ピクシブ百科事典

ハピナス

はぴなす

ハピナスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]
No.242 ハピナス



基礎データ

ずかんNo.242
ぶんるいしあわせポケモン
タイプノーマル
たかさ1.5m
おもさ46.8kg
とくせいしぜんかいふく / てんのめぐみ / いやしのこころ(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Blissey
イタリア語Blissey
スペイン語Blissey
フランス語Leuphorie
ドイツ語 Heiteira


進化

ピンプクラッキーハピナス

再会



概要

ラッキーの進化形。ラッキーが十分なついた状態でレベルアップすると進化する。
かなりのレアポケであるラッキーをなつかせないと手に入らないというかなりレアなポケモン。
語源は「ハピネス+ナース」か。

顔立ちはさほど変わってはいないが、左右についていた耳のような3本のものはカールされており、下半身は白く腰周りと腕にフリルのようなものが付いて、名前どおりナースを思わせる外見となった。
この体毛は人やポケモンの気持ちを感じ取るセンサーになっていて、どんなに遠く離れていても弱った対象を見つけ出すことが出来る。こうした能力を発揮できるのも、トレーナーと心を通わせ合って進化した賜物と言える。
タマゴにはイライラや痛みを和らげる成分が入っていて、どんなに凶暴な人間やポケモンでも一度食べると憑き物が落ちたように大人しくなったり、優しくなるのだという。「タマゴには幸せが詰まっている」という表現がされる事もあるが、これが概念的な「幸せ」が詰まっているのか、それとも「幸せを感じさせる物質」が入っているという意味なのかはわからない。
このように医療用としても食べ物としても非常に価値が高い為か、市場では高値で取引されているのだとか。
ポケモン達の看病をするという設定があるように、アニポケでジョーイさんのパートナーとして登場する事もある。
また、プクリンが第6世代にてフェアリータイプが追加された為、実質ノーマル単タイプ初の最終進化形態でもある。

なおそのかわいい外見とは裏腹に強力な戦闘力をもつことから、同じ任天堂キャラクターとしてピンクの体、つぶらな目、鬼畜な戦闘力をもつ地球外生命体とセットでピンクの悪魔との異名で呼ばれる事もある。


ゲーム中での性能

ハピで止まります


HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
ハピナス25510107513555540
ラッキー250553510550450
進化前比較+5+5+5+40+30+5+90
種族値255という異常なまでのHP135の特防によって、多くの特殊アタッカーが何もできずに撃沈されてきた。特殊攻撃には強いが物理で殴られると痛い、というコンセプトでステータス上の防御力は際立って低いのだが、ポケモンの耐久力はHP×防御or特防が基本式なので防御が低いと言ってもその圧倒的なHPで底上げされてしまう。

その底上げ効果がどれ程かと例えると、防御力に特化させて育成すれば素の状態のゴローニャパルシェンと同じくらい堅くなってしまう。それほどまでに耐久におけるHPの効果は大きいのだ。
物理がこうなのだから特防の方は言わずもがなで、伝説を含めた全てのポケモンの特殊耐久をブッチギリで超越する鉄壁ぶりを誇る。しかも回復技まで完備。

HP種族値特防種族値無振り特耐特化特耐
1位ハピナス2551355115074210
2位ラッキー2501054062561404
3位ジガルデ完全216953346552003
4位レジアイス802003410051799
5位ギラティナ1501203150048573
特殊耐久値= HP最大値×特防ステータス=
(HP種族値+Lv.50での定数(75)+個体値および努力値による上昇分(0~32))
×(特防種族値+Lv.50での定数(20)+個体値および努力値による上昇分(0~32))
×性格補正(0.9 or 1.0 or 1.1)}  ※小数点以下切り捨て。

下降補正無振り逆Vのハピに追いつく事ですら、選ばれし者だけが辿りつける境地なのである。


ただし攻撃手段に関してはパッとせず素早さも決して高くはないため、ドサイドンガブリアスのように「一撃で殺さないとこちらが殺される」といった心配はない。
むしろそのような高火力物理アタッカーが天敵で、アタッカーの召喚を許したり積みの起点にもされやすい。
ハピナスの戦闘は手数の増える長期戦になりがちなので、物理耐久も堅いとはいえ積み重ねれば回復が間に合わず突破されることとなる。

ところが安易に物理で攻めると、受けた物理ダメージを倍にして返す「カウンター」で逆にこちらが一撃で殺されるという事態もあるから気が抜けない。
しかも「カウンター」直後であればHPが少ないから倒せると思ったら、結構HPを残していて回復が間に合ったりするからもう。。。
何度も言うが、素のゴローニャより固いのである。
そういったトリッキーさも、彼女(?)の対応を難しくしている理由でもある。

なおトリッキーさと言えばまだまだある。
技の追加効果を2倍の確率で起こす特性「てんのめぐみ」と、わざマシンによって覚えられる多彩な特殊技で、麻痺、毒、火傷、ひるみといった状態異常をバラ撒き、機能不全を起こしている間に「チャージビーム」で着実に攻撃力を蓄えるというまさに悪魔のようなネチネチ攻撃が可能である。ダブルバトルにおいては「てんのめぐみ」とふぶきが合わされば、約4割の確率で相手のどちらかを凍らせてしまうという恐怖の存在となる。

もう一方の特性「しぜんかいふく」も、長期戦がメインで状態異常に弱い壁(受け)役が自力で回復できるという点で非常に優秀な防御型特性。
状態異常に対応できる壁役というのは、それだけでもカバー範囲が広くなるのだ。
(ちなみに特性に頼らずとも「みがわり」で状態異常対策、「リフレッシュ」で状態異常回復、「アロマセラピー」で仲間の状態異常まで回復なんて離れ業もできる)


そして攻撃を受け止めながら「ちきゅうなげ」「どくどく」等で持久戦に持ち込むのがシリーズ通しての戦法だったが、(たぶん苦情電話やカミソリメールなどが殺到したのか)第八世代で「どくどく」と「カウンター」が習得不可能になった事や、技レコードでタイプ一致技「トライアタック」を取得したことで積極的に狩りに行くスタイルが現れた。
特攻75、威力80とはいえ、前述した特性「てんのめぐみ」によりやけど・マヒ・こおりの状態異常どれかが4割の確率で発動する点は極めて凶悪で、どれが当たっても天敵の物理アタッカーは機能不全に追い込まれる。
凍りは言わずもがな、やけどは頼みの物理攻撃力が半減するのでほぼ無力化。
まひは通例通り壁役に徹するハピ相手なら特に問題ではないが(他の控えに対応できなくなる点は十分痛手だが)、特攻に特化して「いのちのたま」を持った場合は並みの耐久だとトライアタック2発で沈められるため速さ半減が命取りになる。
さらに、余程脆くない限りは一撃では沈まないからと言って安易に引いて別のポケモンを出してしまうとゴーストタイプでもない限りトドメを差すために放たれたトライアタックを喰らい、そいつも状態異常発症という地獄のようなサイクル戦を強いられる可能性もある。

いのちのたまの反動はご存知タマゴうみでケアし、弱点の物理はトライアタックに付随する状態異常で無力化、圧倒的体力と特殊耐久をもって居座る前代未聞のアタッカーハピナス爆誕である。(物理型ゴーストタイプは勘弁な!)
りゅうのまい」の起点にしようと意気揚々と現れたギャラドスが「10まんボルト」で確殺される等、「ちょうはつ」で置物になるはずのハピが一発目から殴りかかってくる意外性は敵の混乱を招くこと間違いなし!
ハピナスを余裕(というには前述のカウンターの存在からそう言い切るのも甚だ疑問なのは否定できなかったが)で処理できるはずの物理エースが、一部潜むアタッカーハピによって返り討ちにされるという悪夢が生まれてしまった。
これでわかったことは彼女にカウンターをはじめとする反撃技なんて、それこそがまんであっても与えてはいけなかったことである。

ポケモン全般に言える事だが、育成の型によって全く異なる攻め方をしてくるというのは単に強いポケモンよりもずっと対応が難しい。
多数を占める壁ハピナスを倒すための必勝法が、少数潜むアタッカーハピの格好の餌食になるようでは安心して遂行できないためである。
この新しい型が生まれたことで既存の壁ハピナスに対しても型を慎重に見極める必要が生じ、元々強い壁ハピに対しても数ターンの自由を許してしまうのである。
トレーナー同士を読み合いに持ち込み相手をハメることが彼女の生き甲斐と言わんばかりのトリッキーさである。


なお誤解しがちなのは、型が割れれば積みや高火力アタッカー、一撃必殺技、ちょうはつ持ちなど天敵は多く、ハピナス単体ではそれほどの脅威ではない。
特にストーリー上で出てくるハピに苦労する事はまずないだろう。むしろ倒したときに得られる経験値が非常に高いため、レベル上げの途中で出会えればプレイヤーもハッピーになれる。

ただしそれは闇雲に突っ込んでくるNPCが相手の場合であり、対人戦におけるハピナスは全く違う存在となる。
持ち前のトリック性能で上手く立ち回り、メインアタッカーが撤退した終盤にコイツが繰り出されると、大変な絶望を相手に叩きつける事となる。
生半可な攻撃では傷つかず専用技の「タマゴうみ」で回復、「めいそう」「ちいさくなる」「まるくなる」で更に堅くなり固定ダメージの「ちきゅうなげ」や「トライアタック」での異常三択の押し付け「どくどく」による状態異常でジワジワと嬲り殺される恐怖は味わった者にしかわからない。

そのため「ハピで止まります」という恐怖の合言葉と共に一世を風靡した。
パーティ構成によっては本当になすすべなく、それまでの形勢に関わらずこの1匹に完封されてしまう。


さすがに開発側もこれはまずいと思ったのか、「ばかぢから」教え技化や「サイコショック」の登場、「ちいさくなる」を使った相手に必中かつダメージ2倍の技(「ふみつけ」「ヘビーボンバー」「のしかかり」など)の設定、見た目や設定からフェアリーが似合いそうで更にタマゴグループが「妖精」であるにもかかわらずフェアリータイプの追加・変更を行わないなど、次々とハピナスの対策を講じているが、それでも中堅アタッカーを震え上がらせるほどの強さは今なお健在である。しかも第5世代では「しんかのきせき」というアイテムが出現し、あろうことかハピナスすら凌駕する耐久の化け物も誕生してしまった。
実はポケモン界はハピナスを中心に回っているのかもしれない。


余談だが、仮にハピナスがフェアリータイプになった場合、
物理技で安定性がある高火力技はかくとうタイプドラゴンタイプに集中しており、それらの技が無効か半減されてしまうので今以上に効かなくなる。
そして弱点はどくはがねの2タイプに変更されるが、どく物理最強のダストシュート・はがね物理最強のアイアンテールはどちらも命中率の問題から安定性が劣る上に、前者は習得者が少なく、後者は威力が100しかないため倒しきれなくなる可能性が出る。
弱点の数自体は増えるが、増えるからといって弱体化しないどころか強化される可能性すらある。
この2タイプの安定高火力技でも出ない限りハピナスにフェアリータイプがつくことはまずないだろう……

更に余談だが「タマゴばくだん」はこいつとラッキータマタマナッシーしか覚えない貴重な技である。一応タイプ一致だが物理技な上に命中率が低く追加効果もないのでネタの域を出ず、実戦で使われることはまずない。

ハピナス道場

NPCキャラとして出現するこいつは耐久こそ高いが経験値が非常に高く、登場する機会に恵まれればレベル上げに重宝される。

中でもORASに登場するスーパーひみつきちで3体のハピナスが相手に出てくれば、それだけでボーナスゲーム状態になる。通称ハピナス道場である。
ただでさえ高い経験値にトレーナー戦の1.5倍補正までかかる。Oパワーの「けいけんちパワーlv.3」としあわせタマゴによる補正、仲良し度による補正などが加わるとたった1戦で凄まじい量の経験値を得ることができる。
相手ハピナスが「いやしのねがい」しか覚えておらず、持ち物が「どくどくだま」で勝手にひんしになる、というタイプのきちが非常に多くの人に使われた。

この他『BW2』の白の樹洞、『USUM』の乱入バトルなどが挙げられる。

ソード・シールドにおいては進化前のラッキー共々、DLC第一弾「鎧の孤島」にて復活。
島の全域に生息しているが出現率はあまり高くなく、プレイヤーに気づくと逃げ出すため急いで追いかけよう。因みにラッキーは全天候で出現するが、ハピナスは天候が霧の時のみシンボルエンカウント可能になっている。
またマックスレイドバトルでもレア枠として低確率で巣穴に出現。そこまで強くない上に、撃破報酬にヨロイこうせきを始めとした貴重なアイテムを多くドロップするため今日もどこかで乱獲されている。

その他のゲームでのハピナス

ポケモン不思議のダンジョン

救助隊、探検隊においては経験値の高いボーナスキャラとして登場。進化系列を通して体力以外の能力は低いためさほど脅威にはならない一方で、探検隊の「悪夢の中」を除いていずれも出現率が低く滅多に戦える機会は無い。

超ポケダンでは本作の99Fレベルリセットダンジョン「ニャンダフルな人生」(現在は閉鎖していて遊ぶことはできない)の序盤に登場しており経験値稼ぎとして狩られまくっている…事は無く、経験値は周囲の敵と変わらない程度まで激減。
これだけでも相当旨味は減っているのだが、今作では体力を筆頭に全体的に能力が高く、レベル技がORAS基準になった関係で30前後のダメージを叩き出す超火力の「すてみタックル」を習得している危険なポケモンと化した。
足止めしようにも運悪く特性が「しぜんかいふく」だった場合は縛り玉などによる硬直状態すら効かなくなる始末。

ポケモンGO

ポケモンGO 4コマ


2017年2月17日ポケモンGOアップデートで他の非伝説金銀ポケモン約80種と共に実装。
ラッキーに「ラッキーのアメ」を50個与えるとハピナスに進化するようになった。

野生でも出現するが、出現率は超が付くほど稀。まず進化前のラッキーの出現率自体が非常にレアで、本来の仕様ならハピナスを1匹所持するだけでも相当骨が折れるはずなのだが、バレンタインデーのイベントやタマゴ孵化イベントなどが不定期で開催されるため、手に入る機会はそこまで少なくない(実際実装直前にイベントがあった)。
さらに、現在は大元であるピンプクが7kmタマゴからそこそこの確率で孵化するようになったため、誰でも比較的手軽にハピナスの強力な個体を入手することができるようになった(ただし、ピンプクからラッキーへ進化させるためには相棒ポケモンに設定して15kmの長距離を歩く必要がある。孵化しても即ハピナスへと進化させることはできない点には注意)。


さて、かなりの苦労を要して手に入れたハピナスの性能はというと……
ポケモンGO史上最凶の超絶要塞モンスターである。誇張抜きに。
400を優に超すHPに高水準のぼうぎょでジムに居座り、他色陣営によるジム討伐を許さない。
どれだけ硬いかと言えば、ハピナスに対して最も火力の出せるポケモン(カイリキールカリオなど)をフル強化して挑んでも倒すのに最速で30秒はかかる(ジムバトルの制限時間は100秒)ほど。弱点タイプのフル強化でこれなのだから中途半端な火力のポケモンはハピで止まります

また、ハピナスはノーマルアタックで「しねんのずつき」を、スペシャルアタックで「サイコキネシス」「マジカルシャイン」といったかくとうタイプの弱点を突ける技を覚えるため、かくとうタイプのポケモンを用意してもただ殴り合うだけではこちらが負けてしまう可能性が非常に高い。
長らく「マジカルシャイン」が2ゲージ技ながら威力が100とかなり高く、分割2ゲージであるため結構な頻度で攻撃してくるものの、技の発動が遅いことからモーションを見てから回避をすれば何とかなっていたが、現在は「マジカルシャイン」よりも技の出が非常に早い「サイコキネシス」が威力こそ90とやや劣る代わりに、「マジカルシャイン」と同じ2ゲージ分の分割ゲージ技になってしまったため、甘えた回避を許さない超速「サイコキネシス」で挑戦者を撥ね退けている。CPは弱体化したのに何故わざで再び強化させたのか。
このため、技をきちんと避ける技術がないと対策ポケモンを潰されてハピで止まります

これが味方のポケモンであればジム防衛の要として非常に頼もしい存在なのだがひとたび敵に回ったが最後、制限時間と相手の技タイミングとの厳しい戦いが待っている。
やっとの思いで倒してCPを下げても敵チームに気付かれた瞬間に「きんのズリのみ」が飛んできて最初からやり直しになることもザラ。レイドバトル予告の残り時間が短いときにこれをやられたらジムの攻略は絶望的と言ってもよく、最悪トラブルの原因にもなり得る。
実装当初はもっと酷く、ジムに同じポケモンが複数置けたため何匹ものハピナスがこれでもかというほど並び、ハピナスタワーと揶揄されていた。しかも倒してもCPが下がらない。
加えてハピナスの最大CPは2020年現在では2700台だが実装当初は3200を超えていた。当然討伐速度も最速で50秒はかかる。最早倒す気力すら失せるし弱点を突かなければ絶対に倒せないため、負けないけど勝てないという、まさに本物のピンクの悪魔だった。2018年11月に漸く下方修正されたがそれでも耐久力は依然高い。しかもその耐久力の高さはやる気が低下していても健在である(少なくともばくれつパンチ一発で倒れるほどやわではない)。
まさにジムバトルがハピで止まります

現在でこそルカリオキノガッサカイリキーローブシンメタグロスミュウツーメルメタルとハピナス討伐に優れたポケモンが増え、更に上記にある通りCP調整でハピナスの最大CPも落ち着いてきたものの、エスパーわざに耐性を持つメタグロスとミュウツー、メルメタル以外は相手のゲージ技をもろに受けると逆に負ける可能性が普通にある。
このハピナスをきちんと攻略できるプレイヤースキルを得られるかどうかがポケモンGOの一つの登竜門になりつつある。いいんだか悪いんだか。

当然だがこのハピナスと進化前のラッキーの所為で他のかくとうタイプが弱点のポケモンは防衛面に於いてはCPの高さに関わらず誇張抜きでほぼ論外と言えるレベルになっている。ハピナスよりCPが高いポケモンは確かに他にもいるが、それは主に攻撃力の高さで出来上がっているかジムから出禁されている伝説のポケモンぐらいであり、防御力の高さでハピナスに勝るヤツはいないため、ドサイドンメルメタルバンギラスケッキングボスゴドラなど高CPでかくとう弱点のポケモンをジムに置けばそいつらは攻略者を喜ばせハピナスの耐久力を少なからず劣化させるだけの邪魔者にしかならない。ハピナスの後ろに置くならシャワーズミロカロスといった弱点の少ないみずタイプのみのポケモンや、同じく弱点タイプがじめんタイプ1つしかないデンリュウなどのでんきタイプのみの方が弱点タイプも被らず適任と言えるだろう。サーナイトトゲキッス等のフェアリータイプも依然として有用だが、メタグロスルカリオ等のはがねタイプの技が一貫しやすくなるのがネック
特にバンギラスやケッキングは限界まで強化するとCPがハピナスよりも最大で1000以上高くなるが、この2匹の肝心の防衛能力はというとハピナスと比較した場合、ケッキングはノーマルアタックを避ける必要が一切なくほぼ一方的に殴りっぱなしに出来る(=スペシャルアタックにさえ注意すればいいだけなのでだいぶ楽できる)、バンギラスは二重弱点の所為で紙防御と、どちらもただのサンドバッグにしかならないため、絶対に置かない方がいい。それだけCPが無駄に高いポケモンは一切当てにならないのである

そしてこいつは一時期別の問題も引き起こしていた。
原作を知っている方なら想像に難くないがハピナスの火力はそこまで高くない。その為自分がバトルに出す場合相手を倒すのに必然的に時間がかかる。
2017年6月にレイドバトルが実装されたが、このレイドボスを倒す際にハピナスを出すと、相手を倒すのに時間がかかりタイムアップの恐れが出てきてしまう。
これについても現在修正され、技の相性を強く考慮するようになったため、タイプ相性がそこまでよくない上に火力も出ないハピナスが選ばれることは殆どなくなった。

ちなみに「ハピで止まります」の発祥は2007年頃、ハピナスのGO実装は2017年。10年越しの悪夢再来である。しかも別媒体で。


アニポケでのハピナス

アニポケでは無印編129話でのムサシとの感動話の他、SM編ではキュワワーと共にジョーイの助手として登場している。


関連イラスト

しあわせポケモン
一日一匹金銀ポケモン描いていこう〜No.242




関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ
ピンクの悪魔
タブンネ イエッサン……ポケモンセンター仲間

関連記事

親記事

ラッキー らっきー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハピナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1570034

コメント