配っている様子が描かれていた。やっぱり本当は良い人なのでは…
「GO Fest 2020」ではブランシェと対決。シャドウバンギラスを繰り出し、ブランシェのラプラスと力のぶつかり合いを演じた。

シエラ(Sierra)
スパーク
 坊やのその単純なプラス思考には笑っちゃうわ。そのうち後悔するだろうけど。
 世の中は、キミが思っているよりずっと過酷なところだということを、
 わたしが思い知らせてあげる。」

センシティブな作品


白いボディスーツに身を包んだ若い女性。三幹部の紅一点
イメージカラーは黄色。愛用ポケモンはヘルガー
名前の“Sierra”は「山脈」を意味する。
孤独な幼少期を過ごし、世間の荒波に揉まれる中で独自の処世術を身に着けていったという(スパークに対する「世の中は過酷なところ」という台詞もこの体験が基になっているのだろう)。
サカキからは信頼されているようだが、彼女自身はその生い立ちもあってか一人でいることを好み、他人に自分の話をすることもあまりないらしい。
一度スパークと遭遇したことがあり、その際にポケストップからタマゴを強奪されないよう奮闘する彼の様子を嘲笑うという冷酷な一面を見せた。また、スパークはこの時、彼女に対して今までにない緊張感を覚えたという。
常にどこか余裕のあるような笑みを浮かべており、実際、自分の実力には相応の自身があるらしく、「私にとってバトルはショーのようなものなのよ」「私と戦えるなんて幸せなことなのよ?」といった傲岸不遜なものが多い。
ポケモンに指示を出す際や、こちらに勝った時には悪女としての本性を露わにしたかのような残忍な表情を浮かべる。一方で、バトルに負けると不機嫌そうな表情を浮かべながらプイッとそっぽを向くというちょっと可愛いところも見せてくれる。
最近になって、特殊なタマゴである12kmタマゴとも何かしらの関わりを持っているらしいことがウィロー博士たちの調査の結果判明した。ただし、タマゴをどこからどのようにして調達しているのかは謎。
「GO Fest 2020」ではスパークと対決。シャドウヘルガーでスパークのエレキッドに応戦するも、ベイビィポケモンであるエレキッドの戦いに翻弄される

アルロ(Arlo)
キャンデラ
 あれから全く変わっていないようですね。
 いいですか、炎とは移ろいやすいものです。
 制御できなければ、暖かさを超えて、人に火傷を負わす。
 ボクから奪ったものを返せとは言いませんが、後悔はしてもらいます。」

GOロケット団幹部


赤いメッシュの入った髪をショートポニーに束ねた、眼鏡をかけた青年
イメージカラーは赤。愛用ポケモンはハッサム
名前の“Arlo”は「要塞化された丘」を意味する。
狡猾でプライドの高い策士。性格は慇懃無礼かつ極めて傲慢で自分以外の他者を徹底的に見下している(サカキや他のリーダーは例外のようだが)。トレーナーとしての腕前もさることながら、科学者・技術者としても優秀な腕前を持っており、彼こそがシャドウポケモンを生み出した張本人であるらしい(当初は自分の口からそのことを仄めかしているのみだったが、後日ウィロー博士たちの調査により、シャドウポケモンの強化プログラムを担当していることが明かされた)。
現時点で彼のみ過去に何があったのかが明かされており、それによると元々はロケット団員ではなく、チーム・ヴァーラーのメンバーの1人で、キャンデラとリーダーの座を賭けて争ったこともあったほどの優秀なトレーナーであったらしい。しかし、キャンデラとの競争に敗れ、彼女がリーダーの座に収まると同時にそのことに対して強い屈辱を感じてチームを脱退、そのまま消息不明となってしまった。
彼がどういった経緯でGOロケット団と出会い、幹部の座にまで上り詰めるに至ったのかは今のところ不明である。ただ、声明文やゲーム中での台詞を読む限り、未だに当時のことを根に持っていることや、一度味わった屈辱は決して忘れない異常なまでに執念深い性格であるらしいことは伺え、サカキか幹部の誰かに自らの抱いていた復讐心を利用されて唆された可能性が考えられる。
普段は常時丁寧口調であり、理知的な風を装っているが、こちらとのバトルに勝った際の台詞の中には「勝てないって言っただろ?とっとと立ち去れよ」と急に粗暴な口調になるものがある。負けず嫌いで傲慢な彼の性格から考えると、こちらの方が素に近いのだと思われる。
堅物そうな雰囲気であるが、「GO Fest 2020」では部下がビラを散布する様子を見てその光景にはしゃいだり、組織の祝勝会を楽しみにしている(=案外他の幹部たちとも仲良くやっている)ことを伺える台詞を述べたりと、割とはっちゃけた一面もあるらしいことが明らかになった。もしかすると、闇堕ちする前の彼はこんな感じのもっと気さくな青年だったのかもしれない…。
「GO Fest 2020」ではキャンデラと対決。そこでの回想シーンを見る限り、繰り出したシャドウハッサムは嘗てキャンデラと同志だった頃(まだストライクだった頃)から手持ちに加えていた様だが…?

したっぱ

ネイティ詰め2
ネイティ詰め3


世界中でポケストップとそこに眠るアイテムの強奪を目論んで活動している実働部隊。
男性と女性が存在し、それぞれで繰り出すポケモンが異なる(後述)。

ムサシコジロウ

pkmnらくがきまとめ①


アニメでおなじみのロケット団コンビ。2020年7月~9月、及び2020年12月に期間限定で実装された。
厳密にはGOロケット団の一味ではなく、彼らの協力者という設定(ただし、当のGOロケット団は素性の分からない彼らに困惑気味らしい)。
ムサシがアーボ、コジロウがドガースと、アニポケ初期でもお馴染みの相棒ポケモンのシャドウ版を手持ちに加え戦いを挑んでくるがニャースはどちらも使用しない。

したっぱとの戦闘

GOロケット団女子とシャドウガビゴン


マップ上で黒っぽく変色したポケストップがあった場合、そこにロケット団員(したっぱ)がおり、ポケストップに近づくとマップ上に突然姿を現し、ポケストップをスワイプするか×マークを押して撤収しようとすると、呼び止められて戦闘(トレーナー戦)に突入する。

ダクマが進化し、ロケット団は空を飛んだ【ピカブイ/鎧の孤島】


2020年7月からは気球に乗って出現する者も表れるようになった。こちらも気球をタップすることで戦闘に突入する。ちなみに、気球は午前0時・午前6時・正午・午後6時の合計4回出現する。イベント時にはもう少し増え、午前3時、午前9時、午後3時、午後9時にも出現するようになり、1日最大8回まで対戦することができるようになる。
また対応するレーダーを起動していればリーダー、果てはサカキも気球に乗ってやってくる。

そばにいたいの


戦闘に勝利すると、報酬として星の砂を500貰える他、彼らが置き去りにした手持ち1匹のシャドウポケモンのゲットチャンスに移行する(レイドバトルのゲットチャレンジと同様、捕獲には支給されたプレミアボールのみしか使えず、失敗すると逃げられてしまうので注意。また、レイドボスと違ってラス1でのゲット確定の判明は出来ない。支給されるボールの数は関連するメダルのグレードによっても変化する)。
そして重要な注意点として、通常のトレーナーバトルとは異なりダメージは自動で回復せず、手持ちの回復アイテムを使って回復させる必要がある。一戦だけなら大して痛くないが、連戦したりすると回復アイテムがごっそり減ることも。よく戦うなら回復アイテムはこまめに集めてストックしておきたい。
2019年11月以降は、ほしのすなの他に「ふしぎなパーツ」というアイテムを入手できるようになった。これは幹部の潜伏しているアジトを探知するために必要なロケットレーダーのパーツとして使うことになる。

なお宣戦布告のメッセージがやたら挑発的なだけあり、したっぱといえども侮れない強さであり、ガチガチにフル強化した伝説ポケモンや所謂厨ポケであっても下手をすると逆に返り討ちにされてしまうほどの実力を誇る。通常のジム戦やリーダーとのトレーニングのように火力と耐久性に物を言わせてゴリ押しするような戦闘スタイルではまず勝ち目はないと言っていい。弱点を突かれたら勝つのはまず不可能、等倍でもかなりのダメージを食らうという、ある意味タイプ相性の大切さを身をもって思い出させてくれる存在である。特に日頃ジムによくバンギラスを置くようなトレーナーはよく覚えておいてほしい。ポケモンの強さを単にCPの数値だけで見ているなら絶対に勝てないのである。

特に、手持ちのタイプを統一していないタイプのしたっぱはカビゴン、ギャラドス、カイリュー、サーナイトといったシャレにならないポケモンを繰り出してくることがあり、嘗めてかかった結果泣きを見たトレーナーは結構いるとか……

こうしたこともあり、一部ではシリーズ史上最強のしたっぱとの呼び声も高い。
しかも、これだけの強さを誇っていながら、彼らは組織の云わば末端であり、「したっぱがこんなに強いのだったら、幹部やボスのサカキは一体どれだけ強いんだ?」という悲鳴の声が上がっていた……。
ただし、シールドは使用してこないため、タイプ相性さえきちんと把握できていれば、後述する幹部やボスと比べればまだ倒しやすい部類である。

なお、倒すと捨て台詞を残して去っていくがこれはポケストップで目が合ったときのメッセージと共に原作にもある。原作のどこで見たか知ってる人はかなりコアなファンと言えるかもしれない(目的のものは流石に変わっているが)。

ちなみに、GOロケット団との戦闘は強制ではないため断ることもできる。
どうしても勝つのが難しいと感じたり、回復アイテムが枯渇してこれ以上の戦闘が厳しい場合には、潔く身を引くのも手。ポケストップの多い地域でアイテムを稼いでいる時や、コミュニティ・デイで対象ポケモンを捕まえている時に出てこられると邪魔なので断るなんてこともあったりする。
また、したっぱは占拠してから約30分後と、日付が変更される直前(23:50頃)に一度姿を消してしまう(日付が変更されると再度出現する)。プレイ時間が深夜帯にずれ込む人は注意。


傾向と対策

対戦前のメッセージによって、ある程度相手の繰り出すポケモンのタイプが絞り込める。

以下はその一覧(2021年5月現在)。

台詞ポケモン①ポケモン②ポケモン③
ノーマルタイプが弱いって思ってるのか?本当の強さを見せつけてやるっ!ヒメグマラッタポリゴン2カビゴンポリゴンZ
ポケモンが吐く、どれだけ熱いか知ってる?覚悟なさい!ロコンデルビルキュウコンヘルガーブーバーリザードウインディ、ヘルガー
風とか、とか、浴びたい頃なんじゃない?(女性)シェルダーニョロモタッツーウパータマザラシニョロゾヌオーヌマクローニョロボンニョロトノ
風とか、とか、浴びたい頃だろ?(男性)コイキングコイキングコイキング
ビリビリ、ってするわよ!ビリビリコイルエレブーメリープラクライレアコイル、エレブー、モココエレブー、デンリュウ
おれ達にツタのように絡むとロクなことにならないぜ!リリーラハネッコナゾノクサモンジャラフシギソウクサイハナウツドンモンジャララフレシアウツボットダーテング
向かって来るそばから凍らせちゃうから!かかってきなさい!(※)タマザラシユキカブリトドグラーパルシェンウリムーラプラスユキノオー、パルシェン
このムキムキ筋肉は、ダテじゃなーいーっ!勝負よ!エビワラーワンリキーマクノシタゴーリキーサワムラーゴーリキーハリテヤマ
をたっぷり浴びせてあげるわ!ニドランズバットベトベタースコルピベトベター、ベトベトンニドリーナ、ベトベトン、マタドガス
地面に叩き落としてやるぜ!ディグダウリムーガラガラサナギラスビブラーバフライゴングライオン
あたしのポケモンが華麗に舞ってみせるわ!※2ムックルグライガーゴルバットエアームドゴルバット、ストライククロバットムクバードギャラドスカイリュー、クロバット
見えない力を使うエスパータイプを怖いと思うか…?ヤドンタマタマソーナンススリープキルリアユンゲラースリーパー、ナッシーキルリア
おれの可愛いむしポケ!それいけーっ!アノプスコンパンツボツボスコルピカイロス、モルフォン、ハッサムスピアー、ストライク、ハッサム
ロック魂の叫びを聞けーっ!ノズパスココドラコドラヨーギラスサナギラスサナギラス、バンギラス
ヒ、ヒヒ…ヒヒッ!こわいぞう~っ!カゲボウズヨマワルムウマジュペッタサマヨールジュペッタ、ヨノワールヤミラミ
ガオォォオッ!ドラゴンの雄叫び!どう、びっくりした?ミニリュウハクリュー、フライゴンハクリュー、カイリュー、ギャラドス
光があるところ、ありっ!行くわよ!ポチエナヤミラミスカンプーヤミカラスグラエナスカタンクコノハナノクタス、ダーテング
あたしのキュートなフェアリーたち、ご覧あれ!ブルーブルー、グランブルグランブル
いちおう戦ってみようかなー?/勝者のみが勝利できるのよ。/覚悟しなさい!カビゴンカビゴン、ニョロボン、サーナイトカビゴン、カイリュー、ギャラドス
(サカキのおとり 女したっぱ)マダツボミラッタ、ウツドンラッタ、カビゴン

※1 年末イベント限定でデリバードも実装。
※2 登場直後は「あたしの鳥ポケモンが戦いたがってるわ!」だったがセリフに対して「鳥類がモデルのポケモン」は一切使っていなかったため、唯一セリフが差し替えられている。確かに鳥ポケモンにひこうタイプ持ちは多いが・・・
※3 ゲットチャレンジで入手できる可能性のあるポケモンは太字で記載

これらのメッセージから相手の手持ちを判断し、タイプ相性で有利なポケモンを選出するといいだろう。しかし、手持ちのタイプを統一していないしたっぱの方が持っているポケモンが強い傾向にあるため、メッセージもそこまで当てにはできない(ドラゴンタイプでギャラドスを繰り出すこともあるように3匹すべて同じタイプのポケモンとは限らないのも注意しておきたい)。また、みずタイプのように、同じメッセージでも男性したっぱと女性したっぱとで使う可能性のあるポケモンが異なるケースもある。
唯一はがねは現時点では専用の台詞はなく、これらのタイプに特化したしたっぱも存在していない。

したっぱのお姉さん


なお、基本的に強いポケモンを出すのは女性したっぱであるため警戒すること。
こちらの手持ちポケモンにもよるが、現行ではみずタイプ、エスパータイプ、ゴーストタイプを使う男したっぱが使役しているシャドウポケモンはもともとCPの低いポケモンを繰り出すことがある分、比較的弱い傾向にあるため、リワードを獲得したい場合は男したっぱを相手にする方が良いだろう。
しかし、セリフから使うポケモンのタイプが決まっていても繰り出すシャドウポケモンはその中からランダムであり(例としてあくタイプだと先頭が弱点を突きづらいヤミラミの場合もある)。
更に言えば繰り出したポケモンのノーマルアタックもランダムなため(例としてソーナンスはノーマルアタックがはねるあまえるカウンターのどれか)、弱点を突くよりも耐性を優先した方が良い場合が多い理由は主にこれが原因になっている。せっかく弱点タイプのポケモンを繰り出しても技でこちらの弱点を突かれたら全く意味がないからだ。
基本的に敵の方が絶対に強いため、こちらの方が有利なタイプ相性であっても敵の使う技で一気にひっくり返されることは十分あるので注意しておきたい。

ちなみにゲットチャレンジで入手できるポケモンは基本的にGOロケット団が使用したポケモンのいずれかになるので、男性よりも女性のしたっぱの方が強力なポケモンを入手しやすい。そのため、当初はあまり強いポケモンを出さない男性したっぱをハズレ扱いして無視するトレーナーもいた。
しかし、アップデートを重ねるごとに、男性したっぱはヨーギラスラルトスコイキングポリゴンカントー御三家といった、レアポケモンや強力な進化系統の種ポケモンを繰り出すようになり、こちらはこちらで倒した時の旨味が大きくなってきたために、現在ではこうしたことは起こらなくなっている。

ムサシ・コジロウとの戦闘

期間限定で登場するムサシとコジロウもしたっぱと同じ扱いとなっており、彼らが乗っているニャース気球をタップする事でのみ対戦可能。ムサシ→コジロウの順で連戦となるが回復を挟める。こちらもそれぞれからシャドウポケモンの捕獲とふしぎなパーツの入手が可能。

以下はその一覧(2020年12月現在)。

キャラクターポケモン①ポケモン②ポケモン③
ムサシストライクアーボオドシシ
コジロウカイロスドガースベトベター

連戦、及びイベント限定の登場と言う事もあり無茶に強い手持ちと言うわけではないがやはりシャドウ補正もあって油断すると思わぬ被害を受ける。通常のしたっぱ同様、相手のポケモンの弱点や此方のポケモンの耐性を把握して適切なポケモンで対抗したい。
戦いの流れとしてはムサシ戦→ゲットチャレンジ→コジロウ戦→ゲットチャレンジの流れ。バトルメンバーを選ぶ際には勿論道具による回復が可能なので、両方で使うポケモンはコジロウ戦での準備の際に回復を忘れない様に。
なお、こちらはゲットチャレンジに選ばれるポケモンは1匹目のポケモンで固定。

リーダーとの戦闘

ハロウィンイベントおよびレジ系の復刻イベントの終了した2019年11月からは、遂に幹部であるGOロケット団リーダーとも戦闘が可能となった。

遭遇するには、したっぱたちとの戦闘で新たに入手できるようになった「ふしぎなパーツ」というアイテムを6個集めて「ロケットレーダー」というアイテムを作成する必要がある(一度作成に成功すると以降はショップでも販売するようになる)。
ロケットレーダーを起動すると、マップ上に「R」と表記されたマークが表示されるが、これこそが幹部の潜伏しているポケストップであり、レーダーを起動した状態で該当するポケストップに近づくと、ここで初めて幹部が姿を現し、ポケストップか幹部をタップすることで戦闘に突入する。

なお、レーダーは幹部との戦闘に勝利するまで起動されたままであり、この間はしたっぱと戦っても「ふしぎなパーツ」を入手することができなくなるので注意(ほしのすなは引き続き入手できる)。

したっぱと比べて幹部は行動時間がやや短く、朝の6:00頃から夜中の22:00頃にかけて活動する。時間帯によっては遭遇できないこともあるので注意。
ただし、気球に乗って出現する場合はこの限りではなく、完成されたロケットレーダーを起動していれば、幹部も早朝および深夜の時間帯に普通に出現する。

傾向と対策

したっぱとは異なり、幹部は繰り出すポケモンのタイプがバラバラであり(クリフはじめん・いわ・かくとうタイプ、シエラはエスパー・あく・こおりタイプ、アルロはむし・はがね・ドラゴンタイプの所持率が多めだが、例外もある)、台詞からもどのポケモンを繰り出してくるかを推測することはできない。
一応、所持しているポケモンはしたっぱと同様、ある程度決められているが、一定の期間で変更が加えられるため、その都度対策ポケモンを見直す必要がある。場合によっては、それまで楽に攻略できていたリーダーが、面子が変わったとたんに一転して攻略が困難になるケースもある。

幹部ポケモン①ポケモン②ポケモン③
クリフタネボーニョロボン、キングラー、ハリテヤマバンギラス、サメハダー、ドダイトス
シエラニューラグライオン、グランブル、デンリュウヘルガー、キングドラドラピオン
アルロコンパンクロバット、リングマライボルトハッサム、ジバコイル、ラフレシア
(2021年5月現在)

幹部ということもあり、したっぱは一切使用してこなかったシールドも使用してくるなど、戦闘AIはそれなりに強化されている。
そのため、したっぱの戦闘時のように単にタイプ相性の有利不利に関する知識だけでなく、こちらの手持ちポケモンの使用する技、ポケモンの交代やシールド使用のタイミングの吟味等、高度な戦略性をもって挑むことが要求される。
ただし、先鋒で出てくるポケモンが貧弱なたねポケモンであった場合、残り2匹の対策をきっちりやれば意外とあっさり勝ててしまうことも。

対策①

どれだけ手持ちのポケモンが充実していても、相手の手の内がわからなければどうしようもない
どのようなポケモンを繰り出し、どのような技で攻撃をしかけてくるか、まずは一度戦ってみて大まかな傾向を掴んでおくことが大事である。したっぱとは異なり、幹部は夜中の22時を過ぎない限りそのポケストップからはいなくならないので、回復アイテムに余裕がある場合は焦らずじっくり対策を練ろう。
傾向がつかめてきたら、どのようなポケモンを使用するか、どのタイミングでシールドを使って相手の攻撃をやり過ごすか、作戦を考えてみよう。使用するポケモンが1匹違うだけでも、使うわざが一つ違うだけでも適切なポケモンが変わってくるからである。

対策②

上記の通り、幹部はシールドを使用してくるが、使用するタイミングはランダムと言うわけではなく、通常のチームリーダーとのトレーニングと同様、こちらの繰り出す最初の2回のゲージ攻撃にのみ反応して使用してくる。言い換えれば、威力の低いゲージ技であっても反応してガードしてくるため、これを利用して容易にためやすい分割ゲージ技を連発することで相手にシールドを消費させるという戦法を取ることができる。
このため、幹部との戦闘では、まず1匹目に小出しにしやすい分割技を備えたポケモンを配置することが強く推奨されている。逆にフルゲージ技しか持っていないポケモンだとシールドを展開させるのに手間取る…どころか、下手をすると相手の強力な攻撃に晒されてシールドを張らせる前に退場させられてしまうことにもなりかねない。

とはいえ、幹部の側も1匹目に小出しにしやすい技を覚えるポケモンを配置し、積極的に攻撃を仕掛けてくるケースもある。多少の運も絡むが、こうした技を覚えた個体を引き当ててしまうと、一戦目はシールドの削り合いになり、2戦目以降は互いにシールドの使用を封じられた文字通りの死闘になることも。

いずれにせよ、どれだけ手早く相手のシールド使用を封じられるかが勝負の大きな鍵になることは言うまでもない。

対策③

リーダーだけでなくしたっぱにも同様の事が言えるが、ゲージ技やシールドを使用した後、此方が交代した後や相手が2匹目以降を繰り出した際に、ごく短い間ではあるがなにもせずに棒立ちしている時間帯がある。バグなのか仕様なのか不明だが、こちらのゲージをためる絶好のチャンス。隙を逃さず最大限に活用したい。小技を中心としたポケモンの場合、うまく立ち回れば相手に一切の反撃を許さずに攻め続けるハメ紛いの戦法を取ることも可能。
前述した通りGOロケット団のリーダー達のシャドウポケモンは非常に強力な為、相性のいいポケモンで挑んでも押し切られる事もままある事から此方の手持ちの戦力によってはこの隙も上手く活用出来るかどうかで勝敗が決する事も珍しくない。

報酬

相応に手ごわい相手ということもあってか、戦闘終了後には「げんきのかけら/かたまり」や「キズぐすり」系統等の回復アイテムが貰える。
また、運がよければ進化アイテムである「イッシュのいし」が貰えることもある。
注意点として、所持アイテムが一杯だとこれらのアイテムを受け取れなくなってしまう(これはしたっぱの「ふしぎなパーツ」も同様だったりする)。戦闘前にはアイテムボックスに空き枠を作っておくのを忘れないようにしよう。

2020年10月からは、どく・あくタイプのポケモンが孵化する12kmタマゴという特殊なタマゴを報酬で貰えるようになった(その分、イッシュのいしを貰える確率が下がってしまっているので注意)。ただし、当然ながらタマゴはタマゴボックスに空き枠がないと貰えない。リーダーと戦う前には必ずタマゴボックスにも空き枠を作っておくのを忘れないようにしよう。最近は特定のタマゴ専用ボックスができたので、そこの空き枠さえ気にすればよいのだが。

ゲットチャレンジはいずれも先鋒で固定。
また、リーダーの場合(厳密にはイベントで登場したムサシとコジロウも)、置き去りにしたポケモンが低確率ながら色違い個体になる場合がある。もし運よく遭遇出来たら絶対に捕まえておきたい。

サカキとの戦闘

現段階では、一か月に一度挑戦可能なスペシャルリサーチをこなすことで手に入る「スーパーロケットレーダー」を持っていればサカキと対決することが可能。ただし前述の通り、サカキの潜む拠点はダミーも存在するので本物のサカキを探し当てるのは骨が折れる作業になる。が、スーパーロケットレーダーを起動していればサカキ本人があっさりと気球に乗ってやってくるので本物のサカキ探しが面倒だと思うなら気球を待つといい。
原作同様、ペルシアンじめんタイプのポケモンを繰り出してくる他、切り札としてシャドウ化させた伝説ポケモンを所持している

ポケモン①ポケモン②ポケモン③
ペルシアンニドキングガルーラガブリアス月替わりの伝説ポケモン
(2021年5月現在)

対策

したっぱと比べれば比較にならないほど強い。
基本的なことはリーダー戦と同じだが、サカキ戦は先鋒がペルシアンで固定されている点がポイント。
ペルシアンのノーマルアタックはノーマル属性の「ひっかく」か悪属性の「だましうち」なのだが、後者の場合、ノーマル属性に弱点をつける格闘ポケモンがそのまま防御有利も取れるので、格闘ポケモンを出すだけで大幅有利となる。「ひっかく」にも防御有利をとれるルカリオは特におすすめ。
リーダーと同じくサカキもシールドを使用するため、スペシャルアタックを小出しにしやすい格闘ポケモンを先鋒に起用し、ペルシアン、次鋒の段階でシールドを削ってやれば大将の伝説ポケモン戦で大きく優位を取れる。
後は他のリーダーと同じように残り2匹の対策をすればいいだけである。

…と、強いは強いが先鋒に固定されているペルシアンが受けやすいポケモンであるため、適性のあるポケモンさえいれば案外あっさり勝ててしまうことも。
クリフが受けにくいプテラを先鋒にしていた時にはクリフのほうがキツいという人もいた。それほどまでにシャドウプテラが強いのである。

報酬

ロケット団のボスだけあり、「イッシュの石」や「わざマシン」、「ふしぎなアメ」、大量のほしのすなと回復アイテムといった豪華報酬がもらえる。

目玉となるゲットチャレンジは大将に起用していた伝説ポケモンとなる。
レイドバトルで出てくるものとは違って捕獲率は相応に下げられているため、きっちり捕獲しておきたい。ただし、レイドボスの個体とは異なり、個体値がオール10以上で確定する補正は働かないため注意。

余談

彼らが登場する以前からコスチュームの中にロケット団およびレインボーロケット団の衣装が含まれている(下のイラスト)。また、ムサコジの登場後は彼らのコスチュームが、2020年10月にはリーダーたちのコスチュームがそれぞれ登場した。

センシティブな作品


そのためこれらを着てロケット団のしたっぱと戦うと、まるで仲間割れしているかのような絵面になる。

PokemonGoロケット団日常04


幹部は決まった時間に出現・消滅しているのに対し、したっぱはほぼ1日にわたって休みなく活動することを強いられている(交代制の可能性もあるが)ことから、一部では「ロケット団はしたっぱに深夜まで残業させているブラック企業」等とネタにされているとか(まあ、早朝の6時から深夜10時まで仕事をするのも相当きついが…)。

デザインを担当したコザキユースケ氏の絵柄の都合もあるが、女したっぱや幹部のシエラなど、本編シリーズと比べて女性キャラが大人びた風貌でどこか妖艶な雰囲気で描かれているのも特徴。
そのため、「ポケモンよりもしたっぱのお姉さんやシエラさんを捕まえてリトレーンしたい」と宣う紳士が続出しているとか。
ジュンサーさんこっちです

上でも少し書かれているように、幹部はいずれも何かしら暗い過去を背負っていることを伺わせる台詞や設定があり、ファンの中には、彼らに何があったのかを描いたエピソードを読みたいという者もいるようだ。

関連動画

専用BGM

何と専用のBGMが用意されているという特別待遇を受けている。
特にフィールド専用BGMが設けられたのはハロウィンイベント以来これで2例目。

BGMはいずれも初代の「ロケット団アジト」で使用されていたBGMをアレンジしたものになっている。

したっぱ戦BGM


幹部戦BGM


サカキ戦BGM


イベント限定フィールドBGM

GOロケット団関連のイベントが行われた2019年11月8日14日限定で使用された。現在も不定期的にイベントでこれに差し替わることがある(最近だと2週目のGOフェスチャレンジの期間で気球が現れ始めた2020年7月頃に変わっていた)

関連タグ

ポケモンGO ロケット団 悪の組織(ポケモン) シャドウポケモン

関連記事

親記事

ロケット団 ろけっとだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GOロケット団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1085977

コメント