ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

レントラー

れんとらー

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0405
シンオウ図鑑No.019
ヨロイ島図鑑No.027
ヒスイ図鑑No.017
パルデア図鑑No.096
キタカミ図鑑No.111
ローマ字表記Rentorar
ぶんるいがんこうポケモン
タイプでんき
たかさ1.4m
おもさ42.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性とうそうしん / いかく
隠れ特性こんじょう
おとしものコリンクのキバ
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

英語Luxray
スペイン語
イタリア語
フランス語
ドイツ語Luxtra
韓国語렌트라
中国語(簡体字)伦琴猫
中国語(繁体字)倫琴貓

進化

Merch: Los Gatitos

コリンクルクシオ(Lv.15) → レントラー(Lv.30)


概要

第4世代『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』から登場したコリンクルクシオの進化形。

体格がさらに大きくなり、はそれ以上に伸びていて数値以上に大きく見える。

「がんこう(眼光)ポケモン」の分類通り、目付きもとても鋭くなった。という色合いが一層それを助長する。


透視能力を持っており、発動中は金色に輝く。この力で死角にある獲物や危険物の察知、あるいは同族の迷子を探すなどしているが、発動には多くの電気エネルギーが必要で、使用後は長時間眠りエネルギーを蓄えるという。

この系統はコリンクの時より度々社会性を持つ事が示唆されていたが、『LEGENDSアルセウス』の図鑑ではついに「1匹の雄を長とし群れ成す。」と明言された。


以上の特徴から、モチーフはレントゲン」と「ライオンであると考えられる。オオヤマネコだったはずがいつの間にかすり替わってしまったが、ポケモンにはよくあることである。コリンクは元々容姿がライオン(の幼獣)に似ているとも言われており、この程度はまだマシな部類である。

名前の後半部分に「トラ」も含まれているのではないかとする説もあるが、現状それ以外にトラらしき要素は見当たらないため賛否両論である。

ちなみに『6つのレントラー舞曲』に代表される「レントラー」は「(ドイツ語圏の)田舎風の」といった意味の言葉なので、おそらくまったく関係ない。


とはいえ、透視能力を持つという設定にオオヤマネコの要素が残されていると思われる。

中世欧州では透視のメタファーと解釈された歴史があるほか、春の夜空に輝くやまねこ座も「オオヤマネコのような視力を持たなければ見つけられない」と評されるほど暗い星で出来ており、往々にしてオオヤマネコは視力のいい生き物として看做されてきた。

そもそもオオヤマネコを意味する「lynx」自体がルクシオの名前の由来である「ルクス(lux)」と同一の語源である。


進化前と同様、雄の方が鬣が長い。一方、下半身の差異は無くなっており、雌雄ともルクシオの雌よりさらに短く斜めに切り上がった分け目で統一されている。

色違いの変化パターンは変わっていない。3代揃って色違いの方がでんきタイプらしい配色である理由は、結局最後まで明かされなかった。

レントラー♂♀*


なお、進化前が爪を使うという設定を持っていたが、「いあいぎり」は使えない。

歴代作品を振り返ると「れんぞくぎり」や「つじぎり」、「じごくづき」を覚えるという形で補完はされている模様。


名前の由来

上記の通り、レントゲンが由来と思われるが、「トラー」が何を指すかは不明。

ドイツ語表記の「Luxtra」と「トラ」で終わるが、こちらはlux(照度の単位)+extra(特別な)辺りが由来であると推察できる。英語表記の「Luxray」も「lux」(照度の単位)+「ray」(英:光線)が由来である。

一方、中国語表記の「倫琴貓」は何を指すのかと言うと、「倫琴」(レントゲン)+「貓」(ネコ)の組み合わせらしく、日本版に近しいネーミングとなっている。


ゲームでの特徴

入手に関してはコリンクルクシオも参照。


ダイヤモンド・パール・プラチナ』『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールでは、ムクホークと並んで有力な「旅パ」候補であり、序盤で捕まえたコリンクを最後まで連れ歩いたというプレイヤーも多いだろう。ちなみにシンオウ地方ではレントラー自体の野生出現は無い。

そうでなかったとしても、ストーリーにおいてナギサシティジムリーダー・デンジが切り札として繰り出してくるため、印象に残りやすい。もっとも、強化パーティや『Pt』版ではエレキブルが切り札に納まってしまっている。このエレキブルとは、何かと因縁深い間柄であり続けている。


第8世代『ソード・シールドでは、DLC『鎧の孤島で内定。ヨロイ島の「清涼湿原(雷)」「集中の森(雷)」「チャレンジビーチ(雷)」「円環の入江(雷)」「鍛錬平原(雷)」に出現、DLC『冠の雪原ではダイマックスアドベンチャーでも出現する。


LEGENDSアルセウスでは黒曜の原野の「マサゴ平原」、天冠の山麓の「神前の高台」「巡礼者の道」「祈りの広場」「笠雲の切り通し」、紅蓮の湿地で発生する時空の歪みに出現する。上述した通り現代のシンオウ地方では野生で出現せず、衰退傾向にある種族なのかもしれない。


第9世代『スカーレット・バイオレットでも内定。南5番エリアと北2番エリアに生息している。序盤からコリンクの捕獲が可能であるが、新ポケモンであり色々な意味で存在感のあるパモも付近に生息しているため、優先度は下がっている(早期購入者であれば特典として配布されたピカチュウもいる)。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
レントラー8012079957970523
エレキブル7512367958595540
FCロトム506510710510786520

この世代で一気に増加した中速のでんきタイプで、「こうげき」に優れる

更にでんきタイプでは珍しい特性いかくを持っており、発動すれば物理耐久もタイプ内ではトップクラスに達する。特化していれば「こだわりハチマキ」持ちガブリアスの「じしん」を耐えきるほど。

もっとも、当時は(野生個体の起用自体が現実的でなかったとは言え)「こおりのキバ」はタマゴわざ扱いだったので、それ用に準備していなければ耐えたところで・・・という話ではあったが。


だが、当初は覚えられるでんき物理技が最高でも威力65で、火力が頭打ちになってしまうという深刻な課題を抱えていた。

幸か不幸か「とくこう」も悪くないので「10まんボルト」などでも立ち回る事ができた。と言うか、その方が火力が出せたという中々に存在意義の怪しいデビューであった。

サブウェポンは完全に物理前提で、「かみくだく」は覚えても「あくのはどう」は覚えない、「ほのおのキバ」は覚えても「かえんほうしゃ」は覚えないといった偏りもまた悩ましかった(ちなみに3色キバは全て覚える)。


加えて同期のエレキブルの存在も大きかった。素の攻撃力で上回るばかりか、でんきタイプとしては異例の器用さで、アタッカーでは確実に分が悪かった。

とは言え、先方も一致技は威力75の「かみなりパンチ」止まりで攻撃力を満足に活かせているとは言い難く、究極的にはこの時代の環境そのものが悪かった

そうした事情が加味されてか、「唯一王」とか「唯一神」といったネタが生まれたという話はレントラーには聞かれない。


そもそも「いかく」はいるだけで仕事をすると言われるほどの強特性であり、特にダブルバトルでは対策必須とされている。

また、エレキブルとの差別化にはならないものの、「ひかりのかべ」や「でんじは」でサポートに回るという選択肢もあった。

要はアタッカーに固執しなければやりようはあったのであり、その点でもまだマシな方と言えた。


『Pt』からは「ばかぢから」を覚えられるようになり、多少は技範囲も広がった。


第5世代~第6世代

BW』では、威力90の新技「ワイルドボルト」や、隠れ特性こんじょう」が登場し、火力に特化した戦術が一気に花開いた

ただ、共に耐久面を犠牲にする必要があり、前世代の延長で考えられるものではなかった。


サポート主体で行くなら、特殊扱いではあるが、交代技の「ボルトチェンジ」が出てきた事の方がありがたかったかもしれない。


余談だが、「ばかぢから」「こんじょう」と前述の「唯一王」と強化の方向性が似通る形になったが、直接比べてもやはりレントラーの方が恵まれているという意見が大勢を占めた。

攻撃技に限っても選択肢に差がある事や、先方のステータス配分の悪さ、でんきタイプ自体の弱点の少なさなどが主な勝因として挙げられており、どれも当面覆されないものと考えられている。


XY』では「つぶらなひとみ」「かいでんぱ」が増え、耐久面に更に磨きをかけている。


第7世代では教え技で「じごくづき」を覚えた。


第8世代

剣盾』には当初出られず、追加DLC第1弾「鎧の孤島」で復帰した。

同時にじゃれつく」「サイコファング」「こうそくいどう」といった有用な技を多数習得した。特に「こうそくいどう」は、それまでアタッカー型最大の懸念であった「大火力を発揮する前に落とされる」という点を自力で補えるようになった事が大きい。


ただ、注目を集めたのは特性「いかく」に「つぶらなひとみ」や「でんじは」といった補助技を合わせ、物理のダイマックスアタッカー(主にエースバーンギャラドスなど)を封殺するという、ある種基本に忠実な型であった。

ともあれ、シーズン9では使用率が49位にまで上がり、これは今までのレントラーの歴史の中で最も躍進した瞬間であったと言える。


DLC第2弾「冠の雪原」が配信される頃になると環境の変化で使用率を落としたものの、そういう時にこそ先述の強化点を活かして自身がダイマックスアタッカーになるといった型が刺さる事もあり、最後まで一定の活躍を期待できた。


第9世代

SV』では初期参戦組に含まれた。

初のくさ技かつ新たな加速手段となる「くさわけを習得した一方、「ばかぢから」などが覚えられなくなるという変化があったのでまともなかくとう技が「にどげり」になってしまった。

とは言え致命的なレベルではなく、基本的には前世代までに培ってきた動きが概ね通用した。


耐久やサポートを担う事も多く、でんきタイプ自体の耐性も優秀な方という事情から、新システムのテラスタルに関しては選択肢の一つ程度に留まった。「テラバースト」を使わない型も珍しくない。

実際、一番人気は「こんじょう」+「からげんき」のコンボをより強力にするノーマルタイプ、次いでタイプ一致倍率を上げるでんきタイプとなっている。


ちなみに本作にて「あやしいひかり」を初めて習得した。


DLC第二弾『藍の円盤』では、「ワイルドボルト」の威力を凌駕する威力100でんきタイプの物理技として「サンダーダイブ」を習得し、アタッカー方面での強化を受けている。ただし、この技は命中率が95%となっており、外した場合は反動ダメージを受けてしまうので、「10まんボルト」ほどの扱いやすさが無いのは勿論、命中不安な分「ワイルドボルト」とも一長一短と言える。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモン不思議のダンジョン

時・闇の探検隊』では、「エレキへいげん」のボスとしてルクシオ8匹を従えて登場する。当該作品初の団体戦であり、ルクシオ軍団の「いばる」連打が強烈。

なお『空の探検隊』では主人公・パートナー候補にコリンクが選ばれたためか、この枠はライボルトラクライに変わっている。


ポケモンレンジャーバトナージ

当時世界に12人しかいなかったトップレンジャーの一人、セブンのパートナーポケモンでもある。


ポケモン+ノブナガの野望

当時の本編同様、野生出現は無くルクシオからの進化でのみ登場する。

特性は全てルクシオのものを引き継ぐ。


本作のコリンク系統はどことなくメリープ系統と対のような存在になっており、レントラーもデンリュウと同じ「かみなり」を使用する。物理/特殊が未分化のため、火力については申し分ないのだが、低命中というデメリットはしっかり反映してしまっている。

おまけに攻撃範囲は「自身の前方3マス先」ただ1点のみで、「自身の周囲8マス」だったルクシオよりむしろ期待値が大幅に下がっている始末である。デンリュウとは異なり、イメージにも合わない技を持った挙句にこれであるから一層悲惨さが際立つ。

一応、ユニークブショーギンチヨのベストリンクポケモンに指定されているものの、これすらルクシオの段階でも達成できるので、いよいよ進化の意義が問われる。



ポケモンGO

2018年10月17日に実装。コリンクの項にある通り、本作でもメリープ系統に準じたような扱いがなされており、かなり捕まえにくく育てにくいポケモンになっていた。


性能としてはサンダースとどっこいどっこいといったところ。ただあちらがでんき技オンリーなのに対しこちらは「バークアウト」「はかいこうせん」「めざめるパワー」といった別のタイプの技が紛れているため、技厳選がやや困難。

攻撃力が高めなので、アタッカーとしてはまずまずなのだが、この後に登場することになるエレキブルのほぼ下位互換になってしまうのが難点。


2021年11月21日開催のコミュニティ・デイの対象にはコリンクが選ばれ、開催期間中にレントラーへと進化させると、限定技「サイコファング」を習得できた。

本作における「サイコファング」は「すなじごく」や「どくどくのキバ」と同様、確定で相手の防御を1段階低下させるという凶悪な効果を持つ技に設定されている。そして、通常技の「バークアウト」がゲージ回収力に優れるので、確定デバフ技を高頻度で放つという新たな個性を手にする事となった。


とは言え、このタイプでやる事かという疑問は残る。単体で見てもどちらの技も相性補完になっておらず、直接の火力にも結び付かない。確かにエレキブルの下からは脱したものの、総合的にはどうにも中途半端な存在である事は拭えないでいる。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉


〈ゲストなど〉


  • デンジのレントラー
    • CV: 小西克幸
    • ダイヤモンド&パール』編にて、ナギサジムのジムリーダー・デンジの手持ちとして登場。サトシとのジム戦では切り札として登場(ゲーム『プラチナ』ではエレキブルが切り札だったが『ダイヤモンド・パール』ではレントラーが切り札だったため、アニメは後者に合わせたと思われる)。
    • その後、新無印編で再登場し、サトシと再戦。この時は一番手で登場し、「エレキフィールドライジングボルト」のコンボでルカリオを怯ませ交代させた後、ゲンガーのサイコキネシスに翻弄された事で一時交代。その後、そのルカリオがスピンロトムを倒した後で再び対峙。互いに残り体力ギリギリのところで放った、「はどうだん」と「エレキフィールド+ライジングボルト」の一騎打ちにより相討ちとなった。尚、この時の彼のトリポケモンは、エレキブルであった。



その他

DP91話・93話(回想)
BW54話(写真)
XY9話(イメージ)
SM102話
劇場版超克の時空へ

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 37話
    • 透視能力で考古学者と作業員達の手伝いをするポケモンで登場。その透視能力でワルビアルワルビル達の奇襲を伝えている。ワルビアル達の事情を知った後は和解した。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • パールのトラヒコ
    • 性別:♂️・特性:いかく
    • 性格:ゆうかん・個性:ぬけめがない
    • 203番道路にて草むらから現れた野生のルクシオで登場。足のツメが欠けていた為に気持ちを伝える事ができず群れから仲間外れにされていた個体で、仲間として認めてもらおうと人間を襲って強さをアピールしようとし、プラチナを攫ってパール達に挑む。
    • 図鑑によりツメの事に気付いたパールにツメがなくても気持ちが伝わる「ツッコミ」を伝授された事で群れに戻る事ができた。
    • その後レントラーに進化し、コリンク達のリーダーとなって群れを引く様になった。テンガン山内部の洞窟で岩に仲間を生き埋めにされた所を同じく生き埋めとなっていたパールとプラチナを助けようとしていたダイヤと再会し、進化して得た透視能力で仲間と共に救出。
    • その後リッシ湖に向かっていたパールに再会。タタラ製鉄所の所長を救出するのに同行し、溶鉱炉に落ちかけたパールを命懸けで助け出し、直後のヘルガーとの戦闘を経てパールに着いて行くと決め群れを離れた。
    • 意思が強く、ちょっとやそっとの攻撃では倒れない。
〈パールの手持ち〉
ペラヒコ (ペラップ♂️)
サルヒコ (ヒコザルモウカザルゴウカザル♂️)
トラヒコ (ルクシオ→レントラー♂️)
ゼルヒコ (ブイゼル♂️)
ディグヒコ (ディグダ♂️)
タロヒコ (ケンタロス♂️)

余談

レントラーは2020年のpokemondayに合わせて開催されたポケモンの人気投票企画「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」にて、全ポケモン中21位、シンオウポケモンでは3位という目覚ましい記録を残している。

これまで対戦でもアニメでもメディアミックスでもさほど目立つ事も無く、一番の晴れ舞台だった「デンジの切り札」すらエレキブルとどちらが・・・という微妙な立場に置かれていたレントラーにここまでの人気があったという事実には、ファンの間からも驚きの声が上がったほどである。

恐らくは上述のアニポケのシトロンの個体の後押しもあってのことだろうが、(詳細は該当記事に譲るが)そもそもその個体も異例ずくめのレギュラー入りであることも追記しておく。


これを受けてか、2022年にはリアルのポケモンセンターで「MY RENTORAR'S STORY」という企画が行われ、レントラー一族に特化した商品群が販売されている。一部はスポーツブランド「FILA」とのコラボでもあった。

Growth



2024年1月に発売された某ゲームはポケモンのそっくりさんが多いことで注目を浴びているが、その中に色違いのレントラーにあまりにも似すぎたモンスターがいたため、それだけは開発段階で没になっている。


関連イラスト

レントラー2022

レントLOVE☆無題

ゼラオラ&レントラーチョコミントなレントラー


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン DPt BDSP

ポケモン一覧 でんきタイプ

コリンク ルクシオ


0404.ルクシオ0405.レントラー→0406.スボミー


同でんき単タイプ


関連ポケモン等


虎



その他


.

関連記事

親記事

ルクシオ るくしお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9825491

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました