ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

どくぼうそう

どくぼうそう

どくぼうそうとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。ザングース専用。
目次 [非表示]

データ編集

初出第5世代
効果どく状態になると攻撃力が1.5倍になる。(第5世代)
物理技の威力が1.5倍になる。(第6世代)
英語名Toxic Boost

概要編集

第5世代のポケモンBWで初登場した特性。現在ザングース専用の隠れ特性

対のハブネークの隠れ特性は他のポケモンも所持している「すりぬけ

「どく状態限定」というのはハブネークとのライバルという設定を意識したものであろう。

猛毒の時間制限状態で戦うというカッコ良さが非常に厨二心をくすぐる。

ただし普通の毒であれ猛毒であれ火傷と比べてダメージが大きく、状態異常のまま戦えるターン数は火傷に比べてかなり短い。毒で最大9ターン、猛毒なら6ターンが限界。火傷は17ターン。持ち物で能動的に通常の毒になるのは不可能なのでその寿命はほぼ1/3である。

ちなみに毒限定と言う割には「こんじょう」と比べて優位な点は特に無い。折角の専用特性なので何か欲しいものである。


一応補正がかかるのが攻撃の実数値ではなく、物理技の威力という違いはあるのだが、こんらんイカサマパワーシェアなどはこんじょうによる攻撃強化は度外視して計算が行われる都合上、有意な差はどれだけ状況を限定しても見出せない。


自ら発動させるには「どくどくだま」が必要。なので持ち物が被る事があまりなく、特性「こんじょう」のポケモンに「かえんだま」を持たせて状態異常で攻撃力が上がるポケモンを複数入れる事が出来るメリットがある。「こんじょう」のポケモン2匹に「かえんだま」と「どくどくだま」をそれぞれ持たせても良いのだが。

「どくぼうそう」発動状態のタイプ一致「からげんき」(火力指数:57645=こだわりハチマキ持ちオノノクスげきりん相当の高火力)の威力は強力無比である。広い技範囲を活かす事もでき、上手く運用出来れば3タテも普通に有り得る。

ケモナーからも愛されるポケモンだけに強力な戦術が生まれ出世を果たした。


関連タグ編集

ポケモン 特性 隠れ特性

ザングース どく状態 どくどくだま

どく状態に関連する特性

めんえき どくのトゲ ポイズンヒール

どくしゅ ひとでなし ふしょく

状態異常で能力が上がる特性

こんじょう ねつぼうそう

はやあし ふしぎなうろこ

関連記事

親記事

隠れ特性 かくれとくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました