ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第5世代
威力90
命中率100
PP15
タイプでんき
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
効果与えたダメージの1/4を反動ダメージとして受ける。
英語名Wild Charge

概要

第5世代から存在する技で、電撃を纏い相手に突撃する。


第4世代において電気物理技がピカチュウ系統の専用技「ボルテッカー」を除くと、威力75の「かみなりパンチ」と65の「スパーク」&「かみなりのキバ」しかないという悲惨な状況を打破するために投入された技。

性能としては「とっしん」に近いが、あちらと違い命中率は100%となっており反動も少ない。

電気「まひ」の追加効果は無いため特性ちからずくの恩恵は受けない。


ただ、この技と同じ威力・命中率・PPを持つ電気特殊技の「10まんボルト」は無反動、10%で麻痺の追加効果ありという点を考えるとこの性能はいささか残念と言わざるを得ない。

電気タイプのポケモンは全体的に攻撃が高くても特攻もそれなりにあるポケモンが多く、実のところ使い勝手の良いボルトチェンジ等を含めると「結局特殊型の方が使いやすい」なんて事は珍しくないのが残念さに拍車をかける。


また電気タイプ全般の傾向として耐久の高いポケモンが少なく、ただでさえ低い耐久を反動でさらに削る事態になりがちで、「きあいのタスキ」とも相性が悪いのが厳しい所。かといって正面から一撃で倒す大威力でもない為に扱いが難しい。

Zワザダイサンダーにしてしまえばデメリット自体は打ち消せるが…。


大半の物理型の電気タイプはこの技に頼らざるを得ないため採用率は高いが、こうした使い辛さから所有者の採用自体が見送られる原因にも。ちなみにがんじょうアローラゴローニャなどはかみなりパンチの方が採用されやすい。


メインで使うにはあまりにも頼りないが、体さえあれば打てる単純な技ゆえにわざマシンの習得者はそこそこ多い。サブウェポンとして使うなら命中も威力もそれなりに優秀な技なので、実戦ではでんきタイプ以外が使う事の方が多い。

特にヒスイウインディは無反動で使える上に補完としても良いので、積極的に覚えさせたい。


第9世代ではより威力の高い電気物理技「サンダーダイブ」が登場したことにより、電気物理型のポケモン達もこぞってそちらに乗り換える等、メインウェポンとしての存在意義はまずます薄れてしまった。


ポケモンGOではでんきタイプのスペシャルアタック(ゲージ技)として実装。

ジムバトル・レイドバトルではゲージ1/2消費に対して威力90とコストパフォーマンスが良く、更に発動後の硬直も短めと非常に優秀なスペシャルアタックであり、でんきタイプの中でもひときわ高性能。

トレーナーバトルにおいてはかなり高い威力を持つ代わり、使用後に自身のぼうぎょが2段階下がる効果が付与されており、かなりリスキーな技になっている。


関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧

でんきタイプ わざマシン一覧 すてみ


他反動ダメージ有りの技

ボルテッカー すてみタックル とっしん アフロブレイク ウッドハンマー じごくぐるま もろはのずつき フレアドライブ ブレイブバード

関連記事

親記事

とっしん とっしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36194

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました