ピクシブ百科事典

ノーマルタイプ

のーまるたいぷ

ノーマルタイプ(Normal Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

ノーマルタイプのカテゴリーに分類されるポケモンの特徴としては、他のタイプでよく見られる共通したモチーフが少ないこと(強いて言えば獣類や鳥類が多いこと)が挙げられる。特徴がないことが特徴とも言える。白・茶色・灰色といった自然に近い色合いのポケモンが多い。タイプのイメージカラーも白に近い灰色である。
また、鳥ポケモンひこうタイプ)で属性的な要素を持たないポケモンの多くはノーマルタイプを持ち合わせていることが多い。
ひこうタイプ以外の複合で出る場合には動物的なポケモンであることが多く、獣属性という側面が若干有る。
伝説ポケモンでは単タイプにレジギガスアルセウスタイプ:ヌルシルヴァディ、複合ではメロエッタがいる。
伝説ではある種原点的又はタイプ可変ポケモンの標準状態の位置づけのポケモンに付与されている。

ポケモンにおいて、最もオーソドックスであり他とはやや異色でもあるタイプ。
攻守共に耐性や抜群の少なさからタイプ相性の概念が薄く、まだタイプ相性に慣れていないプレイヤーに優しい反面ポケモンとしてのタイプ相性を学ぶ機会も少ない属性。
ほぼ全てのポケモンがノーマルタイプの技を最低でも1つは覚えられる。低いレベルで覚えるたいあたり」「ひっかく」「はたく」「なきごえ」「にらみつけるから、安定した威力が出せるおんがえし」「やつあたり、大技はかいこうせん」「ギガインパクトまで、基本となる技はノーマルタイプである。技自体の豊富さから常にそこそこ安定して技を覚えて戦うことが出来る。終盤にならないと主力技を覚えない・・・なんてポケモンは少ない。ただ、特殊技に乏しくて特殊型が主体のポケモンだと以外なほど技に四苦八苦することになる。
冒険の序盤に出てくるポケモンに必ずノーマルタイプ、いわゆる序盤ノーマルがおり、冒険がスタートしてしばらくはバランスのとれた攻撃役として一通りの活躍をしてくれる。

攻撃面では、全タイプ中唯一弱点を突くことができない。はがねタイプいわタイプといった「硬い」イメージのあるタイプには半減され、実体を持たないゴーストタイプには無効化されてしまう。
その反面、他タイプにはないブッ壊れた威力・性能の技がいくつかある。だいばくはつとか。
防御面では、弱点がかくとうタイプのみで、半減が存在せず、ゴーストタイプの技が無効。よく言えばタイプ相性の影響が小さいが、悪く言えばやっぱり特徴に乏しい。
とは言え、ゴーストタイプの技を無効化できる唯一のタイプなので、その面では十分頼もしい。
一方、唯一の弱点であるかくとうタイプは高火力技を引っ提げているため、半端な耐久力では簡単に倒されてしまう。タイプ複合などで等倍に抑えられたとしても油断はできない。

対戦においては、能力や技などで強烈な個性を持つポケモンが活躍する傾向にある。
その最たる例が超耐久で技を受け続けるカビゴンラッキーハピナスポリゴン2、変則的な戦術を行うドーブルメタモン、恐るべき能力の高さに加えその他の要素にも恵まれたケンタロスケッキングメガガルーラだろう。こいつらに至ってはノーマルどころかむしろアブノーマルと言っていい。

世代別の特徴

第1世代(RGBP

皆大好きはかいこうせん、皆大好きケンタロス
まともな攻撃技があまりなかった時代、わざマシンで覚えられる「はかいこうせん」がとにかく強力だった。
他タイプが威力100や120で止まる中、この技だけ150。使うと反動で動けなくなるデメリットがあるが、当時はこの技で相手を倒した場合反動が発生しないという仕様で、ちょっとでも削れば即「はかいこうせん」でとどめを刺して次のポケモンへ、という戦術が可能だった。
これを最大限に活用したのが上記のケンタロスである。
ノーマルタイプで第2位の「すばやさ」、「こうげき」も高水準、今と異なり「とくしゅ」が高いため特殊攻撃も強く、守りも堅い。そして何よりタイプ一致で「はかいこうせん」を高速かつ高火力で放つことができるとあって公式大会で引っ張り凧であった。
ケンタロス以外ではラッキーカビゴンガルーラがそれなりに使われていた。
また、上記ポケモン達が軒並み禁止された99カップではほぼ確定急所というぶっ壊れ技であったきりさくを引っ提げ、かつノーマルタイプ最速のペルシアンが大活躍を見せた。

第2世代(GSC

「はかいこうせん」が倒しても反動を受けるようになり、また「きりさく」を始めとした技の急所率が修正され、代わりに「おんがえし」「やつあたり」(共に最大威力102)の登場、「すてみタックル」の威力増強(100→120)などの整備が施された。

この頃に登場したポケモンは、「スケッチ」で何でも覚えられるドーブル、ラッキーがまさかの進化を遂げて特殊の壁として立ちはだかるハピナス、ポリゴンが同じく進化を遂げ安定した耐久力と強力な技を揃えるポリゴン2など。
そしてジムリーダーの切り札ミルタンクシナリオ上の最大の壁の1つとして君臨するに至った。

バトルではケンタロスに代わって(ケンタロス自体は「はかいのいでんし」を持たせた狂牛病型等がある為そこまで弱くはなってないが)カビゴンが大流行。火力、耐久共に高水準で多彩な技を覚え、新技「のろい」「はらだいこ」で火力を底上げできる。ピンチになったら「ねむる」を使い、「ねごと」で「ねむる」が出ればまた回復と、手の付けられない強さにまで上り詰めた。

第3世代(RSEFRLG

特性が付与され、ケンタロスには「いかく」、カビゴンには「めんえき」「あついしぼう」、ハピナスには「しぜんかいふく」「てんのめぐみ」など、前線を張るポケモンには相応の優秀なものが与えられた。
ダブルバトルが始まり、新登場の「ねこだまし」「このゆびとまれ」を始め「まもる」「しんぴのまもり」などの技がシングルとは違った形で普及するようになった。
じばく」や「だいばくはつ」が敵味方関係なくダメージを与え、シングル以上に強力な技になったのも大きい。

一方で「のろい」のわざマシンが消滅し、「ねごと」で「ねむる」が出ても失敗するようになり、それまでの戦術は展開しづらくなった。これによりポリゴン2は大幅弱化を余儀なくされた。だがカビゴンは「のろい」存続に加え「じばく」復活、「じわれ」タマゴ技化により逆に止めづらくなった。

この頃に登場したポケモンは、ぶっ壊れた種族値と大き過ぎるマイナス特性「なまけ」を持ち超火力で場を席捲したケッキング、特性「ものひろい」でストーリー上で大変お世話になる他、バトルに出してもみがわり」+「はらだいこ」+「みがわり」+「じたばたの強烈なコンボを持つマッスグマ、自身のタイプが変わる特性「てんきや」・「へんしょく」を持つポワルンカクレオン、途方もない模様の数を誇るパッチールなど。
獣人型ポケモンとしてそのかっこよさから特定層の強烈な支持を集めるザングースもこの世代。

第4世代(DPtHGSS

かくとうタイプが本格躍進し始めたのがこの世代。そしてこの頃から周りの火力増加に押されたケンタロスが徐々に第一線から退くことに。
一方カビゴンは「あくび」や「はらだいこ」といったテクニカルな技を駆使して生き残った。
特に「はらだいこ」→「じこあんじのコンボはダブルバトルで強力な戦術の一つに数えられ、カビゴン以外でも研究が進んだ。

また物理特殊分化が行われ、「はかいこうせん」が特殊技となった。これによって、初代ケンタロスに代わる強力な「はかいこうせん」使いとしてポリゴンZが登場、桁外れの特攻力と特性を利用したその火力で度肝を抜かした。
この他新規組では、高速高火力を実現し当時序盤鳥最強と言われたムクホーク、「エアスラッシュ」の「ひるみ」が強烈な白い悪魔ことトゲキッス、当時最強の「だいばくはつ」使いベロベルト新特性「テクニシャンを引っ提げ低威力技に活路を見出したエテボースなどが登場。
ノーマル初の伝説ポケモンであるレジギガスアルセウスも登場した。
その容姿に多くの紳士が狂喜乱舞したミミロップもこの世代。

既存組ではドーブルが技「ダークホール」でダブルバトルの対策必須ポケモンに名乗りを挙げ、中でも世界を制したレベル1ドーブルが有名になった。
アイテムかえんだま」「どくどくだまの登場でオオスバメリングマラッタなどが特性「こんじょう」や「はやあし」を能動的に発動できるようになった。
またピクシーが特性「マジックガード」の登場で攻撃以外のダメージをシャットアウトできるようになり、独自の戦術を展開し始めた。

第5世代(ポケモンBWポケモンBW2

本格的にかくとうタイプ隆盛の時代。しかも「じばく」「だいばくはつ」のダメージ計算方法変更によりダメージが従来の半分になり一気に需要が減退した。
カビゴンが凋落し、ハピナスは「しんかのきせき」を持たせたラッキーに取って代わられた。同時に「しんかのきせき」でラッキー同様ポリゴン2が超耐久を引っ提げて前線に復帰した。

隠れ特性が登場し、何とメタモンが目の前の相手に自動的に変身する特性「かわりもの」を引っ提げ前線に躍り出ることになった。
そして「しんかのきせき」の他、特性「フレンドガード」まで手に入れたプリンが「ほろびのうた」を軸に当時の新ルールトリプルバトルで活躍した。

この頃に登場したポケモンは、可愛い見た目をして特性のおかげで高い火力を誇るチラチーノ、みんなの経験値ことタブンネ幻のポケモンメロエッタなど。

第6世代(ポケモンXYポケモンORAS

メガシンカが追加され、その中でもメガガルーラが新特性「おやこあい」による超絶火力と多彩な技によって大暴れ。その姿は初代のケンタロスを彷彿とさせる。
さらにORASではメガミミロップが登場し、かくとうとの複合と特性のおかげで、ヌケニンを除く全タイプに等倍以上のタイプ一致ダメージを与えられるようになった。
また、フェアリータイプの追加によって攻撃相性が劣化ドラゴンから脱却、更にゴーストタイプ強化でゴースト無効が長所として見なされるなど、ノーマルタイプの性質自体も向上した。

一方、ノーマルタイプと直接は関係ないが、○○スキンの特性により「弱点が突けない代わりに性能が優秀」な技を自分の属性に変えた上で威力まで上げて使う無茶苦茶なポケモンが出てきた。本来の使い手としては複雑なところである。
しかもこの頃はその本来のノーマルスキンは火力が上がらず、1倍のまま。なんでやねん。
そして同時にピクシートゲキッスグランブルの系統がノーマルタイプからフェアリータイプに移動した。

また、天敵だったかくとうタイプも攻防共に不利なフェアリータイプの登場と先制で飛行技を出す火の鳥の影響を受け、かなり減った。

ポケモンでは複合組が大変多く、特性「ちからもち」を持つじめん複合のホルード、特性「サンパワー」によってあのポリゴンZをも凌ぐ「はかいこうせん」を放つエレザードなどがいる。
技の面では「ばくおんぱ」が登場、敵味方全体に攻撃する特殊技だが威力140、命中100で反動なしという破格の性能を持つ。これをタイプ一致で使えるバクオングペラップが超火力を引っ提げて前線に躍り出ることになった。

第7世代(ポケモンSMポケモンUSUM

初の進化形準伝説ポケモンシルヴァディが登場。パッと見の性能は劣化アルセウスみたいなものだが、通常対戦で使用可能なのが嬉しく、「だいばくはつ」や「すてゼリフ」などの自主退場技で器用に動くことができる。進化前タイプ:ヌルも耐久は進化後と同じなので「しんかのきせき」を持たせて十分戦える。
この他、初のドラゴン複合のジジーロン、ダブルで「トリックルーム」要員に欲しいものを全部備えたようなヤレユータン、タイプ以外にも接触か非接触かでダメージが変わるキテルグマ、新特性ぜったいねむり持ちのネッコアラと、個性溢れるメンツが登場。

ついでにノーマルスキンもやっと1.2倍で補正が入り、強化された。肝心の使い手はまだ大きな問題があるが。
一方、ドーブルが「ダークホール」没収+「ぜったいれいど」が「こおりタイプ無効かつこおりタイプ以外が使うと命中率20%」という手痛い弱体化を受けた。
前世代で猛威を振るっていたメガガルーラは「おやこあい」が下方修正されてもなお驚異的とされているが、他のノーマルタイプのアタッカーにも少しは光が見えるようになった。

タイプ規模での大きな変化や皆が使える新技は特段なかったが、Zワザの登場により、攻撃範囲が広いながら不一致なのでいまいち倒しきれないポケモンの火力を補えるようになった。
また変化技は技ごとに特殊な効果を付与され、あえて特筆すべきものとしては、Z「はねる」がまさかの「こうげき」3段階上昇というとんでもない効果になり、戦術に組み込めるようになった。
この他Z「テクスチャー」が全能力アップの効果をもたらし、今までポリゴン2の陰に隠れがちだったポリゴンZが復権している。

他のタイプとの相性

ノーマルタイプの技を相手に与えた場合

  • いわ・はがねタイプのポケモンには、効果が今一つになる。
  • ゴーストタイプのポケモンには、効果が無しになる。

他のタイプの技をノーマルタイプに与えた場合
  • かくとうタイプの技は、効果が抜群になる。
  • ゴーストタイプの技は、効果が無しになる。

ノーマルタイプのポケモン一覧

第1世代(『赤緑』)

No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
016ポッポ 017ピジョン 018ピジョット
019コラッタ 020ラッタ - -
021オニスズメ 022オニドリル - -
039プリン040プクリン
052ニャース 053ペルシアン - -
083カモネギ - - - -
084ドードー 085ドードリオ - -
108ベロリンガ - -
113ラッキー
115ガルーラ - - - -
128ケンタロス - - - -
132メタモン - - - -
133イーブイ - -
137ポリゴン -
143カビゴン - -

ピッピピクシーは第6世代からフェアリータイプに変更された。

第2世代(『金銀』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
161オタチ 162オオタチ - -
163ホーホー 164ヨルノズク - -
174ププリン
190エイパム - -
203キリンリキ - - - -
206ノコッチ - - - -
216ヒメグマ 217リングマ - -
233ポリゴン2
234オドシシ - - - -
235ドーブル - - - -
241ミルタンク - - - -
242ハピナス

ピィトゲピーブルーグランブルは第6世代からフェアリータイプに、トゲチックは第6世代からフェアリーひこうタイプに変更された。


第3世代(『RS』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
263ジグザグマ 264マッスグマ - -
276スバメ 277オオスバメ - -
287ナマケロ 288ヤルキモノ 289ケッキング
293ゴニョニョ 294ドゴーム 295バクオング
298ルリリ -
300エネコ 301エネコロロ - -
327パッチール - - - -
333チルット - - - -
335ザングース - - - -
351ポワルン - - - -
352カクレオン - - - -


第4世代(『DP』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
396ムックル 397ムクバード 398ムクホーク
399ビッパ 400ビーダル - -
424エテボース - -
427ミミロル 428ミミロップ - -
431ニャルマー 432ブニャット - -
440ピンプク
441ペラップ - - - -
446ゴンベ - -
463ベロベルト - -
474ポリゴンZ
486レジギガス
493アルセウス

トゲキッスは第6世代からフェアリーひこうタイプに変更された。


第5世代(『BW』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
504ミネズミ 505ミルホッグ - -
506ヨーテリー 607ハーデリア 508ムーランド
519マメパト 520ハトーボー 521ケンホロウ
531タブンネ - - - -
572チラーミィ 573チラチーノ - -
585シキジカ 586メブキジカ - -
626バッフロン - - - -
627ワシボン 628ウォーグル - -
648メロエッタ


第6世代(『XY』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
659ホルビー 660ホルード - -
661ヤヤコマ
667シシコ 668カエンジシ - -
676トリミアン - - - -
694エリキテル 695エレザード - -


第7世代(『SM』)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
731ツツケラ 732ケララッパ 733ドデカバシ
734ヤングース 735デカグース - -
759ヌイコグマ 760キテルグマ - -
765ヤレユータン - - - -
772タイプ:ヌル773シルヴァディ- -
775ネッコアラ - - - -
780ジジーロン - - - -



メガシンカポケモン

ノーマルタイプポケモンの主な使い手

ころがるっ!
私は 今こうして


ナチュラル ボーン ママ
どきなさい!


イリマとドーブル



アカネ、センリ、アロエは揃いも揃ってみんなのトラウマである。チェレン先生は優しい人だ。

その他のタイプ


関連タグ

ポケモン一覧 ポケモン技絵 序盤ノーマル 
赤緑 金銀 RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンXY ポケモンSM
無属性

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーマルタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 657176

コメント