ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ザングース

ざんぐーす

ザングースとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0335
ホウエン図鑑(RSE)No.123
イッシュ図鑑(BW2)No.186
コーストカロス図鑑No.005
ホウエン図鑑(ORAS)No.128
パルデア図鑑No.217
ローマ字表記Zangoose
分類ネコイタチポケモン
タイプノーマル
高さ1.3m
重さ40.3kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性めんえき:どく状態にならない。自分が受けたどく状態を回復する。
隠れ特性どくぼうそう:どく状態になると物理技の威力が1.5倍になる。
おとしものザングースのツメ
タマゴグループりくじょう


各言語版での名称

ドイツ語Sengo
英語・スペイン語・イタリア語Zangoose
フランス語Mangriff
韓国語쟝고
中国語(簡体字)猫鼬斩
中国語(繁体字)貓鼬斬


概要

第3世代『ルビー・サファイア』で初登場した沖縄県ハブ退治のために持ち込まれた外来種マングースをモチーフとしたポケモンである(ネコイタチはマングースの別名)。真っ白な体に赤い傷のような模様が入っていてカッコいい。

ただしその容姿からは、あまりマングースの特徴を確認することはできず、どちらかと言うとマングースよりもウサギを思わせる外見をしている。サンムーンにて正当なマングースポケモンである、ヤングースデカグースが登場した。

図鑑によると、普段のザングースは四足歩行で、ツメをしまっているらしい。

色違いザングース


色違いになると水色になり、こちらも好評である。

完全に余談だが、「ザ」から始まる唯一のポケモンではあったが、第8世代にて、ザシアンザマゼンタザルードと一気に3匹も登場し(しかも全て禁止級)、「ザ」から始まるポケモンは合計4匹となった。

ハブネークとの関係

宿敵


キバへびポケモン・ハブネークが種族的なライバルとして位置づけられており、ザングースの特性も「どく」状態にならないとくせい「めんえき」と「どく」状態の時に技の威力を上げる「どくぼうそう」を持つ。
これは元々マングースがハブ対策に放獣された経緯があるためである。

ゲーム中では両者はバージョン分けされていることが多く、ルビー(オメガルビー)限定のザングースに対してこちらはサファイア(アルファサファイア)にしか出現しない。結果、宿命のライバルなのに野生では絶対に顔を合わせないという時期も多かった。

BW2』で同時出現時には仲間割れする様子はなかったが、ゲーム中で両者のライバル関係がハッキリと描写されたのは『X・Y』からで、群れバトルでお互いに出現する事が起き、プレイヤー/主人公そっちのけで互いが互いを攻撃し合う事も…。

タマゴグループは共通しているので、一緒に育て屋に預ければ条件次第で相性が良くなることもあり、タマゴを見つけることも可能。

ゲームでの特徴

RSEORAS


DPtBDSP


HGSS 

  • ジョウト地方のサファリパークで「岩場」のブロックを15個置くとそうげんエリアに出現。


ブラック・ホワイトBW2 


XY 

  • 8ばんどうろに出現。群れバトルでライバルのハブネークと共に出現する事があり、互いが互いを攻撃し合う。しかも4VS1の図になる(『X』ならザングースが4、『Y』ならハブネークが4)ので1匹側に追いやられた方を捕まえるのは困難を極める。まかり間違っても色違いなんか引いた日にはもう。


サンムーンウルトラサンムーン

  • 過去作から連れてくる必要がある。


スカーレット・バイオレット

  • 第8世代『ソード・シールドでは内定しなかったが、第9世代に内定。
  • 野生ポケモンとの戦闘がシームレスバトル方式に変わった本作では、フィールドでハブネークと遭遇すると縄張り争いを始める光景が見られる。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
7311560606090458

  • 両刀バランス型のハブネークと比べるとこちらは物理一本に特化され、よくも悪くも無駄がない。攻撃力が115と非常に高く、かくとうタイプ以外では珍しく自力で「インファイト」を覚えられる。



  • ただ、素早さが90と遅くはないが100に届かない微妙な数字で、更には耐久も低め。持ち物も特性の関係上「どくどくだま」に固定され、「きあいのタスキ」を持たせられず、戦略も読まれやすいのが難点。ただ決して遅くはないため「おいかぜ」との相性は良好で、きちんとお膳立てをしてあげれば間違いなく活躍の余地はあるだろう。

第7世代では

  • USUM』では「はらだいこ」と「じごくづき」を習得し、ゴーストタイプへの打点と、火力をさらに磨くことができるようになった。


  • 特にA252振りの個体の「どくぼうそう」+「はらだいこ」は、でんこうせっか」で耐久無振りガブリアスを一撃で沈めるという冗談のような威力を出せる。

第9世代では


  • また、「バトンタッチ」も習得。これにより後続を激強化する耐久に振ったはらだいこバトン型も誕生した。初手「みきり」「みがわり」を使う頻度が多いため、交代や積み技を使う相手に有利を取れる。

  • 余談だが、設定ミスなのか今作ではタマゴ技がすべて思い出し技に変更されている

使用トレーナー

ゲーム版

※1:BW2のポケモンワールドトーナメント

アニメ版
  • キヨ(AG48話) 
  • 空手家(DP51話)
  • チシヲ(DP135) 
  • ビアンコ(BW114話)

漫画版

番外作品

ポケモンGO

  • 2017年12月に実装された、第3世代の最初の50種のうちの1種。天候が「ときどき曇り」の時には大量に出現するが、それ以外の天気では殆ど出現しないという極端な出現パターンを持つ。



  • 2019年9月末に開催された「世界観光の日」イベントの開催に合わせて、ハブネーク共々色違いも実装されている。

  • 性能面は耐久性が低く、攻撃力が高いという原作の仕様をほぼそのまま踏襲しているが、無進化ポケモンということもあり、総合的な性能はまずまずといったところ。通常技で非常に出が早くゲージを溜めやすい「れんぞくぎり」を覚えられる上、ゲージ技でかくとう技の「インファイト」を覚えられるため、あくタイプ対策にはなる。

  • 幸いなことに、レイドボスの★★★★ボスにあくタイプのバンギラスアブソルがいるため、実用性の面でもある程度は噛み合っていると言える。特にバンギラスに対しては、ゲージ技の「インファイト」と「あなをほる」の両方がこうかばつぐんとなるため、きちんと技を見極められれば十分に対抗できる。

  • また、3つ目のゲージ技は「つじぎり」であり、こちらを活かせばエスパー対策としても使える。この場合、通常技はゴースト技の「シャドークロー」でも良いが、連射性とゲージ回収効率も考えると、やはり「れんぞくぎり」にしておく方が無難か。

  • 惜しむらくは高い攻撃力を存分に生かせるタイプ一致技が現段階では皆無であるところか。その辺はノーマルタイプらしく器用さで勝負したい。そこまで強力なポケモンではないが、使い方次第では大化けする可能性も秘めているので、思い入れがあるという方は育ててみるのも悪くはないだろう。

Newポケモンスナップ

  • 夜間のみ砂浜エリアに出現。海岸でアシレーヌの歌声に周りのポケモンとともに笑顔を浮かべる様子を観察できる…が、条件を満たすと草陰から現れるハブネークと鉢合わせすると一転、爪と尾の斬撃戦を繰り広げる。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

DP編まで、登場してはムサシハブネークと本能的に戦いに発展するのがお約束であった。

  • キヨのザングース
    • AG48話にて、短パン小僧のキヨの手持ちポケモンとして出て来たのが初登場。サトシキモリとバトルをしようとした時にムサシのハブネークに気づき勝手にバトルを始めてしまうがハブネークの攻撃で弱ってしまう。
    • その後再びハブネークの挑戦を受けた時かわすのが精一杯だったが、ハルカのエネコの動きをマネしてハブネークの牙としっぽの攻撃を封じて「ブレイククロー」を繰り出し借りを返した。

  • DP編
    • DP51話
      • サトシのゴウカザルヒコザルの頃のトラウマとして登場。ヒコザルが3匹のザングースに追い詰められ、凄まじいもうかの炎で撃退したところをシンジに見込まれゲットされたという。
      • そのもうかを再び発現させようとするも中々成果にならず、ヨスガのタッグバトル2回戦で空手王がザングースが出て来た事で怯んでしまったため(そのザングースはサトシのナエトルが倒した)、遂にシンジから見放されてしまい、サトシの手持ちに加わる。
    • DP53話
      • その後、野生のザングース3匹に対峙するというあの時と同じ状況に立たされるヒコザル(尚、この時もムサシのハブネークと対峙しており、ロケット団が逃げ込んだカプセルごと崖から突き落とそうとしていた)。しかし、「お前には良い所がいっぱいある。もうかに頼る事なんて無いんだ!」というサトシの励ましで、「かえんほうしゃ」と「あなをほる」で撃破し、ヒコザルは遂に過去のトラウマを払拭した。

  • チシヲのザングース
    • DP135話にてポケモン泥棒コンビのチシヲのパートナーで登場。ロケット団のニャースを余裕で倒し、サトシとのバトルではブイゼルには優勢にバトルをし交代に追い込むが、ピカチュウには歯が立たず敗れた。

  • BW114話
    • プラズマ団員ビアンコのポケモンで登場。ちなみに相方のネーロのポケモンはハブネークである。


その他
AG68話・181話・182話・190話(回想)
BW120話
新無印25話
劇場版裂空の訪問者ディアルガVSパルキアVSダークライ(オラシオンの彫刻)

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • あくタイプではないが、カゲツの手持ちで登場。レジロックを目覚めさせるべく、「ブレイククロー」で遺跡の扉を開こうと試みるが…?


関連イラスト

ザングースの日
ザングースの日


ZANGOOSE HERO
2577814



pixivでは

ゆず湯でぽかぽか
らぶらぶザングちゃん!


ザングースの日


  • ザングースはピカチュウルカリオシェイミなどと違い、アニメやゲームにおいて特別な立ち位置にいるポケモンではなく、対戦で使いやすいわけでもないため一般的に言われる人気ポケモンとは違うが、ネット媒体ではイラスト投稿数が非常に多い。Pixivに投稿されている数で言うならブイズに匹敵する。

  • これは二足歩行する獣人的な容姿から、ケモノ系イラストを描く層(ケモナー)に一定の人気があるためと思われる。また、本来の姿よりもふとましい姿で描かれることも多い。

  • 同じ獣人人気のあるミミロップのイラストは頭身が上がることのほうが多いのに比べ、ザングースのイラストは逆に頭身が下がってネコマスコットのようになるか、あるいは余分に肉がついてぽっちゃりしてしまうことのほうが多い。(なお、とくせい「あついしぼう」を持った個体がゲーム上に登場することはない)

  • とまぁ、何だかんだ解説したが、ぶっちゃけると上記の解説なんかどうでもいい人様の好みほど世の中で説明出来ない物はなく、他人が口を出そうとする事など野暮である。例えるならサッカー選手が目指した理由を理解できたり、文学家野球好きな人がいる事などに対して説明出来るか、という事。

  • ましてや、ポケモン以外でも沢山のキャラクターで溢れかえっている中、一定の人気があり続けているのはとても素晴らしい事である。
  • 結局どうこう言わず、楽しんでいくのが一番。
  • 今後も貴方のイラスト投稿をお待ちしております!

関連企画

【企画】3/9はザングースの日【一応終了】
ざんっ!!


【企画】3/9はザングースの日
3月9日にあわせてザングースのイラストを投稿する企画。

【企画】ザングースの谷


【企画】ザングースの谷
ザングースだらけの村を作ろう企画。

関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS
ポケモン一覧 ノーマルタイプ

0334.チルタリス/メガチルタリス0335.ザングース→0336.ハブネーク 

同ノーマル単タイプ


関連ポケモン等




その他


他の記事言語

Zangoose

関連記事

親記事

ノーマルタイプ のーまるたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15615545

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました