ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第4世代
いりょく150
めいちゅう80
PP5
タイプいわ
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考技使用後、相手に与えたダメージの1/2を自分が受ける。
英語名Head Smash

概要

第4世代から存在する技。

命を懸けた渾身の頭突きで相手を吹っ飛ばす大技。

習得できるポケモンはいわタイプも少なくないが、エンブオーサザンドラ、諸刃繋がりでギルガルドが覚えたりする。

忘れられがちだがいわタイプでたった4種類しかない直接物理攻撃である。(ころがるアクセルロックパワフルエッジ)


自らの命を懸けた必殺の攻撃、と言う事で威力は150とぶっ飛んだ数値を誇る。

が、そこはポケモン。それ程の大技にリスクが無いわけがなく、相手に与えたダメージの半分が自分に返ってくる

後、地味に威力150技の中では命中率80と不安な数値。要するに肝心なところで外しやすい


とは言え、他の威力150技は基本的に「打ったら反動で動けない」系統の技だらけであり、その中では外しの可能性と反動ダメージを考慮してもなお撃ちやすい部類には入る。


ただやはりデカすぎるリスク故か、単純な採用はロマン重視になりがち。

イメージ重視でラムパルドに採用すれば鈍足低耐久が災いしてほぼ鉄砲玉扱いになってしまう。

アーケオスに採用すると反動だけでよわき発動なんて状況になりかねない。

ハピナスなんかに撃ったら反動で一撃死と言うわけのわからない状況に陥る事も。


その為、基本的に反動を無視するいしあたまと組む事になる。

主にジーランスボスゴドラガチゴラス(隠れ特性)等は無反動かつこの大ダメージで放てるのでメインウェポンとして活用する事が多い。ジーランスは他のみず・いわ複合との差別化と言う点でも重要な技となっている。

またすてみで威力を補強できる為、エンブオー(隠れ特性)がサブに置く事も。

ポケモンSMでは上記二つの特性を持つバスラオも修得した。加えてタイプ一致且つ特性「いしあたま」持ちのウソッキーも習得可能である。


ちなみに特性との相性が良いゴローニャドサイドンプテラガメノデス覚えられない

HGSSにてノズパスのタマゴ技になったがその頃にはタマゴ元のポケモンがおらず、さらにギルガルドが登場したXYでは消されたため幻の技となることに。


なお、この技の習得が難儀になるポケモンがいる。アーケンである。

遺伝経路はジーランス→サニーゴ→アーケン。

「2回だけだろう」と甘く見てはいけない。

ジーランスの「もろはのずつき」習得レベルは78・サニーゴの♂が出る確率は25%・アーケンの♀が出る確率は12.5%と、とにかく準備が手間になってしまうのである。

特にレベルアップが遅すぎるジーランスのレベル78までの育成の強要は完全に嫌がらせである。

さすがに問題だったのかXYではレベル1でも習得できるようになり、ORASでは更に普通に習得するレベルも56まで引き下げられ、多少遺伝は楽になった。

SMでは技思い出しの仕様が変わったため更に楽になっている。


因みにポケモンバトルレボリューションでこの技が決まるとナレーターがやたらテンションの高いセリフを言う。


余談だがいしあたまとこの技を両立できるポケモンはバランス調整故なのか、どのポケモンもそれほどすばやさの種族値が高くなかった。

何せ最速であるガチゴラスでさえすばやさ71だったのである。


…と思ったらSVですばやさ90の種族値を持つヒスイウインディが隠れ特性にいしあたまが設定され、タマゴ技でこの技も習得してしまった。

原種より遅いとはいえ、それでもすばやさ90は十分速い方であり、そこからこの技を無反動で撃ち放題と考えればどれだけ恐ろしいことか…。

ただしその代償なのか、みず・じめんというメジャーなタイプがどちらも4倍弱点になってしまっている(テラスタルで多少はカバー出来るが)。

また、「ものまねハーブ」のおかげで幻のタマゴ技となっていた上記のノズパスもようやく正式に習得できるようになった。


関連タグ

ポケモン

関連記事

親記事

ずつき ずつき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70173

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました